移籍

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨季限りで阪神を退団した鳥谷敬内野手(38)が、ロッテと入団交渉を行い、合意したことが9日、分かった。

    10日に発表される。

    鳥谷は昨季、阪神から“引退勧告”を受けたが、現役続行を選択して他球団移籍の道を模索。

    一方ロッテは数カ月間に渡って獲得調査を続け、経験豊富な遊撃手がいないチーム状況も踏まえ、虎のレジェンドの力が必要と判断。

    3月上旬という異例のタイミングで獲得を決めた。


    r


    鳥谷の新天地がついに決まった。

    水面下で獲得調査を続けていたロッテがこの日までに獲得オファーを出し、入団交渉が合意に達した。

    10日に発表される。

    一般的なチーム編成のタイミングは過ぎ去り、2月のキャンプ期間も終了。

    3月も中旬に差し掛かろうかという異例のタイミングで、スタープレーヤーの現役続行が決まった。


    ロッテは当初から鳥谷の動向をチェックする複数球団の1つとして注目されてきた。

    井口監督と鳥谷が長年1月沖縄自主トレを共にしていた縁もあり、昨年10月中旬には指揮官が実際に「これからそういう(鳥谷の)話も出てくると思う」と公言したこともあった。

    一方で、球団はすでに名球会入りしているレジェンドが若返りを進めるチームにフィットするかどうか、慎重に調査を続けてきた。


    遊撃候補を見れば、レギュラー筆頭候補の藤岡は昨季、右太もも痛など故障に泣き81試合出場どまり。

    平沢は昨季痛めた右肘が完治しないまま2軍キャンプスタート。

    昨季89試合出場のユーティリティー三木も昨年10月に右膝を手術し、まだ2軍調整中だ。

    ドラフト5位福田光が2月から実戦でアピールを続けているとはいえ、選手層に不安が残る。

    そこで鉄人としても知られるベテランに白羽の矢が立った。


    鳥谷は阪神退団後のオフも「まだ終われない」と現役続行に強い意欲を示し、例年通りハードなトレーニングを継続。

    1月はハワイで体をいじめ抜き、無所属のまま迎えた2月のキャンプ期間中も鳥取市内のトレーニング施設「ワールドウィング」などで地道に体を鍛え続けていた。

    ロッテは戦力としてはもちろん、球界屈指の練習量を誇る姿勢も若手に好影響を与えると判断した可能性が高い。

    年俸は1軍最低保証の1600万円クラスとみられる。

    ポジションや1軍の確約は一切ない。

    ライバルとの勝負に勝てばプレーできるが、敗れれば2軍生活が続く可能性もある。

    シンプルな構図は望むところだ。

    「もう1度、勝負したい。それだけ」。

    覚悟を決めていた鳥谷に、新たな舞台が用意される。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-23090915-nksports-base

    所長見解:よかったやん・・・



    【【朗報】鳥谷、ロッテってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    サッカーJ1のセレッソ大阪が、スペインでプレーする乾貴士(エイバル)と香川真司(サラゴサ)を今夏にも獲得する意思であることが報じられた。

    2人はセレッソ出身で、チームは2人が所属していた時につけていた背番号を空けて受け入れ態勢が整っているという。

    2人とも現所属チームとの契約を残しているため、獲得するには移籍金を支払わなければならない。

    「セレッソはそれを承知の上で獲得を目指しています。
    香川は現在2部リーグのサラゴサに所属しているので、日本に復帰する可能性は十分あるでしょう。
    一方、乾はエイバルに復帰しチームの中で自分の立ち位置をなんとか作り出していますが、チームが下位に沈んでいるため、2部に降格すればセレッソ移籍もありそうです」(スポーツ紙記者)
     

    ただ、乾に関しては別の問題もある。

    タレントの木下優樹菜との間に降ってわいた不貞疑惑だ。

    2人がインスタグラムで投稿した文章が、縦読みすると相手へのラブメッセージになると指摘されている。

    n


    スペインで女性週刊誌記者の直撃を受けた乾は、木下を仲のいい友人の1人とするも、不貞関係は否定した。
     
    騒動そのものは沈静化しておらず、もし乾が日本に帰ってくるとなれば、マスコミの追及を受けることは避けられそうにない。

    「それを嫌って日本復帰をあきらめるのではないかという見方もあります。
    ただし、好感度が仕事に直結するタレントと違い、スポーツ選手は実力さえあれば問題なく試合に出られる。
    マスコミの攻撃を気にしなければいいだけです」(前出・スポーツ紙記者)
     

    乾貴士は日本に復帰するのか。

    カギを握るのは木下優樹菜ということはないはずだ。


    https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12277-557623/ 

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【たかし速報】乾貴士、Jリーグ復帰ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨季限りで阪神を退団した鳥谷敬内野手(38)が移籍先を決められないまま、キャンプイン前日の31日を迎えた。

    関係者の話を総合すると、オフから獲得調査を進める球団はあったものの、正式オファーには至っていない。

    t


    鳥谷は昨年末にテレビ出演した際に「待っている状況。
    声がかからなかったら辞める、という感じですね」と話す一方、「まだ体が元気なので。
    元気なうちはやりたいという思いはある」と現役への未練を明かした。

    年明けも米ハワイで自主トレを行うなど、新天地が決まった場合に向けて体づくりは続けている。


    今後も関西を中心に単独でトレーニングし、オファーを待つとみられるが、現時点では独立リーグ、海外でのプレーは視野に入れていない。

    球団歴代最多の2085安打を放ったレジェンドだが、現役続行は極めて厳しい状況だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-01310291-sph-base


    http://npb.jp/bis/players/21925119.html
    成績

    所長見解:いけそうやけどな・・・
    【【悲報】元阪神・鳥谷敬選手、引退の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    鳥谷級スター現れるまで…阪神、背番号「1」準永久欠番に 

    16年間「球団の顔」に敬意

    今季限りで阪神を退団する鳥谷
     
    阪神が、退団が決まっている鳥谷敬内野手(38)が付けてきた背番号1を当面は空き番号とする方針であることが14日、分かった。

    プロ野球歴代2位の1939試合連続出場、球団史上最多安打記録などの輝かしい実績とチームへの多大な貢献に敬意を表し、ふさわしい選手が現れるまでは“準永久欠番”扱いとする方向。

     
    近年、聖地・甲子園球場のショートストップには、常に「内野の華」が咲いていた。

    いつもそこには「1」がいた。

    その軽快かつ華麗なプレーに、どれだけのファンが酔いしれたことだろうか。

    16年間の長きにわたって、阪神の背番号1と言えば、「球団の顔」と言えば、鳥谷だった。

     
    その鳥谷が13日の終戦をもって、タテジマのユニホームに別れを告げた。

    来季からは「1」を背負う選手がいなくなる。

    それなら違う選手が背負えばいい……とはいかない。

    では誰が背負えるというのか。

    今はあまりにも鳥谷のイメージが強い。

    受け継ぐ選手には相応の「実力」と「格」が必要となり、背番号が人を選んでしまう。

    そこで、球団幹部が方針を示した。

     
    「背番号1にふさわしい選手が出てくるまでは、空き番号になると思います」


    1


    プロ野球史上2位の1939試合連続出場を筆頭に、同4位の667試合連続フルイニング出場、同15人目の1000四球到達、球団史上最多2085安打など、その実績を数え上げれば、キリがない。

    それらの数字を、心身の負担が大きい遊撃手というポジションで打ち立てた。

    まさに阪神では球団史上最高の遊撃手と言える。

    その鳥谷が背負い続けた「1」は、やすやすと次の選手に引き継げるものではない。

    だから球団は暫定的に空き番号とする方針を固め、“準永久欠番”とも言える扱いで、後継者の出現を待つ構えだ。

     
    阪神では過去、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番とされている。

    いずれも生え抜きスターたちの番号だ。

    加えて金本知憲前監督が現役、監督時代を通じて背負った「6」も現在は“準永久欠番”の扱いで空き番号とされている。

    長らく「球団の顔」を担った鳥谷の「1」も当面、「6」と同等の扱いとなる見込みだ。

     
    たとえ来季から他球団でプレーすることになっても、「阪神・鳥谷」の実績に対する敬意と、背番号1の重みに変わりはない。

    新たなスターが現れるその日まで、「1」は、しばしの眠りにつく。

     
    ▽阪神の背番号「1」 

    球団初年度の1936年からの番号で、伊賀上の2度(良平→潤伍に改名)を含む延べ20人が使用。
    ポジションの内訳は投手5、内野手10、外野手3、監督とコーチが各1。
    最長は鳥谷の16年間。
    ちなみに初代の伊賀上は名前の「いろは順」で決まり、コーチで復帰した際にも使用した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000078-spnannex-base

    所長見解:クビにすんなよな・・・

    【【朗報】阪神、鳥谷の背番号「1」準永久欠番ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5年ぶりのリーグ優勝を果たした読売ジャイアンツ。

    昨年オフには丸佳浩、炭谷銀仁朗を獲得するなど積極的に他球団から戦力を補強したが、このオフもその流れが続くかに注目が集まっている。

    そんななか、獲得が噂されているのが今年8月にFA権を取得したバレンティン(ヤクルト)だ。

    現時点では、FA権を行使するかどうかは不透明な状況だが、仮に行使した場合は「日本人扱い」になるということもあって、複数球団が獲得に向けて調査を進めることは間違いない。

    果たして、巨人はバレンティンを獲るべきなのか。

    現在のバレンティンの状態、過去に巨人入りした外国人選手の成績などから検証してみたい。

    b


    まず改めてバレンティンのこれまでの成績を振り返ってみると、来日9年間で957安打、287本塁打、760打点、打率.273という数字となる(9月16日終了時点)。

    2015年は左脚太ももの故障でわずか15試合の出場に終わったものの、その他の8年間は全て30本塁打をクリア。

    2013年には日本記録となるシーズン60本塁打を放ち、3度のホームラン王と1度の打点王に輝いている。

    シーズン30本塁打8回は、NPBの外国人選手で歴代1位の記録である。

    今シーズンも下位に低迷するチームにあって30本塁打、90打点をクリアしており、その打力はまだまだ健在と考えられるだろう。


    獲得する価値は…

    また、過去20年にNPBの他球団から巨人に移籍した外国人野手の移籍前年、移籍1年目の成績をまとめると下記の通りとなった(年齢は移籍1年目の満年齢)。


    マルティネス(移籍時:34歳)
    移籍前年:133試合 139安打 30本塁打 95打点 4盗塁 打率.283
    移籍1年目:83試合 85安打 16本塁打 56打点 1盗塁 打率.324


    ペタジーニ(移籍時:32歳)
    移籍前年:131試合 146安打 41本塁打 94打点 0盗塁 打率.322
    移籍1年目:100試合 107安打 34本塁打 81打点 1盗塁 打率.323


    ローズ(移籍時:36歳)
    移籍前年:138試合 140安打 51本塁打 117打点 7盗塁 打率.276
    移籍1年目:134試合 150安打 45本塁打 99打点 3盗塁 打率.287


    イ・スンヨプ(移籍時:30歳)
    移籍前年:117試合 106安打 30本塁打 82打点 5盗塁 打率.260
    移籍1年目:143試合 169安打 41本塁打 108打点 5盗塁 打率.323


    ラミレス(移籍時:34歳)
    移籍前年:144試合 204安打 29本塁打 122打点 0盗塁 打率.343
    移籍1年目:144試合 175安打 45本塁打 125打点 1盗塁 打率.319


    クルーズ(移籍時:32歳)
    移籍前年:133試合 128安打 16本塁打 73打点 0盗塁 打率.255
    移籍1年目:81試合 75安打 11本塁打 37打点 0盗塁 打率.252


    ゲレーロ(移籍時:32歳)
    移籍前年:130試合 131安打 35本塁打 86打点 1盗塁 打率.279
    移籍1年目:82試合 70安打 15本塁打 40打点 2盗塁 打率.244


    ローズ、イ・スンヨプ、ラミレスが大成功といえ、ペタジーニも悪くない数字を残している。

    これを見ると補強の成功率は決して悪くないといえるだろう。

    それを考えると、巨人がバレンティンを獲得する価値は十分にあると考えられるが、話はそう簡単ではない。


    一つは年齢的な問題である。

    バレンティンは来シーズンで36歳を迎える。

    過去に移籍してきた選手を見るとローズが同じ年齢だが、その他は30台前半と油が乗り切っている時期だったことを考えると不安は否めない。

    長期離脱をしたのは2015年だけだが、細かい故障を繰り返している。

    特に左太もも、左ひざの状態が慢性的に良くないというのは大きな不安材料といえるだろう。

    もう一つは守備の問題だ。

    昨年までの8年間で外野手として3度リーグ最多の失策数を記録しており、今シーズンも現時点でワーストの6失策を喫している。

    昨年はファースト転向を検討されたが、外野以上に適性がないと判断され、すぐに断念となった。

    東京ドームの外野は、他球場に比べて広くないとはいえ、守備に難があるバレンティンを起用し続けるのは巨人にとっても勇気がいる決断となるだろう。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17123907/

    http://npb.jp/bis/players/13315133.html
    成績
    所長見解:守備な・・・

    【【プロ野球】巨人は「バレンティン」をFAで本当に獲得すべきか問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ