ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:紅白歌合戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界では早くも大晦日のNHK紅白出場歌手についての情報が飛び交い始めている。

    司会については嵐の松本潤(35)、綾瀬はるか(33)の名前が一部スポーツ紙で報じられた。
    初出場が確実なのは、サッカーW杯があった今年、NHKのサッカーテーマ曲に「VOLT―AGE」が起用された6人組ロックバンド「Suchmos(サチモス)」。

    その他、名前が挙がっているのは、いずれも初出場となる男女5人組バンド「Mrs.GREEN APPLE」、EXILE一族の7人組「GENERATIONS」、シンガー・ソングライターのあいみょん(23)、アニソン歌手のLiSA(31)、米津玄師(27)。

    さらに、10月スタートの朝ドラ「まんぷく」の主題歌を担当する「DREAMS COME TRUE」、「U.S.A.」が大ヒット中の「DA PUMP」はそれぞれ返り咲きが期待される。
    しかしながら、「頭数はそろっているが、目玉となりそうな歌手が見当たらない」(レコード会社関係者)というのが悩みだという。

    そこで目玉候補に浮上しているのが引退ホヤホヤの安室奈美恵(40)である。

    まだまだラストライブの余韻も続いているが、NHK側は一夜限りの復活劇をもくろんでいるというのだ。

    n


    ■沖縄から中継を打診か

    「NHKと安室サイドの関係はスペシャルインタビューを行うなど良好。
    昨年も出るはずがないといわれていたにもかかわらず紅白に出場しました。
    そんな経緯もあり、紅白の制作サイドは安室に出場を打診しているといわれています。
    NHKホールでの出演はかなわなくても、沖縄の離島などからの特別中継を含めて検討中。もし出場がかなわない場合でも安室企画コーナーはやるはずです」(スポーツ紙音楽担当記者)

    平成最後の紅白歌合戦。
    大トリにふさわしいといえば安室以上の歌手はいないだけに、実現すれば視聴率は記録的だろう。


    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/237727/1


    所長見解:ないな・・・

    【【平成最後】NHK紅白歌合戦 “引退”の安室奈美恵が目玉候補に急浮上 ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平成最後の紅白 白組司会に松潤 最有力候補としてリストアップ 紅組は綾瀬はるか

    n


    大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」の白組司会者に「嵐」の松本潤(35)が最有力候補としてリストアップされていることが9日、分かった。
    紅組は綾瀬はるか(33)で、それぞれ今月中にも内定する。
    平成最後の紅白を盛り上げるのは、平成で最もブレークした男女になりそうだ。

    白組が松本で最終決定すれば、相葉雅紀(35)、二宮和也(35)に続き3年連続で嵐メンバーの単独司会となる。
    グループで10~14年に5年連続で司会を務めた経験もあり、関係者は「慣れていて安定感がある。
    落ち着きもあって適役で、何よりも圧倒的な人気で高視聴率が見込める」と説明。
    司会として出ずっぱり状態での番組貢献が期待される。

    同局では、松本が主演する北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」の放送が来春に控える。
    紅白が絶好のPRの機会であることに加え、6日に発生した北海道の地震の復興支援企画を松本を中心に進めるプランも浮上。
    松本は7月に西日本豪雨の復興支援で嵐を代表して広島、愛媛両県庁を訪れ義援金を贈呈しているだけに「災害列島日本」の支援企画リーダーとして推す声もある。

    一方、紅組は来年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に出演する綾瀬が最有力だ。
    13、15年に2度の司会経験があり、天然ボケの愛されキャラがお茶の間の好評を得た。現在放送中のTBS主演ドラマ「義母と娘のブルース」は、今期の民放連続ドラマで視聴率トップをキープしており、実績も十分。
    平成を代表する女優として、松本とともに平成最後の紅白に花を添えてくれそうだ。

    紅組ではほかに、10月スタートの連続テレビ小説「まんぷく」の安藤サクラ(32)、来春に始まる同「なつぞら」の広瀬すず(20)と、2人の朝ドラヒロインの名前も挙がっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000002-spnannex-ent


    所長見解:なんだかな・・・

    【【平成最後】NHK紅白歌合戦 白組司会に松潤 紅組は綾瀬はるかってよwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所所属タレントの相次ぐ不祥事により、NHK紅白歌合戦の“ジャニタレ枠”が激減し、代わりに元SMAPメンバーの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の返り咲きが急浮上している。
    z


    NHKは4月、元TOKIOの山口達也が女子高校生に対する強制わいせつ容疑で書類送検されたことを受け、山口が司会を務めていた『Rの法則』(Eテレ)を打ち切った。
    加えて、6月にはNEWSのメンバーの小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也の3人が未成年との飲酒疑惑を報じられ、小山が出演する『ザ少年倶楽部プレミアム』(BSプレミアム)の放送を延期。
    この事態に20日、木田幸紀放送総局長は会見で「自覚と責任を徹底していただくよう、お願いしたい」とジャニーズ事務所に苦言を呈した。
    「NHKがジャニーズ批判をするのは、異例中の異例。それも発言者は、紅白の総責任者である放送総局長ですからね。業界関係者の間では早くも、年末の紅白はジャニタレ枠が激減すると言われている」(レコード会社宣伝マン)

    昨今の紅白出場枠はジャニタレに占領され、事務所による私物化に非難が集まっていた。
    「3年前は、近藤真彦のデビュー35周年を利用して7組。
    昨年、白組司会の嵐の二宮和也に加え、CDデビュー10周年で『Hey! Say! JUMP』が初出場して計5組。
    これでは視聴者からブーイングが上がるのも当然の話。
    NHKがいかにジャニーズの言いなりになってきたかです。
    しかし今回、タレントの不祥事にはっきり態度を示したことで、立場は完全に逆転したと見られている」(スポーツ紙記者)

    一方、これによりガ然注目を集め始めているのが、昨年9月にジャニーズを退所した元SMAPのメンバー3人の紅白出場だ。
    「草なぎはいまもNHKの『ブラタモリ』のナレーションを続けている。
    3人が所属するCULENの代表を務める飯島三智氏も、NHKのスタッフの間で“彼女がジャニーズを辞めなければタレントの不祥事は防げたかもしれない”と言われるほど信頼されている。
    そのため、3人の紅白出場の可能性は極めて高いと囁かれているんです」(夕刊紙記者)

    ジャニタレの不祥事をきっかけに、紅白が生まれ変わるかもしれない!?

    https://wjn.jp/article/detail/4508802/


    所長見解:無理やろね・・・

    【【ジャニ枠減】NHK・紅白歌合戦に香取・草なぎ・稲垣が出場の模様・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大みそか恒例の『NHK紅白歌合戦』の出演者に稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛の『新しい地図』の3人が内定したという話が浮上している。

    t


    「NHKは稲垣たちがジャニーズを退社したあとも出演番組を終了させたり方針を変えるようなことはしませんでした。
    特に草彅剛に関しては出演舞台『バリーターク』のインタビューをニュース番組で特集するなど相当に肩入れしている。
    3人を紅白の目玉として出場させることに賛同している人間も多いようです」(ジャニーズライター)

    NHK関係者の周辺でも「稲垣たちが紅白に出るのでは」と漏れ伝わっており、かなり現実味を帯びた話になっているという。

    https://myjitsu.jp/archives/54983


    所長見解:無理だろ・・・

    【【新しい地図】稲垣、香取、草彅の3人が「紅白内定」の模様wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子が、今月に入って立て続けにNHKの番組に出演して話題を呼んでいる。

    和田といえば、5月23日に発売したBOYS AND MEN 研究生(以下ボイメン研究生)とのコラボシングル「愛を頑張って」がオリコン週間ランキングで初登場2位にランクインした。

    w


    「突然の和田の“変わり身”には驚きの声があがっている。
    というのも、和田は16年の紅白歌合戦に落選。
    その怒りはすさまじく、出演した各番組でNHKに対しての“恨み節”をぶちまけたうえ、NHKに“絶縁宣言”していたほどだった」(芸能記者)

    ところが、ここに来て突如NHKに出演。
    そこには和田なりの狡猾な計算があったというのだ。

    「今回のCDが売れたのは、どう考えてもボイメン研究生のおかげと思われます。
    今年、すでに昨年の出場者では、TOKIOが元メンバーの山口達也の不祥事で落選決定と言われている。
    そこで空いた1枠でボイメンの初出場が浮上。
    和田はそこに便乗したいようで、和田サイドからNHKに出演を打診したようです」(テレビ局関係者)

    和田は1970年の紅白に初出場以来、78年まで9年連続で出場。
    そこからしばらく出場がなかったが、86年に再出場以来、2015年まで30年連続で出場。
    40回目の出場がかかった16年に落選していた。

    「和田としては、なんとしても40回目の出場を果たすべく、紅白の選考条件の1つである『NHKへの貢献度』を考え、すり寄ったのでは」(先の記者)

    https://npn.co.jp/article/detail/24471555/


    所長見解:もういいよ・・・

    【【悲報】和田アキ子、紅白復活の模様・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ