石橋貴明

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年でコンビ結成40年を迎える『とんねるず』が、ついにテレビから消えそうだ。

    「唯一のコンビでの出演番組『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)の特別編が、ゴールデンウイークの特番として5月3日に放送されたのですが、世帯平均視聴率は第1部が8.5%、第2部が9.2%で、いずれも2ケタを割り込んでしまったため、“次はなくなった”とウワサされているのです」(芸能記者)


    t


    かつては民放キー局で複数のレギュラー番組を抱えていた2人だが、最後まで残ったフジテレビ系の冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が2018年3月に終了。

    石橋貴明がピンで深夜のトーク番組『石橋貴明のたいむとんねる』をスタートさせたが、わずか2年で終了した。

    「石橋は、さらに遅い時間帯、しかも関東ローカルという条件で『石橋、薪を焚べる』というレギュラーを何とか確保しましたが、木梨憲武に至ってはテレビのレギュラー番組は0本。
    土曜早朝のTBSラジオしかレギュラーの仕事がない状態です」(同・記者)

     
    とはいえ、一時はそろって高額納税者ランキングの常連だった2人。

    もう一生働かなくてもいいほどの蓄えがあるはずだが…。

    「金遣いも荒かったからね。
    一般人がイメージするほど残ってないのかも。
    その証拠に、とんねるずが売れているころは仕事をセーブしていた石橋の妻・鈴木保奈美と、木梨の妻・安田成美も仕事を入れるようになったからね。
    2人とも先行きに不安を感じてるのかもしれないよ」(民放関係者)

     
    精力的だった歌手活動の楽曲(全189曲)もサブスクリプションサービスで一斉解禁するなど、細かいもうけも気にしているようだ。

    「木梨は、親友の水谷豊から俳優業の仕事を回してもらったり、アートや歌手活動など多才だが、石橋は自分がメインの番組じゃないと出たくない。
    そのため、何度か特番に出演しているAbema TVに主戦場を移し、ユーチューバーデビューも狙っているそうです」(前出の芸能記者)

     
    いまだに解散説も流れるが、どちらが生き残るのか。


    https://npn.co.jp/article/detail/200004602

    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】『とんねるず』がテレビから消えるってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史が「石橋、薪を焚べる」(火曜・深夜0時35分)に出演した。

     
    同番組はMCの「とんねるず」の石橋貴明が、ちょっと話してみたいゲストを毎回迎え、じっくり語り合うトーク番組で“スローフード”という言葉があるように、味わうようにスローなトークを目指している。

     
    たき火を囲みながら石橋とトークを展開した岡村は、2010年に、約5か月間にわたって休養した時の心境を石橋から聞かれ「映画をやらしてもらって、やらしてもらったのはいいんですけど、自分がなんにもできてないというふうに思って、そういう仕事きたときもちゃんとできるようになっておかなアカンなと思って舞台をやろうと思って。
    舞台を計画して、でも、台本とか直しているうちに寝れなくなって、そっから一気に気持ちがバァー下がっていってしまって」と振り返った。


    m

     
    その時に「半年くらい休むってなった時に貴明さんから、また、やりたくなったらやったらいいし、ゆっくりしなさい、って貴明さんにも言われたんです、その時」と明かした。

    その上で「休むことがすごいイヤやったもんですから休みたくなかったし、でも休むことで気持ちが戻ってきた。
    もう1度ちゃんとこのお仕事をやりたいなと思いだした。
    ホンマはやめようと思っていたぐらいだった」と振り返り、石橋は「40ぐらいのときはくるんだよね」とうなずき「自分のできること、できないことがわかったし全部背負うとしんどくなると自分の中で分かったこと。
    あれがなかったら今もずっとピリピリしたままだったかも分からない。
    人間ぽくなったかも分からない」と明かした。

     
    さらに、休養後の自分について岡村は「全部を一生懸命やってしまっていたので、抜くとこ抜くということと、誰かに頼ることを覚えた」と話していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-05200023-sph-ent

    所長見解:あれな・・・

    【【衝撃告白】岡村隆史さん、あの休養の真相がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    毎週月曜23時から放送されているバラエティー『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が、3月で放送を終了することが決まった。

    同時に、4月からは火曜0時25分から同系列での新番組『石橋、薪を焚べる』がスタートすることも発表された。

     
    新番組は、「スロー・トーク」をテーマにしたトークバラエティーで、毎週訪れるゲストと、焚(た)き火を囲みながらさまざまなトークを繰り広げるという。


    なぜ石橋の番組は途絶えないのか

    「枠移動での番組リニューアルということですが、『たいむとんねる』も、終了することからわかるように、そこまで人気のコンテンツではありませんでしたから、終了はしかたないことかもしれません。
    とんねるずのレギュラーは現在0本、貴さんのレギュラーもこれ1本というのは、かつての大活躍ぶりからしたら、少し寂しい現状です」と、ある芸能記者は言う。


    t

     
    とんねるずは、'85年の『オールナイトフジ』から、『夕やけニャンニャン』、『ねるとん紅鯨団』『みなさんのおかげです』『ハンマープライス』『みなさんのおかげでした』などなど、特にフジテレビで長年にわたってトップを走り続けた人気コンビ。

    これらフジの番組ばかりでなく、日テレの『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』やTBSでは石橋が中居正広とコンビを組んだ歌番組『うたばん』など、お茶の間の顔であり続けた。

    『オールナイトフジ』(フジテレビ系)や『ザ・ベストテン』(TBS)では過激なパフォーマンスでカメラを転倒させたり、『みなさん~』では「仮面ノリダー」や「モジモジくん」「食わず嫌い王」「男気ジャンケン」などのヒット企画やコントを連発。

    『ねるとん』は、番組を飛び越して現在でも「ねるとんパーティー」として通用する、一般的な言葉にひとり歩きした。

    同番組では「ツーショット」「大どんでん返し」などの流行語も生んだ。


    「業界用語やスタッフネタなどの楽屋落ちを多用するのも特徴のひとつですね。
    スタッフを正式メンバーとして結成した、ダンスボーカルグループの『野猿』などもまさにその延長でした。
    とんねるずに憧れてお笑い芸人になったという中堅・若手も多く、影響力はダウンタウンに匹敵すると思います」(同芸能記者)

     
    番組が4月からも新たにスタートするというのは、やはりこれらの功績が大きいのだろうか。

    ある放送作家は言う。

    「もちろん一定の需要はあるはずですが、“つながり”という意味もありますね。
    タレントさんや事務所との関係性を途絶えさせないため、なんらかの形で番組が存続するということはあります。
    もっとも民放ですから、スポンサーがつかなければなんともならないところはあるのですが」

     
    前述したように、石橋は数多くの番組に出演していたため、たくさんの“つながり”があるということだ。

    また、スタッフも共演者も、とんねるず世代の人、またとんねるずを見て育った人も多いのが現状。

    スポンサーと枠さえ確保できれば、一緒に番組を作りたい、とんねるずが無理ならば石橋だけでも、という思いを抱く人が多いのではと、推測する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200309-00017367-jprime-ent&p=1

    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】とんねるず・石橋貴明さん、終了説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「もし、『たいむとんねる』が打ち切りとなれば石橋のレギュラーは0本になります。
    絵や音楽など多彩な活動をしている相方の木梨憲武(57)と違って、古い話ですが、『オールナイトフジ』(フジ系)のテレビカメラ転倒事件のように、無茶で乱暴な芸風だと思われているふしもある石橋は、いよいよ干されているのではないかとの見方もありますね」(芸能ライター)

     
    過去にダウンタウンとの不仲も噂されていた石橋。

    しかし2014年3月31日に放送された『笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号』(フジテレビ系)ではハプニング的に共演。

    大きな話題になっていた。

    d

     
    破天荒でイケイケ、というイメージの石橋だが、意外な一面もあるという。

    お笑いプロ関係者は話す。

    「『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の放送でも垣間見えましたが、石橋さんはとても男気があり、後輩芸人からかなり慕われていますよ」

     
    それは、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気コーナーだった、出演者が高額商品を購入する「買うシリーズ」で顕著だったという。

    2012年2月9日放送の同コーナーでは、タカアンドトシのタカ(43)がカー用品を約40万円分購入。

    しかしその後、とんねるずが納車祝いにとカー用品購入に使ったのと同じ金額をタカにプレゼントしている。

    さらに2017年2月9日の放送界では、おぎやはぎの矢作兼(48)が新婚旅行のため168万円のプランを購入させられそうになったが、最終的にはとんねるずが費用を負担した。

     
    前出のお笑いプロ関係者は語る。

    「もっと高額商品で、さらにカメラがまわっていないところでも、石橋さんの男気は発揮されています。
    2011年に、さまぁ~ずの大竹一樹さん(52)が、元フジテレビアナウンサー・中村仁美さん(40)と入籍した直後に、『買うシリーズ』で総額360万円もの指輪を購入することになったのですが、実は、収録後に石橋さんが大竹さんのところに来て、“これ、俺と憲武からのお祝いだから”と、番組で使った購入代金を全額プレゼントされたそうですよ」

     
    お笑いプロ関係者は続ける。

    「まさに後輩思いで、豪快な石橋さんのエピソードですが、後輩芸人がみな“カッコいい”と口をそろえるのは、“俺と憲武から”という部分。
    石橋さんはそうしたとき常に、木梨さんの名前も出し、“とんねるずとして”ということを強調するそうです。
    現在では、とんねるずは別々の仕事が多くなりましたが、2人は変わらずリスペクトし合い、仲も良好だとそうです。
    優しくて豪快、そして相方思い、石橋さんが後輩芸人から慕われるのは当然ですよね。

    現在の地上波のテレビで、石橋さんにちょうどいい番組、枠というのはないのかもしれません。
    ですが、今はネット含めた多チャンネル時代。
    まだまだ石橋さんの逆襲はあると思いますよ」


    https://taishu.jp/articles/-/72643?page=1

    所長見解:ええ人やん・・・


    【【干される】ダウンタウンと不仲の石橋貴明さん、山口智充さんがテレビから消える説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月18日発売の『女性自身』(光文社)が、とんねるず・石橋貴明がMCを務めるバラエティ番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)の打ち切りに関する記事を掲載し、話題を集めている。

    記事によれば、ギャラの高さや視聴率の低迷で、6月末に終了する可能性があるようだ。


    とんねるずと言えば過去、2018年まで続いた冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)も、一時人気が低迷したが、「男気じゃんけん」などのヒット企画で一度盛り返したとも言われている。

    その企画の生みの親と言われるのが、フリーディレクター・マッコイ斉藤である。

    彼は、ある飲み会でたまたま居合わせた石橋から「うちの番組、手伝ってくんない?」と声を掛けられ、『みなさん』のディレクターに参加することに。

    だが、しばらくして、そんなマッコイに対し、石橋が大激怒したことがあったという。

    t


    マッコイはフリーのディレクターであるため、ある時期、テレビ演出以外にも映画監督の仕事も請け負っていた。

    この時のことについて、彼はラジオ番組にて「フリーのディレクターというものは、どっかに仕事がないといけないので…。
    映画という調子に乗った世界で俺が監督なんて名前でやってたら“何調子乗ってんだよ”ってなるわけですよ。
    だから、言わないほうがいいと思って。
    しかも、丁度ロケが空いてたんで、うまくこれは撮れると思って」と、石橋に黙っていた理由を明かしている。


    だがある日、石橋は偶然、車で聞いたラジオにて、マッコイが映画監督をやっていることを知ってしまう。

    その頃、マッコイの映画撮影は順調に進んでおり、ついにクランクアップを迎えた。

    そして、映画関係者と乾杯する直前、石橋から着信があったという。

    しばらくスタッフと談笑した後、マッコイがトイレで留守電を聞くと、石橋が「テメェ、この野郎! 調子に乗って映画なんて撮ってんじゃねぇぞこの野郎! ぶっ殺すぞ、この野郎!」とマジギレしていたそう。


    石橋としては、『みなさん』だけに専念してほしいという思いがあったのかもしれない。
    その後、マッコイは「タカさんに隠し事はできねぇ」と思い、謝罪し、和解したとのこと。

    『みなさん』は、今でも多くのバラエティファンの心に残る番組だが、いつかまた、2人がタッグを組んだ新たなバラエティも見てみたいものだ。


    https://npn.co.jp/article/detail/200001476

    所長見解:どないやねん・・・

    【【ブチ切れ】とんねるず・石橋貴明さん「テメェ、この野郎!」「ぶっ殺すぞ!」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ