ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    紅白歌合戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大みそかに放送される第70回「NHK紅白歌合戦」。


    k


    今年の紅組司会は、連続テレビ小説「なつぞら」がヒットした広瀬すず(21)を2年連続で起用する案が最有力だ。

     
    白組は嵐の起用が濃厚。

    5人全員で務める可能性もある。

    「ウッチャンナンチャン」の内村光良(55)や「くりぃむしちゅー」の有田哲平(48)らも名前が挙がる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000150-spnannex-ent

    所長見解:やろね・・・
    【【予想通り】今年の「紅白歌合戦」の司会者はコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「西川さんがステージに現れて、中村さんと17年ぶりの共演を果たしたとき、ファンの中には感極まって泣きだす人もいました。
    西川さんも涙していましたね。
    ドリカムのツアースタッフの中には17年前と変わっていない人たちもいて、終演後は久々の再会に、固い握手を交わして喜び合う感動の光景も見られました」(音楽関係者)


    デビュー30周年を迎えた吉田美和(54)と中村正人(60)のDREAMS COME TRUE。

    現在、4年に1度の全国ツアー「ドリカムワンダーランド」を開催中だ。

    7月27日、北海道出身の彼らが札幌ドームで凱旋公演を行った。

    その“前夜祭”イベント「ドリカムディスコ」(通称ドスコ)のステージで中村がサプライズゲストとして呼んだのは、17年前に脱退した西川隆宏(55)だったのだ。


    d


    「脱退後、覚せい剤取締法違反で逮捕された彼は、表舞台からしばらく姿を消しました。
    09年の6月に故郷・北海道でバーを開いた後、DJ Niehyaとして音楽活動を再開させたんです。
    中村さんと一緒に出演する機会はいままでなかったので“ドスコ”の盛り上がりは最高潮。
    吉田さんが参加しない“前夜祭”とはいえ、ファンは“3人のドリカム”を愛していたんだな、と思いましたね。
    中村さんは、西川さんの脱退後も、ずっと彼を気にして定期的に連絡を取り合い、彼が札幌にオープンしたバーにも何回か足を運んでいたそうです。
    今回の札幌ドーム公演終了後、今度は西川さん主催のイベントに深夜になって訪れていたと聞いています」(地方紙記者)


    今年3月21日。

    ドリカム30周年を記念するブログに、中村は3人時代のドリカムの写真を大きく掲げ、意味深なメッセージを掲載した。

    《やっとデビューできた時の言葉では表せなかった気持ち。それから30年間のうれしい気持ち。苦しい気持ち。たのしい気持ち。悲しい気持ち。大好きな気持ち。大嫌いな気持ち。今日を迎えて、やっぱり言葉では表せない気持ち。そんな色んな気持ち達を全て一旦受け入れ天に昇らせよう》


    「札幌での“ドスコ”終了後、実際に3人で会う機会を持ったそうです。
    その場には、ドリカムのサポートメンバーでもある吉田さんの旦那さんもいたようです」(前出・音楽関係者)

    今回の西川との“共演”に手を差し伸べた中村は現在、“吉田美和の音楽を世界に届ける”というコンセプトの音楽会社で代表取締役を務めている。


    「中村さんは自らライブやイベントの交渉や打ち合わせを行っています。
    最終的に吉田さんに確認をとり、彼女がOKを出さない限り、基本的に企画は通らないんです。
    中村さんは今年の30周年を逃すと西川さんの“復帰”はありえないとわかっていました。
    だからまずは故郷で、かつ吉田さんが出ないイベントのときにでも、と提案した。
    吉田さんが西川さんを再度“ドリカム”と認める許可を出しやすいようにと考えたのでしょう」(地元の放送局関係者)


    ドリカムの事務所関係者に、今回のイベントについて聞くと、

    「確かに中村と西川さんはドリカムディスコで共演しましたが、それは中村の個人的なつながりから。
    その後、3人では会っていません。
    3人で活動することはありません」


    現時点での西川のドリカム再加入は否定するが、別の音楽関係者はこう証言する。

    「今回のイベントでは大多数のファンが西川さんを歓迎し、大盛況でした。
    これを受け、西川さんは他都市で開催される“ドスコ”にも出演を依頼されたそうです。
    正直、吉田さんには当初、不安もあったようですが、ファンの反響を聞いてやはりうれしかったようです。
    西川さんが正式メンバーとして復活する“悲願”にはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、大きな一歩です」


    動きだしたドリカム。

    3人の復活ステージは大きな話題になると力説するのはNHK関係者だ。

    「好評だった昨年の『紅白』に負けじとスタッフは令和初『紅白』の目玉探しに奔走しています。
    昨年は朝ドラ『まんぷく』の主題歌を担当するも辞退。
    今年の朝ドラ『なつぞら』の舞台が北海道ということもあり、30周年“同郷”のドリカム出場となれば、この上ない目玉となるでしょう」


    多くのファンは3人のドリカムに“会えたらいいね”と願っている――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00010000-jisin-ent

    ▼画像
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/08/drecam_1_line_tw.jpg

    所長見解:そんなになるか・・・

    【【朗報】ドリカム、三人で完全復活説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「Nの“抜き”って言われていますね」

    そう話すのは、一般紙の社会部記者だ。

    17日夜に突如として流れたジャニーズ事務所による元SMAP3人に対する「圧力報道」。

    公正取引委員会は17日までに、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人をテレビに出演させないよう働きかけていた疑いがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した。

    3人は17年9月に契約満了で同事務所を退所。

    SMAPのチーフマネジャーを務めたI氏が立ち上げた新事務所に合流し、“新しい地図”として再始動した。

    その3人に対し、ジャニーズ事務所がテレビ各局に対し「元SMAPの3人を使うな」と圧力をかけていたのだという。

    冒頭の「N」とは、一報を打ったNHKのこと。

    “抜き”とはスクープのことを指すが、一般紙記者からはこんな異論も。

    「各社とも、公取委がジャニーズ事務所を調査していて、“新しい地図”の3人とジャニーズの最高権力者であるメリー喜多川副社長を聴取していたことは把握していました。
    その結果、公取委が注意処分に留めたことも。
    『注意』は公取の処分の中では軽度で、ニュース価値としてはさほどでないと各社判断していたようです。
    公取委が処分を伝えたのもずいぶん前ですしね。
    それがこのタイミング、しかもNHKが真っ先に報じるとは思いもしませんでした」

    付け加えると、公取委は民放キー局の社員などから圧力と認定するに足る情報を入手しており、当初は注意ではなく、ジャニーズにワンランク上の「警告」処分を課したかった。

    ところが、ジャニーズの副社長でジャニー喜多川氏の姉であるメリー喜多川氏が頑としてそれを認めなかったため、注意処分に留めたという。

    「公取委が堂々とオープンにできるのは警告から。
    まさか注意レベルで表に出るとは夢にも思わず、メリー氏は『なんでこんなことになるのよ!』と大荒れだったそうです」(スポーツ紙記者)


    しかも“抜いた”のがNHKとなれば、ただでは済まないだろう。

    年末の風物詩であるNHK紅白歌合戦――。


    ko


    例年、同番組を牛耳っているのはジャニーズ事務所で、昨年は嵐、関ジャニ∞、Hey!Say!JUMP、Sexy Zone、King&Princeの計5組が出場。

    「ジャニーズ枠」なる言葉もあるくらいだ。

    「出場歌手だけでなく、司会もジャニーズで固められています。
    16年から始まった嵐メンバーの白組司会はその代表で、活動休止する来年の紅白まで司会は嵐で内定していると言われています」(前出・スポーツ紙記者)

    NHK的にも常連と言われる演歌歌手が出るより、数字が稼げるジャニーズのタレントに多く出てもらった方が都合が良い。

    まさに両者は「ウィン・ウィン」に近い関係だったが、それも今回の報道で雲行きが怪しくなってきた。

    「NHKは民放と違って、報道が花形。
    紅白への影響など、さして考えなかったのでしょう。
    対照的に頭を抱えているのは、制作サイド。
    いまなお、メリー氏は怒り心頭状態と言いますから、スクープされた腹いせに紅白から撤退なんてこともないとは言い切れません」(芸能プロ幹部)


    ジャニーズ事務所は大晦日に恒例のカウントダウンコンサートを行っている。

    「今年はジャニー喜多川さんが亡くなったので、例年よりも盛大にやるそうだ。
    『原点回帰』をテーマに、所属タレントはカウントダウンコンサートに集中させ、紅白は二の次になるかもしれない」(テレビ局関係者)

    「圧力報道」の波紋はどこまで広がるのだろうか――。


    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190722-00010000-friday-ent 

    所長見解:ええやん・・・

    【【悲報】NHK・紅白歌合戦からジャニーズ撤退説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月9日、ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川氏が解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため亡くなった。

    ジャニー事務所所属のタレントを始め、ジャニー氏と付き合いのあった芸能関係者は、ジャニー氏の功績を称え、追悼を込めたコメントなどを発表している。

    日本アイドル界の頂点に君臨していたジャニー氏だけに、今後テレビなどで彼の功績を振り返る企画が計画されているほか、あの「年末番組」では、かつてない規模の「ジャニーズ特集」が組まれるのではないかと噂になっている。

    その年末番組とは、毎年12月31日に放送されている「NHK紅白歌合戦」である。

    k


    キャスティング事情に詳しい某芸能記者はこう語る。

    「NHK紅白歌合戦は毎年5~6つの『ジャニーズ枠』があるとされており、毎年多くのジャニーズ事務所のアーティストが出場してきました。
    映像素材は豊富ですし、NHK関係者しか知らないジャニーさんの逸話も紹介できるため、今年の紅白は途中で、30分ほどのジャニーさんの追悼特別企画が組まれるのではないかと噂になっています。
    また、タイミング的にも令和時代初の紅白となるので、昭和~平成のアイドル史を振り返る意味でも、ジャニー氏を追悼する紅白はかなり引きがあると思います」(某芸能記者)

    さらに、ジャニー氏の追悼紅白では、以下のような構成が考えられるという。

    「紅白の白組司会は、2016年から嵐のメンバーが持ち回りで担当していますので、今年も嵐の誰かでほぼ確定でしょう。
    若手のKing & PrinceやHey! Say! JUMPは当然として、ベテラン組も多数、紅白にキャスティングされる可能性は高いと思われます。
    解散してしまったSMAPは無理だと思いますが、休止状態の続いている少年隊やメンバーの欠けてしまったTOKIOは、このタイミングに合わせて一夜限りの復活をする可能性が残されており、『ジャニーズの長男』である近藤真彦が2015年に続き再びトリを務めたり、郷ひろみや元祖ジャニーズのあおい輝彦もスポット的に登場してくるかもしれません」(前述の某芸能記者)

    今年の紅白の出場歌手は今から要注目か?

    https://news.livedoor.com/article/detail/16761390/

    所長見解:いいよ・・・
    【【ジャニーさん追悼】今年の「紅白歌合戦」はTOKIOの復活にマッチのトリ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月27日の「東スポWeb」が、薬物使用の疑いで逮捕される可能性のある女性歌手に関する情報を掲載した。

    記事によると、先日逮捕されたピエール瀧容疑者の内偵を警視庁が開始した昨秋、NHK紅白歌合戦に出場経験のある“歌姫”を捜査していたことがわかったという。

    「現在、警視庁がターゲットにしている芸能人は、紅白の常連だった女性歌手。
    代表曲はカラオケランキングの上位で、女性を中心に幅広い層から支持されているとのこと。
    そして東スポが取材した関係者によれば、その人物はここ数年、外見や雰囲気が変わり、支離滅裂なことを言い出すようになったそう。
    また、私生活では一緒にいた男性と別れ、その原因も相手男性が彼女に異変を感じたからだと言われているようです。
    そのため、すでに情報を聞きつけた一部メディアは、来るべき日に備えて彼女の自宅周辺で隠れて撮影をしているのだとか」(芸能記者)

    この報道後、ネット上で特に疑われているのが、最近もインスタグラムで変顔などを披露し、一部で精神状態が不安視されているアラフォー歌手である。

    y


    しかし彼女以外にも、疑いの目が向けられている紅白歌手がいるという。

    「今回のヒントで注目されているのが、“私生活では男性と破局した”という点。
    ある大物女性歌手は昨年、長らく交際していた男性と破局したことが大きく報道されました。
    またその後、一部週刊誌にて、音楽バーでノリノリで踊る姿が写真付きで掲載。
    その時、現場に居合わせた人によると、彼女は周囲が驚くほどのハイテンションだったと証言しており、ファンからは『まさか薬やってないよね?』と心配する声が当時飛び交っていたんです。
    とはいえ今回の東スポは、『歌姫にこれまで薬物の噂はない』と記載していますから、全く別の意外な女性歌手がマークされている可能性もあるでしょう」(前出・芸能記者)

    もしも紅白歌手が逮捕となれば、ピエール瀧以上の衝撃が世間に走ることとなりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16236442/

    所長見解:誰や・・・
    【【薬物疑惑】紅白出場「歌姫」の逮捕報道で疑われている人物がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ