破局

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    破局していたことが明らかになった女優・剛力彩芽(27才)とZOZOの創業者・前澤友作氏(43才)。

    この秋、なぜ彼らは別れを決意したのか。

    すべての経緯を明らかにする。


    g

     
    ようやく肌寒さを感じるようになった11月上旬。

    神奈川県下の閑静な住宅街を、うつむき加減に歩く若い女性がいた。

    キャップから見える金髪の襟足、巨大な外国人女性の顔がプリントされたブラウスなど、ファッショナブルな服装が目をひく。

    女性は、剛力だった。

    「彼女は今、前澤さんと暮らしていた都内のマンションを出て、実家に戻っています。
    短期の帰省ではありません。
    完全に別れを告げて帰ってきたんです。
    親からしたら、前澤さんに複雑な思いを抱いているはずですが、剛力さんは“お互いに納得の上”と一切泣き言も言わないようで…」(剛力の知人)

     
    平成の終わりに誕生した17才差のビッグカップルは、時代が令和に入り、関係が急変。

    ふたりは人知れず決断を下していた。

     
    剛力と前澤氏の交際が発覚したのは昨年4月のこと。

    「その2か月ほど前に雑誌の取材で出会い、前澤さんの猛烈なアプローチもあって交際に発展しました。
    この時、剛力さんは25才。
    所属事務所の“恋愛禁止令”が解禁されたタイミングで、彼女にとって初ロマンス。
    お互いにインスタグラムで堂々と交際宣言もしました」(芸能関係者)

     
    隠す必要のなくなった交際は、日に日に露出を増していった。

    同年7月にはプライベートジェットで、サッカーW杯の決勝を見るためにロシアへ。

    普段の食事は会員制高級レストラン、移動は前澤氏のコレクションである億超えの高級車。

    その逐一はインスタで披露された。

    「剛力さんは前澤さんの趣味であるアート作品の収集にも付き添い、世界中を飛び回っていました。
    前澤さんは、もちろんファッションも好きで、パリコレにも剛力さんと一緒に出かけていました」(前出・芸能関係者)

     
    燃え上がるふたりの一方で、ピュアではつらつとした剛力のイメージは変わっていった。


    続き 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00000013-pseven-ent 

    所長見解:そうやね・・・
    【【悲報】前澤社長と破局した剛力彩芽が深田恭子に泣きながら相談した結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    貴乃花と宮沢りえの婚約会見 

    盛大な祝砲から一転、スピード破談の事実は、世紀の婚約と同等以上の衝撃をもって世を駆け巡った。

    一国の宰相である宮澤喜一首相までが記者団からコメントを求められ、「そうですか。残念ですな」と、感想を述べている。

    貴乃花が全てを飲み込み、自分が悪者になることを覚悟の上で発したであろう「愛情がなくなった」の言葉も、方々で物議を醸した。

    今までになかったバッシング報道が追い討ちをかける。

    「あの時はそう(発言)するしかありませんでした。
    お互いが自分の進むべき道にレールを戻すためには。
    テレビや新聞、雑誌は一切見ませんでしたし、周囲の騒ぎをよそに、自分の本分を取り戻さなければ、と思っていました」

    貴乃花は2005年、師匠であり父の満氏が逝去した際、「週刊文春」に寄せた独占告白の中で次のように証言していた。

    〈マスコミは折に触れて私とりえさんのことを掘り返しますが、私はともかく、彼女に対してあまりにも失礼だと思います。
    お互い、幼き時代に踏ん切りをつけて別れ、いまはそれぞれの人生を歩んでいるわけですから。
    彼女は女優という立派な道を歩んでいます。
    あの件はお互いの胸にしまってあるもの。
    他人に触れられたくありません〉(2005年6月16日号)


    「二人が名もない花だったら……」

    破局に至る背景には、様々な要因が折り重なっていたことだろう。

    ひとつ言えるとすれば、純粋に惹かれ合った若い二人は、結婚というステップを前に、初めてそれぞれが背負っている宿命の大きさを突きつけられたのだ。

     
    宮沢にとって封建的な力士の世界に嫁ぐことは、ただちに将来のおかみ修業を意味した。

    ゆえに芸能界引退は規定路線だった。

    ましてや、相手の貴花田は相撲界の未来を担う宝だ。

    宮沢もその覚悟を決めているはずだった。

    しかし、その頃の宮沢は、仕事が途切れることのない人気真っ盛りの時期。

    宮沢の活動方針を巡る両家の認識の差が、ボタンの掛け違いを生じさせ、やがて親同士の間に溝を作っていく。

    貴乃花にとって両親とは、親以上に絶対的な存在の師匠とおかみ。

    一方の宮沢にしても、女手一つで育ててくれた「りえママ」こと母親の光子さん(故人)は、個人事務所代表でもある。

    宮沢をスターダムに押し上げたのは、“一卵性母子”とさえ呼ばれた、この母娘の強固な絆あってこそだった。

    当事者と両家の話し合いが煮詰まっていないまま婚約がスクープされ、世の祝福ムードがエスカレートしていく裏で、若い二人の恋は、大人の事情に翻弄されながら磨耗していったのだ。

    その果て、残されたのは無情な選択肢だけだった。


    宮沢が再婚して幸せに暮らしている事実を知り、長年連れ添った景子元夫人とも離婚してそれぞれの人生を歩み始めた今─。

    貴乃花は言葉を選びながら、宮沢との過去をこう吐露する。

    「お互い、子供ながらに、大人の世界の会話をしなければならなかったのは、一つの苦しみを覚える経験でした。
    それぞれ進むべき道が違い過ぎたわけですが、背負っているものはとても似ていました。
    ともに一家の柱になるべくして生まれてきて、10代からひたすらにその道を歩んできた。
    お互いがその喜びも孤独も理解できますし、似たような境遇に共鳴、共感したところがありました。
    でも、もし(宮沢が芸能界を引退して)職を捨てることになれば、その生き方ができなくなるわけです。
    ともに親から生まれてきた身です。
    二人が名もない花だったら、それぞれの本意を大切にして、花を咲かせることができたのかもしれませんけどね……」


    長い年月を経たからこそ口にできる、精一杯の告白だった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17323792/


    no title

    所長見解:あったね・・・
    【【衝撃告白】貴乃花「宮沢りえとの破局」と「兄・若乃花との対決」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    結婚目前とまで報じられていたが、3カ月前に”人生の決断”を!

    「Takaさんは相変わらず店に来ていますが、一緒によく連れていた浅田さんは最近まったく見なくなりました」(Takaが行きつけの都内の会員制バーの常連客)

    いわゆる“文春砲”で昨春から交際が報じられていた浅田舞(31)とワンオクことONE OK ROCKのTaka(31)。

    今年2月にはワンオクの北米ツアーに舞が同行していた姿がキャッチされ、一部では結婚も近いと報じられていた。

    m


    だが、2人の共通の知人は本誌にこう語る。

    「実は、3カ月前に2人は別れてしまったんです。
    舞ちゃんはTakaくんの友達からも評判がよかったんですけどね。
    気がきくし、彼のことを立てますし。
    私も“2人はこのまま結婚するのかなぁ”とまで思っていたんですが……」

    いったい2人に何があったのか。

    「Takaくんは音楽活動で忙しいうえに、男女問わず友人が多く、付き合いも非常にいい。
    オフの日も仲間たちと深夜まで飲み歩くことが多いんです。
    でも舞ちゃんは『2人きりで会いたい!』と言う日が増え、2人の間がギクシャクしたことが大きな原因のようです」(前出・知人)


    Takaの交友関係の広さは芸能界でも有名。

    hyde(50)や綾野剛(37)、市川海老蔵(41)らと楽しそうに宴を囲んでいる姿がインスタなどにアップされている。

    「舞ちゃんとすれば、交際も2年に近づき、2人の将来について真剣に考えるようになっていました。
    なかなか2人で今後について話し合える時間もなく、不安になっていったようです」(前出・知人)


    浅田は昨年4月、情報番組『ごごナマ』(NHK総合)で自身の結婚観を聞かれ、こう語っている。

    「35歳くらいまでには(結婚したいです)。
    やっぱり私が姉妹なので、自分がお母さんになったときには、兄弟、姉妹が欲しいな、作ってあげたいなと思います」

    前出の知人は嘆きながら言う。

    「舞さんは悩みに悩んだ結果、“彼の生き方に、もうこれ以上付き合えない”と涙ながらに別れを決めたと聞きました」

    破局から3カ月。

    実はTakaには新たな出会いが――。

    「Takaくんにはすでに親密な女性がいるそうです。
    モデルで、付き合ってまだ1カ月だと聞いています。
    友人の俳優やアーティストにはもう紹介ずみで、行きつけのバーにも連れて来たりしています」(前出・知人)

    10月24日、妹・浅田真央(29)は「第20回ベストフォーマリスト」を受賞。

    副賞に「クリスマスイブの横浜ワンナイトクルーズ」を贈呈され「姉と行きたい」と語った。

    傷心の姉を慰めるためなのか……。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191029-00010002-jisin-ent

    所長見解:そうなるよな・・・

    【【悲報】浅田舞さん、ワンオクと破局の模様・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    こここからどう巻き返せばいいんや


    w

    所長見解:しかたない・・・

    【【急募】彼女が別れようって言ってきた時の対処法がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    9月30日にジャニーズ事務所を退所した元関ジャニ∞の錦戸亮(34)。

    自主レーベルを立ち上げたかと思ったら、11月5日からの全国ツアー開催を発表。

    鮮やかなスタートダッシュを切ったかに見えるが、これから真綿で首を絞めるように追い詰められていくことになりそうだ。

     
    そんな予兆を感じさせる記事を「女性セブン」(10月24日号)が掲載した。

     
    記事は「ショック! 忘恩の関ジャニ∞全面戦争」と題し、関ジャニ∞と同じタイミングで全国ツアーを開催する錦戸の無節操ぶりを非難する内容だった。

    しかし、“本当の爆弾”は同じ発売号の別のページに隠されていた。

    記事自体は新垣結衣(31)の近影を伝える内容で、女優の蓮佛美沙子(28)と2人で焼肉を食べたというだけの話だが、〈ガッキーといえば超が付くインドア派。
    2013年、当時関ジャニ∞の錦戸亮との交際を『フライデー』に報じられてからはその傾向がより強くなったという。
    買い物は通販頼りで、オフも家からほぼ出ない生活を送る「干物女」ぶりを自ら明かしていた〉と、新垣の“引きこもり”に言及した上で、さりげなくその原因が錦戸との破局にあったと指摘したのだ。


    g

     
    さらに追い打ちをかけるように、驚くべき記事を13日付の「日刊サイゾー」が配信。

    タイトルは「新垣結衣、あの元ジャニーズとの交際がすっかりトラウマになり“干物女”と化した現在の姿」。

    女性セブンの報道を引用しながら、新垣が引きこもりがちになった理由として、〈錦戸に気に入られる女になろうと努力したものの、錦戸の夜遊びは治らずに破局。
    その後、錦戸が自分との“夜の営み”をあちらこちらで吹聴しているのが耳に入り、すっかりトラウマになってしまったようです〉とテレビ局関係者のコメントを紹介した。

     
    もし、この話が事実だとしたら、錦戸は最低限のモラルも持ち合わせていない“ゲス男”ということになる。

    新垣を遊んで捨てただけでなく、深刻な人間不信に陥らせたことになる。

    新垣のファンは錦戸を憎悪するのはもちろん、錦戸と距離を置こうとする女性ファンも出てきそうだ。

     
    錦戸との破局後も新垣は1年間に1本のペースで仕事を続けてきたが、今年の連ドラ出演はゼロ。

    ついにルーティンが途絶えた。

    TBSは16年放送の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の続編を希望しているが、全ては“ガッキー待ち”の状態だという。

     
    錦戸がガッキーを引きこもりに追い込んだとすれば、その罪は重い。

    ジャニーズ事務所に砂をかけるように独立したことで、古傷が次々に蒸し返される事も想定される。

    ガッキー以外の“余罪”が明るみになるのは時間の問題かもしれない。


    日刊ゲンダイDIGITAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000008-nkgendai-ent

    ▼写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20191018-00000008-nkgendai-000-view.jpg

    所長見解:錦戸め・・・

    【【悲報】新垣結衣と錦戸亮のゲスすぎる過去がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ