ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:結婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    婚約が延期されている秋篠宮家の長女眞子さま(26)の相手の小室圭さん(26)が、米国で弁護士資格を取得するため、8月ごろから3年間の予定で渡米することが28日、関係者への取材でわかった。

    no title


    お二人は昨年9月に婚約が内定したが、「充分な準備を行う時間的余裕がない」として今年2月、結婚とそれに関わる諸行事を「再来年(2020年)に延期」すると発表していた。

    その後、具体的な予定は明らかにされていない。

    関係者によると、小室さんは今年春、勤務先の法律事務所に渡米の希望を申し出た。
    すでに米国での通学先は決まっており、現在の事務所に籍を残し、21年に帰国後、再び勤務する予定という。

    https://www.asahi.com/articles/ASL6X62H5L6XUTIL049.html 


    所長見解:どうなるんや・・・

    【【皇室結婚問題】眞子さまと婚約延期中の小室圭さん、三年間米国へ ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    結婚相手の勤務先として望む会社は? 
    与信管理を手掛けるリスクモンスターの調査によると、1位は国家公務員(13.6%)だった。2位は地方公務員(12.7%)。
    同社は「公務員の安定した人気がうかがえる」とみる。

    j


    【結婚したくなる男性の勤め先 トップ100社】

    3位はトヨタ自動車(8.1%)、4位は全日本空輸(ANA、5.6%)、5位はGoogle(4.5%)。以下、パナソニック(4.4%)、伊藤忠商事(4.2%)、楽天(3.6%)
    、任天堂・三菱商事(ともに3.5%)――と続いた。

    2017年の調査から大きく順位を上げたのは、楽天(22位→8位)、タニタ(30位→12位)、アマゾンジャパン(48位→15位)など。一方、三菱UFJ銀行(8位→19位)、東日本旅客鉄道(JR東日本、13位→25位)、三井住友銀行(19位→27位)などがランクダウンしていた。


    ●大切なのは「給与」

    結婚相手の勤務先として重視するポイントは「給与額」(47.1%)がトップ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000049-zdn_mkt-bus_all


    所長見解:まさにATM・・・

    【【ランキング】女性が結婚したくなる男性の勤め先がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    相楽樹、石井裕也監督と結婚!年の差12歳、年内に出産予定 

    s

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16年)でヒロインの妹・鞠子役を演じた女優の相楽樹(いつき、23)が、映画「舟を編む」(13年)の石井裕也監督(35)と結婚していたことが20日、スポーツ報知の取材で分かった。

    複数の関係者によると、2人は共通の知人を介して知り合い、程なくして交際に発展。
    6月上旬までに婚姻届を提出したという。
    相楽は妊娠しており、すでに安定期に入っている。

    相楽を知る仕事関係者は「新しい命を授かり、少しずつですが、母親としての実感も湧いているようです」と近況を明かす。
    別の関係者は「年内に新しい家族が誕生する予定と聞いています。しばらくの間、仕事はお休みするようです」と話した。

    12歳差の年の差婚になる。
    2人が同じ仕事をした経験はないが、相楽はアメーバオフィシャルプレスのインタビュー記事の中で、「憧れの人、これから一緒に仕事をしてみたい人」について是枝裕和監督(56)、石井監督を挙げている。
    理由について「日常を切り取ったような作品が好き。その世界が実在しているかのようなリアルな描写に、いつも感動している」と告白。
    「いつか一緒にお仕事させていただきたい」と夢も語っていた。

    相楽は「とと姉ちゃん」でブレイク。
    昨年3月、テレビ東京の連続ドラマ「こんにちは、女優の相楽樹です。」で初主演した。
    同ドラマでは、ネット上で「顔が似ている」と話題になった壇蜜(37)との共演も果たし、話題を呼んだ。

    石井監督は、メガホンを執った映画「川の底からこんにちは」に主演した満島ひかり(32)と知り合い、10年に結婚したが、16年に離婚が成立した。
    「舟を編む」では報知映画賞作品賞などを受賞。
    米アカデミー賞外国語映画部門の日本代表作品に選出され、若手実力派監督として注目を集めている。

    ◆相楽 樹(さがら・いつき)1995年3月4日、埼玉県生まれ。23歳。
    2009年に原宿でスカウトされ、芸能界入り。
    10年ドラマ「熱海の捜査官」で女優デビュー。11年「ゴメンナサイ」で映画初出演。
    主な出演作にドラマ「嫌われる勇気」、舞台「黒蜥蜴」。
    趣味はギター。特技はゴルフ、料理、スポーツ全般。身長162センチ。血液型O。

    ◆石井 裕也(いしい・ゆうや)1983年6月21日、埼玉県生まれ。35歳。
    2007年大阪芸術大学の卒業制作「剥き出しにっぽん」がPFF(ぴあフィルムフェスティバル)グランプリ&音楽賞。
    映画「川の底からこんにちは」ではブルーリボン賞監督賞を史上最年少受賞。
    主な監督作に「ぼくたちの家族」「バンクーバーの朝日」。
    17年「宇宙船ドリーム号」で舞台演出初挑戦。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180620-OHT1T50276.html


    所長見解:デキ婚か・・・

    【【年齢差婚】女優・相楽樹(23)が石井裕也監督(35)と出来婚 ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優、玉木宏(38)が女優、木南晴夏(32)と大安の26日に結婚することが20日、分かった。
    複数の関係者によると、2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、友人として親交を深めてきたが、昨年4月放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「女の勲章」での共演を機に熱愛に発展。
    今月中旬にそれぞれ連続ドラマの撮影を終え、自然な流れでゴールインに至ったという。
    木南は妊娠しておらず、結婚後も女優を続ける。

    k


    最後の大物独身俳優の一人として注目されてきた超イケメンと、独特の存在感を放つ個性派女優のビッグカップルがゴールインする。

    玉木は現在、TBS系「あなたには帰る家がある」(金曜後10・0)、木南は同局系「花のち晴れ~花男 Next Season~」(火曜後10・0)と、そろって4月期の連ドラに出演中。
    関係者によると、2人は以前から「6月に結婚したいね」と話し合っていたという。

    ともに今月中旬、ドラマの撮影が終了。
    婚姻届を提出する26日は「花のち晴れ-」の最終回で、双方の仕事が落ち着いたタイミングで、夫婦として新たな門出を迎えることになった。

    2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、長年よき友人として食事をするなど親交を深めてきた。
    役者としては玉木が先輩だが、木南も個性派女優として頭角を現し、互いを尊敬し合う仲に。
    共演した昨年4月放送の「女の勲章」で女を翻弄する野心家役の玉木が木南を相手に熱演し、それがきっかけで恋人関係に発展した。

    玉木は2001年公開の「ウォーターボーイズ」で注目を浴び、数々のドラマや映画に主演。
    15年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」では、波瑠(27)演じるヒロイン・あさの夫役で、さわやかな笑顔が魅力の新次郎を演じてお茶の間の女性をとりこにした。

    一方の木南は04年の女優デビュー以降、ドラマや映画など110本以上の作品に出演。
    さまざな役をこなす演技派の地位を地道に築いた。
    今年はテレビ朝日系昼ドラ「越路吹雪物語」に岩谷時子役で出演。
    バラエティーでも活躍し、多彩な才能を発揮している。

    理想の夫婦像について玉木は15年のサンケイスポーツインタビューで「足りない部分を補いあえる関係。僕もいつか結婚したら奥さんが仕事に出るなら応援する」と告白。
    「祖母にひ孫を見せたい」などと父親願望も吐露していた。

    木南も今年1月のサンケイスポーツの取材で「いずれは結婚したい。10代のころから36歳で結婚と言っていたので、あと4年は猶予あります」と適齢期を意識しているようだった。

    理想の結婚相手については「怒らなくてアクティブな人。私はけっこう抜けているので、笑って許してくれる人がいい」と、温厚で男らしい玉木を意識していたのかのような発言もあった。

    ファン思いの2人は、近日中に公式ホームページなどで結婚を正式発表するとみられる。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000503-sanspo-ent 


    所長見解:いいよね・・・

    【【結婚発表】玉木宏、38歳大物イケメン独身俳優の結婚相手がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    DA PUMPのISSA(39才)が極秘結婚していたことが明らかになった。
    お相手は美容サロンのオーナーを務めるメイクアップアーティストの一般女性だ。

    沖縄のドン・ファン――。
    6月3日、『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演したDA PUMPのISSAは、司会の爆笑問題の太田光(53才)にそういじられると、「違いますよ!」と笑みを浮かべながらも、しどろもどろ。
    田中裕二(53才)に「今、彼女は?」と振られれば「今、いないです! 本当にいないです!」と大焦りだった。

    「ぼくみたいな人と結婚すると、女性が大変だと思うんで…。帰ってこないじゃないですか」
    そう自虐的に語ったけど、あれれ、それってホント?

    ISSAは現在、絶賛ブレーク中だ。
    DA PUMPとして今月、3年8か月ぶりの新曲『U.S.A.』を発表すると、“いいねダンス”がダサカッコいいと話題になり、公式ミュージックビデオの再生回数はなんと1000万回にも達した。

    「メンバーの不祥事や脱退などがあり、ISSAさんはDA PUMPの看板を下ろそうと思った時期があったそうです。ただ、“自分には歌って、踊ることしかできない”と活動を続け、久々にヒット曲に恵まれました」(音楽業界関係者)

    ISSAといえば名うてのモテ男で、かつて何度もメディアを騒がせてきた。
    同郷の上原多香子(35才)のほか、柴咲コウ(36才)、宮沢りえ(45才)、あびる優(31才)、伊東美咲(41才)、藤井リナ(33才)など、数々の美女との恋の噂があり、“平成の火野正平”と呼ばれたこともある。

    「ISSAさんがモテるのは端正な顔立ちのうえ、どこか危険な香りがするから。
    しかも、ああ見えてマメですし、共演者やスタッフへの気遣いもしっかりできる男です。
    だからモテるんでしょう」(テレビ局関係者)

    2011年12月には沖縄育ちのモデル・福本幸子(36才)と婚約。
    しかし、AKB48の増田有華(26才)との“お泊まり愛”が報じられ、2012年12月に婚約破棄となった。
     
    それから約6年――浮いた話は聞こえてこず、冒頭のように「彼女はいない」と言い切っていたISSAだが、こんな仰天情報を入手した。

    「ISSAさんは昨年、都心の一等地にマンションを購入したんです。
    そこで女性と一緒に暮らしています。彼女とはもう籍を入れているんです」(ISSAの知人)

    ひた隠しにしていたお相手は芸能人ではなく、美容サロンのオーナーを務めるメイクアップアーティストのAさんだ。

    「大手ファッションブランドのメイクを担当し、その後、フリーランスになった人で、アーティストの写真集やPV、広告でのメイクも手がける売れっ子です。
    白い肌に端整な顔立ちが印象的な女性で、大島優子さん(29才)に似ています。
    またもや!というくらいキレイな人ですよ。
    A子さんは左手薬指に指輪もしていて、幸せそうですよ。
    きっとISSAさんの再ブレークを誰よりも喜んでいるでしょうね」(広告業界関係者)

    ふたりが暮らすマンションからAさんが経営するサロンまでは、徒歩15分くらいの距離だ。

    「職場が近いですし、オーナーでもあるので、仕事の時間が調整しやすいようです。
    忙しいISSAさんのために夕飯を作って、帰りを待つことも多いようです。
    すでに親しい人には報告済みで、部屋ではA子さんの愛犬も一緒に暮らしています。
    ISSAさんも犬好きなので、楽しく過ごしているみたいですよ」(前出・知人)

    ある日、ISSAは男友達と朝方の3時まで飲んでいた。
    どこにも寄らずに、まっすぐ帰ったその部屋には明かりが灯っていた。
    家で待っている人がいるのも、“いいね”!


    ※女性セブン
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00000001-pseven-ent&p=1

    Aさんが待つ自宅に帰るISSA
    no title

    ISSAの結婚お相手 美容サロンオーナーのAさん
    大島優子似の美女 左手薬指にはキラリと…
    no title


    所長見解:モテるな・・・

    【【DA PUMP】ISSAの極秘結婚相手がコチラwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ