破局

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年9月にスイスへの“婚前旅行”が報じられた、三代目 J SOUL BROTHERS(以下、三代目JSB)のNAOTO(36才)と、カトパンこと加藤綾子アナ(35才)。

    「会えない時間が愛を育む」というが、2人は真逆の結末を迎えてしまったようだ。


    k


    「その時点で1年以上も恋人関係にあり、双方の事務所も交際を認めていました。
    加藤さんの周囲は、“このまま結婚するのでは?”と見ていましたが、この7月までに残念ながら別れを決断したようです」(カトパンの知人)


     
    カトパンはかねてから結婚願望を明かして、周囲にも「35才までに結婚したい」と話していたが、緊急事態宣言下の4月23日に35才の誕生日を迎え、「滑り込みゴールイン」とはいかなかったようだ。

    2人はまさに“コロナ破局”だった――。


     
    カトパンは『Live News it!』(フジテレビ系)でメインMCを務める人気キャスター。

    NAOTOはEXILEのパフォーマー兼、三代目JSBのリーダーという重責を負う。


     
    新型コロナの感染が拡大する中、キャスターのコロナ感染や、タレントの不要不急の外出がバッシングされていた時期で、2人は“会いたいけど会えない”という日々を過ごしていた。


     
    特にNAOTOが所属するLDHでは、感染者を出さないよう、厳戒態勢が敷かれていた。


    「今年は6年に一度の『LDH PERFECT YEAR』にあたる節目の年。
    年間300万人以上のライブ動員を予定していましたが、年内の168公演すべてを中止しました。
    その裏には、(EXILEのリーダー)HIROさんからの“非常事態だからこそ、タレントとして模範的な行動をとるべきだ”というメッセージがあったんです。
    NAOTOさんも当然、加藤さんに会いたいという思いはあったでしょうが、グループのリーダーとして、自粛を優先せざるを得なかったのだと思います」(芸能関係者


     
    新型コロナという苦難を乗り越え結婚へ、そんな可能性もあったはずだが、会えない日々は、次第に2人の心の距離も遠ざけた。


     
    「加藤さんは非常事態だからこそ、恋人とは近くで支え合って過ごしたかったはず。
    がまんを強いられる日々が続く中で、お互いの恋愛観の違いに気づいたのかもしれません…。
    2人の関係にも溝が生まれ、自然消滅に近い形だったようです」(前出・カトパンの知人)


     
    会えない恋人たちはどう愛を育んでいくのか――。

    コロナ禍では「新しい恋愛様式」も考える必要がありそうだ。



    https://www.news-postseven.com/archives/20200805_1584040.html?DETAIL 

    所長見解:あいつか・・・
    【【朗報】カトパンこと加藤綾子アナ、破局したってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの中居正広(47)が4日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。

    最近、ひとつの別れがあったことを報告した。
     
    CM明けに「このコロナの期間、出会いもなければお別れすることもできない。
    卒業式もできない。
    お葬式もできない。
    結婚式もできない」と話し出した中居。

    「そんな中、僕はひとつサヨナラをしました」としんみりした口調で長い報告をスタートさせた。

    n


    「う~ん。お付き合いでいうと、そんな長くなかったんですよね。
    8年ぐらいだったんすかね。
    う~ん。その8年間も、なんつーんだろ。
    あんまり…愛情を注いだわけでもないし、う~ん…。かわいがっ…。
    出会えた時はね、すんげーもうペロペロしてたんっすよ、もうほんっとに。
    出会えた時はもうほんっとにコイツなしじゃいられないぐらいだったんだけどもね。
    時期によってだとか、周期によったりだとか、もっと言うなら季節によってね。
    なんかちょっと遠ざけたり…う~ん…してて」と問わず語りでトークを続ける中居。

    大事なはずだったのに大事にできなかったことを切々と語り「その子とちょっと。
    8年の付き合いだったんですけども。
    お別れしたんです」と報告し、ためをつくった上で「バイクと」と続けた。

     
    そして「ちょっとね。かわいがってなかったです。
    ここ2、3年は全くっていうほどかわいがってなくて」と最近はその愛車に乗れていなかったことを明かし「春と秋しか乗んないんですよ。
    真冬とかは寒くて乗れないんですよ。
    だから寒いと乗らないぐらいの愛情だったんですよ」と趣味で乗り始めたバイクへの愛情不足を反省。

     
    「真夏。エンジンの熱さと信号待ちの暑さ。
    もうね、暑いと行くまでにもう本当にね、もう行くだけで除湿機が必要なぐらいビッチョビチョなんですよ。
    もう半端ないのね。
    15分、20分でもう結構な汗の量。
    だからそんな汗の量が気になるぐらいだったら乗るなぐらいなんだけども。
    もうちょっと愛情を注がなきゃいかなかった」とお金をかけてカスタマイズしながら大事にできなかったことを最後まで反省し、最後に記念写真を撮ってから売りに出したと明かしていた。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/23/gazo/20200524s00041000092000p.html
    所長見解:どやねん・・・

    【【衝撃告白】元SMAP・中居正広さん、約8年間付き合ったが破局した模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    剛力彩芽「洋服はお店で」 映画「お終活―」製作会見

     
    映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」(2021年春公開予定)の製作発表会見が、撮影地となった千葉県流山市のホテルで開かれ、俳優の水野勝と剛力彩芽、橋爪功、高畑淳子らが登場した。

     
    生きているうちに人生を整理し、新たな気持ちで残された人生に臨む「終活」をテーマにした映画。

    主人公の葬儀社社員を水野が、橋爪と高畑が熟年離婚寸前の夫婦、剛力がその娘をそれぞれ演じる。

    g


    剛力は久しぶりの映画出演。

    映画にちなんで「最近整理、清算したこと」を問われると、「洋服の整理をつい最近したばかり。
    洋服が大好きなので増えるんです」と答えた。

     
    かつて交際していた、インターネット衣料品通販大手ZOZOの創業者前沢友作氏に絡めて「ネット通販で買うのか」と踏み込まれると、「いえいえ、私はちゃんとお店に行って試着するのが大好きなので。
    試着をして、しっかり選んで買います」とかわした。

     
    東京から離れた場所での会見だったが、新型コロナウイルスの影響で芸能イベントが多数中止となったこともあり、多くの報道陣が詰め掛けた。

    橋爪は「山田洋次監督がこの様子を見たら、嫉妬するんじゃないか」と笑わせた。

     
    会見には他に共演の松下由樹、香月秀之監督が出席した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00000096-kyodonews-cul

    所長見解:否定・・・

    【【元ZOZO】剛力彩芽さん「私はちゃんとお店に行って試着するのが大好きなので。試着をして、しっかり選んで買います」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)が2年前まで住んでいた東京都港区のマンションで覚醒剤などを所持していたとして逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策5課は、現住所の渋谷区の自宅から押収した危険ドラッグ「ラッシュ」について、槇原容疑者の新恋人に事情を聴いていることが17日、分かった。


    槇原容疑者は2年前の事件で同棲していた所属事務所元代表の男性(43)とラッシュを使って行為をしていたと同課はみており、いまの新恋人とも同様の行為に及んだ可能性があるとみて、使用の有無を調べている。

     
    元代表はスポニチ本紙の取材に応じ「槇原容疑者に何度も覚醒剤を渡したことがある」と明かした。

    18年3月に逮捕された際に捜査員に「これは誰の覚醒剤か?」と聞かれ「それはマッキー(槇原容疑者)の」と答えたことについて「捜査員に槇原容疑者の部屋から出てきたという写真を見せられて“槇原のものじゃないのか?”と聞かれたので“槇原の部屋から出てきたということは、そういうことじゃないか”と答えた」と詳細を明かした。


    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000090-spnannex-ent


    no title

    所長見解:やろな・・・

    【【衝撃暴露】マッキーの元カレさん「何度も覚醒剤を渡したことがある」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    覚醒剤および危険ドラッグ所持の疑いで、槇原敬之(50)は2度目の逮捕となった。

    今回の容疑は、2018年にマンションの一室で薬物を所持していたというもの。

    その現場で共に暮らしていた元恋人が週刊新潮の取材に口を開いた。

    m


    件のマンションは、ドッグカフェなどが併設された港区の物件だった。

    9匹の犬を飼っていたこともある犬好きの槇原に打ってつけの住まいというわけだが、「そこでマッキーと一緒に暮らしていたのが元恋人だったんです」と解説するのは社会部記者。


    この元恋人は、かつて槇原の個人事務所社長も務めており、今回の槇原と同じ容疑で、18年3月に逮捕・起訴されてもいる人物だ。

    当の元恋人が語る。

    「自分はかつて新宿・歌舞伎町のニューハーフパブで働いていたことがあり、槇原とは恋人関係で一緒に暮らしていました。
    自分たちは99年8月に覚醒剤事件で逮捕された。
    槇原はその後、自分とは“もう二度と会わない”と決別を宣言していたんですが……」

     
    しばらくして、槇原から連絡があり、ふたたび一緒に暮らすように。

    薬物の使用も再開してしまったという。

     
    06年には個人事務所社長となり、公私にわたる槇原のパートナーとなった元恋人。

    だが18年3月、槇原から別れを告げられてしまう。

    「槇原に彼氏ができたんです。
    “だから別れよう”と言われました。
    新しい彼氏は30歳過ぎのちょっとポッチャリの体型で。
    二人は出会い系サイトみたいなところで知り合ったと思います」

     
    さらには事務所の社長も一方的に解雇されてしまい、失意のどん底に突き落とされることに。

    自暴自棄になった彼は薬物に溺れ、新宿をフラついていたところを職質され、これが先述した18年の逮捕となった。

    解雇からわずか4日後の出来事である。

     
    2人は破綻直前まで、今回の槇原の逮捕容疑の舞台となった港区のマンションで暮らしていた。

    この2年前に、あと一歩まで迫りながら叶わなかった「槇原逮捕」の実現。

    そこには、元恋人による警察への“接近”があった。

     
    2人の関係の終わりが、今回の逮捕劇を招いたといえる。

    2月19日発売の週刊新潮で、元恋人の証言をくわしく報じる。


    「週刊新潮」2020年2月27日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00609148-shincho-ent

    所長見解:それか・・・

    【【悲報】槇原敬之の元カレ「彼から別れを告げられた日」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ