ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    竹内結子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    薬物を所持していた容疑で逮捕された沢尻エリカ(33)。

    改めて、過去の彼女の言動に注目が集まっている。


    ■薬物で逮捕された沢尻は2007年に…

    最も有名なのは2007年、映画の舞台挨拶で「別に…」などとふてくされた態度を繰り返した例の騒動。

    ド派手な衣装に金髪のカツラを被った沢尻の姿が印象的だった。

    2016年の『週刊アサヒ芸能』でも報じられたが、実はそのとき、沢尻をイラつかせたのは共演者の竹内結子(39)だったという話がある。

    「沢尻のいでたちを見た竹内は“(はじめ人間)ギャートルズみたいでかわいいね”と言い放ったというんです。
    もちろん、強烈な皮肉。
    舞台あいさつ中にじわじわ怒りがこみ上げてきた沢尻は、インタビュアーの質問も上の空で“別に…”と発言してしまったそうです」(芸能記者)

    b


    ■日本映画なんて面白くないでしょ

    だが、沢尻エリカの「名言」は「別に…」だけではない。

    11月18日放送の『ひるおび!』(TBS系)に井筒和幸監督(66)が出演。

    出世作の映画『パッチギ!』オーディションでのエピソードを語った。

    沢尻は井筒監督に対して、「監督、最近の日本映画なんて面白くないでしょ」と発言。


    続き
    http://dailynewsonline.jp/article/2098101/

    所長見解:ギャートルズ・・・


    【【真相】沢尻エリカの「別に」発言は竹内結子原因説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の工藤静香さん(49)が、芸能界の親友である女優の飯島直子さん(51)との2ショットをインスタグラムにアップし、話題となっています。

    工藤さんは7月1日までに自身のインスタグラムに、6月28日に行われた自身のライブに来てくれたという飯島さんとの全身写真での2ショット写真を掲載。

    「なおちゃんもいつ会っても変わらない。本当に大好き」と飯島さんへの好意を綴っています。

    しかし、この2ショットが一部で波紋を呼んでいるというのです。


    k


    工藤静香さんのインスタグラム。

    たしかに飯島さんのほうがだいぶ若々しいかも…

    ネットではこの2ショットに対し

    「飯島直子可愛いな」
    「飯島直子が変わらず可愛い」
    「飯島直子さん、かわらず素敵~!」

    と飯島さんのみを褒める声が続出。

    また飯島さんのほうが工藤さんより2つ年上なことに対し

    「飯島直子の方が年上だよね? 飯島さんの方が若いし、キレイ」
    「飯島のほうが年上だったか…」

    と、工藤さんのほうが老けてみえることを指摘する声、さらには

    「何歳になっても“元ヤン”の雰囲気って出ちゃうものなのね」
    「元ヤン感が拭えない2人」

    と2人が醸し出すオーラを指摘する声も出ていました。

    「ネットでは『飯島さんによる工藤さんの公開処刑』なんて声もありましたが、飯島さんは丸顔、工藤さんは面長なので工藤さんのほうが老けて見えるというのはありますね。
    あと工藤さんはこの時、メイクが濃すぎるというのも要因の1つかもしれませんが…」(テレビ局勤務)


    この2人といえばかつて、2006年から2008年に放送されていたバラエティ番組『明石家さんちゃんねる』(TBS系)にレギュラー出演していた過去がありますが、仲の良い明石家さんまさんが司会ということもあって、かなり自由奔放に振る舞っていたことが思い出されますが…。

    「2人のロケ中の行儀の悪さが新聞に投書されるという事件もありましたよ」と語るのは、テレビ局関係者。

    というのも、2008年2月13日付けの朝日新聞に「飯島直子さんと工藤静香さんがオフィスの事務所机に腰掛けていること。
    明るく開放的な雰囲気の会社でもそれは許されないのではないか」という視聴者からの指摘があったのです。

    「その出来事は、2008年2月6日に放送された同番組で飲料メーカー『サッポロビール』に工藤さんと飯島さんがロケに行った時に起こりました。
    2人はフロアで社員のデスクに腰掛け楽しげに笑ったり、工藤さんが受付に寄りかかったり肘をつくなど、大人としてはかなり行儀の悪い振る舞いを行っていましたよ」(同上)

    また2人と共演していたさんまさんが、かつてある話を暴露したことでも話題に。

    さんまさんは2007年2月10日放送のラジオ番組『ヤングタウン』にて、工藤さんと飯島さんが2人集まると、かなり毒舌であることを暴露。

    「ある女優さんがいまして。その女優さんを2人がマウンテンゴリラって呼んでらっしゃる」
    「『あの女、マウンテンじゃん』。もうね、静香ちゃん連呼するんですよ」

    と話されていたのです。

    「この女優さんは2004年に木村拓哉さんとドラマ『プライド』(フジテレビ系)で共演し、ヒロインを務めた竹内結子さんのことを指しているのだろうと業界で言われていました。
    ドラマ内では2人はかなり濃厚なキスを交わしていましたからね、工藤さんがヤキモチを妬いていてもおかしくはない。
    しかし、この2人が集まってそんな話をしていると思うと本当に怖いですね…」(芸能事務所勤務)

    工藤さんと飯島さんのコンビ、見た目も中身も怖いもの無しのようです!

    https://www.excite.co.jp/news/article/Tablo_tablo_13215/

    インスタ画像はこちらから↓
    https://www.instagram.com/p/BzQQ1UrlS-D/?utm_source=ig_embed&ig_mid=XRxr6QAAAAF6DlRbVNeA3cxlT_DT

    所長見解:怖い・・・
    【【閲覧要注意】工藤静香と飯島直子のツーショットがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今や歌手以外のタレントがテレビ番組で歌ったり、あるいはCDデビューすることは珍しいことではない。

    だが、その過去を口にしない、あるいは触れられたくない「黒歴史」を持つタレントも、中にはいるようだ。

    k


    「新垣結衣もその1人です。これまでアルバムとシングル合わせて7枚もリリースするなど積極的な活動を続けてきましたが、2010年、活動を突然ストップ。
    その背景には、彼女がネットの『音痴な芸能人』のまとめサイトに自分の名前を見つけたからという、まことしやかな噂も出回っていますが、定かではありません」(芸能ライター)


    また、木村佳乃もデビュー2年後の1998年6月に『イルカの夏』で歌手デビュー。

    2000年まで6枚のシングル、3枚のアルバムをリリースしている。

    「木村は『あさイチ』(NHK)の中で、『イルカの夏』を歌番組で歌唱しているシーンが流れた際、『ヤダヤダ! アップにしないで! 子どもにはまだ秘密にしてるんです』と絶叫していました」(同)


    一方で、たった1曲出しただけという女優も。例えば、竹内結子。

    1998年9月、同年公開された竹内の主演映画『イノセントワールド』の主題歌『ただ風は吹くから』を担当している。


    また、波瑠も雑誌「SEVENTEEN」(集英社)の現役モデルだったころ、岡本真夜の作詞作曲による「I Miss You/Message」という曲でデビュー。

    当時のインタビューでは、モデル仲間や家族から大絶賛されており、「もっとがんばろうって思う」と意気込んでいたが、売れ行きが悪かったのか、この1曲で終わっている。


    異色どころでは、元女子レスリングの吉田沙保里。

    しかも、現役時代の2015年、TBSアナウンサー石井大裕(弟)とTBS営業局員の石井大貴(兄)の兄弟ユニット「Well stone bros.」の曲『目を覚ませ』にフィーチャリングという形で参加。

    CDリリース記念イベントでも、観客の前で生歌を披露している。

    その際、吉田は、自分の歌声が「kiroroに似ていると言われる」ことを明かし、「紅白を狙いたい」とやる気を見せていたが、吉田の歌手活動もこの1曲だけだ。

    今やユーチューブでその歌声がアップされ、残ってしまう時代。

    今後もタレントの皆さんは、CDデビューのオファーには、くれぐれも注意したほうがいいかもしれない。
     

    画像▼
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/b/fbeda_188_7543eec3_8f18dfa6.jpg

    動画▼
    https://www.youtube.com/watch?v=YcFk6oMjhNU

    http://news.livedoor.com/article/detail/16398388/



    所長見解:悪くないけどね・・・


    【【触れてはいけない】新垣結衣、竹内結子、木村佳乃、波瑠、吉田沙保里の黒歴史がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の二階堂ふみと、ジャニーズ事務所の人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也がW主演する、11日スタートのフジテレビ系ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」の完成披露試写会が先日、都内で行われた。

    「ストロベリーナイト」は、作家・誉田哲也氏のベストセラー「姫川玲子シリーズ」(光文社)が原作。

    ノンキャリアだが27歳で警部補に昇進した女性刑事・姫川玲子(二階堂)と、巡査部長・菊田和男(亀梨)ら姫川班が難事件に立ち向かう姿を描く。

    s


    もともと、同作は女優の竹内結子の主演で2010年からドラマ化されて高視聴率を記録。

    それを受けた13年の映画版は興行収入21・5億円のヒットを記録。

    12年以来となる同作連ドラの主演は竹内が務めると思われていたが、二階堂がその座をゲットした。

    「竹内も二階堂も今年、フジとの関係が深まったが、明暗を分けた。
    竹内は1月クールの主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』が平均視聴率1桁に低迷。
    一方、二階堂はフジが出資した主演映画『翔んで埼玉』が興収30億円突破のヒット作となり多大なる貢献を果たしている」(テレビ局関係者)

    竹内は周囲に「私の中では終わった作品」と漏らしていたのだとか。

    そのため、同局は女優の榮倉奈々にオファーしたものの、榮倉は「竹内のイメージが強すぎる」としてオファーを断ったのだとか。

    その後、二階堂にオファーしたところ、制作陣に旧知のスタッフがいたためオファーを受けたというのだ。

    「正直、榮倉は数字を持っていない。
    そんな榮倉より演技力が上で、映画のヒットで波に乗る二階堂がオファーを受けてくれて、フジは“命拾い”したのでは」(芸能記者)

    二階堂の両肩には絶大なプレッシャーがかかることになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1776111/

    所長見解:そうなんやね・・・

    【【二階堂ふみ主演】ドラマ『ストロベリーナイト』の主演を断った人気女優がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    竹内結子が結婚 事務所の後輩4歳年下俳優の中林大樹と 
    長男後押し「守るべき家族できた」

    女優の竹内結子(38)が再婚したことが27日、分かった。

    相手は所属事務所の後輩で俳優の中林大樹(34)で、大安吉日のこの日、都内の区役所に婚姻届を提出した。

    挙式・披露宴は未定。

    竹内は05年に歌舞伎俳優中村獅童(46)と結婚し、同年に長男(13)を出産。

    08年に離婚していた。


    関係者によると、2人は2009年の映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」で共演して知り合い、役者同士の交流が続く中で数年前から交際に発展したという。

    長男も交えた付き合いで、長男から「3人一緒になればこれから楽しくなるね」との後押しもあり、再婚を決意。

    竹内が主演するフジテレビ系「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(木曜後10・00)の撮影が25日に終了。

    仕事が一段落したタイミングで婚姻届を提出した。

    間もなく都内で3人での新生活を始める。

    竹内は妊娠しておらず、2人ともに今後も仕事を続ける。

    k


    竹内は中林と連名でコメントを発表し「所属事務所の先輩後輩として家族同士の付き合いが始まり、いつしかその関係が変わってゆくのを互いに感じておりました。
    守るべき家族ができたことで、身が引き締まる思いであるとともに、より一層仕事にまい進する所存です」とした。


    中林は07年にテレビ朝日系ドラマ「めぞん一刻」で約3000人のオーディションを勝ち抜いて主人公・五代裕作役でデビュー。

    竹内と同じ芸能事務所「スターダストプロモーション」に所属し、フジテレビ系ドラマ「ストロベリーナイト」、映画「残穢(ざんえ)―住んではいけない部屋―」でも共演していた。

    6年ぶりの連ドラ主演作が撮了した竹内は、今後もともに5月公開の映画「長いお別れ」「コンフィデンスマンJP」など出演作が控える。

    新たなパートナーを迎え入れ、公私ともに充実の春を迎えている。


    ◆竹内 結子(たけうち・ゆうこ)
    1980年(昭55)4月1日生まれ、埼玉県出身の38歳。
    96年にフジテレビ系ドラマ「新・木曜の怪談」で女優デビューし、99年にNHK連続テレビ小説「あすか」で主演。
    主な出演作にフジ「ランチの女王」、同「プライド」、TBS「白い影」など。
    1メートル62、血液型A。

    画像①

    ◆中林 大樹(なかばやし・たいき)
    1985年(昭60)1月6日生まれ、奈良県出身の34歳。
    07年にドラマ「めぞん一刻」でデビュー。
    テレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~」、映画「空飛ぶタイヤ」などに出演。
    現在放送中のTBS「グッドワイフ」では、検事の戸梶涼太を演じている。
    1メートル80、血液型A。

    画像②


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/28/kiji/20190227s00041000442000c.html

    所長見解:イケメンやね・・・

    【【事務所後輩】竹内結子が再婚を決めたイケメン年下俳優がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ