終了

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「発表タイミングが早すぎるのではないかとの声も、一部では上がっていました。
    しかし秋冬商品を買い付けないとなると、業界内で噂が立ってしまいます。
    だから梨花さんは『そうなる前に自分から伝えたい』と言って、会社に掛け合ったそうです」(芸能関係者)

    3月2日、自身がプロデュースするブランド「メゾン・ド・リーファー」を年内で全店舗閉店すると発表した梨花(45)。

    12年4月に東京・代官山で1号店をオープンし、初日に2千人が来店。

    月に1億円を売り上げることもあったといい、年商は10億円以上にのぼっていた。

    そんな人気ブランドが閉店するとあって、服飾業界が騒然となっている。

    だが、当の梨花にとっても大きな決断だったようだ。

    r


    「経営しているのは大手アパレルブランドで、梨花さんはプロデューサーとして契約していた形です。
    そのため、閉店によって彼女に何らかの金銭的な負担が出てくるわけではありません。
    しかし契約終了に伴い、彼女の収入が激減することは事実です。
    というのも彼女はプロデューサー契約料として、年間5千万円以上もらっていたそうです。
    さらにインセンティブとして、売り上げの一部をもらっていたといいます。
    これらを合わせて、総額で1億円以上になることもあったと聞きました」(前出・芸能関係者)

    15年秋からハワイへ移住し、17年には長男(7)のお受験も経験。

    長男は現地の私立小学校に通っており、夫もハワイでのビジネスを計画していたという。

    そんな矢先の閉店発表。

    梨花は一部週刊誌で今後について「これまでのように日本とハワイを行ったり来たりの生活です」と語っていた。

    だが“年収1億円減”の誤算により、将来への不安も抱えているようだ。

    「ハワイは物価も高いですし、日本と行き来するとなると渡航費もバカになりません。
    日本でも14年に豪邸をローンで購入していますし、ダブルで費用がかさむことになります。
    そのため『このままだとハワイでの生活は諦めないといけないかも……』と考え、本格的な帰国も検討していると聞きました」(前出・芸能関係者)

    最近では日々の食費を抑えるなど、節約にも走っているという梨花。

    ただしそこは、敏腕実業家。

    今後についてのビジョンも持っているようだ。

    「梨花さんは、ハワイでの別ビジネスも考えているようです。
    また日本でも、『今後は化粧品などの別事業に乗り出すのではないか』との噂も。
    次の事業展開が見えれば、今の生活が維持できますからね。
    長男はハワイの学校で友達もできているでしょうし、できることなら現地に残りたいはず。
    家族のためにも次の展開を模索しているのでしょう」(アパレル関係者)

    3日に行われたイベントでは「次のステージに行かないと」と語っていた梨花。

    再始動の日は意外と近いかも!?

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00010001-jisin-ent

    所長見解:儲かるな・・・

    【【数億円規模】梨花 ブランド閉店で収入が激減の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    AKB48グループを運営するAKSは13日、同グループ恒例の「選抜総選挙」を、今年は実施しないと発表した。

    「選挙」はファン投票によってCDでの歌唱メンバーを選ぶ催しで、2009年に初めて実施され、昨年に10回の節目を迎えた。

    10回目の総投票数は383万票を超えた。

    AKSのHPでは「AKB48グループは、ファンの皆さまが心から応援したいと思って頂けるようなグループになれるよう、引き続き日々精進して参りたいと思っております」と記載されている。

    AKSの広報担当者は「10年の区切りというのが大きな理由。来年以降は未定」と話す。

    同グループは、新潟を拠点とするNGT48のメンバー山口真帆さんの自宅に男2人が押しかけて逮捕(後に不起訴処分)された問題で、第三者委員会による調査が行われている。

    この問題との関連については、AKSから言及はなかった。

    k


    ■AKB48総選挙10年の歴史

    (年/総投票数/1位メンバー)

    2009年 未集計      前田敦子

      10年 37万7786  大島優子

      11年 116万6145 前田敦子

      12年 138万4122 大島優子

      13年 264万6847 指原莉乃

      14年 268万9427 渡辺麻友

      15年 328万7736 指原莉乃

      16年 325万5400 指原莉乃

      17年 338万2368 指原莉乃

      18年 383万6652 松井珠理奈


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000094-asahi-soci

    所長見解:もうね・・・

    【【終了へ】AKB総選挙が中止の件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    売上予測50億だった模様

    no title

    所長見解:CMしてたのに・・・

    【【終了へ】8億かけて売上900万だったスマホゲーム「テクテクテクテク」の結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中居正広が司会のバラエティー番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)が3月限りで終了する。

    3月6日放送分では、過去の振り返りを放送するなど〝店じまいモード〟に入っているが、このほど発表された後番組がジャニーズファンの間で物議を醸している。

    この日は中居の脇を固める「ゲストMC」の5人(山里亮太、指原莉乃、トシ、近藤春菜、矢作兼)が登場。

    冒頭、山里が「お知らせでございます」と切り出す形で番組終了を告知した。

    スタジオ収録はこれが最後とのこと。

    この日はボードに全306回の放送内容を掲示しながら、スタジオトークで過去を振り返る番組内容だった。

    『ナカイの窓』の後番組として4月からスタートすると発表されたのは、中京テレビ制作の番組『それって!? 実際どうなの課』。

    MCを俳優の生瀬勝久、レギュラーを『博多華丸・大吉』がそれぞれ務めるという。

    n


    「後番組はKing&Princeじゃなかったの?」

    一部メディアでは、中居が『ナカイの窓』の枠を後輩の『King&Prince』に譲るとも報道?されていたが、結局はジャニーズとは無関係の芸能人が収まることになった。

    ジャニーズファンからはこのニュースをもとに「後輩思い」の中居を称える声が出ていたが、いざ後番組の発表を耳にするや、不満の声が噴出。

    《ナカイの窓の後番組、散々言われてたのに違うじゃん》
    《ナカイの窓の後番組結局キンプリじゃないんかーい! あれだけ騒がせといて》
    《中居くん優し過ぎる…とか騒いでたスマヲタは今頃反省…してるわけないよなw》
    《つまらなさそう、あの時間はふざけたような番組が見たいのに華大じゃちょっとなー》
    《誰だよ~ナカイの窓の後番組、キンプちょの深夜探偵団始まるって言ったやつ》
    《これは期待しない方がいいな》

    などと不満の声が続出した。

    中居は後輩に番組を譲ることができず忸怩(じくじ)たる思いをしているのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1721107/

    所長見解:おもしろかったのにな・・・

    【【ナカイの窓が終了】中居正広にガッカリした理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント、中居正広(46)が4月から日本テレビ系で新バラエティーをスタートさせることが25日、分かった。

    同局は月~木曜深夜のバラエティー&ドラマを放送する「プラチナイト」枠があるが、中居の番組は4月から金曜に新設される深夜の同枠で放送する。

    この日、同局定例会見後に福田博之編成局長が取材に応じ、「男性にも女性にも支持されている中居さんに金曜の深夜を盛り上げていただく」と明かした。

    企画内容や放送時間は未定。

    また、放送中の中居の冠番組「ナカイの窓」(水曜後11・59)は3月いっぱいで終了。

    中居は4月から金曜深夜という新たなステージで活躍していく。

    n


    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000541-sanspo-ent

    所長見解:どうすんの?・・・

    【【独立問題】「ナカイの窓」終了が決定した結果・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ