結婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    竹内結子が結婚 事務所の後輩4歳年下俳優の中林大樹と 
    長男後押し「守るべき家族できた」

    女優の竹内結子(38)が再婚したことが27日、分かった。

    相手は所属事務所の後輩で俳優の中林大樹(34)で、大安吉日のこの日、都内の区役所に婚姻届を提出した。

    挙式・披露宴は未定。

    竹内は05年に歌舞伎俳優中村獅童(46)と結婚し、同年に長男(13)を出産。

    08年に離婚していた。


    関係者によると、2人は2009年の映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」で共演して知り合い、役者同士の交流が続く中で数年前から交際に発展したという。

    長男も交えた付き合いで、長男から「3人一緒になればこれから楽しくなるね」との後押しもあり、再婚を決意。

    竹内が主演するフジテレビ系「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(木曜後10・00)の撮影が25日に終了。

    仕事が一段落したタイミングで婚姻届を提出した。

    間もなく都内で3人での新生活を始める。

    竹内は妊娠しておらず、2人ともに今後も仕事を続ける。

    k


    竹内は中林と連名でコメントを発表し「所属事務所の先輩後輩として家族同士の付き合いが始まり、いつしかその関係が変わってゆくのを互いに感じておりました。
    守るべき家族ができたことで、身が引き締まる思いであるとともに、より一層仕事にまい進する所存です」とした。


    中林は07年にテレビ朝日系ドラマ「めぞん一刻」で約3000人のオーディションを勝ち抜いて主人公・五代裕作役でデビュー。

    竹内と同じ芸能事務所「スターダストプロモーション」に所属し、フジテレビ系ドラマ「ストロベリーナイト」、映画「残穢(ざんえ)―住んではいけない部屋―」でも共演していた。

    6年ぶりの連ドラ主演作が撮了した竹内は、今後もともに5月公開の映画「長いお別れ」「コンフィデンスマンJP」など出演作が控える。

    新たなパートナーを迎え入れ、公私ともに充実の春を迎えている。


    ◆竹内 結子(たけうち・ゆうこ)
    1980年(昭55)4月1日生まれ、埼玉県出身の38歳。
    96年にフジテレビ系ドラマ「新・木曜の怪談」で女優デビューし、99年にNHK連続テレビ小説「あすか」で主演。
    主な出演作にフジ「ランチの女王」、同「プライド」、TBS「白い影」など。
    1メートル62、血液型A。

    画像①

    ◆中林 大樹(なかばやし・たいき)
    1985年(昭60)1月6日生まれ、奈良県出身の34歳。
    07年にドラマ「めぞん一刻」でデビュー。
    テレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~」、映画「空飛ぶタイヤ」などに出演。
    現在放送中のTBS「グッドワイフ」では、検事の戸梶涼太を演じている。
    1メートル80、血液型A。

    画像②


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/28/kiji/20190227s00041000442000c.html

    所長見解:イケメンやね・・・

    【【事務所後輩】竹内結子が再婚を決めたイケメン年下俳優がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「婚約したからといって、すべて許容されるわけではない」という専門家の意見

    1月下旬の夕方5時頃、K氏のクリニックから出てきた二人。

    この後、都内の高級ホテルに寄ってからK氏の自宅へ

    『ももいろクローバーZ』の元メンバー・有安杏果(ありやすももか)(23)の"真剣交際"が、波紋を広げている。

    有安は2月6日、自身のツイッターで「一般男性の方と結婚を前提に交際させていただいています」と発表。

    だがその後、相手が48歳の精神科医で、しかも有安の『ももクロ』脱退→ソロデビューを促した人物・K氏であることが本誌スクープで明らかになった。

    手放しに"真剣交際"を祝福していいのか、ファンから心配の声が上がっているのだ。

    m


    「もし、有安さんとK氏が、患者と医師という関係だったとすれば、二人の交際は許されるものではない」と語るのは、精神病理学者の野田正彰氏である。

    「いまの有安さんは、精神医学で言う『転移』という状態にあると考えられます。
    『転移』とは、患者が医師に自分の内面を打ち明けて相談するうちに、『医師は自分に好意があるから話を聞いてくれているんだ』と思い込むことです。
    『転移』状態にある人は、関係がうまくいかなくなった際に、相手の気を引こうとリストカットなどの自傷行為に走るケースが多々ある。
    そういった危険性があるからこそ、万が一精神科医が患者と交際するとしても、主治医を替え、症状が完治した後に対等な関係で交際するべきなのです」

    二人の交際は、婚約宣言で「誰にも文句は言わせない」と居直れる関係ではないのだ。

    気がかりな点はそれだけではない。

    有安は交際宣言と同時に、新事務所の詳細を発表。

    事務所の社長はK氏が務めているが、そのマネジメントがあまりにもお粗末なのだ。

    芸能リポーターの井上公造氏が言う。

    「K氏はファンや世間というものをまったくわかっていない。
    活動再開宣言をして1ヵ月も経たないうちに交際発表をしたら、ファンがショックを受けて離れていくことくらい、芸能関係者なら誰でもわかります。
    もっと言えば、彼が有安さんと交際しているのなら、所属事務所の社長にはほかの人物を立てるべきです。
    事務所の社長として、有安さんを売り出す気があるとはとても思えません」

    だが、当の有安本人に、そんな世間の声はまったく届いていないのかもしれない。

    本誌が目撃したデート現場からは、K氏に心酔しきっている有安の様子が、ありありと窺(うかが)えた。

    1月下旬の夜7時過ぎ、渋谷で有安をピックアップしたK氏は、ベンツを運転して三宿(世田谷区)にある芸能人御用達カレー店へ。

    身振り手振りを交えながら話すK氏に、目を輝かせた有安がウンウンと頷(うなず)きながら笑顔で応える。

    食事を終え、マンションに帰宅する際も、深夜にもかかわらず有安は終始ハイテンションでK氏に話しかけ続けていた。

    すでに半同棲状態にあることから見ても、有安が"二人だけの世界"に浸りきっているのは間違いないだろう。

    早く目を覚ましてほしい――。

    それがファンたちの偽らざる気持ちだろう。  

    http://news.livedoor.com/article/detail/16076059/


    1月下旬の夕方5時頃、K氏のクリニックから出てきた二人。
    この後、都内の高級ホテルに寄ってからK氏の自宅へ

    画像①



    2月初旬の午前11時、有安とK氏はベンツで揃って事務所に出勤した。
    微笑み合う様子からは仲睦まじさが窺える

    画像②

    所長見解:もうあれやね・・・

    【【真剣交際】元ももクロ・有安杏果と彼氏である精神科医(48)のヤバすぎる写真がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月21日発売の「週刊文春」が「結婚したい男」アンケートを4年ぶりに実施し、その結果を発表した。

    1位に輝いたのは、俳優の竹野内豊。

    2018年の夏ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)で演じた父親役で好感度を増した。

    「亡くなった奥さんと後妻に定期的に花を贈るシーンに、女性視聴者はグッときたようです」(テレビ誌ライター)


    2位は俳優の高橋一生。

    3位はKinKi Kidsの堂本剛、4位に俳優のムロツヨシ、5位には嵐の相葉雅紀。

    以下、NEWSの増田貴久、松坂桃李、佐々木蔵之介、斎藤工、山下智久と続く。

    注目すべきは、前回まで圏外だった高橋、堂本、ムロ、相葉、増田がランクインしたことだろう。

    m


    「俳優の場合、このようなランキングは出演していたドラマに左右されますね。
    竹野内しかり、高橋も『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)で出世欲のない“動物行動学”を教える専任講師を演じて好評を得ました。
    ムロも『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)で、若年性アルツハイマーに侵された妻を支える夫を好演しました」(前出・テレビ誌ライター)

    だが、そんなムロに対するブーイングがネット上を賑わしている。

    「このタイミングでのムロは絶対ない」
    「今はムロは好感度駄々下がりだよ」
    「ムロツヨシのイメージが下がる前にとったアンケートなんだろうなぁ」

    などの意見が見受けられるのだ。

    「性的暴行の疑いで逮捕された新井浩文容疑者へ向けての応援ツイートと思われた件が、まだ尾を引いているようですね。『こっから、また、応援しよう』との応援メッセージは『アジアカップの決勝戦をみて、日本代表への思いでした』と釈明したにもかかわらずです」(芸能記者)

    新井容疑者の犯行が女性への非道だっただけに“被害女性への配慮に欠ける”と一部の反発を買ってしまったワケだが、そのマイナスイメージは、いまだ冷めやらぬようだ。

    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_68158/

    所長見解:そらな・・・

    【【人気俳優】ムロツヨシ「結婚したい男」4位の結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日の芸能デスクキャップの中島亨兵氏が、ネット配信動画「芸能もういっちょ」の中で、ある大物芸能人の引退を「あるかも知れない」「もしこのニュースがはじければ、嵐の活動休止以上の衝撃」と表現してネットを騒がせている。

    中島氏が言及したのは2月15日付けの配信動画。

    アイドルグループ「Juice=Juice」のメンバー卒業のニュースなどについてコメントした後、「ある大物芸能人が芸能界から引退するかもしれない」と、自身がキャッチした情報を披露した。

    n


    「中島さんはかつて、あの梨元勝さんの元で芸能記者としての経験を積んできたベテランです。
    その中島さんが、ある集まりの帰りにタクシーの中でふたりきりになった芸能関係の人間から漏らされた情報で、こういう場合は信憑性が高いと言っていましたね。
    アシスタントの早川真生キャスターが動画の中で聞き出した情報をまとめると、歌手や俳優なんでもやってるマルチな大物。
    ピー音で消されてましたが、早川さんもスタッフもどよめいていたので、かなり有名な人物であることは間違いないです」(芸能ライター)

    さらに中島氏は、その大物の引退理由も話しているという。

    芸能ライターが続ける。

    「中島氏によれば『やめてもこれからの人生やっていける金銭面のメドがついたようだ』『芸能界にほとほと嫌気がさしたので、裏方に回るという事もない』といった点をあげ、早川さんの『結婚してやめるってことですか?』という質問には否定してましたね」

    動画を受け、ネット上では誰が引退するのか、予想する動きが始まっている。

    ビートたけし、タモリ、明石家さんまといった大物、有吉弘行、坂上忍、ヒロミなど働き盛りの年齢層のタレントまで様々な名前が挙がっているが…。

    「中居正広って線は捨てがたいですね。
    わざわざ裏方に回らないという話が出たということは、他に挙げられた芸能人には無関係なキーワードですが、中居の場合は同じ事務所の滝沢秀明が引退し、ジャニーズJr.のプロデュースを手がけるという点が合致し、また“嵐”を引き合いに出されていることにも意味合いが強まりますよね」(前出・芸能ライター)

    結婚して引退する、という質問が出たということは女性芸能人である可能性も否定できないと考えるが、真相はいかに。

    http://dailynewsonline.jp/article/1703125/

    所長見解:ないやろ・・・

    【【衝撃速報】大物芸能人引退情報は「中居正広」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春」のアンケート企画「結婚したい男」のランキングが確定した。

    m


    1位は俳優の竹野内豊(48)。

    昨年の夏ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)で娘思いの優しい父親役を好演し、ぐんと好感度を上げた。


    本アンケートは俳優・福山雅治が電撃入籍した2015年以来、4年ぶりに実施。

    下は13歳から上は80歳まで、回答総数は2300票超にのぼった。


    2位には俳優の高橋一生(38)、3位にはKinKi Kidsの堂本剛(39)がランクイン。


    注目すべきは、4位にランクインした俳優のムロツヨシ(43)。

    昨年秋のドラマ「大恋愛」(TBS系)で演じた、若年性アルツハイマーを患う妻(戸田恵梨香)を支える献身的な夫役が女性読者に大好評。

    「毎週見て、“ムロキュン”していました」(59)などの声が集まった。


    先日、活動休止を発表した嵐のメンバーでは、5人中4人がベスト30に入ったが、最高位は5位の相葉雅紀(36)だった。

    ベスト30のうち、11人がジャニーズのタレントだった。

    http://bunshun.jp/articles/-/10800
    所長見解:おっさん・・・

    【【衝撃ランキング】「結婚したい男 2019」結果がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ