ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:石橋貴明

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    工藤静香、おニャン子の頃は「果てしなくやる気ゼロだった」

    歌手の工藤静香(48)が16日放送のフジテレビ系トーク番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜・後11時15分)初回にゲスト出演。
    15年ぶりの再会を果たしたMC「とんねるず」の石橋貴明(56)と熱いトークを展開した。

    k


    85年から87年にかけて放送された同局系バラエティー「夕やけニャンニャン」で共演していた石橋と工藤。
    おニャン子クラブのメンバーだった工藤は「あの頃はとんねるずの2人が怖くてしようがなかった」と、いきなり告白。

    石橋も「あの番組はいつの間にか、おニャン子の番組になっちゃって。
    辞めたくて辞めたくて、しようがなかった。
    (おニャン子メンバーにも)オマエらとしゃべるか!って思っていた。
    寄らば斬る!って感じで。
    オッパイもみたいくらいは思っていたけど…」と返した。

    当時16歳で大人気となった工藤だが、石橋が「あんまり、やる気なさそうだったよね?」と聞くと、「あの時はやる気ゼロだった。全然ゼロ。果てしなくゼロ。ソロデビューもいつの間にか決まっていた」と正直に振り返った。

    さらに石橋は「ソロで売れた頃、静香のポルシェに乗せてもらったら、ドライビングテクニックが男の子だった。怖かった」と明かすと、工藤は「(89年のヒット曲)『黄砂に吹かれて』の頃でしょ」と即答。
    おニャン子当時のファンについても「朝起きたら、自分が捨てたゴミが全部並んでいたり、本当にキモかった。
    私のマンションの前で私が捨てた生ゴミとかビンとか全部、並んでた。
    泊まったベッドでもシーツにティッシュがあったり、本当おかしくなりそうだった」と明かし、なぜか、石橋が「すみませんでした」と謝る場面もあった。

    「コンサートの後とか暴走族のファンが迎えに来てくれて、どっちの暴走族が(自分の送迎車を)先導するかでケンカしたりしていた。
    ケンカされてもイヤだったから、事務所の社長が止めていた」と明かした工藤。
    石橋も「ファンだけじゃなく、当時はテレビ局も誰でも玄関から入れるくらいセキュリティーが甘かった。
    TBSの玄関にあったグランドピアノとか持っていかれちゃったんですよ」と驚愕の事実を明かしていた。
     
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180416-OHT1T50171.html


    所長見解:おもしろかったね・・・
    【【衝撃暴露】工藤静香、おニャン子は「やる気ゼロだった」ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    およそ30年続いたフジテレビのバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了し、4月16日からは同局で新番組『石橋貴明のたいむとんねる』がスタートする。
    毎週月曜日の午後11時からという深夜枠のこの番組は、果たしてどんな内容なのか。

    t


    石橋は初収録後のスポーツ新聞の取材に対し「30年ずっと収録をやっていた木、金ではなく、火曜日に収録に来るようになった。
    スタジオも違っていて、こんなスタジオあるんだと思って」と新鮮な気持ちを語り、改めて木曜日と金曜日は何をしているのか問われると「ヨガの教室へ通う。ひまでひまで」とおどけた。

    新番組で石橋はミッツ・マングローブとMCを務める。
    “大人のノスタルジー”をテーマに毎回ゲストを招き、アイドル、テレビ、スポーツなど、ちょっと懐かしい時代を語り尽くすトーク番組だ。

    「石橋は現在56歳、ミッツは43歳。
    石橋はそれこそ何十年もこの世界の表舞台の先頭にいた人です。
    そしてミッツはアイドルとテレビ番組のオタク。
    このふたりのキャラクターと番組コンセプトから想像するに、フジテレビはもう30代以下の視聴者を切り捨て、ふたりと同じ年代をターゲットにしたマニアックなものにしようと決めたのでしょう。
    このふたりのコンビネーションはかなり期待できると思います」(テレビ雑誌編集者)


    最も石橋を輝かせることができる方法

    前述の取材において、どんなゲストと話をしたいか聞かれた石橋は「貴乃花親方を呼んで、ぜひいまの相撲界の話をしたい」と笑わせた。
    初回のゲストは工藤静香を予定しており、“イケイケだった1980年代のテレビ業界”をテーマに語り合うそうだ。

    この番組に対するSNSの反応はおおむね好意的だ。

    《バブル時代の懐かしい話をたくさん聞きたい》
    《フジテレビが全盛だったころの裏話を知りたい》
    《期待するのは暴露話。ネットを荒らして》
    《やはり昔のスポーツの話題が聞きたい》

    「1980年代を語らせたら、石橋の右に出る者はいないでしょう。
    むしろ、こうして昔を懐かしむという手法でしか、石橋を輝かせる方法はないのかもしれません」(芸能関係者)


    みなさんのおかげでしたの終了後、いくつか石橋にオファーがあったなかには『お笑いスター誕生』のような番組もあったようだが、石橋は「お笑いは審査するものではない」として断ったという。

    「石橋は、自分が世の中に出てきたのは秋元康氏をはじめ、いい出会いが連続したおかげだと思っています。
    おそらく深夜番組は、石橋が影響を受けたり、お世話になったアーティストやリスペクトする歌手を取り上げる、個人的趣向が強い番組になるでしょう」(同・関係者)

    若い世代は理解できないが、バブル世代にとってはたまらない番組になりそうだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-48839/


    所長見解:どうなんだろうね・・・
    【【新番組】30代以下完全無視!『石橋貴明のたいむとんねる』←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月22日に、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が最終回を迎えた。
    人気長寿番組、そして石橋貴明(56)、木梨憲武(56)の2人には、視聴者だけではなく芸能界からも惜別と感謝の声が相次いだ。

    では、“親族”はどのような気持ちなのかーー。
    石橋貴明の前妻との娘・石橋穂乃香(28)への直撃取材を試みた。

    ドラマや舞台などで女優として活躍する穂乃香は2017年、『うたばん』のロゴは自身が幼少期に書いたなど、父との思い出をテレビ番組で披露。
    また、現在は会員制のスナックでアルバイトをしていることも告白した。
    そこで、写写丸は穂乃香が勤務する都内のスナックを訪れた。

    no title


    ーー『みなおか』が最終回を迎えましたが、印象に残っていることは?

    「私よりも年上の俳優の方には、『とんねるずのファンでよく観ていましたよ!』って言われるんですけど、正直、世代ではないので、あまり観たことはないんです。
    世間では『みなおか』ロスとか言われているみたいだけど、いまいちピンとこない(笑)」

    ーー長寿番組なのに意外ですね。

    「あ、でも、小学生のころに母とハワイに住んでいたことがあるのですが、当時、番組のロケが現地であって、そのとき見学をさせてもらって、父と記念撮影をしたのは覚えています」

    ーー放送終了後に、お父さんとは何か話をしましたか?

    「メールで連絡を取り合ったり、直接会ったりもしていますが、父とは仕事の話をすることはありません。
    だから今回も特には何も。
    でも、最終回は録画して、このあいだ一人で観たんですけど、30年間も続けてきたのはすごいことだなって。
    私ももっと女優の仕事を頑張ろうって思ったし、あらためて父、カッコいいなって思いました」

    そう答えると穂乃香は、マイクを手に取り、最終回のエンディングで父たちが熱唱した『情けねえ』を歌い始めたのだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180403-00010002-flash-ent 


    所長見解:スナック・・・
    【【あの人は今】石橋貴明の娘「石橋穂乃香」 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    30代、40代の辣腕ディレクターは“敬遠”で「石橋貴明」の生き残る道

    t


    過去の栄光を知る者にとっては、屈辱の数字だったに違いない。
    「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系列)が3月22日、最終回を迎えた。
    その視聴率は9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)という驚愕の数字だったのは既報の通りだ。


    全盛期は前身番組の「とんねるずのみなさんのおかげです」だが、最高視聴率は1989年3月30日に記録した29.5%。
    20%台で当たり前だったのだから、1桁の視聴率は――時代には逆らえないとはいえ――やはり寂しい印象を受ける。

    身も蓋もない言い方だが、「とんねるず」の2人は、稼ぐだけ稼いだ。
    この後は引退に追い込まれても、生活に困ることはないだろう。
    とはいえ、石橋貴明(56)にも木梨憲武(56)にも、意地というものがあるはずだ。
    トップランナーの座は譲るにしても、このまま忘れ去られるのは絶対に認められないに違いない。


    30代、40代の辣腕ディレクターで『「とんねるず」と仕事をしたい』と思っている人は少数派でしょう。そういう意味では、石橋さんが再び脚光を浴びるのは難しいかもしれません」

    ところが、50代のベテラン・ディレクターやプロデューサーになると、「いよいよ俺たちが仕事をできる時代が来た」と意欲を燃やしているというのだから、まさに「捨てる神あれば拾う神あり」だ。

    もっとも「とんねるず」のファンにとっては悲報だろうが、“バラ売り”は必須条件だという。

    「コンビとしての商品価値は、やはり『みなおか』が証明した通りです。
    木梨さんが画家と俳優で活躍するなら、石橋さんはスポーツ番組のMC、キャスターが期待できます。
    帝京高校野球部に所属し、テニスとゴルフは相当な腕前だと聞きます。
    何よりスポーツ全般に相当な知識を持っているのはご存知の通りです。
    毎年、年始に放送されるテレ朝の『スポーツ王は俺だ!』は19年続く人気番組。
    となると、日テレ『Going!Sports&News』の上田晋也さん(47)さん、現在は降板しましたがTBS『S☆1』の田中裕二さん(53)、そしてトーク番組ですが今年1月からレギュラー放送が復活したフジテレビ『ジャンクSPORTS』の浜田雅功(54)さんのライバルになるかもしれません」

    問題は、どこのテレビ局が関心を示すかだ。
    上で日テレ、TBS、フジテレビの名前が出ているので、単純に消去法でいくとNHKかテレ朝、そしてテレビ東京となる。

    「『うたばん』や『MLB主義』で気心の知れたスタッフの多いTBSは可能性が高いでしょうが、個人的に見てみたいのはテレ東です。
    石橋さんがキャスターとして、スポーツ番組で司会を担当するわけです。
    ご存じの通りテレ東は、自由度が高いのが最大の魅力です。
    やんちゃなところのある石橋さんとは、相性が抜群のはずなんです。
    実際、オファーがあれば、石橋さんも関心を示すのは間違いないでしょう。
    懸念材料があるとすれば、ギャラの問題かもしれません。
    テレ東が熱意で口説き落とし、視聴率でNHKや他の民放にリベンジを成し遂げたら、面白いですけどね」

    それにしても、いまだにテレビ業界の内部から、これほどまで情熱的な「復活待望論」が出てくるのだ。
    まだまだ「とんねるず」の2人は“死ぬ”わけにはいかない。

    還暦へのカウントダウンが始まっているが、年齢に相応しい成熟した「とんねるず」は魅力的かもしれない。
    もう一花でも二花でも咲かせ、沈滞したテレビ界を活性化させてほしいものだ。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/03300955/?all=1


    所長見解:スポーツ系がいいね・・・
    【【番組終了】「石橋貴明」の生き残る道がコチラwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    とんねるず・石橋貴明(56)が1日深夜放送のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(深夜1時)に出演。
    お笑いコンクールの審査員について「絶対やらない」と断言した。

    t


    昨今「M-1グランプリ」や「キング・オブ・コント」などお笑いコンクールが数多く開催され、大物タレントが審査員を務めている。
    審査員を務める可能性について問われた石橋は「やんないですね。笑いは審査するものかい?実際に1位になったから、その人が売れる?2位とかの人が売れちゃったりするわけじゃん。点数つけるもんじゃないよね」とキッパリ。

    とんねるずもオーディション番組「お笑いスター誕生!!」に参加していたが、「京唄子さんとか鳳啓助さんとか(桂)米丸さんとか、多分分かってもらえてなかったもんね。
    そりゃ無理だよね。そんな方に18歳の部室でやってるようなことをやって」と回顧。
    「だけど、タモリさんと赤塚不二夫さんだけは何だか分かんないけどおもしろいよって。
    あの2人の褒め言葉で調子に乗ってしまったということ」と語った。

    その上で「(笑いは)やっぱ生き物だからね。無理ですよ。順番もあるし。やる技量がありません」と繰り返していた。


    所長見解:たしかに・・・
    【【不仲再燃】石橋貴明が松本人志批判「お笑いは点数をつけるもんじゃない、審査員も絶対やらない」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ