競馬

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    給付金10万円を10倍にする方法!

    何か低リスクでドカーンとなりそうなのない?


    j

    所長見解:やめとけ・・・

    【【朗報】給付金10万円を10倍にする方法がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    有馬記念は「東スポ的世相馬券」にお任せ! 

    2017年は「今年の漢字」に選ばれた「北」→「『キタ』サンブラック」、18年は「平成元年の勝ち馬がイナリ『ワン』、平成最後がブ『ラスト』ワンピース」というヒントを発見し、2年連続で的中させた。


    そんな当欄が令和元年の世相から“馬券のヒント”を見つけ出す。

    今年は「レイワ」に加えて、さまざまな分野から超強力なシグナルが発信されていることを発見した。

    k


    【王道世相編】

    今年の有馬世相馬券で避けて通れないのは「レイワ」だ。

    昨年2着馬の⑧「レイ」デオロは言わずもがな。

    菊花賞勝ちから有馬記念直行ローテで見ると、過去10年で3勝(サトノダイヤモンド、ゴールドシップ、オルフェーヴル)、3着1回(キタサンブラック)で、⑦「ワ」ールドプレミアへの馬単⑧→⑦は誰もが思いつく組み合わせ。


    この「レイワ馬券」は押さえに回し、ほかのサインを探してみよう。

    同じレイワなら、穴党におすすめなのは「レイ・ワ」でなく「レ・イワ」、そう“レ”ーンと“岩(イワ)”田康だ。

    ⑥リスグラシューと①スカーレットカラーの馬連、ワイドで大勝負! 

    スカーレットカラーの人気はないが、鞍上はイン突きのうまい岩田康。

    直線内をさばいての大番狂わせがあるかも?


    令和がスタートした「5月1日」もピックアップ。

    ⑤フィエールマンと①スカーレットカラーの組み合わせも一考したい。


    令和の元号は大化から数えて「248」番目で、初めて中国の古典ではなく、日本の古典から引用された。

    ここから②スワーヴリチャード―④スティッフェリオ―⑧レイデオロの3連複1点勝負も面白い。


    国際関係でいえば、この令和元年に世界平和を願うローマ教皇が38年ぶりに来日し、東京ドームで5万人ミサを行ったことも話題に。

    ローマつながりで「古代ローマの祭り」を表す⑩サートゥルナーリアの単勝を厳かに握り締め、勝利の祈りをささげてみては。


    【スポーツ編】

    今年は海外で活躍する選手が注目された。

    まず外せないのが、8月に行われた全英女子オープンで日本人女子42年ぶりの海外メジャー制覇を達成した“シブコ”こと渋野日向子。

    シブコはやっぱり「425」の3連単?


    さらに、NBAのワシントン・ウィザーズで活躍する八村塁の背番号「8」も。

    メジャーリーグで言えば、今年3月のイチロー「16」の引退も大きなニュース。

    ここは⑧レイデオロ、⑯シュヴァルグランの単複勝負か。


    ラグビーW杯での日本代表の活躍も忘れてはいけない。

    日本代表「サクラ」のエンブレムをつけたフィフティーンの活躍に敬意を表して、⑮アエロリットの単複と桜色(桃枠)の枠連(8)―(8)もマークしよう。


    【JRA編】

    JRAはスペシャル企画として「ルパンTHE有馬」を開催。

    特設サイトの「黄金馬券を盗め!」で謎解きコンテンツが楽しめる。

    ルパン「3」世の③エタリオウは中山芝内2500メートルに強いステイゴールド産駒で、しっかり「ゴールド(黄金)」が。

    これはJRAからのクリスマスプレゼント? 

    サイト上でルパンが着ているジャケット(青色)から③に加えて、青色枠絡みも押さえたい。

    そして、ルパンといえば「不二子(245)ちゃ~ん」。

    不二子のハートを射止めるためにも男らしく3連単②→④→⑤1点に万張り!


    【芸能界編】

    今年の芸能界といえば、「闇営業」が大きくクローズアップされた。

    「闇」⑧―③も押さえるか? 

    スキャンダルの真相は、いつも「闇」の中。

    漢字の闇の中にあるのは「音」。

    ということで大穴候補は「音」無厩舎の④スティッフェリオ。

    有馬同年のオールカマー勝ちは1996年サクラローレル、2007年マツリダゴッホが1着、昨年のレイデオロが2着と好走例がある。

    これに闇つながりで⑫“クロ”コスミアはどうか。

    2頭ともエタリオウと同じくステイゴールド産駒。

    ④―⑫の馬連、ワイドの組み合わせで01年のマンハッタンカフェ―アメリカンボスの再来なるか!? 


    https://www.tokyo-sports.co.jp/horse/jra/1667697

    所長見解:アーモンドアイからの総流し・・・

    【【緊急速報】2年連続で的中の有馬記念、今年の買うべき当たり馬券がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    リオンリオン、逃げ宣言!

    r


    1週間の密着取材で日本ダービーの勝ち馬を探るGI連載『東西現場記者走る』は2日目。

    大阪サンスポの渡部陽之助記者(40)は、青葉賞Vのリオンリオンに注目した。

    2走前から単騎逃げに脚質転換し、力を発揮。

    大一番でも自分のスタイルを貫くことができれば、『青葉賞組初』となる戴冠の可能性もありそうだ。

    調教開始の午前6時になっても前夜からの雨がやまず、合羽を着て連載2日目がスタート。

    ターゲットに定めたリオンリオンは、角馬場から左回りのCWコースを軽快に周回。

    キビキビした走りで調子は良さそうだ。

    「いいキャンターをしていた。雰囲気はいいね。上積みはありそう」と松永幹調教師は満足げな表情を浮かべた。

    好位から惜敗…が3戦続いて迎えた2走前の大寒桜賞で、ハナを切って逃げ切り。

    青葉賞も先頭でペースを落とすことなくラップを刻み、着差(ハナ差)以上に好内容の逃走劇をみせた。

    同舞台を経験したのは強みだし、スタミナ勝負なら通用しそう。

    同型も不在で、大舞台で注目の1頭だ。

    「前走はしぶとかったね。いい流れの中で、最後までしっかりと走れていた。スムーズに手前を替えているし、左回りもいい」と指揮官も手応えを感じている。

    騎手時代は日本ダービーに10回騎乗した(1997年メジロブライト3着が最高)トレーナーだが、調教師としては初参戦。

    競馬学校の同期、横山典騎手とのタッグを楽しみにしていたものの、18日の東京2Rで斜行したため、まさかの騎乗停止。

    「盛り上がっていたんだけどね。逆に力が入らなくていいかも」と苦笑いを浮かべた。


    オーナーと替わりの騎手を相談するなか、当初はベテラン騎手が候補に挙がったそうだが、白羽の矢が立ったのは横山典騎手の三男でデビュー3年目の横山武騎手。

    GI初騎乗となるが、第1回新潟競馬でリーディングを獲得するなど、今年25勝と勢いに乗っている。

    「若い人でいこうと。しっかり結果も出しているジョッキーだし、思い切って乗ってほしいね。ハナへ行ってもらいたいと思う」。

    22日の最終追いに騎乗するため栗東を訪れる若武者に、エールを込めながら、改めての“逃げ宣言”だ。


    大きな夢は、秋にも待っている。

    凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン、GI、芝2400メートル)に登録済みで「以前からチャンスがあればフランスに行きたいとオーナーと話していた。

    行くなら3歳。

    軟らかい馬場は合うと思うし、今回結果が出れば、前向きに考えたい」と力を込める。

     
    “ダービーのジンクス”として有名だが、トライアルの青葉賞から参戦して勝った馬は過去、1頭もいない。

    さらに、テン乗りで日本ダービーを勝った馬は、1954年のゴールデンウエーブが最後。

    データ的に厳しいのはわかっているが、何かドラマを感じる存在だ。  
     

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000517-sanspo-horse

    所長見解:いたよね・・・

    【【速報】リオン逃げる模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2017年9月の厚生労働省の公表によると、現在日本には「ギャンブル依存症」の疑いを持たれている人が約320万人もいる。

    その中には普段テレビで目にする有名人も含まれているかもしれない。

    ギャンブルにドップリハマっていると噂の芸能人は、どれぐらいいるのだろうか。

    ギャンブルと呼ばれるものには、パチンコ・パチスロ、競馬、競艇、競輪、カジノなどがある。

    「ギャンブラー有名人」がハマっているギャンブルの中でも最も多いのは「パチンコ・パチスロ」。

    和田アキ子、阿部寛、中居正広、太田光代、高橋尚子、意外なところでは吉高由里子、後藤真希、高島彩らがいる。

    歌手・和田アキ子のパチンコ好きは有名で、パチンコのCMやパチンコ機に起用されたほど。

    女優・吉高由里子はパチプロ並みの腕前で、ギャンブルが好きな理由として「人生はギャンブルみたいなものだから」と答えている。


    次に多いのが「競艇」。

    坂上忍、徳光和夫、千鳥・大悟、博多華丸大吉の博多華丸、ブラックマヨネーズ・吉田敬、平成ノブシコブシ・徳井健太と、芸人の名が多く並ぶ。

    「吉本の芸人はボート好きが多く、ブラマヨの吉田や千鳥の大悟は『ギャラは安くていいから、ボートの仕事を入れてくれ』と事務所に頼み込み、スカパー!やネット配信番組に率先して出ていますよ。
    坂上は、再ブレイク前と同じ安いギャラでスカパーのボートレース番組に出続けているようです」(制作会社スタッフ)

    k


    3番目が「競馬」。

    六角精児、小嶋陽菜、藤原竜也、林修、見栄晴らが楽しんでいる。

    元AKB48の小嶋は競馬番組の出演をきっかけに競馬の虜に。

    今では自身のツイッターに購入した馬券をアップするほど無類の競馬好きとして知られる。

    彼女が得意とするのは、競馬予想では的中させるのが難しいと言われている「3連単予想」。

    全出走馬の中から5頭を選んでボックス買いをする手法を使って、たびたび万馬券を的中させている。

    そこで気になるのは彼らがギャンブルでどのぐらいの額を儲けたのか。

    また、いくら損をしたのか。

    「千鳥の大悟はネットで舟券を買って、トータルで数千万円近く、スッてしまったそうです。
    坂上は数年前、大きなレースで穴を的中させて1000万円以上儲けたのに、3ヶ月後には『すべて舟券で使い果した』と嘆いていました」(バラエティー番組スタッフ)

    やはり、ギャンブル。

    儲けたことよりも、損したことの方が話題になる。

    中には「億超え」の負債を出した有名人もいる。

    元力士の貴闘力がギャンブルで抱えた負債額はトータル5億とも言われている。

    のちに貴闘力本人が「ギャンブル依存症」であったことを告白。

    ギャンブル依存のせいで、自ら経営していた焼肉店のスタッフの給与も使い込んでしまったなどのエピソードがある。

    また、貴闘力の上を行く負債額を出しているのが、フリーアナウンサーの徳光和夫。

    その額はおよそ6億と、自身が発言している。

    日本テレビ時代は生放送が終わるとすぐにボートレース場に駆け込んでいたそう。

    お金がなくなって実家にある子供の貯金に手を付けたこともあるようだ。


    ここに挙げた有名人はおそらくほんの一部。

    まだまだ隠れギャンブラー有名人は存在するはずだ。

    日々テレビで目にするあの有名人がギャンブルをしていると知り、さらに親近感がわいた人は多いだろう。

    やはり、有名人。

    高額なギャラをもらっている分、負債額はケタ違いだった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16075443/

    所長見解:額が・・・

    【【これは意外】競馬・競艇・パチンコ好きな借金まみれの芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今週末、空前の“菜七子祭り”を目撃するかもしれない。

    藤田菜七子騎手(21)=美浦・根本=に、騎乗依頼が殺到しているという。

    何を隠そう、3月1日から適用される女性騎手恒久2キロ減制度により、平場のレースは3キロ減での騎乗となるからだ。

    一昨年に同様のルールを導入したフランスでは、女性騎手の戦績が軒並み急上昇。

    JRA唯一の女性騎手が、リーディング争いに加わる日はそう遠くないだろう。

    フェブラリーSでJRA女性騎手として初のG1騎乗を果たし、競馬ファンのみならず日本国民の耳目を集めた藤田菜七子。

    今週末も、空前の“菜七子祭り”が巻き起こるかもしれない。

    先週までは1キロ減だった菜七子だが、3月1日から女性騎手の新減量ルールが適用されるため、今週末は3キロ減での騎乗となる(通算100勝まで)。

    斤量2キロ=1馬身という説もあり、当然のことながら「菜七子が欲しい」という“ラブコール”が関係各所から殺到中だ。

    n


    既に、水面下では熾烈(しれつ)な争奪戦が繰り広げられている。

    「経験のない3キロ減と、経験を積んだ騎手の3キロ減は全く違う。
    今ですら依頼してもなかなか乗ってくれないほどの人気だが、これで3キロ減になったら…」とは関東の某調教師。

    もともと小倉3週目(23、24日)を予定していた馬が、菜七子が乗れると分かった途端、4週目(3月2、3日)以降にスライドするケースも多発しているという。

    全騎手の6分の1が女性である“先進国”フランスでは、17年3月に2キロの減量特典を導入。

    すると騎乗数が倍以上に達し、勝利数に至っては約3倍にまで急上昇した。

    18年の年頭にはミカエル・ミシェルが、女性ジョッキーとして史上初の開催リーディングを獲得。

    同年3月に減量特典は1・5キロに引き下げられたものの、変わらず騎乗依頼は増え続けており、勝ち鞍をさらに伸ばしている。

    菜七子自身は昨年9月1、2日に女性騎手一節最多騎乗となる計18鞍を経験。

    スタミナに不安はなく、仮に土日フル参戦となっても難なくこなせよう。

    2キロ分の減量についても、「もともと体重は軽いので、それほど苦労なく減らせます。問題なく(当週を)迎えられると思います」とコメントしており、心配はご無用。

    一体何鞍に乗り、何鞍勝つのか-。

    21歳に注がれるファンの視線は熱を帯びるばかりだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000005-dal-horse

    所長見解:かわいいもんな・・・

    【【競馬】美人ジョッキー・藤田菜七子に騎乗依頼殺到中の理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ