社長

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    7月9日、スポーツ紙を中心に、石原さとみ(32)が「破局」したとのニュースが報じられた。

    例えばスポーツ報知は、「石原さとみが『SHOWROOM』前田裕二社長と破局 女性自身報じる」という具合だ。


    s


    女性自身は「価値観の相違」

    女性自身のスクープ記事は現在、電子版で読むことができる。

    7月9日に「石原さとみ 破局していた! 結婚秒読みから一転、前田氏は転居」とのタイトルで配信されている。

    記事の内容を紹介する前に、前田裕二氏(32)について説明をしておく。

    前田氏は1987年生まれ。

    早大を卒業してUBS証券に入社。

    2013年にDeNAに移った後、SHOWROOMを立ち上げた。

    インターネットによる動画配信と視聴のストリーミングサービスを提供しているが、特にAKBグループの番組配信で知っている人も多いだろう。

    女性自身の記事に戻ると、今年1月までは結婚に向けて順調な交際が続いていた。

    前田氏は石原の両親にも挨拶し、いよいよ入籍間近というタイミングで、2人の価値観にずれが出てきたという内容だ。

    「前田氏を知るIT関係者」のコメントを引用させていただこう。


    《「いよいよ結婚が見えてきたことで、2人は改めて将来について話し合うようになったそうです。
    しかし、そこで価値観のズレが出てきたのです。
    前田さんは “仕事大好き人間”。
    いっぽうで石原さんは少しでもいっしょの時間を過ごしたいタイプ。
    話し合いのなかで、そうした違いが鮮明になってきたようです。
    最終的には前田さんがマンションを出ていくことになったと聞きました。
    現在は都内にあるほかのマンションで暮らしているそうです」》

     
    ところが、「別れた理由は他にもあります」と証言するのは、ある芸能界関係者だ。

    「石原さとみさんは、ドラマに出れば確実に視聴率を稼ぐ数少ない女優の1人です。
    彼女は自分の商品価値を冷静に判断できる人でもある。
    女優業が軌道に乗り、CMの出演本数が増え始めた頃から、彼女は『自分の商品価値に見合う彼氏、結婚相手』を明確に意識するようになったんです。
    また、同じ事務所の綾瀬はるか(34)にライバル心を燃やしていて、彼女より先に結婚したいという思いもあるようです」

    石原は、かつて山下智久(34)との交際していたことで知られる。

    ところが2人が破局したのは、石原が「同じ芸能人同士ではうまくいかない」と判断したからだという。

    「フリーになった石原さんの前に、前田さんが出現します。
    彼は秋元康さん(61)の後ろ盾もあって、若手起業家として高い知名度もあった。
    石原さんは『仕事ができる男』に興味を持ち、交際に踏み切りました。
    ところが、実際SHOWROOMの業績は低迷していて、当初の『仕事ができる男』というイメージが崩れていったようですね」(同・芸能界関係者)

    ネットメディア「Social Game Info」は7月1日、「SHOWROOM、2019年3月期は3億1800万円の赤字 4期連続の赤字に」の記事を掲載している。


    「前田さんはメモ魔として知られ、とても勉強熱心です。
    天才タイプというより、努力家でしょう。
    石原さんとの交際においても、奥菜恵さん(39)との結婚を機に会社の知名度を飛躍的にアップさせたサイバーエージェントの藤田晋さん(46)を、かなり研究していたそうです。
    実際、石原さんとの交際を機に、積極的にテレビに出演したり本を出版するなど、かなり露出を増やしています」(同・芸能界関係者)


    結局、石原さとみが前田氏に“三下り半”を突きつけたのが真相だという。

    「石原さんは、理想として、結婚したら仕事をセーブし、たまにドラマやCMに出演するというスタイルにしたいと考えているようです。
    つまり、上戸彩さん(33)のようになりたいと考えているんです。
    さて、今度は、彼女の前にどんな男性が現れるのでしょうか……」(同・芸能関係者)


    週刊新潮WEB取材班
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190723-00573310-shincho-ent

    所長見解:ええやんか・・・

    【【衝撃】石原さとみがIT社長と破局の隠された真相がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月24日の『スッキリ』(日本テレビ系)で、司会の加藤浩次が前日に行った吉本興業の大崎洋会長との会談の結果を報告した。

    加藤は大崎会長、岡本昭彦社長ら経営陣が退陣しない限り吉本を退社する意思は変わらないとしていたが、同日の放送で「退社する」と明言はしなかった。

    これにガッカリする視聴者が続出している。


    y


    番組冒頭、加藤は水卜麻美アナウンサーから話を振られる形で、前日の会談の内容を口にした。

    会談で大崎会長は「自分の今の体制でやりたい」と退陣するつもりはないと口にし、今後の改革案も明かしてくれたという。

    加藤は大崎会長と意見を交わした結果、「会社側の意見も分からないわけではない」と一定の理解を示した様子。

    それでも大崎会長、岡本社長の退陣を主張し続け、「ずっと3時間平行線のままだった」と報告した。

    大崎会長から「今のまま決めることはでけへん」と言われ、「分かりました」と受け入れて会談を切り上げたという。

    加藤は岡本社長が開いた会見に違和感を持ったことも伝えたというが、「(大崎会長が会見での岡本社長の様子を)そこまで悪いと思っていないのが『ん?』と思う部分もあった」とポツリ。

    「僕の意思はそんなに変わらないと思うんですけどね」と、退社の意思が揺らぐ可能性は少ないとしながら、「会社としてどういう改革ができるのか、というのを大崎さんにしっかり聞いて、お伝えできれば」と、引き続き議論を重ねるとした。

    同番組で連日、ためらうことなく会社に意見する加藤を応援する声が多数寄せられているが、この日、加藤は「進退をはっきりする」とも伝えられていた。

    加藤の〝先送り〟に一部視聴者は肩すかしを食らった様子だった。


    《グズグズ言わんと辞めたら?》
    《いるよねー会社にも辞める辞める詐欺する人》
    《片方からの意見だけで暴走してたから今日はトーンダウン? 火に油を注いだのは加藤だ》
    《スッキリ加藤は大崎に丸め込まれたか。結局「静観」になったな》


    日々、本質からズレたところに焦点が当たる闇営業問題だが、何はともあれ、加藤にはキバを引っ込めないでいてほしいものだ。

    https://myjitsu.jp/archives/89904

    所長見解:やめないな・・・
    【【退社保留】 加藤浩次「辞める辞める詐欺」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫らの会見についても、批判が収まらないのを見て「させてやる」と認めた後も「期日はこちらで決定する。それはこっちの権限だ」とし、宮迫らが弁護士を立てれば書面で「引退会見」もしくは「契約解除」の二者択一を迫る。

    さらに、「こちらで考えているQ&Aを練習してもらいます」と関係者を通じて要求していたというのである。

    タレントには人権も自由も発言権も一切関係なし、逆らえば潰すぞ、と高圧的に支配しようとする姿はさながらブラック企業のワンマン社長、いや、ヤクザ顔負けの恫喝ではないか。

    闇営業問題も「放っておけば、世間は忘れる」「こちらから事を荒立てるな」という思惑も透けて見え、会社ぐるみでの隠蔽工作を図ったといわれても仕方ないだろう。

    y


    岡本社長は天理大出身。

    学生時代はアメフト部に所属していたそうで、吉本には91年に入社。

    ダウンタウンのマネジャーを務め、フジテレビ系「人志松本のすべらない話」など数々の人気番組でプロデューサーを務めた。

    今田耕司、東野幸治らも担当し、吉本きっての敏腕マネジャーであることは誰しもが認めるところだ。

    大崎洋会長と二人三脚でスポーツ部門の拡大や47都道府県「住みます芸人」プロジェクトなどに力を入れ、吉本興業ホールディングス株式会社の代表取締役社長にまで上りつめた。

    宮迫とロンブー亮の会見では更に岡本社長が「(吉本は)在京キー局5社、在阪キー局5社が株主だから大丈夫だ」と発言したという。

    この言葉の意味するところは、テレビ局も吉本には文句が言えないし、吉本の意向には逆らえないという思い上がりだろう。

    「吉本が巨大企業となり、政界、とくに与党とのパイプを持ち、テレビ各局への影響力を誇示するようなところもある。
    22日の会見はアタマの上がらない松本人志から突き上げがあってのものだが、それらがなければ、知らぬ存ぜぬで通した可能性が高い。
    大崎会長とダウンタウン以外は誰も直接ものも言えない絶対君主に近い」(吉本関係者)

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/258817/2

    所長見解:あれでか・・・

    【【話題の人物】吉本興業・岡本昭彦社長の評判がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉本興業・岡本昭彦社長の会見から一夜明けた23日も、所属芸人からさまざまな声が上がった。

    y


    MBSテレビ「ちちんぷいぷい」に出演したロザン・宇治原史規(43)は会見を振り返り、「何言ってるか分からなかった。僕、(学生時代に)読解力オール5やったんですけど」と苦笑い。

    「吉本はもう一度整理して会見するといいのでは。宮迫さん、亮さんも同席した会見をするのがベター」と提案した。


    トミーズ・健(60)は、同番組で「松本(人志)も加藤(浩次)君もテレビで“辞める”とか言わんといて。話が別問題になる」と、闇営業問題からお家騒動に発展している状況を嘆いた。


    ベテラン芸人の大平サブロー(63)は出演したMBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」で、旧知の岡本社長の会見を「世間の人には悪いけど、“オカモっちゃん頑張って!理路整然としゃべってくれ”とエール送ってた」と、祈るような気持ちで見守ったことを明かした。

    だが、「まどろっこしかった。しゃべりをもうちょっと勉強して。個人でしゃべってたらエエ人やのに。弁護士もポンコツ。藤原(副社長)も、オマエがアウトー!やがな」と苦言を呈した。

    また、吉本への不満が身内から噴出している現状に、「オマエがコレ言うか?っていう発信もいっぱいある。この状況になった途端、会社が弱ったのを見過ごして言い出す。これにこそ言わせてもらうけど、気にいらんかったら辞めろよ、と」と語気を強めた。

    「加藤君は腹くくって言ったと思うけど、これに乗っかって言ってる子らは、腹くくって言うてるのか。俺が古いんかもしれんけど、この状況で会社のトップをこれだけたたけるか。時代が変わってきたんやな…俺は怖かったわ」と吐露した。

    元相方の大平シローさんが2012年に亡くなった時、大崎洋会長から「シローが生前に困ってた事があったら会社としてできる事するよ」と言われたという思い出も披露。

    共演のシルクも「相方(非常階段・ミヤコ)を亡くしたときに、先払いでイイから月々なんぼか(ギャラを)入れたる」と言ってくれた」。

    2人で吉本への感謝を口にしていた。


    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000180-spnannex-ent

    所長見解:まあね・・・
    【【大御所芸人】大平サブローさん、芸人の吉本批判に「気にいらんかったら辞めろよ」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近、このあたりで前田さんをまったく見かけなくなったんです。
    石原さんの姿は、今でも目撃することがあるのですが……」(近隣の住民)

    7月9日スタートのドラマ『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)で主役を演じる石原さとみ(32)。

    9月には彼女の主演舞台『アジアの女』が始まることもあり、現在は急ピッチでドラマの撮影が進められている。

    そんな多忙を極めるなか、プライベートに“異変”が起きているという――。


    s


    昨年4月に「週刊文春」で沖縄デートが報じられ、「SHOWROOM」社長・前田裕二氏(32)との交際が発覚した石原。

    8月には彼女の引越し先が前田と同じマンションだったことを、本誌がスクープ。

    彼女は連日、“愛の巣”からドラマ撮影へと向かっていた。

    そんなひとつ屋根の下で前田氏との仲を深めてきた石原。

    今回の撮影中も、帰宅するのは件のマンションだった。

    だが冒頭のように、最近はマンション付近で前田氏の姿を目撃することがなくなっているという。

    そこには、理由があった。

    「実は、2人は破局してしまったようです。
    最近、前田さんが友人に『もう彼女とは別れたんだ』と漏らしていたそうで……」(前田を知る芸能関係者)

    今年1月時点で、2人は結婚に向けて着々と準備を進めていたはずだった。

    当時、石原の知人は本誌にこう明かしていた。

    「実は前田さん、すでに石原さんのご両親への挨拶をすませているんです。
    その後も何度か会っていて、親睦を深めているとも聞きました。
    それほど石原さんとの結婚について“本気”ということ。
    カレの真剣な姿勢に、ご両親もかなり好印象を持っていたようだと聞いています」

    両親公認の仲となったことで、“結婚秒読み”とも言われていたふたり。

    だがそこから一転して、“まさかの決別”を迎えていたというのだ。

    いったい、何があったのか。

    前田氏を知るIT関係者は「私もすでに別れたと聞きました」と証言。

    理由について、こう明かした。

    「いよいよ結婚が見えてきたことで、2人は改めて将来について話し合うようになったそうです。
    しかし、そこで価値観のズレが出てきたのです。
    前田さんは “仕事大好き人間”。
    いっぽうで石原さんは少しでもいっしょの時間を過ごしたいタイプ。
    話し合いのなかで、そうした違いが鮮明になってきたようです。
    最終的には前田さんがマンションを出ていくことになったと聞きました。
    現在は都内にあるほかのマンションで暮らしているそうです」

    本誌が取材したところ、たしかに前田は引越していた。

    7月上旬の深夜1時過ぎ、都内にあるマンションへと帰っていった前田氏。

    話に聞いたとおり、“愛の巣”とは別のマンション。

    やはり転居していたのだ。

    石原との破局の真相について聞くべく、本誌は「SHOWROOM」に問い合わせた。

    だが担当者は「プライベートについてはお答えいたしかねます」と答えるのみだった。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00010000-jisin-ent

    所長見解:仕方ない・・・

    【【朗報】石原さとみ 破局ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ