稲垣吾郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    稲垣、草なぎ、香取をテレビ画面で見ない日はないだろう。

    CMがほぼ切れ目なく流れているからだ。

    まず3人そろって数字選択式宝くじ「ロト&ナンバーズ」とゲーム「星のドラゴンクエスト」(スクウェア・エニックス)のCMに登場。

    さらに稲垣と香取はノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」(サントリービール)に出ている。

    草なぎと香取では「スカルプD メディカルミノキ5」(アンファー)に登場中。

    さらに単独のCMもある。

    「やっぱり飯島君は凄い。できる」と感心するのは大手芸能プロダクションの幹部だ。

    「飯島君」とは、3人と軌を一にしてジャニーズ事務所を離れた飯島三智さん(61)。

    もともとはSMAPのマネージャーで、「育ての親」とも言える存在だった。

    現在は3人が所属する芸能プロ・CULENの代表を務めている。


    t


    飯島さんの何が凄いのか? 

    「まず、SMAP時代からスポンサーに信用がある。
    仕事熱心で誠実だから。
    SMAPがCMに出た縁で知り合ったソフトバンクの孫正義会長もすっかり惚れ込み、飯島君がジャニーズ事務所から独立する際には孫会長が資金援助するんじゃないかと噂されたくらい」(同・大手芸能プロ幹部)

    2020年東京パラリンピック公式応援サポーターの契約を守り抜こうとした点でも信用を高めた。

    SMAPは解散前の2015年から大会開催までサポーターを務めるはずだったものの、16年の解散により契約が雲散霧消してしまった。

    だが、飯島さんの奔走により、3人は新たに日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーターに就いた。

    契約を反故にするのは芸能界ならずともタブーなので、飯島さんの評価は高まったのだ。

    とはいえ、信用と評価だけでは大金の絡むCMは得られない。

    「飯島君は企画力もある」(同・大手芸能プロ幹部)

    その企画力の分かりやすい具体例は、稲垣と香取の出ている「オールフリー」。

    SMAPを離れた2人については当初、行く末を案じる声も少なからずあった。

    「ジャニーズ事務所を離れて、やっていけるのか」などと言われた。

    ところが、それを逆手に取り、2018年2月から「新しく自由に」をキャッチフレーズにするCMに登場したのである。

    ジャニーズ事務所を退社し再出発したので、2人は「新しく自由に」だった。

    一方の「オールフリー」も味とパッケージを一新したばかりで、ノンアルコールでいつでも飲めるから、やはり「新しく自由に」。

    CMづくりには当初から飯島さんが深く関わったとされている。


    テレビにも手腕発揮

    では、なぜ3人はテレビ番組には出ないかというと、各局がジャニーズ事務所に配慮しているからだという。

    「ジャニーズさんのタレントが出てくれなかったら、どこも番組がつくれない。
    ジャニーズさんから圧力がかかることはないが、気分を害さないよう気を使う。
    万一、出演辞退にでも至ったら、取り返しがつきませんから。
    だから、ジャニーズ事務所の退所者や男性アイドルグループをなるべく出さない」(元民放幹部)

    一方、スポンサーは自分たちが大金を出し、CMに起用するタレントを選ぶ立場だから、芸能プロへの忖度などまずしない。

    半面、テレビ局は「そう多いとは言えないギャラでタレントに出ていただき、番組をつくらせてもらう」という立場なのだそうで、ジャニーズ事務所などの大手芸能プロへの気配りが欠かせないという。

    もっとも、テレビ出演についても飯島さんの手腕は発揮されている。

    出ていないのは東京キー局の番組で、地方では登場しているのだ。

    昨年12月には福岡のTBS系の準キー局・RKB毎日放送の街歩き番組「略してブラリク」に3人で出演している。

    「地方局は自社制作番組が少ないから、たとえジャニーズさんの機嫌を損ねようが、ほとんど影響ない」(同・元民放幹部)

    また、やはり威力を発揮したのが飯島さんの信用。

    RKB毎日放送の幹部が陣頭指揮を執り、番組の実現に向けて動いたのだが、それは飯島さんとの間に厚い信頼関係があったからだという。

    さらに、ここでも飯島さんは企画力を見せつけている。

    本来、福岡でしか視聴できない番組を、メルカリのサイトを使い、全国どこでも見られるようにしたのだ。

    その際にはメルカリの会員登録が必要だったので、同社にとっても旨味のある話だった。


    >>2に続く
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190707-00569830-shincho-ent&p=2

    所長見解:すごいんやね・・・

    【【新しい地図】 稲垣・草なぎ・香取がCMに出まくりの理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『7.2 新しい別の窓』にて、香取慎吾が「自身の子供がいらない理由」を明かす。

    友達の子供とは何十時間も遊んでいられるが…。

    2日放送の『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)でタレントの香取慎吾が自身の結婚観を語り、ネット上で反響を呼んでいる。

    k


    ■子供はあくまで友達感覚?

    番組では、香取、草彅剛、稲垣吾郎たちが結婚について本音トークを展開。

    その中の「誰が一番結婚に近いのか」をテーマで、香取は「皆さんのイメージどおりの感じだと思う」と結婚が遠いことを明かす。

    スタジオからは「子供好きだもんね?」「子供ってイメージがある」との声があがるが、「雑誌のインタビューとかでも言ってるけど、あんまり『子供』って感じはない」と子供を持つことには消極的のよう。

    何十時間も遊べるほどの子供好きではあるものの、あくまでも「友達」という感覚のようで、「その子たちは『じゃあ帰るわ!』って帰る場所があって、その子たちをちゃんと育てないといけないっていうのはちょっとない」と語った。



    ■「なんかわかる」と共感の声

    香取の発言に、ネット上ではさまざまな声が寄せられた。

    「慎吾ちゃんは子供好きやけど育てるとなるとまた別なんか~」

    「子供は好きだけどほしいという感じじゃなくて子供は友達って思っちゃうって慎吾くんいいなーそういうのいいよー」

    「よその子供だからかわいがることができるってなんかわかるわぁ」


    現時点では自身の子供はいらないと考えている香取だが、子供好きであることは確か。

    結婚して子供ができたときは「良きパパ」になりそうだが…。

    https://sirabee.com/2019/06/03/20162092837/

    https://img.sirabee.com/wp-content/uploads/2018/11/sirabee20181114katori1-768x512.jpg

    所長見解:いるの?・・・


    【【衝撃告白】香取慎吾、自分の子供について語る・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 次期『相棒』に成宮寛貴がチラリ登場!?  新相棒には再び稲垣吾郎の名が…

    テレビ朝日の看板ドラマ『相棒』が、次期シーズン18で大幅なキャスト変えを行う模様だ。

    まず分かっているのは、小料理屋『花の里』の女将(月本幸子役=鈴木杏樹)の交代。

    「殺人未遂で服役したことがある幸子を女将にしたのはユニークでよかったと思いますが…。
    結局、鈴木は水谷豊と合わなくなって降ろされたといいます」(ドラマライター)

    後任に有力視されているのが3代目相棒の甲斐亨(成宮寛貴)の恋人・笛吹悦子(真飛聖=まとぶせい)だ。

    「甲斐は、警察の捜査を逃れた犯罪者たちに制裁する〝ダークナイト〟として暗躍。
    最後は杉下右京(水谷)によって正体が暴かれ服役しました。
    悦子が『花の里』の女将になって出所を待つという設定です。
    当然、塀の中の甲斐を思うシーンがあって不思議ない。
    出所して2人で店を切り盛りするなんて案も聞こえていますよ」(テレビ朝日関係者)

    最も気になる〝新相棒〟だが、シーズン14より反町隆史が冠城亘役で登場。

    冠城は法務省のキャリア官僚からの転職で、シーズン17の最終回でも特に降板するフリはなかったが…。

    「反町と水谷の関係が良好である限りは〝そのまま〟とも一部でいわれていますが、反町が〝相棒〟になってからガクッと視聴率が落ちたのも事実。
    成宮の最終シーズンは平均視聴率が17.4%。
    それが反町になった途端、15.3%と急落。
    以後ほとんど同じ数字が続いています。
    反町は顔からして元キャリアに見えない。
    もう反町では視聴率が取れないのは分かっています」(同・関係者)

    j


    ■ 視聴率のために反町隆史リストラで稲垣吾郎起用?

    主演の水谷は常々「視聴率が15%を割ったら辞める」とドラマ終了を公言。

    毎シーズン、危険水域だ。

    「水谷の本音は、反町を切りたい。
    ただ、水谷は起用の際、『僕らは出会うべくして出会った』と反町を絶賛。
    降ろすに降ろせない。
    反町は4シーズンを務め、成宮の3シーズンを抜いた。
    5シーズン目にあたるシーズン18は降板の絶好機。
    殉職が濃厚だと思います」(同)

    となると、後任は誰か。

    「さまざまな名前が挙がっていますが、中でも『新しい地図』の稲垣吾郎が本命視されています。
    以前、水谷も打ち上げの際に名前を出していますしね。
    今やジャニーズ事務所の影響力も低下。
    今年、系列会社である朝日新聞出版の週刊誌『アエラ』が、稲垣を表紙に起用。
    ドラマ出演の伏線とみられています。
    草彅剛、香取慎吾とともに、彼ら3人はイメージのよさからCMを中心にテレビ枠を拡大中。条件もそろってきている。
    稲垣が『相棒』登場となれば、少なくとも視聴率で水谷が心配することはなくなる。
    水谷の決断待ちです」(ジャニーズライター)

    反町の続投を望むファンの声も多いようだが、何より視聴率が第一。

    非情の決断の可能性は高そうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/84300

    所長見解:おもしろそうやね・・・

    【【これは意外】人気ドラマ『相棒』 次の相棒がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■爆笑太田は「いずれ笑い話にできる日がくる」
     
    毒舌の太田光(53)が「凄く活躍してるよね」と称えた。

    元SMAPの稲垣吾郎(45)、草彅剛(44)、香取慎吾(42)とインターネットのアベマTV「7・2 新しい別の窓」でこのほど共演した際のこと。

    太田は爆笑問題の田中裕二(54)ともども、この3人のTV出演について、「(民放が)変な忖度しすぎ」と言いつつ、「地上波は全滅だけど、いずれ笑い話にできる日がくるよ。時が解決するよ」などと持論を語った。

    実際のところ、昨年公開の映画「クソ野郎と美しき世界」のほか、今年も稲垣主演作「半世界」が阪本順治監督で公開された。

    番組では「ビッグニュースがあります」とし、3人でプロデューサーを務めるスマホ用ゲーム「星のドラゴンクエスト(星ドラ)」の応援ソングの制作をスタートさせたことを発表。

    来年の東京五輪へ向け、同時開催のパラリンピックのスペシャルサポーターも務めているし、CM出演もあり、ファンミーティングも開いたりと、なるほど以前と変わらず活躍しているように見える。

    SMAPが2016年で解散した当初、ジャニーズを退所し元チーフマネジャーの飯島三智氏と独立した3人のテレビ番組は次々と打ち切られていった。

    では、今も地上波、民放キー局への出演が「全滅」なのは、ジャニーズ事務所への忖度で民放がオファーを出さないからなのだろうか。

    そしてそれは、太田の予言通り「笑い話」になる日は来るのだろうか。

    ジャニーズ担当のベテラン芸能記者はこう言う。

    「まず、凄く活躍しているように見えるのは、彼らが出演中のCMが地上波などで流れている影響だと思います。
    それは活躍といえば活躍ですけど、解散後の3人の人気が上がっているとか、何か明るい展開があったということではない。
    CMについては、SMAP時代、木村拓哉の1本推定9000万円を筆頭に、中居正広の6000万円、草彅と香取も3000万~4000万円、稲垣も2000万円はしたことがありました。
    現在、3人そろっていくらでCM契約しているのか分かりませんけど、かつてと比べるとお値打ちになっているのは間違いない。
    広告業界からは結構シビアに見られていると思いますよ」

    72


    ■「数字が取れない」

    では民放の番組への復活出演はどうか。

    実はいま、こんな話がテレビ関係者の間で流れている。

    「元SMAPの3人を民放各局が全然起用しないので、ジャニーズ事務所側から何らかの“圧力”がかかっているのではないかと公正取引委員会が注視しているという情報がある。実際、公取から事情を聴かれた編成関係者もいるとか」(事情通)

    そんな不当圧力があるとしたら大問題だが、ある民放関係者に聞くと、こう言った。

    「各局さんがどう判断しているか分かりませんが、忖度などしていません。
    オファーしないのは、単純に数字(視聴率)が見込めないから。
    解散後、3人の番組が打ち切りとなったのは数字が取れていなかったから。
    ジャニーズ所属だから続いていただけとも言え、それがなければ、もっと早く打ち切りという展開もあった。
    今の出演料だってそう安くないだろうし、こちらから頭を下げてオファーを出すところまではいっていません」

    ジャニーズの看板があろうとなかろうと、つまるところ人気と実力がすべて――。

    元SMAPといえども、例外ではないようだ。


    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/251510

    所長見解:まあな・・・

    【【新しい地図】元SMAPが地上波から消えた本当の理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元『SMAP』の3人がMCを務める『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)に、『爆笑問題』の2人が出演。

    太田光が『SMAP』の再結成について3人を問いただす場面があったが、3人は肯定も否定もしなかった。

    視聴者からは太田がちゅうちょせず3人に質問を浴びせたことを称える声が続出。

    3人の反応を見て「SMAP再結成説」も加速する形となった。

    この日の生放送で、爆笑問題の2人は稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人と72分間ノーカットでトークを繰り広げた。

    「今、(3人は)地上波全滅でしょ?」と、冗談交じりにテレビ出演の少なさをイジった太田はトークの途中、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長と初めて会ったと告白。

    ジャニー社長は温厚な人柄だったと明かした。

    自身も元ジャニーズ事務所の田原俊彦と共演していることを引き合いに、「トシちゃんとレギュラーやってて、(同事務所から)何も妨害受けたことないよ?」と強調。

    z


    ◇「またSMAPやるんでしょ?」の言葉に草彅「先のことは…」

    地上波のテレビ番組に出演しても支障はないとした太田は、「(一緒に地上波で)番組やりたいね。『新SMAPとか』」と3人を勧誘。

    3人は『SMAP』の名が出ても表情一つ変えることはなかったが、草彅は「先のことは分かりませんからね」と言葉少なめ。

    ただ、「また『SMAP』やるんでしょ?」との太田の質問に、肯定することはなかったものの、否定することもなかった。


    番組を受け、視聴者は「SMAP再結成」への期待感を口にした。

    《雰囲気的には肯定に近かった》
    《表情見ただけで何となく分かる。また5人一緒の姿が見られるって信じてもいいよってことだと感じた》
    《肯定も否定もしなかった。それだけで希望が持てる気がするよ》

    木村拓哉、中居正広は太田とのやり取りをどのような気持ちで見ていたのだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/80394


    所長見解:無理やろね・・・

    【【衝撃告白】SMAP再結成の可能性ありの件・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ