紅白歌合戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来年9月での引退を発表し、日本中を驚かせている歌手の安室奈美恵(40)。
    現役で迎える年末は2017年の大晦日が最後になるだけあって、「NHK紅白歌合戦の大トリは確実か?」などの報道もあるが、実現には大きなハードルがある、とするファンも少なくない。

    安室が最後に紅白に出場したのは2003年のこと。
    1995年から9回連続で出場したが、この記録が途絶えることになった原因とウワサされるのが02年出演時の出来事だった。
    同年、安室は左腕の肩近くに黒色のタトゥーを入れており、この年の紅白には「安室のタトゥーが見えていた」との抗議がNHKに寄せられたとされる。

    そのためか03年には安室の左腕にタトゥーは確認できず、「ドーランで隠した?」などと話題に。
    その後、04年から安室は紅白に出演しなくなったが、一部ファンの間では「タトゥーを隠しての出演に安室本人が納得していないのでは?」という憶測がネット上で流れるようになった。

    t


    ただ、近年はそのタトゥーについて「薄くなっている」との指摘も多い。
    実際、安室が表紙を飾った15年発売の女性ファッション誌の表紙では、以前に比べてタトゥーがずいぶんと薄くなった姿が話題に。
    また、コンサートの様子がワイドショーなどで報じられた際のVTRでは、左腕にそれらしきものが見当たらないことも多く、「消したのでは?」と推測する声も上がっている。

    「安室さんが入れたタトゥーには、息子さんの名前と亡き母へのメッセージが記されていると言われており、それを隠さなければならない状況では出演できないと安室さんが考えている可能性は十分にあります。
    ただ、仮に消えているならば、紅白出演へのハードルは下がるかもしれません」(芸能ライター)

    残り1年間の安室の活動には多くの注目が集まりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000010-nkgendai-ent


    所長見解:紅白は出ないでしょ・・・
    【【刺青問題】安室奈美恵、NHK紅白ラスト出演の最大ネックはタトゥーってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    大みそかの「NHK紅白歌合戦」の紅組司会者候補に、お笑いタレントの渡辺直美(29)が急浮上していることが10日、分かった。
    渡辺は体重100キロ超のコミカルなキャラが人気で、奇抜な衣装やメークで若者のファッションリーダー的存在になっている。
    インスタグラムのフォロワー数は700万人超で日本一。
    関係者は「老若男女に広く愛されており国民的番組にうってつけ」と話している。

    n


    今年は、放送中のTBSドラマ「カンナさーん!」(火曜後10・00)で、ゴールデン・プライム帯(午後7~11時)では初となる主演に抜てき。
    4月に公開された「きかんしゃトーマス」の劇場版では声優も務めた。
    一流企業のCMにも多数起用されており、ある音楽関係者は「“重量級の安定感”で、今年の顔としてふさわしい存在」と司会最右翼とみている。

    NHKでは2月から音楽番組「シブヤノオト」の司会を務めており、基準の一つになるとみられる「局への貢献度」も十分。
    宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(22)の降板に伴う緊急登板だったが、同局関係者は「存在感と、嫌みのなさを併せ持つ司会ぶりは、局内でも高く評価する人が多い」と話す。
    8月19日に放送された同番組の約2時間半の生放送特番も難なくこなしており、紅白の生司会にも不安はない。

    お笑い界からの紅組司会が実現すれば、1995年の上沼恵美子(62)以来22年ぶりとなる。
    今年はヒット曲が乏しいともいわれている。
    米歌姫ビヨンセにも変身できる渡辺が司会となれば、ステージが一気に華やいで盛り上がりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000081-spnannex-ent


    所長見解:ほかにいないの・・・
    【【これは見ない】渡辺直美 紅白司会に急浮上ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    毎年、物議を醸す「輝く!日本レコード大賞」。
    音楽業界全体が衰退の一途をたどっている上に、不可解すぎる選考が視聴者の不信を買っているのが原因だ。

    「もう大賞自体の権威は完全に失墜していると言ってよいでしょう。
    2008、2009、2010年は3年連続でEXILEが大賞を受賞し、その後2年連続でAKB48ですからね。
    そして、臆面もなく再び3年連続でEXILEグループなので、開いた口がふさがりません。
    舞台裏では何らかの“怪しい力学”が働いていると勘ぐる人が多いのも納得です」(週刊誌記者)

    昨年は「週刊文春」で「三代目JSBがレコード大賞を1億円で買った」という見出しの大スキャンダルが報じられたものの、芸能マスコミは一様にだんまり。
    いわゆる“報道しない自由”を行使し、あらためて“マスゴミ”っぷりが浮き彫りになったのは記憶に新しい。

    r


    音楽関係者がこう耳打ちする。
    「審査員には、スポーツ紙や一般紙などマスコミ関係者が多く名を連ねていますが、これはある意味利権になってますからね。
    審査の時期が来ると、レコード会社や芸能プロダクションから飲めや歌えの接待漬け。
    審査員たちが悪いことを書けるわけがない。
    この特権を後進に渡したくないため、何年もしがみつく人ばかりなんですから」

    そして審査に甚大な影響力を持つ“部外者”の存在も大きい。
    芸能界のドンとささやかれるX氏だ。
    X氏はかねてより芸能マスコミを牛耳り、情報操作することで芸能人を支配。
    さらに裏業界とのコネクションもあるため、その筋の人に解決を依頼することもあると囁かれている。
    しかも、同時に警察幹部まで押さえてあり、まさにドンに反旗を翻すことなどありえないのだ。

    「レコード大賞のほかに、紅白歌合戦の人選にも深くかかわっています。
    X氏がNOと言えばすべてがひっくり返るほどの力がある。
    反対して他部署に異動になった関係者も少なくありません。
    だれもがひれ伏している感じですね」(同関係者)

    そんな中、今夏、ドンからステキな贈り物が審査員に届けられたという。
    絶対匿名を条件にマスコミ関係者が明かした。

    http://tocana.jp/2017/08/post_14152_entry.html


    所長見解:もうやめちゃえよ・・・
    【【超速報】今年のレコード大賞は「星野源」。芸能界のドンから関係者に名前入りの贈り物ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ