ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:稲垣吾郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAP世界へ 東京パラ五輪でブルーノ・マーズと競演計画

    t


    ジャニーズ事務所を退社した元SMAPの香取慎吾(41)と草彅剛(43)のユニット“SingTuyo”(しんつよ)が絶好調だ。
    4月30日に配信スタートした「KISS is mylife.」は、5月14日付オリコン週間デジタルシングルランキングで初登場1位を獲得した。

    「稲垣吾郎(44)を含め、元SMAPの3人はメジャーレーベルのワーナーミュージックと契約しました。
    国内のほとんどのレコード会社がジャニーズ事務所を辞めたタレントとは契約したがらない中、外資系レーベルとはいえ、ワーナーにすんなりと決まったのは少し驚きでした」(スポーツ紙芸能デスク)

    これまで、赤西仁(33)や田口淳之介(32)、田原俊彦(57)といった、“元ジャニーズ”の受け皿は、やはり外資系のユニバーサルミュージックと相場が決まっていた。

    「2001年からTOKIOがユニバーサルと契約していましたが、“売れない”という外資系らしいシビアな一言で、08年に契約打ち切りになったのです。
    それに対し、ジャニーズ側は大激怒。
    それ以降、没交渉状態だったのです」(レコード会社関係者)

    だからこそ、元ジャニーズのタレントは“駆け込み寺”のようにユニバーサルと契約してきた経緯がある。
    もっとも、このままではまずいと思ったのか、つい最近、ジャニーズ側は手を打った。
    ジャニーズから4年ぶりにデビューする「King&Prince」の第1弾は5月23日にユニバーサルからリリースされる。
    事務所イチ押しのグループのデビュー曲がヒットするのは確実だ。


    ■海外アーティストにとってはステータス

    こうした動きを察知したのか、今回、元SMAPの3人が契約したのはワーナーだった。

    「ワーナーとは山下智久が契約しており、ジャニーズ側には“忖度”が働くという計算があったはずです。
    ところが、元SMAPとあっさり手を組んだため、驚いているはずです」(芸能ジャーナリストの浅見麟氏)

    ワーナーにはSMAPが所属していたレコード会社ビクターエンタテインメントから担当者が移籍した。
    プロモーションに力を入れる背景には、大いなる野望が秘められているという。

    「ワーナーが元SMAPの3人を迎え入れたのは、20年に行われる東京パラ五輪を見越してのことといわれています。
    解散後、初めて3人がファンの前で歌ったのも、パラスポーツのイベントでした。
    それくらい、彼らと東京パラ五輪の距離は近い。
    ワーナーは東京パラ五輪に世界的に活躍する自前の契約歌手を送り込んで“競演”させる準備をしているといわれています」(前出のレコード会社関係者)

    東京パラ五輪で元SMAPと超スター歌手のコラボ計画が水面下で進んでいるとすれば、驚くばかりだ。

    「過去にマイケル・ジャクソンがノーギャラでもいいからシドニーパラ五輪に出演したがっていたのは有名な話です。
    チャリティー精神が強い海外のアーティストにとって、パラ五輪の出演はステータスなのです。
    ワーナーの看板歌手であり、親日家でもあるエド・シーランや、グラミー賞を独占したブルーノ・マーズと元SMAP3人のコラボは十分にあり得る話です」(前出の浅見麟氏)

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ブルーノ・マーズとのコラボも夢じゃない(C)ロイター=共同
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/229455


    所長見解:どうなるかね・・・

    【【衝撃情報】元SMAP世界へ  ブルーノ・マーズと競演計画 ←これwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月25日夕刻、NHKがTOKIOの山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検されたと報道(のちに起訴猶予処分)。

    以降、テレビ局は連日にわたって山口に関する報道を続けていたが、一部メディアを除いて「山口達也メンバー」という呼び方で一貫している。
    山口が会見を開いた4月26日のニュース番組『news every.』(日本テレビ系)では、藤井貴彦アナウンサーが「メンバー」という呼称について説明した。

    「日本テレビでは刑事事件で逮捕された人物には容疑者の呼称を使います。
    一方、逮捕まではされず書類送検された著名人については、実名に肩書きをつけて報じることにしているため、今回、山口メンバーとしました」

    この説明について、テレビ局関係者が語る。

    「山口が所属するジャニーズ事務所に配慮しているわけではない、と言いたげな説明と感じた視聴者も多かったのではないか。
    『メンバー』表記について触れるとき、17年前の2001年に遡らなければなりません。

    当時SMAPの稲垣吾郎が道路交通法違反と公務執行妨害で逮捕された時、各局が苦肉の策で生み出した『稲垣メンバー』という呼び方が今回も役立ったというわけです」(テレビ局関係者)

    g


    ツイッターなどのSNSが普及していなかった17年前と比べ、テレビ局側も視聴者の声に敏感にならざるを得ず、『news every.』のような説明をしたようだ。
    しかし、山口メンバーという呼び方の違和感は変わらない。
    呼び方自体は同じだが、17年前の「稲垣メンバー」と今回の「山口メンバー」では、テレビ局の対応が異なっているという。

    「山口に対しては、同情する意見を述べるコメンテーターもいますが、事件が事件だけあって、教育評論家の尾木直樹のように『高校生なんて一番ダメでしょ』と厳しいコメントをする人もいます。
    稲垣の時は、どの局も明らかに事を荒立てないようにしていました。

    当時、『やじうまワイド』(テレビ朝日系)のレギュラーだった芸能レポーターの梨元勝さん(故人)は局から『稲垣に関する論評をしないように』と要求されたことに怒り、番組を降板する事態にまで発展しました。
    これでテレ朝のジャニーズに対する配慮が明らかになりました。

    事件の質が違うため、一概には比較できませんが、当時及び腰だったテレビ局の体質を考えれば、随分変わったなと思います。
    ジャニーズはいまだに大手マスコミを押さえつければ世論を封じられると考えているようなフシがありますが、今の時代、テレビ局はネットの声を無視することはできなくなりました」(前出と別のテレビ局関係者)

    そうした背景も、テレビ局の変化に影響しているのかもしれない。(文=編集部)


    Business Journal 
    https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_439631/

    所長見解:稲垣メンバー・・・

    【【ジャニーズ事務所】山口メンバー事件と稲垣メンバー逮捕の裏事情がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)が6日、都内で行われた宝くじ「ロト・ナンバーズ」新CMキャラクター発表会にそろって出席。

    元の所属であるジャニーズ事務所の後輩にあたるTOKIOの山口達也(46)が女子高生に無理やりキスをするなどして、強制わいせつの容疑で書類送検(のち起訴猶予)され、無期限活動休止となった騒動について言及した。

    代表質問の最後に、世間を賑わせている騒動について聞かれた3人。
    香取が代表して答える形で「そうですね。あの…応援してくださっている、ファンの皆さんが、きっとちょっと下を向いてしまっている時だと思うので、ファンの方々が上を向いて笑顔になれるように皆さんに頑張ってほしいです」と言葉を選びながら答えた。

    イベントは、3人がジャニーズ事務所退所後、初めてそろって出演することが決まった「ロト・ナンバーズ」の新キャラクターのお披露目の場。
    CMの撮影秘話や、ロト7の1等最高賞金(キャリーオーバー発生時)である10億円が当たった時の夢などについて語った。

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/06/kiji/20180506s00041000357000c.html

    no title


    所長見解:言いにくいよね・・・

    【【先輩後輩】香取慎吾 山口達也の騒動に言及の結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「山口メンバー」という言葉に違和感を覚えながら、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)の騒動を見ている人も多いだろう。

    ○○メンバーは17年前に、稲垣吾郎が道路交通法違反と公務執行妨害で逮捕(不起訴)された時に「稲垣容疑者」「稲垣被疑者」と言わないようにするためにひねり出された呼び方。テレビをはじめとする多くのメディアによる「稲垣メンバー」の“大合唱”は失笑を買ったが、これは「忖度」と騒いでいるメディアのジャニーズ事務所への究極の“忖度報道”だった。

    g


    当時、SMAPを擁するジャニーズ事務所は隆盛を誇り、芸能界における“1強”時代に向けてまい進中、盾突くことができない時代だ。
    稲垣の会見の時は、CULENを設立して元SMAPをマネジメントする飯島三智代表が仕切って睨みを利かせていた。
    飯島代表にしてみれば、「あの時と同じ手法?」という思いに違いない。


    稲垣と山口を比べてみると……。

    稲垣は現行犯逮捕で逃亡の恐れがないことから2日後に釈放されたが、普通なら「容疑者」「被疑者」。
    一方の山口は逮捕はされず、相手と示談が成立、書類送検された後(起訴の可能性も低い)。
    山口とか山口さんと言うのも嫌か変だから「山口メンバー」になったのかもしれない。
    ただ、響きとしては逮捕された「稲垣メンバー」みたいな印象が強い。

    言ってみれば、SMAPの“置き土産”のメンバー呼ばわり。
    メディアの忖度は弱まったにせよ行き届いている点はかつてと同じか。


    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/228211/1


    所長見解:稲垣メンバー・・・
    【【山口メンバー】ジャニーズへの忖度報道の原点がコチラwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元SMAPの稲垣吾郎(44)、草ナギ剛(43)、香取慎吾(41)が出演する映画「クソ野郎と美しき世界」が動員15万人を突破したことが14日、発表された。

    同作はタイトルにかけ6日に全国86(野郎)館、19日までの2週間限定で公開されたが、13日までの8日間で16万1458人を動員。
    公開初日の目標に掲げた動員15万人を早くも突破した。

    k


    初日舞台あいさつで、香取は「15万人いかなかった時はどういう顔をすればいいのか…」、草なぎも「行かなかったらかっこ悪いクソ野郎だけど、格好いいクソ野郎になりたい」と願っていたが、わずか8日間で目標を達成。

    稲垣は「皆さんと一緒につくった記念すべき僕たちの『新しい地図MOVIE』がすばらしいスタートを切ることができました。応援、ありがとうございます」。

    草なぎは「こんなにも早く15万人を突破できたことに正直驚いています。これも多くの皆さんが映画館に足を運んでくださったおかげです。またこのメンバーで楽しいことができたらいいなと思います」。

    香取は「カッコいいクソ野郎になれました! 皆さんと作った、美しき世界に、NAKAMAに、心から感謝です! ありがとう世界!」とコメントした。


    4本の短編を爆笑問題の太田光(52)ら4人の監督が演出するオムニバス作品。
    3人の公式ファンサイト「新しい地図」が製作を手掛け、昨年9月にジャニーズ事務所を退社後、3人がそろって映画に出演するのは初めてで、注目を集めていた。
    ホームページで連日、動員数を公開している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000157-sph-ent


    所長見解:よかったね・・・
    【【新しい地図】稲垣、草なぎ、香取出演映画「クソ野郎と美しき世界」が動員15万人突破ってよwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ