ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:矢口真里

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元「モーニング娘。」の矢口真里(35)が30日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演し、2度のスキャンダルについて語った。

    矢口は1988年、2期メンバーとして加入。
    全盛期には複数のCMに出演し、最高月収は数千万円!
    「両親に家をプレゼント」するほど稼ぎまくった。
    ところが05年に俳優・小栗旬(35)との連泊愛を写真週刊誌に報じられ、グループを脱退。

    y


    謹慎期間を終えてバラエティー番組に出演するようになったものの「気の利いたことが言えない」状態だった。
    そんな矢口を救ったのはお笑い芸人の有吉弘行(44)だった。
    矢口は「有吉さんが私を『ワイプモンスター』というあだ名をつけてくれたときに、ここで頑張れるんだと思った」と感謝した。

    タレントとして順調に活動を続け、11年には俳優の中村昌也(32)と結婚した。
    だが、2013年5月、自宅で元モデルの男性(現在の夫=今年3月に結婚)と不倫中に中村が帰宅して、はち合わせとなったと週刊誌に報じられた。
    矢口はすべてのレギュラー番組を降板し謹慎。中村とも離婚した。

    2度目のスキャンダルで「80%引退を考えた」と打ち明けたが、活動休止期間中に「彼が暴力団の一人」「高級風俗店で働いている」など様々な噂が流れたことから「自分の口で説明しなきゃいけない」と考え、14年10月に情報番組で復帰会見を行った。
    「デタラメやウソを否定した」と語る矢口だが、MCの松本人志(54)から「クローゼットに隠れていたのは本当?」と聞かれると「ハイ」と即答。
    自虐ネタでスタジオの笑いを誘った。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1111828/


    所長見解:ねばるね・・・

    【【ピストン】矢口真里 クローゼット不倫の真相がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元モーニング娘。のタレント・矢口真里(35)が、交際中の元モデルの一般男性と26日に再婚することが25日、分かった。
    矢口は自身がMCを務めるネットテレビ番組などで、「近々」に入籍すると話していた。
    26日が大安で日柄が良いこともあり、“予告”を実行する形となる。

    no title


    矢口は、2011年に俳優の中村昌也(31)と結婚。
    しかし、13年5月に自身の不倫が発覚し、同月に離婚した。
    今回の再婚相手はこの時の不倫相手だった。

    男性はモデルを辞めて、現在は一般企業で働いており、2人は約5年の交際を経てのゴールイン。
    矢口は31日に横浜市のパシフィコ横浜で開催される「遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2018」に出演予定で、ここでファンに喜びの報告をすることになりそうだ。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14484390/


    所長見解:やっとか・・・
    【【あれから5年】矢口真里、再婚ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの矢口真里(35)が10日、東京・東大駒場キャンパスで行われた『BranCo! 2018』で講演。
    2013年5月に不倫騒動を起こした際に「人生を終わらせようかと思った」と明かし、「生きていたらいいことある」と話した。

    テーマは「矢口真里は、笑わせているのか? 笑われているのか?」。
    講演は博報堂の滝口勇也氏が考えたさまざまな説を矢口にぶつけるかたちで進行し、矢口は「基本、言えないことはない」と宣言した。

    滝口氏から「背の高い人が好き?」と聞かれ、「私は145センチしかないので、みんな背が高い。よく高身長好きと言われるんですけど170センチ未満の方とお付き合いしたこともある。実は、そこじゃない。顔なんです。顔が一番」と力説し、観客を笑わせた。

    「(不倫)報道がわかった瞬間、絶叫した説」を提示されると、「絶叫はしなかったです」という。
    報道はテレビで知ったと言いながらも「そのへんの記憶がほぼない。大パニックです」と状況を振り返った。

    続いて「人生が終わったんじゃないか説」については「終わらせようかなと思った。親がいるから踏みとどまれたぐらい。それぐらい周りが見えなかった」と驚きの発言も。
    そこまで追い詰められながらも芸能界で再び生きていく決意を固めたのは「私は芸能人で、こうやって言える。言えずに人生を終わらせる方もいるかもしれない。だから『生きていたらいいことあるよ』っていうメッセージを含めて、まだ活動をしていきたい。そういう裏テーマもある」と説明した。

    明石家さんまの「生きてるだけで丸もうけ」という言葉を例にあげ、「本当にいい言葉だなって思う。失敗することがあっても生きてるだけで面白いことも絶対ある。助けてくれる人もいる。その瞬間は見えないけど、周りも見えてくる。それを伝えられたらいいなと思っている」と熱く語っていた。

    そんな思いもあり「失う物はない」と断言。
    「最近さらけ出しすぎて、ネタがなくなってきた…」「あの騒動って実は5年前。もう、こすりすぎて何もない…」と話して笑わせるほど。
    ただ、前出の追い詰めれた話については「重い話をしちゃうと笑えない。さっきの話は私の中で減点です。人の人生の悪いことって、あまり聞きたくないじゃないですか。明るいことを聞いて『私よりはマシだな』とか思ってもらえるほうがいいかな」と反省。
    「笑うことによって幸せって呼び込める。たくさん笑って自分の人生の豊かさを作っていくのはアリかな」と話し、“笑う”“笑わせる”の枠から飛び出した“自分が笑う”という答えを提示した。

    no title

    https://www.oricon.co.jp/news/2107255/full/ 


    所長見解:懐かしいな・・・
    【【あの人は今】矢口真里「人生を終わらせようかなと思った」←はい、コレwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ある日突然芸能人を襲う“ドッキリ企画”。
    しっかり良いリアクション見せて好感度に繋げる人もいるが、本性を見せて視聴者をがっかりさせてしまう芸能人も少なくない。


    ●広瀬すず

    例えば大人気女優の広瀬すず(19)。
    透明感あふれる清純派女優としてお馴染みで、2019年春のNHK連続テレビ小説『夏空-なつぞら-』のヒロイン役も決まっている。
    今後もさらなる飛躍が期待される国民的ヒロインだが、以前『そこホメ!?』(フジテレビ系)でのドッキリ企画で“行儀の悪さ”が露呈してしまい話題に。

    s


    この日番組では彼女の“サツマイモ愛”を検証するべく、ケータリングに大量の芋料理を用意して広瀬の反応をうかがった。
    ところが楽屋裏に設置された隠しカメラには、脚を組んで「うまっ!」と連呼しながら料理を食べる広瀬の姿が。
    普段のイメージとギャップのある食べ方に、ネット上では落胆する声が相次いでいる。
    今回は彼女のようなドッキリで視聴者をドン引きさせてしまった芸能人を紹介していこう。


    ●小宮浩信

    まずは三四郎の小宮浩信(34)。
    もともと“クズキャラ”としてお馴染みだが、彼は以前ドッキリ企画で大御所俳優に生意気な態度をとってしまった。
    今年2月に放送された『金曜☆ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)でのことで、番組では「芸能界の大先輩・中尾彬(75)と楽屋で2人きりになったらどうする?」という企画が行われている。

    中尾が楽屋に“挨拶”に来てくれるという設定なのだが、いきなりの大御所登場に小宮は「何っすか?」とたずねてしまう。
    さらに終始嫌そうな顔をみせ、中尾が退出した際に小宮は「何だアイツ…」とこぼした。
    ちなみに後日小宮には“お仕置きドッキリ”も仕掛けられており、“謝罪を要求している”という設定の中尾に謝りに行っている。
    しかし現地にいたのはモノマネ芸人・ホリ(40)で、顔が見えない襖ごしに「部屋に入る前にちゃんと謝罪するのが筋だろ」と圧力。
    これには小宮も「すみませんでした!」と膝をついて謝っていた。


    ●永野

    お次はピン芸人の永野(43)。
    歌ネタで一躍脚光を浴びた芸歴22年のベテランで、バラエティー番組などでは幾度も派手なリアクションを見せてきた。
    しかし2016年6月の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)では、普段と少し様子が違うリアクションを見せ話題に。

    永野は同番組で“落とし穴”に落とされたのだが、「気持ちわる! なんすかこれ?」と若干不機嫌そうな態度をとってしまう。
    さらに木梨憲武(55)が「怒ってんの?」と訪ねると、永野は「ちょっと怒ってますね… ナメられてるな俺」と対応。
    このような態度をとった理由について、永野は「プライベートかと思いました」「プライベートでバカにされたと思って」と語っていた。


    ●矢口真里

    最後は元モーニング娘。の矢口真里(34)。
    彼女は今年5月の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)でドッキリを仕掛けられ、遠野なぎこ(38)と“ガチな”口論を繰り広げてしまった。

    この日は「説教食らった後にカラオケで『恋のダンスサイト』歌われてもさすがに『セクシービーム』入れづらい説」が検証されたのだが、仕掛け人である遠野が「ちょっとお勉強不足な部分を自覚した方が」と説教。
    すると矢口は「何でそんなこと言われなきゃいけないんですか?」と返し、“テレビではお見せできない”という理由で早送りされてしまうほどの喧嘩に発展してしまう。
    結果、ネタ晴らしが終わった後も2人は大号泣してしまい、視聴者の間で“放送事故”と話題に。
    気の強い女性2人の戦いにドン引きしてしまったようだ。

    http://tocana.jp/2017/12/post_15355_entry.html


    所長見解:テレビでしょ・・・
    【【広瀬矢口】ドッキリで超生意気な姿が露呈した芸能人ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能人の不倫報道が相次ぐ昨今、パートナーや世間を裏切る行為に怒りを感じる人もいるだろう。
    中には「この人だけは許せない!」と思う人もいるはず。

    そこでしらべぇ編集部は、全国20~60代の男女1,354名を対象に「不倫報道のあった女性芸能人」の中から「許せない」と思った女性について、複数回答で調査を実施。
    以下、トップ5を紹介しよう。

    ■第5位:マギー(14.5%)

    モデルでタレントのマギー(25)が5位にランクイン。
    ことし1月に、パンクバンド『Hi‐STANDARD』の横山健(48)不倫疑惑が報じられた。
    しかし、マギーは釈明もしておらず、完全なスルー状態だ。
    そこへ怒りを感じている人もいるだろう。

    おもに30代女性の票が集まり、2割を超える結果に。


    ■第4位:ベッキー(26.7%)

    タレント・ベッキー(33)が4位に。
    昨年1月、バンド『ゲスの極み乙女』ボーカル・川谷絵音(28)との不倫が報じられた。
    この騒動は「ゲス不倫」と呼ばれ、大きな注目を集めた。

    これまで元気で清純なキャラとして活動していただけに、不倫のショックは大きかったのだろう。
    50代男性、60代女性の4割近くが怒りを感じているようだ。


    ■3位はW不倫が話題になったあの女優

    女優・斉藤由貴(51)が第3位にランクイン(36.3%)。
    ことし8月に、開業医の男性とのW不倫が報じられた斉藤だが、W不倫であったことや子供がいることが世間から怒りを買った理由か。

    おもに女性からの票が伸び、40代女性の4割や5、60代女性では約5割が怒りの声をあげている。


    ■第2位:上原多香子(41.7%)

    2位は「SPEED」元メンバーで女優の上原多香子(34)。
    14年に自死した「ET-KING」メンバー・TENNさん(享年35)の存命中に俳優の阿部力(35)との不倫疑惑が報じられ話題になった。

    報道によれば、TENNが亡くなった理由には上原の不倫が関係しているともいわれており、それも怒りにつながっているのだろう。

    5、60代女性の4割、3、40代女性の5割が「許せない」と回答。
    また男性の場合では2、30代の4割も該当した。


    ■第1位:矢口真里(47.1%)

    y


    『モーニング娘。』元メンバー・矢口真里(34)が1位に。
    元の夫である中村昌也(31)との結婚生活の中、13年に元モデルの男性と自宅で行為を行っていたと話題になっていた。

    かつて国民的アイドルとして人気者だっただけに、落胆したというファンも多かっただろう。
    女性の場合では50代が6割、その他の年代でも5割が「許せない」と回答。
    男性では20~40代が3割、5、60代では4割が怒りをおぼえているようだ。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171023-68281846-sirabee


    所長見解:不倫多いね・・・
    【【ゲス不倫】「許せないと思った不倫報道の女性芸能人」ランキングってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ