ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    立川志らく

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    志らくさん、ブチギレwww


    no title

    所長見解:いつもやん・・・

    【【激怒】落語家・志らくさん、ブチギレの理由・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    立川志らく『グッとラック!』視聴率0%台に転落目前で、TBSに待ち受ける”地獄絵図”


    落語家・立川志らくがメインキャスターを務める新情報番組『グッとラック!』(TBS系)が予想以上の大苦戦を強いられている。


    g

     
    初日(9月30日)の視聴率は第1部(御前8時~9時55分)が2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)、第2部(午前9時55分~10時25分)が2.4%。第1部においては、『ビビット』最終回(9月27日)の3.1%にも及ばなかった。

     
    2日目(10月1日)は第1部=2.6%、第2部=1.8%と後退。

    3日目(同2日)は第1部=2.3%、第2部=1.4%とさらに下げ、第2部に至っては0%台転落も現実味を帯びてきた。


    「終了した『ビビット』の視聴率は2~3%台。
    通常、新番組となれば、最初くらいはアップするものですが、まるで注目されていないことが露呈してしまいました。
    志らくは後番組『ひるおび!』で、辛口コメンテーターとして人気が得ましたが、“朝の顔”ではやはり難しい。
    その時間帯の主たる視聴者は主婦層ですが、とてもその層に支持されるとは思えません」(テレビ誌ライター)


    『グッとラック!』に関しては志らく以外でも、キャスティングにも疑問が残るという。 

    「イケメンの国山ハセンアナはともかく、原稿読みすらまともにできない新人の若林有子アナなど論外。
    『ちゃんと研修したの?』というレベル。
    このまま何も手を打たないと、本当に視聴率0%台まで落ちてしまう可能性は十分あるでしょうね。
    そもそも志らくがMCをまかせられるのに、『ひるおび!』も続投すること自体ナンセンスな話です。
    『グッとラック!』の希少性が出ませんから」(前出・ライター)


    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_218156/

    所長見解:見ないよね・・・

    【【悲報】立川志らく『グッとラック!』視聴率0%台になりそうってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月30日にスタートしたTBS系朝の情報番組「グッとラック!」の第1部(月~金曜・前8時~9時55分)の初回平均視聴率が2・9%だったことが1日分かった。


    9月27日で終了した「ビビット」(月~金・前8時)以来、4年半ぶりに朝の情報番組を刷新。

    「ビビット」最終回の平均視聴率3・1%には届かなかった。

    なお、午前9時55分~10時25分の第2部は2・4%だった。


    g


    「ビビット」(月~金・前8時)同局系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)で辛口コメンテーターとして話題の落語家・立川志らく(56)が司会を務め、国山ハセンアナ(28)と入社1年目の若林有子アナ(23)が出演する。

    志らくは初日に「「おはようございます。TBSの朝の新情報番組『グッとラック!』司会を務めさせて頂きますのは、着物を着たハリー・ポッターでございます。よろしくお願いします」とあいさつし、「コメンテーターもたくさんいますんで。あまり私がしゃべりすぎますと、もし、東さん(東国原英夫氏)がいたら怒鳴りつけられますんで。気を付けないと」と笑わせた。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000053-sph-ent


    立川志らく
    http://hochi.news/images/2019/10/01/20191001-OHT1I50050-L.jpg


    所長見解:そうなるよな・・・
    【【悲報】立川志らくの新番組「グッとラック!」の視聴率がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    落語家の立川志らく(55)が21日、読売テレビで放送された「八方・陣内・方正の黄金列伝」に出演。
    恩人というダウンタウンへの思いを語った。

    d


    2年前からTBSの情報番組「ひるおび!」のコメンテーターを務め、今やバラエティー番組にもひっぱりだこだが、かつては、テレビという媒体を見下し、「若いころは『笑点』をバカにしまくってた」と告白。
    テレビに出ているタレントについても「所詮テレビのタレントだ、ってどっかで見下してるところがあった」と明かした。

    しかし、実際にバラエティーをやってみると、「命がけで面白いことをぶつけてくる。台本ないのに。それに気付いた時、この人たちすげえ、即興の大喜利やってる、って(思った)」と考え方がガラリと変わったという。

    今も「テレビ(バラエティー)で何やったらいいか分からない。ひな壇のあの空気が怖いし、分かんないし」と苦手意識があることを告白。
    「私がちょっと生意気なこと言ったら、大炎上したんですよ、態度がふてぶてしいとか…」と最初の頃の苦い経験を引きずっていたというが、救ってくれた“恩人”はダウンタウンだった。

    「俺、バラエティーだめだ、と思って。(その時)助けてくれたのがダウンタウンだったんです。ダウンタウンの番組に出て、私が毒吐いたら、あの2人が全部ギャグに変えてくれた。そしたら見てる人が、コイツおもしれえぞ、っていろんな番組に引っ張られた」と感謝の思いを伝えていた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/10/21/0011750843.shtml


    所長見解:ダウンタウンなんだ・・・

    【【炎上落語家】立川志らく、恩人はダウンタウンってよwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ