ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    社長

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫らの会見についても、批判が収まらないのを見て「させてやる」と認めた後も「期日はこちらで決定する。それはこっちの権限だ」とし、宮迫らが弁護士を立てれば書面で「引退会見」もしくは「契約解除」の二者択一を迫る。

    さらに、「こちらで考えているQ&Aを練習してもらいます」と関係者を通じて要求していたというのである。

    タレントには人権も自由も発言権も一切関係なし、逆らえば潰すぞ、と高圧的に支配しようとする姿はさながらブラック企業のワンマン社長、いや、ヤクザ顔負けの恫喝ではないか。

    闇営業問題も「放っておけば、世間は忘れる」「こちらから事を荒立てるな」という思惑も透けて見え、会社ぐるみでの隠蔽工作を図ったといわれても仕方ないだろう。

    y


    岡本社長は天理大出身。

    学生時代はアメフト部に所属していたそうで、吉本には91年に入社。

    ダウンタウンのマネジャーを務め、フジテレビ系「人志松本のすべらない話」など数々の人気番組でプロデューサーを務めた。

    今田耕司、東野幸治らも担当し、吉本きっての敏腕マネジャーであることは誰しもが認めるところだ。

    大崎洋会長と二人三脚でスポーツ部門の拡大や47都道府県「住みます芸人」プロジェクトなどに力を入れ、吉本興業ホールディングス株式会社の代表取締役社長にまで上りつめた。

    宮迫とロンブー亮の会見では更に岡本社長が「(吉本は)在京キー局5社、在阪キー局5社が株主だから大丈夫だ」と発言したという。

    この言葉の意味するところは、テレビ局も吉本には文句が言えないし、吉本の意向には逆らえないという思い上がりだろう。

    「吉本が巨大企業となり、政界、とくに与党とのパイプを持ち、テレビ各局への影響力を誇示するようなところもある。
    22日の会見はアタマの上がらない松本人志から突き上げがあってのものだが、それらがなければ、知らぬ存ぜぬで通した可能性が高い。
    大崎会長とダウンタウン以外は誰も直接ものも言えない絶対君主に近い」(吉本関係者)

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/258817/2

    所長見解:あれでか・・・

    【【話題の人物】吉本興業・岡本昭彦社長の評判がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉本興業・岡本昭彦社長の会見から一夜明けた23日も、所属芸人からさまざまな声が上がった。

    y


    MBSテレビ「ちちんぷいぷい」に出演したロザン・宇治原史規(43)は会見を振り返り、「何言ってるか分からなかった。僕、(学生時代に)読解力オール5やったんですけど」と苦笑い。

    「吉本はもう一度整理して会見するといいのでは。宮迫さん、亮さんも同席した会見をするのがベター」と提案した。


    トミーズ・健(60)は、同番組で「松本(人志)も加藤(浩次)君もテレビで“辞める”とか言わんといて。話が別問題になる」と、闇営業問題からお家騒動に発展している状況を嘆いた。


    ベテラン芸人の大平サブロー(63)は出演したMBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」で、旧知の岡本社長の会見を「世間の人には悪いけど、“オカモっちゃん頑張って!理路整然としゃべってくれ”とエール送ってた」と、祈るような気持ちで見守ったことを明かした。

    だが、「まどろっこしかった。しゃべりをもうちょっと勉強して。個人でしゃべってたらエエ人やのに。弁護士もポンコツ。藤原(副社長)も、オマエがアウトー!やがな」と苦言を呈した。

    また、吉本への不満が身内から噴出している現状に、「オマエがコレ言うか?っていう発信もいっぱいある。この状況になった途端、会社が弱ったのを見過ごして言い出す。これにこそ言わせてもらうけど、気にいらんかったら辞めろよ、と」と語気を強めた。

    「加藤君は腹くくって言ったと思うけど、これに乗っかって言ってる子らは、腹くくって言うてるのか。俺が古いんかもしれんけど、この状況で会社のトップをこれだけたたけるか。時代が変わってきたんやな…俺は怖かったわ」と吐露した。

    元相方の大平シローさんが2012年に亡くなった時、大崎洋会長から「シローが生前に困ってた事があったら会社としてできる事するよ」と言われたという思い出も披露。

    共演のシルクも「相方(非常階段・ミヤコ)を亡くしたときに、先払いでイイから月々なんぼか(ギャラを)入れたる」と言ってくれた」。

    2人で吉本への感謝を口にしていた。


    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000180-spnannex-ent

    所長見解:まあね・・・
    【【大御所芸人】大平サブローさん、芸人の吉本批判に「気にいらんかったら辞めろよ」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近、このあたりで前田さんをまったく見かけなくなったんです。
    石原さんの姿は、今でも目撃することがあるのですが……」(近隣の住民)

    7月9日スタートのドラマ『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)で主役を演じる石原さとみ(32)。

    9月には彼女の主演舞台『アジアの女』が始まることもあり、現在は急ピッチでドラマの撮影が進められている。

    そんな多忙を極めるなか、プライベートに“異変”が起きているという――。


    s


    昨年4月に「週刊文春」で沖縄デートが報じられ、「SHOWROOM」社長・前田裕二氏(32)との交際が発覚した石原。

    8月には彼女の引越し先が前田と同じマンションだったことを、本誌がスクープ。

    彼女は連日、“愛の巣”からドラマ撮影へと向かっていた。

    そんなひとつ屋根の下で前田氏との仲を深めてきた石原。

    今回の撮影中も、帰宅するのは件のマンションだった。

    だが冒頭のように、最近はマンション付近で前田氏の姿を目撃することがなくなっているという。

    そこには、理由があった。

    「実は、2人は破局してしまったようです。
    最近、前田さんが友人に『もう彼女とは別れたんだ』と漏らしていたそうで……」(前田を知る芸能関係者)

    今年1月時点で、2人は結婚に向けて着々と準備を進めていたはずだった。

    当時、石原の知人は本誌にこう明かしていた。

    「実は前田さん、すでに石原さんのご両親への挨拶をすませているんです。
    その後も何度か会っていて、親睦を深めているとも聞きました。
    それほど石原さんとの結婚について“本気”ということ。
    カレの真剣な姿勢に、ご両親もかなり好印象を持っていたようだと聞いています」

    両親公認の仲となったことで、“結婚秒読み”とも言われていたふたり。

    だがそこから一転して、“まさかの決別”を迎えていたというのだ。

    いったい、何があったのか。

    前田氏を知るIT関係者は「私もすでに別れたと聞きました」と証言。

    理由について、こう明かした。

    「いよいよ結婚が見えてきたことで、2人は改めて将来について話し合うようになったそうです。
    しかし、そこで価値観のズレが出てきたのです。
    前田さんは “仕事大好き人間”。
    いっぽうで石原さんは少しでもいっしょの時間を過ごしたいタイプ。
    話し合いのなかで、そうした違いが鮮明になってきたようです。
    最終的には前田さんがマンションを出ていくことになったと聞きました。
    現在は都内にあるほかのマンションで暮らしているそうです」

    本誌が取材したところ、たしかに前田は引越していた。

    7月上旬の深夜1時過ぎ、都内にあるマンションへと帰っていった前田氏。

    話に聞いたとおり、“愛の巣”とは別のマンション。

    やはり転居していたのだ。

    石原との破局の真相について聞くべく、本誌は「SHOWROOM」に問い合わせた。

    だが担当者は「プライベートについてはお答えいたしかねます」と答えるのみだった。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00010000-jisin-ent

    所長見解:仕方ない・・・

    【【朗報】石原さとみ 破局ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「もう5年以上も工事が続いているのに、さらに工期が1年延びるというんですよ」

    千葉市内の閑静な高級住宅街。

    その一角で、巨大な工事用の仮囲いの中にそびえたつのは、ZOZO・前澤友作社長(43)の「総工費100億円」ともいわれる大豪邸だ。


    z


    その工事をめぐって、近隣住民から不満の声が上がっているという。

    「今は外壁を壊して作り直しているようです。
    おまけに、前澤邸の周囲だけ、電線を地中に埋めるという話を、4月に開催された自治会の総会で初めて知らされました。
    『なぜ前澤さんの家のまわりだけ!』という声が住民から噴出し、5月に工事責任者から住民への説明会が開催されたんです」(住民・Aさん)

    電線は前澤邸2階からの景観には、邪魔でしかない。

    「ならば埋めてしまえ」ということか。

    千葉市役所はこう話す。

    「この工事は、要請者が個人でやっていることです」

    すなわち、前澤社長が自ら工費を負担しているということ。

    なんと豪気な--。

    そして5月19日に開催された住民説明会では、次々と手厳しい声が上がった。

    「最初、工事は2年で終わるという話だった。
    それがいつまでたっても終わらないうえに、今度は電線工事まで……。
    周辺住民の気持ちも考えてほしい」(参加者)

    説明会に出てきた工事責任者自身、前澤社長の意向に翻弄されている様子をにじませていたという。

    「新築としての工事は、もう終わっているんです。
    まだ住んでもいないうちから、材料を変えたい、色を変えたいというご要望があって、今は改修工事に入っているんです」

    この邸宅は都心とのアクセスの悪さから、別荘にするのではないかという説もあったが、説明会では「前澤邸です。お2人が住みます」と明言された。

    言うまでもなく、熱愛が囁かれている2人--前澤社長と女優の剛力彩芽(26)のことだ。

    「ここの工事はとにかく秘密主義で、いつ完成するのかもわからないんです」と、前出のAさん。

    近隣住民による前澤社長への苦言は、これだけにとどまらない。

    Bさんが憤る。

    「夜勤明けに帰宅して寝ようとしても、工事の音が気になって寝つけない。
    1年程度ならまだ我慢できるが、ここまで長引くとつらい……」

    さらに、自宅の工事以外にも疑問の声が上がった。

    「前澤氏が駅前に設置した『LOVE』というオブジェの置き場所は、草が伸び放題。
    きちんと管理してほしいという手紙も本人宛に書きましたが、返事はありません」(Cさん)

    ZOZOの広報に問い合わせると、「地域の方々からさまざまなご意見やアドバイスをいただいており、前澤個人にも共有しております」とのこと。

    自宅建設については、前澤社長個人の活動としながらも、「近隣の自治会の皆様と連携を取り、ご理解をいただきながら、地域の発展と繁栄に貢献できるように積極的に交流や活動をおこなっていきたい」との回答だった。

    工事が長引く背景には、以前の恋人であるモデルの紗栄子(32)との破局がある。

    「もとは、紗栄子と一緒に住むつもりで内装にもこだわっていたのに、今は『めごっち仕様』に大慌てで改装しているんです」(芸能記者)

    スポーツ紙記者によると、「剛力と前澤社長の交際は順調」とのこと。

    ただし熱愛に溺れるあまり、剛力は仕事が激減しているという。

    「収入も大幅にダウン。
    本人も目が覚めたのでしょう、最近は少しずつ公の場に出てくる機会も増え、秋のドラマには二番手、三番手で出演すると聞いています」

    長引く工事も、2人の結婚も、なかなか「ゴール」は見えてこないようだ。


    SmartFLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00010000-flash-ent

    ▼画像

    画像①

    画像②


    画像③

    所長見解:まだ付き合ってるんだ・・・

    【【剛力邸】ZOZO・前澤社長の豪邸工事にトラブルの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昔の意識高い系、経営者スゴいWWW


    no title


    no title

    no title

    所長見解:横文字だらけ・・・


    【【説】意識高い系の経営者はやっぱり意識高い説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ