移籍

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    藤浪、パリーグにトレードか


    f


    復活が待たれる阪神・藤浪晋太郎は依然として他球団の評価が高い。

    高卒1年目から3年連続2ケタ勝利とエース格として稼働したが、制球難に悩まされて投球フォームを崩すと、その後の17~20年の4年間で計9勝のみ。


    今年はオープン戦で快投を続け、プロ9年目で自身初の開幕投手に抜擢されたが、制球が不安定で4月下旬に登録抹消された。

    その後は救援に配置転換されたが結果を残せず、9月に登録抹消されて以降はファーム暮らし。

    21試合登板で3勝3敗4ホールド、防御率5.21と不本意な結果に終わった。



    「パリーグの複数球団が調査していると聞いています。
    藤浪は巨人からロッテに移籍して輝きを取り戻した沢村拓一(レッドソックス)と重なる部分があります。
    制球難は技術的な問題が当然あると思いますが、精神的な部分も影響しているように感じます。
    環境を変えることで劇的に変わる可能性がある。
    あれだけのスピードボールを投げられる投手はなかなかいない。
    同期入団の大谷翔平(エンゼルス)に引けを取らない潜在能力を秘めているので、このまま伸び悩むのは惜しい」(スポーツ紙デスク)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/1ec83dbc8b426fa96f8387358c5f54b1c468315d
    所長見解:せやな・・・

    【【悲報】阪神・藤浪晋太郎、パリーグにトレードってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大谷翔平、推定年棒は5年で274億円…ヤンキースが獲得に動くも「札束移籍よりエンゼルス愛!」の男気


    s

     
    もはや、この男に「限界」という文字は存在しないのかもしれない。

    日本時間8月19日、タイガース戦に投打の二刀流で出場した大谷翔平(27)は、渡米後の最長となる8回を投げ、6安打1失点で8勝めを飾った。

    打っても、8回表には試合を決定づける豪快な一発を放ち、日本人初となる40号を記録した。

    「後半戦では、6試合連続でクオリティスタート(6回以上を自責点3以下)を達成するなど、投手としても安定感が増しています。
    8月は、投打で月間MVPを獲れるかもしれません。
    まさに、前代未聞です」(スポーツ紙記者)

     
    だが、大谷の異次元の活躍を手放しで喜んではいられないのが、エンゼルス首脳陣だ。

    ロス在住の記者が解説する。

    「問題となるのが、2023年以降の彼の年俸です。
    現在大谷は、ルーキー外国人選手を対象とするMLBの規定に従って、2年で総額約9億3000万円という格安の契約を結んでいます。
    しかし、2022年オフには制限なしの年俸調停権を再取得するし、2023年にはFA権を獲得します。
    エンゼルスが大谷を引き留めるためには、2022年オフに再契約をする必要があるんです」

     
    大谷は、球団にとって必要不可欠な看板選手。

    すでに水面下で、腹の探り合いが始まっているという。

    「大谷の代理人、ネズ・バレロと下交渉を始めたようです。
    しかし米スポーツ専門局のESPNは、大谷の年俸を『5年総額約274億円』と見積もっています。
    エンゼルスはすでにマイク・トラウトやアンソニー・レンドンと大型契約をしており、大谷と契約を結ぶとなると、この3選手の年俸だけで毎年130億円以上支払う必要が出てきます」(同前)

     
    そこでエンゼルスは、大谷のために “節約” を始めているという。

    「年俸約33億円のアルバート・プホルスをドジャースに、左腕エースで年俸約7億円のアンドルー・ヒーニーをヤンキースに出して経費削減をおこないました。
    年俸約25億円のジャスティン・アップトンも放出を検討中です。
    それだけ大谷が必要なんだと、誠意を見せているわけです」(同前)

     
    しかし、他球団も黙ってはいない。

    大谷争奪戦に確実に参戦するのは、ずばり “金満球団” のヤンキースだ。

    ニューヨーク在住の記者が語る。

    「大谷がメジャー挑戦を表明した際、ヤンキースは二刀流に懐疑的で、獲得に積極的でありませんでした。
    ヤ軍のファンも同意見で、獲れなくても惜しむ声は出てこなかった。
    ところが今では『なぜあのとき獲らなかった! 今度FAになったら絶対獲れ』という意見が圧倒的です。
    それはヤ軍首脳も同じで、『ベーブ・ルースと同じように、歴史を変える選手は名門ヤンキースにいるべきだ』と考えているんです。
    エンゼルスでは太刀打ちできない札束攻勢を仕掛けてくるのは間違いないです」

     
    だが、前出のロス在住の記者は「それでも大谷はエンゼルスに残る」と予想する。

    「そもそも大谷にはチームを選ぶうえで複数の条件がありました。
    それは『二刀流を認めてくれること』『本拠地は気候が安定している西海岸』『野球に集中するため、大都会ではない中規模都市』そして、『チームに早く溶け込むために、日本人選手がいないこと』。
    この条件を満たしていたのがエンゼルスであり、逆にヤ軍はほぼ当てはまりません。

    そして最大の理由は、エンゼルス愛ですよ。
    大谷は、なぜメジャーで野球をするのか。
    彼は常に大好きな野球をいかに楽しくやるかだけを考えています。
    お金もチームブランドも二の次です。

    エンゼルスではソーシアとマドンという偉大な監督のもとで、自分のやりたいようにやらせてもらっている。
    チームメイトも大谷を受け入れ、サポートしてくれています。
    大谷にとって、エンゼルスはファミリー。
    私はヤ軍の札束攻勢より、チーム愛を選ぶと思います」


    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210824-00010001-flash-000-11-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b12835c3647caee07b4436bf7ab14ef3fcbc11bf
    所長見解:すごいな・・・

    【【ヤンキース移籍】大谷翔平、推定年棒は5年で274億円ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h


    日本ハムの中田翔内野手(32)が巨人に移籍することが20日、分かった。

    中田は4日に行われたDeNAとのエキシビションマッチの試合前にベンチ裏で同僚1人に暴行し、11日に球団から1、2軍の全試合の出場停止処分を科された。

     
    今回の暴行問題について、日本ハムの栗山監督は「時間は凄くかかる。
    今すぐ“はい、どうぞ”と何もなかったように戻れるという話ではない」と今季中のチームでの1軍復帰を否定し、さらに「正直、このチーム(での復帰)は難しいと思っている」と退団の可能性も示していた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d38c3c5fdf6ece0a856a58f0289e8eba52aa8091
    所長見解:原やったら・・・


    【【速報】日本ハム・中田翔が巨人に移籍ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨季限りで阪神を退団した鳥谷敬内野手(38)が、ロッテと入団交渉を行い、合意したことが9日、分かった。

    10日に発表される。

    鳥谷は昨季、阪神から“引退勧告”を受けたが、現役続行を選択して他球団移籍の道を模索。

    一方ロッテは数カ月間に渡って獲得調査を続け、経験豊富な遊撃手がいないチーム状況も踏まえ、虎のレジェンドの力が必要と判断。

    3月上旬という異例のタイミングで獲得を決めた。


    r


    鳥谷の新天地がついに決まった。

    水面下で獲得調査を続けていたロッテがこの日までに獲得オファーを出し、入団交渉が合意に達した。

    10日に発表される。

    一般的なチーム編成のタイミングは過ぎ去り、2月のキャンプ期間も終了。

    3月も中旬に差し掛かろうかという異例のタイミングで、スタープレーヤーの現役続行が決まった。


    ロッテは当初から鳥谷の動向をチェックする複数球団の1つとして注目されてきた。

    井口監督と鳥谷が長年1月沖縄自主トレを共にしていた縁もあり、昨年10月中旬には指揮官が実際に「これからそういう(鳥谷の)話も出てくると思う」と公言したこともあった。

    一方で、球団はすでに名球会入りしているレジェンドが若返りを進めるチームにフィットするかどうか、慎重に調査を続けてきた。


    遊撃候補を見れば、レギュラー筆頭候補の藤岡は昨季、右太もも痛など故障に泣き81試合出場どまり。

    平沢は昨季痛めた右肘が完治しないまま2軍キャンプスタート。

    昨季89試合出場のユーティリティー三木も昨年10月に右膝を手術し、まだ2軍調整中だ。

    ドラフト5位福田光が2月から実戦でアピールを続けているとはいえ、選手層に不安が残る。

    そこで鉄人としても知られるベテランに白羽の矢が立った。


    鳥谷は阪神退団後のオフも「まだ終われない」と現役続行に強い意欲を示し、例年通りハードなトレーニングを継続。

    1月はハワイで体をいじめ抜き、無所属のまま迎えた2月のキャンプ期間中も鳥取市内のトレーニング施設「ワールドウィング」などで地道に体を鍛え続けていた。

    ロッテは戦力としてはもちろん、球界屈指の練習量を誇る姿勢も若手に好影響を与えると判断した可能性が高い。

    年俸は1軍最低保証の1600万円クラスとみられる。

    ポジションや1軍の確約は一切ない。

    ライバルとの勝負に勝てばプレーできるが、敗れれば2軍生活が続く可能性もある。

    シンプルな構図は望むところだ。

    「もう1度、勝負したい。それだけ」。

    覚悟を決めていた鳥谷に、新たな舞台が用意される。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-23090915-nksports-base

    所長見解:よかったやん・・・



    【【朗報】鳥谷、ロッテってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    サッカーJ1のセレッソ大阪が、スペインでプレーする乾貴士(エイバル)と香川真司(サラゴサ)を今夏にも獲得する意思であることが報じられた。

    2人はセレッソ出身で、チームは2人が所属していた時につけていた背番号を空けて受け入れ態勢が整っているという。

    2人とも現所属チームとの契約を残しているため、獲得するには移籍金を支払わなければならない。

    「セレッソはそれを承知の上で獲得を目指しています。
    香川は現在2部リーグのサラゴサに所属しているので、日本に復帰する可能性は十分あるでしょう。
    一方、乾はエイバルに復帰しチームの中で自分の立ち位置をなんとか作り出していますが、チームが下位に沈んでいるため、2部に降格すればセレッソ移籍もありそうです」(スポーツ紙記者)
     

    ただ、乾に関しては別の問題もある。

    タレントの木下優樹菜との間に降ってわいた不貞疑惑だ。

    2人がインスタグラムで投稿した文章が、縦読みすると相手へのラブメッセージになると指摘されている。

    n


    スペインで女性週刊誌記者の直撃を受けた乾は、木下を仲のいい友人の1人とするも、不貞関係は否定した。
     
    騒動そのものは沈静化しておらず、もし乾が日本に帰ってくるとなれば、マスコミの追及を受けることは避けられそうにない。

    「それを嫌って日本復帰をあきらめるのではないかという見方もあります。
    ただし、好感度が仕事に直結するタレントと違い、スポーツ選手は実力さえあれば問題なく試合に出られる。
    マスコミの攻撃を気にしなければいいだけです」(前出・スポーツ紙記者)
     

    乾貴士は日本に復帰するのか。

    カギを握るのは木下優樹菜ということはないはずだ。


    https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12277-557623/ 

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【たかし速報】乾貴士、Jリーグ復帰ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ