終了

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    r


    新型コロナ、収束か?

    雑魚だったな
    所長見解:もうな・・・

    【【朗報】新型コロナ、収束の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ワイドショーに「つまらない」「くだらない」「いらない」の声、ここまで嫌われ者になった背景と改善点


    w


    「この番組ではニュース、ワイドショーを一切扱いません」

    3月29日から始まるTBSの新しい朝番組『ラヴィット!』(月~金朝8時)について、チーフプロデューサー・小林弘典氏がそう宣言した。

    報道番組ではなく、視聴者の日常が今より楽しくなる情報を笑いとともに届ける“バラエティー番組”にするという。


     
    来月に現在放送中の『グッとラック!』(TBS系)、そして22年続いた『とくダネ!』(フジテレビ系)が終わりを迎え、新たな番組に生まれ変わることに視聴者の期待も高まっている。



    ■多いわりには嫌われ者なワイドショー

    現在、平日昼間の番組を見てみると『大下容子ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)、『ひるおび!』(TBS系)、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)……など、ワイドショー・情報番組がとにかく多く、朝から夕方まで続く。

     
    だが、正直どれも内容は似たり寄ったりで、視聴者からは「つまらない」「くだらない」「いらない」という辛辣な声が聞こえてくる。

    SNSでも、番組を楽しむ声よりも、MCやコメンテーターの発言などに対する批判の声の方が圧倒的に多い。


     
    また連日のコロナ報道で、“煽りすぎ”と言う意見もあり、これらをきっかけにさらにワイドショーや情報番組が嫌いになったと言う声も。


     
    いつからこの類の番組は「嫌われ者」になってしまったのだろうか。


    「今ではワイドショーではなく、頑なにワイドショーと言わずに情報番組と言い張る局もある。
    なぜなら“ワイド”じゃないから。
    今は取り扱う情報がどこも似ています。
    コロナと天気と、最近ではオリンピック? くらい。
    『週刊文春』によるスクープ“文春砲”が出たときはそれに乗っかって報道することもありますが、独自のゴシップネタとかもやらなくなった。
    それを考えたら、そもそもワイドじゃないんですよね」


     
    そう話すのは、コラムニストの吉田潮さん。

    多くのワイドショー・情報番組がニュースをメインとしているが、ひと昔前は違ったという。


    「例えば20年くらい前は、芸能、ゴシップ、スキャンダルというのがメインディッシュだったはず。
    でも10年くらい前から芸能界ネタが少なくなった気がします。
    ネット社会になったというのも大きいのかなと。
    ネットには細かい情報が山ほどある。
    裏どりができてない情報だったり、ガセネタもあるけど、とにかく活発じゃないですか。
    誰でも書き散らすことができるネットがメインカルチャーになってしまったので、そこに裏どりが必要になるテレビは、スピード的にも抗えない。


    あとはゴシップなんてどうでもいいという高貴な人々が増えたのかな(笑)。
    私は下世話な人間なので、芸能系もどんどんやればいいのにって思いますが、世の中はそういう感じでもないんですね」



    ■人畜無害で特徴なし改善の鍵を握るは“女性”?

    受け手側が変わってきたこともあるが、出演陣の“体質”にも変化が。

    最近は強い発言をすれば叩かれ、発言しなければ忖度していると言われる始末。


    「”MCやコメンテーターも言えないことが増えたり、そもそも意見を言わない人が増えましたよね。
    今は毒舌とか、そういうのも受け入れられない傾向にある。
    だから“毒”を吐く人もいないし、みんな当たり障りのない、害のない人ばかり。
    なのでどこも特徴がないんです。人畜無害だらけのワイドショーって、どうですか?(笑)。


    今、毒舌といえば坂上(忍)さんくらいじゃないですか。
    他番組がえげつなさを捨てていく中で、『バイキングMORE』だけはその方向でいこうぜって。
    ある意味、プライドを持ってやってると思う。
    昔はそういう、えげつなさや、毒ある発言も楽しみの一つでしたが、今はそれがウケる時代ではなくなってきたんだと思います」


     
    実際、600人に聞いた「嫌いな司会者」アンケート(『週刊女性』2月2日号)では、『バイキングMORE』の坂上忍がぶっちぎりで1位だった。


     
    そんな中、『とくダネ!』のあと番組で3月29日から始まる『めざまし8』のMCに選出されたのは、谷原章介。

    それについて、吉田さんはこう深読みする。




    https://www.jprime.jp/articles/-/20149?display=b

    所長見解:文句ばっかやもんな・・・

    【【悲報】ワイドショー「つまらない」「くだらない」「いらない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    加藤浩次、吉本興業から粛清


    h


    闇営業騒動で直撃される加藤浩次


    極楽とんぼの加藤浩次(51)のレギュラー番組がこの春、立て続けに終了する。

    1993年のJリーグ開幕から放送枠や地域を変えながら続いてきた長寿番組「スーパーサッカー」(TBS系)に続いて、「この差って何ですか?」(TBS系)も終了することが明らかになった。

    闇営業騒動に端を発した吉本興業上層部批判から1年半。

    いよいよ〝粛清〟が始まったのかと業界中がザワついている――。


     
    大のサッカー好きとして知られる加藤は、2001年から「スーパーサッカー」のメーンMCに起用され、TBSサッカー番組の顔として活躍してきた。

    しかし4月以降、同番組は枠を拡大したスポーツニュース番組「S☆1」に吸収される形となり、消滅することになった。


     
    さらに一部で、加藤と川田裕美アナウンサーがMCの情報バラエティー番組「この差って何ですか?」も打ち切られることが報じられた。


    「昨年秋にテレ朝の『やべっちFC』が終了したことからも分かるように、サッカーニュース番組は存続が難しい時代に入った。
    また『この差って何ですか?』も、かつては2ケタ視聴率だったが、最近は1ケタに落ち込んでいた。
    打ち切りもやむなし、といったところ」(TBS関係者)


     
    確かに視聴率を見ると、番組が終わるのも無理はないのだが、よりによって加藤がMCを務める2番組ということで、不穏な空気が流れているのだ。


    「一昨年に巻き起こった一連の闇営業騒動の時、加藤は日テレの『スッキリ』で吉本の大﨑洋会長ら幹部を糾弾。
    いわゆる〝加藤の乱〟を起こした。
    加藤が吉本とエージェント契約を結ぶことで一応の決着は付いたが、この時のことを吉本幹部は許しておらず、すぐにではなくタイミングを見て仕事を減らしていくのでは?とみられていた」と言うのは芸能プロ関係者だ。


     
    先日、写真週刊誌「フライデー」の直撃を受けた大﨑会長は、テレビ復帰を願う「雨上がり決死隊」宮迫博之に対し「テレビ局と直接やったらええやん。
    吉本がテレビ局に圧力かけたり、逆にテレビ側が気をつかって降ろすとか噂されてるけど、そんなんあるわけない」と明言していた。


    「まあ一つだけ言えるのは、吉本としては加藤のレギュラー番組が減ろうが、もはや守る必要はないということ。
    加藤は自身が望んでエージェント契約を結んだ。
    またテレビ局としても吉本に気を使うことなく、数字が悪いという理由で加藤の番組を切れるようになった」(テレビ局関係者)


     
    また、加藤がMCを務める平日朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)の裏番組「グッとラック!」(TBS系)が3月26日で終了。

    29日から新番組「ラヴィット!」がスタートするが、MCはお笑いコンビ「麒麟」の川島明と田村真子アナウンサーが務める。


    「この枠は1996年から『はなまるマーケット』が放送されたが、MCは昨年亡くなった岡江久美子さんと薬丸裕英、その後の『いっぷく!』と『ビビット』は国分太一、続く『グッとラック!』は立川志らくと、吉本にはあまり縁がなかったが、ここに来て吉本の川島がMCの座をゲットした」(同)

    「スッキリ」の裏番組に川島のMC起用したウラには〝加藤潰し〟の意図があるとの見方も浮上している。

     
    現時点で「スッキリ」が終わるという話は出ておらず、加藤がテレビから姿を消すという日は当面来ない見込みだが…

    一寸先は闇だ。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b31f02bbba90c688727b9bca99f75f8ae646346

    所長見解:そらな・・・

    【【加藤の乱】加藤浩次、吉本興業から干された模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    30年以上続く長寿番組『噂の!東京マガジン』をはじめ、立川志らく(57)がMCを務める『グッとラック!』や爆笑問題がMCを務める『爆報!THEフライデー』など、TBSではこの3月に多くの番組が終了することが明らかになっている。

     
    そんな中、お昼の人気番組にも終了がささやかれているという。

    民放キー局ディレクターが話す。

    「恵俊彰さん(56)がMCを務める『ひるおび!』の“打ち切りが決まった”という話がTBSの一部で流れているんです。
    どうやら今年10月の秋の改編期に終了する方向で調整が進められているという話でして……」


    v

     
    2009年3月にスタートした『ひるおび』。

    恵は前番組『2時っチャオ!』から数えると、約15年にわたって同枠でMCを担当している。

     
    昨年まで『ひるおび!』の平均視聴率は9年連続で同時間帯のトップを維持しており、視聴率は決して悪いとは言えない。

     
    放送作家はこう話す。

    「『ひるおび!』終了の話はちょっと信じ難いですよね……。
    ただ、TBSの恵さんの番組で言うと、『ワールド極限ミステリー』も今年10月に終了することになるという話ですね……」


    https://taishu.jp/articles/-/91880?page=1
    所長見解:いらんよな・・・

    【【悲報】TBS「ひるおび!」、今年10月打ち切りってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小倉智昭アナウンサー(73)が13日、キャスターを務めるフジテレビ系情報番組「情報プレゼンター とくダネ!」(月~金曜・前8時)にスタジオ生出演し、3月26日の放送をもって同番組が終了することを発表した。

    1999年4月の放送開始から22年の歴史に幕を下ろす。

     
    小倉氏は、携帯電話各社の値下げプランのニュースを伝えた後に「この後は、3月でとくダネが終了しますっていう話をちょっとさせてもらいます」と伝え、CMに入った。

    CMが明けて「今日のスポーツ紙で大変大きく取り上げていただいたんですが、とくダネ!が足かけ22年、3月いっぱいで終了することになりました。
    本当にみなさんには、長い間、ごらんいただいたんですが」と明かした上で、99年4月1日の初回放送の映像を紹介し「ダブダブの服を着るのが流行っていたころなんです。
    古い感じがする、このごろはむしろ、大病しているんじゃないかって思うほど、私は細いんですけど」と笑わせていた。


    m


    後釜番組は坂上忍MCの番組が内定。

    坂上忍は既にバイキングMOREのMCを同局で帯番組で担当していることから朝から出ずっぱりということになる。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5055de7aa312d56275144b3540a5f6f66fa9943

    所長見解:マジか・・・
    【【悲報】「とくダネ!」終了、後釜は坂上忍MCの番組ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ