紅白歌合戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ミスチル12年ぶり『紅白』のなぜ?「売れなくなったから」報道に異論噴出


    Mr.Childrenが12年ぶりに『NHK紅白歌合戦』に出場することに対して「なぜ?」「いままで出ていなかったのに不可解」という疑問がネット上で飛び交った。



    t


    ミスチルは『紅白』に積極的ではなく、これまで出場したのは「GIFT」がNHKの北京オリンピック・パラリンピックのテーマソングに起用された2008年のみ。

    朝ドラ『べっぴんさん』の主題歌「ヒカリノアトリエ」をリリースした2016年にも出場しなかった。


    だが、NHKでの目立った仕事があったわけでもない今年、なぜ急に出場を決めたのか。

    『紅白』出場者の発表と同時期(11月24日)に桜井和寿の息子・Kaitoが朝ドラ『エール』にゲスト出演したことから「Kaitoを朝ドラのキャスティングにねじ込むために『紅白』出場を決めたのでは?」とまで憶測されたほどだ。



    そんななか、12月8日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)の記事が物議を醸している。

    同誌はミスチルの『紅白』出場の理由を、12月2日にリリースされた20枚目のアルバム『SOUNDTRACKS』のプロモーションであるとしている。

    そのうえで、作品のプロモーションにもあまり積極的なバンドではないミスチルが、今回に限ってそこまで協力的になった背景には、「ファン」が少なくなっているという危機感をもっているからだと分析した。


    この記事に対し「ミスチルはファンの減少に焦るようなバンドではない」「ミスチルクラスになれば昔からの固定ファンがたくさんいる」「今年はライブができなかったから、せめてテレビで音楽を届けようというファンサービスでは」とファンが異論を唱えている。


    実際、『SOUNDTRACKS』は約30万枚を売り上げ、8日付のオリコン週間アルバムチャートで1位を獲得。

    これを「人気減少」というのは、いささか違和感がある。


    ただ、桜井の中に「これまで通りの活動を続けていては若い世代のミュージシャンに負けてしまうという」という思いがあるのは確かなのかもしれない。

    というのも、11月30日放送『news zero』(日本テレビ系)での、嵐・櫻井翔との対談で桜井は気になる発言をしていたからだ。


    <僕、20年ぐらい前までは結構調子に乗っていて、『シンガーとして日本代表というものがもし選考されるとしたら、絶対選ばれるだろうな』と思っていたんですよ。
    ところがここ最近のうまいシンガーを目の当たりにして『俺、絶対に無理』って5年ぐらい前に思ったのかな。
    そこからボイストレーニングの先生について歌を習って。
    『スタメンじゃないけど、入れてもらえるんじゃないかな』ぐらいな自信にやっと戻ってきました。

    本当にもうみんなうまいですよね。
    いまはもう悔しいというよりも、『俺には俺の良さがあるはずだ』っていう。
    もうあんなトップスピードでは走れないけど、ポジションを後ろにしてまわりを見ながらというような心境ですかね>



    『紅白』に限らず、今年のミスチルはいつになくアルバムのプロモーションに積極的である。

    『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2020』(日本テレビ系)、『2020 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)、『CDTVライブ!ライブ!クリスマスSP』(TBS系)などの音楽番組に出演。

    19日にはNHKで特別番組も企画されている。

    2018年リリースの前作『重力と呼吸』ではテレビでのプロモーションがいっさいなかったので、これは大きな違いである。


    背景には、これまではあまりやってこなかったテレビ出演によって刺激を受けたいという思いもあるのかもしれない。

    デビューから28年が経ち、メンバーも全員50歳を越えたいま、ミスチルは外からの刺激を欲しているという。



    https://wezz-y.com/archives/84211 

    所長見解:ええやん・・・

    【【噂】ミスチル12年ぶり「紅白歌合戦」出場の理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「紅白歌合戦」、選考基準が分からなすぎると超絶ありえんくらいに話題になる


    m


    今年めちゃくちゃ話題になった、この人達が出てない模様

    King Gnu
    YOASOBI
    ヨルシカ
    BiSH
    米津玄師
    菅田将暉
    三浦大知
    Creepy Nuts
    back number
    DISH//
    ヤバイTシャツ屋さん
    DA PUNP
    SexyZone
    Mrs.GREENAPPLE
    AKB48
    TWICE
    IZ*ONE

    所長見解:ほんまやな・・・

    【【話題】「紅白歌合戦」、選考基準が分からなすぎる件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「活動休止まであと4カ月ですが、テレビ各局では嵐の年末特番を懸けて調整が水面下で行われています」(テレビ局関係者)


    年内でグループとしての活動休止を発表している嵐。

    テレビで彼らの雄姿を見られる日も残り少なくなるなか、各局では嵐をめぐる争奪戦が勃発している。


    まずは、冠番組を抱えるフジテレビと日本テレビが一歩リード。

    「日テレは12月中旬~下旬に『嵐にしやがれ』の4時間特番を準備しているそうです。
    過去の名場面や未公開VTRなどを放送予定です。
    事前収録の予定ですが、番組の最後だけ生出演で嵐メドレーを披露してもらう案も出ています。

    またフジの『VS嵐』特番が放送日程的に民放で嵐が最後に出演する番組になる予定です。それだけに『嵐にしやがれ』を上回る過去最大の放送時間を予定しており、生放送でこれまでの思い出などを語ってもらうようです。
    さらに“5人の心に残るもの”という企画を計画しており、お台場に花火を打ち上げる構想もあるそうです」(前出・テレビ局関係者)


    いっぽう、涙をのんだのが『輝く!日本レコード大賞』への出演オファーをかけていたTBS。

    「活動休止に入る嵐に特別賞を授与する形などで早くから出演を打診していたそうですが、裏番組のリハーサルとかぶる関係でかないそうにありません……」(TBS関係者)


    その“裏番組”とは、大みそかの国民的番組『NHK紅白歌合戦』。

    '09年から出演し続けた嵐にNHKは異例の“嵐シフト”を敷くようだ。



    5



    ■NHKが用意した歴代最長クラスの驚愕の持ち時間

    「5人での紅白は今年でしばらく見納めになるだけに、持ち時間は歴代最長クラスの合計15~20分ほどを用意しており、当然、大トリの予定です。
    また、今後についてメンバー1人ずつ思いを語る演出も準備していると聞いています」(NHK関係者)

    そして、“最高のポスト”も用意していた。

    「5人全員での司会をNHKが熱烈にオファーしているそうです。
    史上初のグループでの総合司会も検討しているとか。
    メンバーも前向きに考えているといいます」(前出・NHK関係者)


    NHKが全身全霊で嘆願する背景には、コロナ禍による“焦り”が見え隠れしている。

    「今年の紅白はコロナ感染防止対策として無観客での実施を予定しています。
    出演者の“3密”を避けるためにも、局内の別スタジオやリモートなどを駆使した形での放送となる模様です。
    いつもと違う形式だけにお年寄りの“紅白離れ”が懸念されています。
    また話題となるヒット曲もなく、例年以上に目玉が不在。

    そこでNHKとしては、これまで5人で司会を務めた年は軒並み最高視聴率が40%を超えた嵐の力をなんとしても借りたいところでしょう」(前出・NHK関係者)


    嵐としても、5人での司会は“最後の花道”としてまんざらでもないようだ。

    「延期になっていた国立競技場ライブを秋に開催すべく調整が進められていますが、まだ発表されていません。
    また正真正銘、最後のステージになるはずだったカウントダウンコンサートも現状、未定です。
    5人で司会を務める紅白はまさしく伝説のステージとなるでしょう」(前出・NHK関係者)


    5人が最後に進む“花道”は果たして――。


    「女性自身」2020年9月15日号 掲載
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b310c6c21f159cd50e67c782581eafe5fef0140e

    所長見解:そうなるわな・・・

    【【嵐】NHK・紅白歌合戦、 異例すぎる「嵐シフト」の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「今年末の『紅白歌合戦』の総合司会に岡村隆史さんの名前が挙がっています。
    岡村さんはいまやNHKでは人気番組を支える“視聴率王”。
    その貢献度は局内で高く評価されており、三顧の礼で内々のオファーを出しているそうです」(NHK関係者)


    ナインティナインの岡村隆史(49)は同局で放送中の看板番組『チコちゃんに叱られる!』、さらに大河ドラマ『麒麟がくる』にも出演している。

    「例年、紅白司会の正式オファーは夏ですが、春ごろに制作側は所属事務所に年末の予定を聞くことが通例です。
    今回、制作サイドが真っ先にリサーチをかけているのが岡村さんなのです。
    『チコちゃん~』は番組開始から2年たちますが、子供や若い世代からの支持が高く、視聴率も15%前後と安定した人気をキープしていますから」(前出・NHK関係者)


    t


    『麒麟がくる』では、岡村は謎の農民・菊丸を演じている。

    「3月15日の放送で菊丸が“忍び”だと明らかになると、ネット上では“菊丸=服部半蔵”説も飛び出し、一気に注目を集めました。
    岡村さんはドラマ終盤まで登場するキーパーソンのようです」(テレビ誌記者)


    岡村は、昨年の紅白にチコちゃんとともに登場。

    総合司会の内村光良(55)らとコントを繰り広げ、37.5%の瞬間最高視聴率(第一部)を記録した実績もある。

    「3年連続で総合司会を手堅く務めた内村さんですが、昨年は紅白が2部制になってからワーストの視聴率と低迷してしまいました。
    さらに今年は新型コロナの影響で東京五輪はじめ各種のイベントが中止や延期となり、国内のムードが暗くなっているのが実情です。
    そこでNHKとしては、同局の“福の神”であり、若年層の人気も高く“日本を明るく”というイメージに合う岡村さんに白羽の矢を立てたといいます」
    (制作関係者)


    岡村は菊丸役に抜擢された際、こう語っている。

    「ぼーっとNHKに来ていたらどえらい仕事が舞い込んできました(笑)。
    『チコちゃんに叱られる!』をやっていてよかったです。
    朝ドラを狙っていたので、まさか大河ドラマでオファーが来るとは思っていませんでした」


    岡村にとって、2020年は“節目の年”でもある。

    「7月に50歳になる岡村さんは、今年を“新たな挑戦の年”と位置付け、紅白司会にも意欲的。
    早くも水面下で内定しているとも聞いています」(前出・NHK関係者)


    たとえ4年連続総合司会を狙っていたウッチャンに叱られても、年忘れは明るく照らしてほしい!


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200409-00010001-jisin-ent

    所長見解:いいかもな・・・


    【【朗報】岡村隆史氏がNHK紅白歌合戦の司会に内定ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    沢尻エリカ(33才)、槇原敬之(50才)と、大物芸能人の違法薬物に関する逮捕が相次ぐ中、今度は「NHK紅白歌合戦」に出場経験のある歌手「A」の名前が捜査線上に挙がっているという。

     
    Aは過去に薬物使用の噂がたったことはなく、女性を中心に幅広い支持を集める人気歌手。

    切々とした歌い方でヒット曲も多く、代表曲はカラオケランキングで上位に入っている。

    逮捕となれば、沢尻や槇原を超える衝撃が予想されている。


    p


    Aに“大きな変化”が見え始めたのは、2010年頃からだという。

    「支離滅裂なことを言い出したり、時間を守れないことが増えました。
    やせて顔も青白くなり、歌声がかすれてしまう日も多かった。
    体力が落ちたのか、ライブ後には足元がおぼつかないことも。
    周囲が心配して声をかけても、本人は“大丈夫”“なんでもない”と言って、耳を貸そうとしない」(Aを知る関係者)

     
    Aには男女トラブルの過去があるようだが、それも薬物使用が原因だったという。

    捜査関係者が言う。

    「パートナーの男性はAが違法薬物を使っていることに気づき、やめるよう再三注意したそうです。
    それでもAは薬物をやめられず、結局、“別れ”に至った。
    薬物絡みの金銭トラブル、覚醒剤を使用した行為などに関して、具体的な話もあがっていました」

     
    現在、Aはメディアへの露出が激減。

    テレビ関係者の間では「Aを使うな」というのが“鉄則”になっている。

    「薬物の影響かはわかりませんが、Aは情緒が不安定で、ここ数年は仕事のドタキャンも増えていました。
    危なっかしくてとてもオファーできる状態ではありません。
    所属事務所でもコントロールがきかずに困っている様子です」(テレビ局関係者)

     
    Aが逮捕目前といわれる背景には、大物芸能人の違法薬物逮捕をめぐる「マトリvs組対5課」の競い合いもある。

     
    マトリとは「厚生労働省地方厚生局麻薬取締部」の通称で、厚労省内部にある麻薬取締組織だ。

    マトリの捜査官は「司法警察職員」という国家公務員で、捜査権・逮捕権だけでなく拳銃の所持も認められている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200227-00000013-pseven-ent

    所長見解:誰なんよ・・・
    【【速報】紅白出場女性歌手が薬物で捜査線上ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ