紅白歌合戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    第70回NHK紅白歌合戦の出場者が14日午後に発表された。

    今回初出場となったのは、白組はKis-My-Ft2、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Official髭男dism、菅田将暉、King Gnu。

    紅組は日向坂46、Foorin、LiSAの計8組となった。

     
    菅田やOfficial髭男dism、King Gnuらは事前予想でも多く名前が挙がっていたが、逆に出演が“堅い”と言われていたあいみょん、SEKAI NO OWARI、BiSH、スピッツの名前は見られず。

    ネットからは落胆の声が上がっているという。

     
    「あいみょんは昨年紅白に出場して今年も安定した人気を誇る。
    SEKAI NO OWARIも昨年まで5回連続出場していただけに、出場しないのは予想外。
    BiSHは今年テレビで何度も特集が組まれ、知名度も上がりファンからは期待されていました。
    そんな若者世代に人気のあるアーティストが出演しないということで、『つまらない紅白。見ない』『あいみょんもセカオワもいなくてつまらない!』といった声が聞かれています。また、スピッツは今年上半期のNHK朝ドラ『なつぞら』の主題歌を担当しており、初めての紅白出演がほぼ確実と思われていただけに、ファン以外も衝撃を受けているようです」(芸能ライター)

     
    逆に、今回落選するのではと言われていたAKB48が出場することについても波紋が広がっているという。

     
    「AKBグループといえば、今年1月に発覚したNGT48の当時メンバー・山口真帆のファンからの暴行事件がいまだ記憶に新しく、その後の運営会社AKSの対応にも疑問が残ったまま。世間からの信用を大きく失った形になり、『今年は坂道グループだけでAKB系は出ないのでは』と噂されていました。
    しかし一転、出場することに。
    NGTはすでに劇場公演を再開させ、13日放送の『ベストヒット歌謡祭』(日本テレビ系)にもNGTメンバーが出演し、苦言が寄せられることに。
    今回の紅白にも既に『NGTメンバーは一人も出さないで』『1年の締めくくりにNGTだけは絶対観たくない』という不穏な声も噴出しています」(同)

     
    また、昨年初出演を果たした米津玄師の名前はなかったものの、米津が手掛けた楽曲『パプリカ』は英語詞バージョンを歌うチームが結成され、歌われることのこと。

    本人の特別出演を期待する声も集まっていた


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17380118/


    no title

    所長見解:ずれてんね・・・

    【【NHK紅白歌合戦】あいみょん、SEKAI NO OWARI、BiSH、スピッツはなんで出れないの・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「令和になって初めてということもあって、スタッフの気合は昨年以上。
    しかし、出場歌手選考はかなり難航しているそうです。
    目立ったヒット曲が少なく、サプライズ候補探しに奔走していると聞いています」(NHK関係者)


    大晦日の風物詩、NHK紅白歌合戦。

    10月18日には紅組司会を綾瀬はるか(34)、白組司会を嵐の櫻井翔(37)が務めると発表され、11月下旬に予定されている出場者発表への期待は高まるばかり。

    NHK内でもごく一部のメンバーだけで進められると言われている出場者の選考会議。

    そんな極秘の当落速報を総力取材!

    まず、成功を大きく左右するといわれているのが初登場組。

    そのなかでもいちばんの目玉候補が、広瀬すず(21)主演の連続テレビ小説『なつぞら』で主題歌を担当したスピッツだ。

    「これまで何度もNHKは出演オファーを出してきましたが、全て断られていました。
    しかし今年は朝ドラ100作目という節目の主題歌を担当し、老若男女問わず幅広い世代に楽曲が浸透しています。
    10月には9年ぶりにNHKの音楽番組『SONGS』にも出演するなど、お膳立ては十分。
    ファンを公言している草刈正雄さん(67)など『なつぞら』の出演者が応援に駆け付ける演出も計画しているといいます」(音楽関係者)

    スピッツと並んで期待されるのが、歌手としても活躍している菅田将暉(26)だ。

    「例年、8月に紅白制作チームを立ち上げるのですが、最初に出演交渉をしたのが菅田さんだといいます。
    菅田さんは今年、全国ツアーを開催するなど歌手活動を精力的に行っており、高い歌唱力が評価されているようです」(前出・音楽関係者)


    no title


    一部しか知らない紅白出場者内定リスト

    フレッシュな若手起用は他にも!

    「常連だったEXILEと三代目J SOUL BROTHERSが大規模なカウントダウンライブを実施するので今年は欠場する可能性が高いです。
    そこでボーカルの片寄涼太さん(25)を中心に人気急上昇中の“弟グループ”GENERATIONS from EXILE TRIBEにオファーしているといいます。
    また、映画の主題歌がストリーミング配信サービスで1億回再生を記録した“ヒゲダン”ことOfficial髭男dismの出場はほぼ確実でしょう」(前出・音楽関係者)


    令和初にふさわしい新星たちの共演で、課題であった若年層の取り込みなるか――。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17343828/
    女性自身

    所長見解:そんなんか・・・

    【【流出】紅白出場者内定リストがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k


    2016 相葉
    2017 二宮
    2018 桜井

    ワイ「 どうせ5人連続で嵐のメンバーで持ち回りやろ、はーつっかえ」

    2019 桜井 ←確定
    2020 ??


    ちなみに嵐は2020年末活動休止になる模様

    所長見解:そうやね・・・

    【【悲報】嵐の松本さんか大野さん、 どちらかが紅白の司会ができなくなる問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大みそかに放送される第70回「NHK紅白歌合戦」。


    k


    今年の紅組司会は、連続テレビ小説「なつぞら」がヒットした広瀬すず(21)を2年連続で起用する案が最有力だ。

     
    白組は嵐の起用が濃厚。

    5人全員で務める可能性もある。

    「ウッチャンナンチャン」の内村光良(55)や「くりぃむしちゅー」の有田哲平(48)らも名前が挙がる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000150-spnannex-ent

    所長見解:やろね・・・
    【【予想通り】今年の「紅白歌合戦」の司会者はコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「西川さんがステージに現れて、中村さんと17年ぶりの共演を果たしたとき、ファンの中には感極まって泣きだす人もいました。
    西川さんも涙していましたね。
    ドリカムのツアースタッフの中には17年前と変わっていない人たちもいて、終演後は久々の再会に、固い握手を交わして喜び合う感動の光景も見られました」(音楽関係者)


    デビュー30周年を迎えた吉田美和(54)と中村正人(60)のDREAMS COME TRUE。

    現在、4年に1度の全国ツアー「ドリカムワンダーランド」を開催中だ。

    7月27日、北海道出身の彼らが札幌ドームで凱旋公演を行った。

    その“前夜祭”イベント「ドリカムディスコ」(通称ドスコ)のステージで中村がサプライズゲストとして呼んだのは、17年前に脱退した西川隆宏(55)だったのだ。


    d


    「脱退後、覚せい剤取締法違反で逮捕された彼は、表舞台からしばらく姿を消しました。
    09年の6月に故郷・北海道でバーを開いた後、DJ Niehyaとして音楽活動を再開させたんです。
    中村さんと一緒に出演する機会はいままでなかったので“ドスコ”の盛り上がりは最高潮。
    吉田さんが参加しない“前夜祭”とはいえ、ファンは“3人のドリカム”を愛していたんだな、と思いましたね。
    中村さんは、西川さんの脱退後も、ずっと彼を気にして定期的に連絡を取り合い、彼が札幌にオープンしたバーにも何回か足を運んでいたそうです。
    今回の札幌ドーム公演終了後、今度は西川さん主催のイベントに深夜になって訪れていたと聞いています」(地方紙記者)


    今年3月21日。

    ドリカム30周年を記念するブログに、中村は3人時代のドリカムの写真を大きく掲げ、意味深なメッセージを掲載した。

    《やっとデビューできた時の言葉では表せなかった気持ち。それから30年間のうれしい気持ち。苦しい気持ち。たのしい気持ち。悲しい気持ち。大好きな気持ち。大嫌いな気持ち。今日を迎えて、やっぱり言葉では表せない気持ち。そんな色んな気持ち達を全て一旦受け入れ天に昇らせよう》


    「札幌での“ドスコ”終了後、実際に3人で会う機会を持ったそうです。
    その場には、ドリカムのサポートメンバーでもある吉田さんの旦那さんもいたようです」(前出・音楽関係者)

    今回の西川との“共演”に手を差し伸べた中村は現在、“吉田美和の音楽を世界に届ける”というコンセプトの音楽会社で代表取締役を務めている。


    「中村さんは自らライブやイベントの交渉や打ち合わせを行っています。
    最終的に吉田さんに確認をとり、彼女がOKを出さない限り、基本的に企画は通らないんです。
    中村さんは今年の30周年を逃すと西川さんの“復帰”はありえないとわかっていました。
    だからまずは故郷で、かつ吉田さんが出ないイベントのときにでも、と提案した。
    吉田さんが西川さんを再度“ドリカム”と認める許可を出しやすいようにと考えたのでしょう」(地元の放送局関係者)


    ドリカムの事務所関係者に、今回のイベントについて聞くと、

    「確かに中村と西川さんはドリカムディスコで共演しましたが、それは中村の個人的なつながりから。
    その後、3人では会っていません。
    3人で活動することはありません」


    現時点での西川のドリカム再加入は否定するが、別の音楽関係者はこう証言する。

    「今回のイベントでは大多数のファンが西川さんを歓迎し、大盛況でした。
    これを受け、西川さんは他都市で開催される“ドスコ”にも出演を依頼されたそうです。
    正直、吉田さんには当初、不安もあったようですが、ファンの反響を聞いてやはりうれしかったようです。
    西川さんが正式メンバーとして復活する“悲願”にはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、大きな一歩です」


    動きだしたドリカム。

    3人の復活ステージは大きな話題になると力説するのはNHK関係者だ。

    「好評だった昨年の『紅白』に負けじとスタッフは令和初『紅白』の目玉探しに奔走しています。
    昨年は朝ドラ『まんぷく』の主題歌を担当するも辞退。
    今年の朝ドラ『なつぞら』の舞台が北海道ということもあり、30周年“同郷”のドリカム出場となれば、この上ない目玉となるでしょう」


    多くのファンは3人のドリカムに“会えたらいいね”と願っている――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00010000-jisin-ent

    ▼画像
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/08/drecam_1_line_tw.jpg

    所長見解:そんなになるか・・・

    【【朗報】ドリカム、三人で完全復活説】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ