ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    福山雅治

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「菅田さんはドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)で狂気的な高校教師役を熱演して若手俳優ナンバー1の地位を確立しただけでなく、ミュージシャンとしての評価も非常に高いんです。

    レコード会社との契約金は近年では異例といえる年間1億円だと聞きました。

    これはCDが売れず不況が叫ばれている昨今の音楽業界では破格の金額です。

    米津玄師さん(28)がプロデュースした新曲『まちがいさがし』も好評で、早くも年末の賞レースと『紅白』出場が確実視されています」(音楽関係者)


    今年デビュー10周年を迎えた菅田将暉(26)の勢いが止まらない。

    俳優やミュージシャンなど、多方面で活躍している。

    「最近はより本格的に音楽にのめり込み、寝る前にギターを弾いてリラックス。
    オフの日はギター片手に曲作りに没頭しています。
    プライベートでも親交のある米津さんや、カラオケの定番曲となった『さよならエレジー』を作詞・作曲してもらった石崎ひゅーいさん(35)など、アーティスト系の仲間と頻繁に飲みに行っては朝まで音楽の話で盛り上がっているそうです」(前出・音楽関係者)

    そんな菅田のプライベートを本誌が目撃したのは、仕事終わりの夕暮れ時。

    多忙の合間を縫ってマネージャーらしき女性と向かったのは、都内のガラス張りのおしゃれな眼鏡店だった。

    ファッショナブルな眼鏡やサングラスを何点も試着し、気に入ったものを購入。

    そのまま自宅へと帰っていった。

    菅田の大ブレークに、あのスターを思い浮かべる人が多いと語るのは、プロダクション関係者。

    「俳優としてシリアスな演技から三枚目までこなし、代表作がある。
    また、音楽でもアップテンポからバラードまで歌い上げる。
    そのため菅田さんを“福山雅治の再来”と評価している業界関係者は少なくありません」

    f


    実際、菅田はデビュー当時から福山雅治(50)に憧れていた。

    「8年前の菅田さんの写真集『DA-SU』の撮影は福山さんの故郷・長崎でした。
    『今度は福山さんゆかりの場所に行ってみたい!』と口にしていましたね。
    菅田さんは幼少期からずっと福山さんの曲を聴き、福山さんのドラマを見て育ったそうです。
    3年前、福山さんと月9『ラヴソング』(フジテレビ系)で初共演できたときは大変な喜びようでした」(仕事関係者)

    慕ってくる菅田を福山もかわいがり、さまざまなアドバイスをしているという。

    「福山さんはTシャツやタオルなどのツアーグッズも自ら積極的にプロデュースするんです。
    男性用下着やお風呂掃除セットなど、他のアーティストなら絶対に作らないものまで手がけています。
    菅田さんも自ら洋服を制作したりデザインするのが大好き。
    福山さんのそうしたこだわりを聞いて、“アーティストはファンのためにグッズ作りに深く関わるべき”と、自身のライブのグッズ作りに意欲を注ぐようになったそうです」(レコード会社関係者)

    テレビウォッチャーの桧山珠美さんは言う

    「俳優業、歌手業に加えて2人に共通するのは“ラジオ愛”でしょうか。
    菅田さんの『オールナイトニッポン』を聴くと関西人なのでノリがよく、取りつくろわず本音を話すところも好感が持てます。
    福山さんもかつてリスナーの“兄貴的存在”として君臨。
    菅田さんもそうなると確信しています」

    昨年3月、2人は民放ラジオ101局特別番組で共演。

    菅田が自らの音楽知識や技術が乏しいと嘆息し、「(音楽)やっていいのかなっていうのが正直あったんですよ、いまだにそれはあるんですけど」と打ち明けると、
    福山は「お芝居があります、そしてCM、ラジオにも出演させていただいて、歌もやる」と菅田と自分の共通点をあげ、「ちょっと俺の領域の仕事取らないでっていうふうに思いながら。
    まぁ年齢も違うから食い合い、潰し合うみたいなことはないだろう」と笑いながら菅田を強く意識する発言をしていたのだ。

    「結婚後、福山さんは人間的に丸くなりました。
    同じ事務所の大泉洋さん(46)が“福山さんが道を通ると信号が全部青に変わる”といった“スーパースター伝説”をテレビで披露すると大爆笑。
    大泉さん本人に『もっとやってよ!』とせがんでいました」(テレビ局関係者)

    デビューから30年。

    平成を駆け抜け50代になって、またおちゃめな顔を見せる福山の姿に、菅田は日々、感服しているという。

    一方の福山もすべて全力でぶつかる菅田に感心しているそう。


    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1732690/

    画像▼
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/05/suda_masaki_1_line_tw.jpg

    所長見解:どうやろ・・・

    【【人気俳優】福山雅治の再来と評される俳優がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    齢五十にして――。

    福山雅治(50)が、連続ドラマとしては3年ぶりに主演する。

    4月21日にスタートするTBS系日曜劇場「集団左遷!!」に銀行の支店長役として、である。

    「福山さん扮する支店長が赴任先で、リストラ寸前の仲間と銀行組織に立ち向かうというストーリー。
    平成最後の日曜劇場ですから、局としても力を入れている作品です」(TBS関係者)

    これまではその見た目から若作りの役が多かった印象だが、本人の姿勢にも変化が見られるという。

    芸能プロ関係者の話。

    「以前は、50歳と周囲から言われると、とても嫌がっていたんですけど、最近になって“50歳も一つの区切りだよね”と話し、肯定的にとらえるようになりました。
    俳優業で言えば、自身は『ガリレオ』以来、代表作と言えるものがありません。
    50代を迎えて新たなヒットを出したいという気持ちがあるのだと思いますよ」


    奮闘する夫に比して、極度に露出が少ないのが、妻である吹石一恵(36)だ。

    「最近の仕事はNHKのナレーションくらいのもの。女優としてはほぼ開店休業状態です」(同)

    それにはある“事情”があって、

    「2年ほど前に、福山さんとの第1子を出産していますが、未だに性別すら公表していません。
    というのも、結婚した当初、福山さんの熱狂的ファンが吹石さんの事務所に嫌がらせをしたり、2人が住むマンションの部屋にコンシェルジュの女が侵入するという事件があったからでした」(同)

    福山の妻、というだけで、責められるのである。

    f


    もちろん、プライベートも“ステルス”だ。

    「家族で外食する際は、個室であるのは当然のこと、店内のトイレへの動線までチェックし、食事するかどうかを判断しているそうです」(同)

    これも天命、と言っては大げさに過ぎるか。




    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190428-00560740-shincho-ent

    画像▼
    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2019/04/1904280558_1-714x476.jpg

    所長見解:大変やね・・・

    【【福山の妻】吹石一恵の知られざる苦労がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の福山雅治さん(50)が主演するドラマ「集団左遷」(TBS系)の第1回が、2019年4月21日に放送された。

    同ドラマの原作は作家の江波戸哲夫さんの「新装版 銀行支店長」と「集団左遷」。

    廃店間近の銀行支店長に就任した福山さん演じる片岡洋が、部下たちと共に廃店撤回を目指して支店を盛り立てていく様子を描く。

    第1回では、片岡が出世の目が消えかけた50歳にして突然の昇進。

    喜ぶもその真意を上層部から明かされるシーンなどが放送された。

    そんな中、視聴者の注目を集めたのは福山さんの「はっちゃけぶり」だ。


    ■渾身の土下座も披露

    番組序盤、新支店長が集まる就任式に出席した片岡は、頭取(市村正親さん=70)から渡された支店の運営指示書を見るが、そこには、ノルマとして利益を「純増100億円」とせよの文字が。

    不可能に近い値に驚く演技をする福山さんだったが、その際の表情は目をこれでもかとばかりに開いたために、顔全体の筋肉が引きつり気味に。

    新支店長の就任式というフォーマルなシーンとしては、やや大袈裟とも感じられる演じ方だった。

    中盤、資金の回収を恐れて逃亡中の融資先の社長を見つけ出し、ゴルフクラブ入れの中から札束を発見するシーンでは、目を血走らせながら「もう言い逃れ出来ませんよ!」。

    両目の見開きぶりはもちろん、眉毛を「逆ハの字」にしつつ、逃亡を図った取引先を怒鳴りつけた。

    終盤、支店の削減を進める常務取締役の横山(三上博史さん)との舌戦では、眼球がこぼれ落ちそうなぐらいの刮目ぶりで廃店を思いとどまるよう食い下がったほか、シーンの最後では渾身の土下座を披露。

    その際の表情は、歯を食いしばりすぎたためか、ほうれい線が深々と浮き上がるものだった。


    ■「ちょっと空回りし過ぎてる感」の声も

    これらのシーンを見た視聴者からは、

    「福山の役が軽いノリで違和感あるなぁ」
    「福山さんのキャラ?ちょっと空回りし過ぎてる感...ちょっと違和感あるんだなぁ...」

    といった、福山さんの演じ方がやや大袈裟ではなかったかとする声が続々。

    「かつてここまで福山雅治の顔芸フルスロットルなドラマがあっただらうか」(原文ママ)

    と、クールなイメージの強い福山さんとしては「史上初」の出来事だったとする声も上がっている。


    確かに、ドラマ中は福山さんが両耳に別の携帯電話を当てて通話先とやり取りを行う様子や、上層部の意志に反して利益を上げようとしているのを監査役に見咎められてショックを受けるシーンでは頭を抱えて「ウワーッ!」と甲高い声で叫ぶなど、確かに、今までの福山さんのイメージにはない演じ方が散見されたのは事実。

    オーバーリアクションを連発するという福山さんの新たな一面に、それこそ、視聴者も刮目してしまったのではないだろうか。

     
    no title


    https://www.j-cast.com/2019/04/22355902.html?p=all 

    所長見解:たしかに・・・

    【【これはすごい】福山雅治が目を血走らせ目玉ひんむき歯を食いしばりほうれい線浮き上がらせた結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    TBS系新日曜劇場「集団左遷!!」(21日よる9時スタート)で主演を務める俳優の福山雅治が、18日放送の同局バラエティー番組「ニンゲン観察モニタリング★福山雅治&緊急生放送で重大発表3時間SP!!」(よる8時~)に出演。

    現在料理を全くしないという福山が、料理をしなくなった理由を明かした。

    番組では、「集団左遷!!」で福山と共演する俳優の神木隆之介が、同じくドラマで共演する香川照之、中村アンと福山への差し入れの手作り料理をふるまうサプライズ企画が行われた。


    ◆福山雅治、料理をしない理由を告白

    普段全然料理をしないという神木からの手作り差し入れを「美味しい!スゴく美味しい」と称賛した福山は、自身も料理をするかを質問されると「いや全然」と回答。

    そして、「一瞬そんなこと(料理)をやったことがあったんですよ、90年代に。
    90年代になんかちょっと僕もね、全然そんなつもりはないんだけども“抱かれたい男”とかになっちゃった。
    なんか料理をするとますます抱かれたくなっちゃうんじゃないかなって思って、それでやってみたんですよ、料理」と過去に料理に挑戦した理由を、ドヤ顔をまじえて笑いを誘いながら語った。

    その時、福山は「最上級の親子丼の作り方」という特集を参考に、比内地鶏を丸ごと買ってきて出汁からとるような凝り様で、「とにかく一流の食材、一流の米で1日かけて親子丼作った」そう。

    しかし、「できたと思って食べた時に、これ虚しいなって思ったの。
    こんな努力が必要で、しかも1人で食ってるこれ、あんまり意味ないなって思ってそれから僕は作んないっす」とその後は料理をしなくなったことを明かし、「もうなくても抱かれたい男だと。いけるなと。だって抱くまで時間がかかりすぎてる。朝から鶏を煮込んで、『早く抱いてよ~』ってなっちゃう」などとぶっちゃけ、香川と盛り上がった。

    f


    ◆福山雅治のぶっちゃけトークに称賛の声「面白すぎる」

    福山のぶっちゃけトークはネット上で話題に。

    「福山雅治の抱かれたい男話が面白すぎる」
    「下ネタ話すところも好感が持てる」
    「あれだけかっこいいのに笑顔で下ネタ話すのが面白い」

    などと称賛の声が上がっていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16338214/

    所長見解:おもろいな・・・
    【【悲報】福山雅治が料理をしなくなったヤバ過ぎる理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平成時代も間もなく終わりを告げる。

    そこで、この激動の30年間テレビ界において、“モテ男”の頂点に君臨したのは誰だったのか…を検証したい。

    「高身長、高学歴、高収入」のいわゆる“3高”は、かつて男性が女性を振り向かせるための必須条件として謳われたものだが、こと芸能界においてはこの“3高”の他にも、テレビ画面に彩りをもたらす美貌や華が求められてしまうのも無理はないだろう。

    f


    まずは、歌手としてだけでなく、銀幕の世界でも印象的な存在感を披露し、男気溢れる“美声”までも付いてくるという福山雅治は平成を代表するモテ男と言えるだろう。

    身長は180センチを超え、1988年より活動を開始した福山はまさに“平成の色男”であり、これまでに『ひとつ屋根の下』や『美女か野獣』『ガリレオ』といった名作ドラマに出演して話題を呼ぶと、映画でも『容疑者Xの献身』や『真夏の方程式』が大ヒット。

    とりわけ是枝裕和監督とのタッグで“真の家族のあり方”を描いた2013年の『そして父になる』では、生みの親と育ての親という異なる2つの立場を演じ分け、日本アカデミー賞優秀主演男優賞に輝いた。

    人気&実力共に頂点を極めた福山だが、そんな彼としのぎを削った存在こそ元SMAPで俳優の木村拓哉ではないだろうか。

    “視聴率男”との異名を持ち、出演したテレビドラマの数字は軒並み福山に圧勝。

    もちろんジャニーズ屈指とされるその整った容姿も抜群のストロングポイントだが、“3高”の内の2つを占める高学歴でもなければ、高身長でもなかったというのは木村にとっては弁慶の泣き所だったかもしれない。

    「木村は圧倒的な“スター感”を讃えていたものの、平成の終盤において“SMAP解散”におけるイメージダウンがありました。
    その点を踏まえると、福山に軍配と言えるのではないでしょうか」(テレビウォッチャー)

    もちろん現役バリバリの2人。

    この対決の延長戦は「令和」にて!

    http://dailynewsonline.jp/article/1774484/

    所長見解:どっちももうね・・・
    【【結果発表】「平成のNo.1モテ男」がコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ