終了

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上沼恵美子「えみちゃんねる」総集編も再放送もNO!!

    局との交渉決裂「取り付く島もない」


    “関西の女帝”上沼恵美子(65)が司会を務める長寿番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ、金曜後7・00)が突然終了することになった騒動で、上沼が同番組の総集編や再放送を拒否していたことが23日、分かった。

    番組は24日の放送で、25年の歴史に幕を下ろす。


    c


    同番組を巡っては6月の収録で、上沼が準レギュラーのキングコング梶原雄太(39)の態度が気に入らないとして罵倒。

    梶原が降板を申し出た。

    その後、上沼が局側に「改めるところがあったら何でも言って」と提案したため、局側が現場の意見を伝えたところ「そこまで言われるなら辞めてやる」と逆ギレ。

    担当プロデューサーが突如番組を外れたことなども重なって上沼が出演を拒否する事態になったとみられる。


    在阪テレビ局関係者によると、局側は10月改編に合わせた9月末での“卒業”を提案したが不調に終わり、放送枠を埋めるため総集編や再放送の許可を得ようとしたが、上沼は拒否。

    再編集も許さなかった。

    そのため、突然の番組終了となったという。

    局側は複数回話し合いを持ったが全て交渉決裂。

    「上沼さんは聞く耳持たない感じで全く折り合うことができなかったようだ。
    10月の改編期での終了も平行線のまま、取り付く島もない形で終わった」(同関係者)。

    局側は来週以降の放送枠の調整に追われている。


    局側とのバトルの末に残ったものは混乱以外何もない。

    何とも後味の悪い幕切れとなった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/e9f5b6d861efcfe0080bcc7b8e621ef72cd1764b

    所長見解:どしたんや・・・
    【【激怒】上沼恵美子さん「そこまで言われるなら辞めてやる」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上沼恵美子“逆ギレ”「えみちゃんねる」24日で突然終了…

    現場の意見に「辞めてやる」


    上沼恵美子の“逆ギレ”により「快傑えみちゃんねる」が電撃終了することが分かった

    “関西の女帝”と呼ばれる大物タレント・上沼恵美子(65)が司会を務める関西テレビの長寿番組「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)が25年の歴史に幕を下ろすことが21日、分かった。

    24日の放送が最後となる。

    同番組は6月に上沼の“集中口撃”により準レギュラーだったキングコング梶原雄太(39)が降板する騒動があったばかり。


    k


    突然すぎる終了の裏には何があったのか――。

    歯に衣(きぬ)着せぬ上沼の毒舌トークで、長きにわたり多くのファンに愛されてきたバラエティー番組。

    関西テレビは、今年7月に25周年を迎えたことを理由にあげ「番組として一定の役割ができたと考え、終了いたします」と発表。

    上沼も「25年という長きにわたって『快傑えみちゃんねる』を1000回を超えて続けることができたのは、支えてくださった視聴者の皆さまのおかげです。
    本当にありがとうごさいました」とのコメントを出した。


    テレビ業界の通例なら早くても10月の改編期で番組を切り替えるケースが多いが、不祥事でもないのに突然の幕引きという前代未聞の顛末(てんまつ)。

    複数の関係者によると、問題の発端は梶原の降板騒動とみられる。

    梶原の態度が気に入らず、上沼が収録中に罵倒。

    その場面はお蔵入りとなり、梶原は上沼のラジオ番組のレギュラーも含めて降板を申し出た。

    そこで上沼は騒動後、同局側に「番組をもっと良くしたい。
    改めるところがあったら何でも言ってほしい」と提案。

    これが“導火線”となった。

    同局側が上沼と話し合いの場を持ち、現場スタッフらの意見を伝えたところ、「そこまで言われるなら辞めてやる」と逆ギレ。

    局側は9月末での卒業を打診したものの、上沼の出演拒否により24日放送で終了することが突如、決まったとみられる。


    「若い視聴者の取り込みを図るため、今後どうするかということは懸案事項になっていた。ただ、えみちゃんねるはファンも多いし、局側としても続けたいと思っていた。
    卒業セレモニーもないと聞いている。
    寂しすぎます」(同局関係者)。

    現時点で総集編の放送予定もないという。

    同局は本紙の取材に「上沼さんとの話し合いの内容の詳細は答えられない。
    終了を決めたのは関西テレビです」と答えた。


    上沼にとっては長きにわたって担当していた女性マネジャーが5月末に辞めたことも大きい。

    「これまでは、そのマネジャーがクッションのような役割を果たしていた。
    上沼さんは“コロナ鬱(うつ)”と言ってましたが、最近は精神的にも落ち込んでいた。
    その中で直接本人が対応することになって悲劇につながった」(演芸関係者)。

    同局の幹部も代替わりしており、これまでのように意思疎通が図れなかったことも一因とみられる。


    同番組は1995年7月10日にスタート。

    最終回で1056回を迎える。


    出演拒否で解決の糸口が見つからないままでの空中分解。

    視聴者不在のこんな形で終わりを告げるのは残念でならない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed485fe7c5aa492fc8ef56b71bbbcdf1a6d7c4bf

    所長見解:どしたんやろね・・・
    【【ブチ切れ】上沼恵美子さん「快傑えみちゃんねる」突然終了のヤバすぎる理由・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安藤優子(61)がメインキャスターを務めるフジテレビ系の情報番組「直撃LIVEグッディ!」が9月末で放送終了する。

     
    同番組は俳優の高橋克実(59)、倉田大誠アナウンサー(38)らともに2015年3月にスタート。

    それまで安藤は同局の報道番組「FNNスーパーニュース」に出演し〝夕方の顔〟として認知されていたが、番組刷新に伴い、各局しのぎを削る昼の〝ワイドショー戦争〟に投入された。

    「ゴリゴリの報道キャスターだった安藤さんを昼の時間帯に移すのは大きな決断。
    最初は本人も難色を示していたそうだが、フジが頭を下げて頼み込み、ようやく布陣変更となった」とはテレビ関係者。

    g


    「グッディ」での安藤は時に〝舌禍事件〟を起こすこともあった。

    記憶に新しいのは、昨年2月、競泳の池江璃花子選手に放ったひと言だ。

     
    白血病を発症した池江選手に対して「かわいらしさとすべてを持ってらっしゃるなと思ったんですけど。
    神様がちょっと試練を与えたのかな、というふうにも思います」とコメント。

    ネット上では「不謹慎だ!」と、たちまち大炎上した。

    「局に届いた視聴者のクレームの数はいつもの3~4倍。
    安藤さん自身も週刊誌に直撃され、大騒動になった。
    このころから安藤さんの危うさみたいなものが、局内でも話し合われるようになった」(フジ関係者)

     
    10月以降は前番組の「バイキング」が午後2時45分まで放送枠を拡大。

    ドラマの再放送枠を挟み、夕方の報道番組「Live News it!」にリレーする。

     
    前出テレビ関係者によれば「新型コロナの影響もあって各局、軒並み広告収入が激減し、制作費が捻出しづらくなっている。
    フジとしては高額ギャラの安藤さんを〝切った〟ということ。
    ドラマの再放送がコロナ禍で好調なのも、決断を後押しした」という。

     
    5年半の歴史に幕を閉じる「グッディ」。

    安藤は何を思うか――。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1964619/ 



    所長見解:バイキングやろ・・・


    【【悲報】安藤優子「グッディ」終了の理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    サッカーJ1がようやく再開するのに――。

    「ナインティナイン」矢部浩之(48)の冠サッカー番組「やべっちF.C.」(テレビ朝日系)が、8月終了で調整されていることが本紙の取材で分かった。

    サッカー男子(U―23)がある東京五輪まで番組続行の見通しだったが、新型コロナウイルス禍で五輪が来夏に延期されたことが痛恨だったという。

    矢部といえば、相方・岡村隆史(49)の〝風俗発言騒動〟でラジオ番組に復帰したばかり。

    y


    番組終了の舞台裏とは?

    コロナ禍で4か月延期されたサッカーJ1が今月4日に再開されるのを前に、仰天の一報が飛び込んできた。

    W杯日韓大会の2002年に始まり、18年間続いていた矢部のサッカー番組が、8月終了で調整されていることが判明した。

    その引き金になったのは、東京五輪の延期だ。

     
    テレビ局関係者の話。

    「近年は番組がマンネリ化して、打ち切りの〝イエローカード〟が出ていて存続が怪しかった。
    でも、今夏予定だった東京五輪のU―23を集中的に取り上げ、番組を盛り返そうとしていたんです。
    その矢先、新型コロナ禍で東京五輪が延期され、〝ここが潮時〟と判断されたようです」

     
    番組の新編成は通常、4月と10月の年2回行われる。

    8月終了は何とも中途半端だが「コロナ禍で番組編成がグチャグチャになっているんですよ。
    なので、8月終了で調整されています」(同関係者)。

    後継番組はバラエティーになる見通しで、出演者に矢部の名前はないという。

     
    テレ朝広報部は、本紙の取材に「現時点で決まったことはありません」と回答した。

    「現時点」と断ったのがミソだろう。

     
    サッカー界に対する同番組の貢献度はハンパない。

    日本代表が挑んだW杯5大会の興奮を伝えたほか、Jリーグや欧州リーグの試合結果を詳報。

    ほかにもユニークな企画を次々に打ち出し「デジっちが行く!」は名物になって、Jリーグに公認されたほどだ。

     
    進行を務めた歴代の女子アナも、前田有紀さん(39=現フラワーアーティスト)、竹内由恵(34=現フリー)がブレーク。

    現任の三谷紬アナ(26)は、爆●で男性ファンをトリコにしている。

     
    一方、MCの矢部は試練の時を迎えた。

    ピンのテレビの仕事は「やべっちF.C.」と「アウト×デラックス」(フジテレビ系)の2本で、〝やべっち〟が終わると1本しかない。

    しかも「アウト×デラックス」も、共演の後輩芸人・南海キャンディーズの山里亮太が存在感を示しており〝矢部不要論〟が業界内でささやかれているから大ピンチなのだ。

     
    つい2か月前、相方の岡村が「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)」(ニッポン放送)の放送中に〝女性蔑視発言〟をし、謝罪に追い込まれたばかり。

    矢部は、翌週の4月30日深夜放送で岡村を公開説教したのも記憶に新しい。

     
    結局、5月14日の深夜放送から矢部が5年半ぶりに正式復帰。

    以降は「ナインティナインのANN」としてリスタートしている。

    「『やべっちF.C.』の終了が近いのは、矢部さん自身も悟っていたようです。
    『ANN』に復帰したのは岡村さんをコントロールし、番組を引き締めるためと思われたけど、これ以上の仕事減を避けたい思惑もあったはず。
    プライベートでは都内の一等地に自宅があり、妻でフリーアナの青木裕子、6歳長男、4歳次男を養わないといけないから、なおさらでは」(お笑い関係者)

     
    矢部は「ANN」先月25日深夜放送分で、ワイドショー番組からレギュラー出演のオファーがあったとし「やめとこかと言ったばっかり。
    大変やと思います」と断ったことを明かした。

    出演依頼はまだあるようだが、これからが正念場になりそうだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d23691989dd0e974eba1251d2d2d9d11eb2128a7

    所長見解:女子アナよね・・・
    【【悲報】「やべっちF.C.」終了の悲しすぎる理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「どうやら『バイキング』の終了が決まったみたいですよ。
    9月末までだそうです。
    坂上忍さんのパワハラがどんどんひどくなっていますから、しかたがないかもしれませんね……」(フジテレビ関係者)


    『笑っていいとも!』の後継番組として'14年からフジテレビの昼を飾る『バイキング』。

    数年前から坂上のワンマンぶりが週刊誌などで記事にされてきたが、このところ傍若無人な態度に拍車がかかっているというのだ。


    「リハーサルでやったことが、坂上さんのひと言で引っくり返される。
    せっかく用意した映像を“いらない”と×をつけて使わないことも。
    共演している榎並大二郎アナもいつもビクビクしていますよ。
    ADのカンペのタイミングが遅いだけで不機嫌になり、チーフディレクターを説教。
    現場は常にピリピリしています」(同・フジテレビ関係者)

     
    番組に出演経験のある芸能人も、坂上の行為を指摘する。

    「小籔千豊さんはインターネット番組で“(自分の発言に)坂上さんが明らかに嫌な顔をしているときがある。
    心が折れるときがある”と番組卒業後に話していました。
    ブラックマヨネーズの吉田敬さんは“この番組でも、パワハラみたいな感じで進んでいくことがあるじゃないですか”と生放送中に発言し、坂上さんを慌てさせていましたね」(テレビ誌ライター)


    s


    ストレスが原因で2名が休職

    悪影響は、制作チームにも及んでいる。

    「2名のスタッフが体調不良で休職しており、パワハラによるストレスが原因ともいわれています。
    このことを会社もかなり重く見たようです」
    (前出・フジテレビ関係者)

     
    フジテレビに問い合わせたところ、

    「ご指摘のような事実はございません」

    という返答。


    パワハラの真相を確かめるため、6月初旬の早朝、自宅近くで愛犬と散歩中の坂上を直撃した。


    坂上に“パワハラ”を直撃

    ─『バイキング』が9月で終了するそうですね。

    「聞いてないなぁ。
    普通なら半年とか1年前に話があるものでしょ。
    もうそんなに時間ないのに、まだ(自分に)話がないってことは違うんじゃないですか」

     
    パワハラが理由で終了するのではないかと聞くと、

    「そういうふうにつなげる?」

     
    と納得がいかない様子。


    制作スタッフへの強い叱責についても聞いてみた。

    「生放送ですから、そりゃ間違えたりすれば注意くらいはします。
    でも叱責なんてことはしませんよ。
    意見がぶつかることもあるけど、そういうふうに(強く)言ったことはないですね。
    制作サイドの上と下でやりあってたことはあった、と聞いたことがあるけど」

     
    自分が原因ではなく、もともとスタッフ間に衝突があったという主張だ。


    ─上層部もパワハラの事実を知っているようですが?

    「何にせよ、数年前の記事と今回あなたが聞いてきたこと(坂上のパワハラが理由で番組が終了)を結びつけるのは、無理筋だと思いますよ」

     
    強気に反論し、“まだ犬の散歩が残っているので”と去っていった。

    飼い犬に接する態度を見る限りでは、パワハラとは無縁なジェントルマンに見えたのだが……。



    週刊女性
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a2428105256620b35ec51b90037e989a0e554a47

    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200617-00018159-jprime-000-1-view.jpg

    所長見解:見ないよね・・・

    【【パワハラ問題発覚】『バイキング』が9月終了ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ