真木よう子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h


    真木よう子って胸でかいよなww

    エッッッッッ
    所長見解:ええな・・・

    【【検証画像】真木よう子、胸でかい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    b



    真木よう子、でかすぎる



    所長見解:ええで・・・

    【【検証画像】真木よう子、でかすぎる問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    気難しい女優たちの扱いを間違ってはいけない──。

    そのための「トリセツ」がある。

    たとえば、ドラマ「SUITS」(フジ)で、織田裕二との「27年ぶり月9共演」が話題になった鈴木保奈美(52)。

    その撮影現場が凍り付く事件が勃発したという。

    ドラマ関係者が証言する。

    「鈴木さんがスタッフたちと談笑している時でした。
    共演中の女優・中村アンが、鈴木の背後から近づいて挨拶しようとしたのですが、鈴木さんは完全無視したんです。
    周囲も『えっ!?』と固まってしまって…。
    中村は苦笑いしながら退散していきました」

    スタッフとの会話に夢中で気づかないワケではなく、はた目にはあえて“眼中にないというポーズ”を取っていたように感じられたという。

    だが、ベテラン芸能記者いわく、これは“鈴木保奈美の現場あるある”らしいのだ。

    「鈴木は出産と育児を経て本格的に芸能界に復帰した10年頃から、自分より若い女優への当たりがキツいことで知られています。
    自分は女優一本でここまでやってきた、という強烈な自負のせいでしょう。
    特に中村のように、モデルなどもこなす“兼業女優”に対しては『私と同列にしないで』との思いがあるはずです」

    “修羅場ストーリー”が突然始まらないよう、このトリセツを遵守すべし!

    〈鈴木保奈美さまに若手女優を近づけてはなりません〉

    h


    鈴木ほどキャリアがなくても、黒木華にもこんな「トリセツ」が…。

    〈黒木華さまが主演の作品では、他と差をつけたVIP待遇が必須です〉


    さらに真木よう子にいたってはこうだ。

    〈真木よう子さまより大事なお客様はいません〉

    〈真木よう子さまとは入念な打ち合わせが不要です〉

    他の女優の「トリセツ」も含め、詳細は12月11日発売の「週刊アサヒ芸能」12月20日号でレポートされている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1605573/

    所長見解:ややこしな・・・

    【【取扱説明書】有名女優たちの「トリセツ」がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の真木よう子2000年から所属していた芸能事務所『フライングボックス』を、1月限りで退社していたことが分かった。

    真木はすでに撮影済みの出演映画『孤狼の血』(5月公開予定)と『焼肉ドラゴン』(初夏公開予定)がそれぞれ公開を控えている。
    それ以外の仕事としては、かねてより希望している女子格闘家のデビューもいよいよ現実になりそうだという。

    m


    「真木は本格的に総合格闘技の練習でジム通いしており、かなりの実力の持ち主でもあります。
    総合格闘技イベント『RIZIN』を会場で観戦したり、かなりマニアックなキックボクシングの大会をサポートするなどもしているのです。
    昨年、ツイッターでもRIZINへの参戦を聞かれ、《したい…です笑》と半分本気で返信していました。
    RIZINは女子格闘技に力を入れており、早ければ今年の大みそかのデビューもあるとみています。
    関係者はすでに接触していて、真木も乗り気だそうですから」(格闘技関係者)

    https://myjitsu.jp/archives/42862


    所長見解:どこへ・・・
    【【独立退社】女優・真木よう子が女子格闘技参戦ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「かねてより独立のうわさがささやかれていた真木さんですが、じつはすでに所属事務所『フライングボックス』を辞めているんです。
    もともと事務所との契約は昨年12月23日で満了することになっていました。
    真木さんはそのまま契約を更新しなかったんです」(テレビ局関係者)

    昨夏からトラブル続きで何かと世間を騒がせてきた、女優の真木よう子(35)。
    順風満帆な女優人生を送っていた彼女に“変調”が訪れたのは、昨年7月だった。
    ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の主演に起用されたが、最終回までの平均視聴率は4%台と低迷が続いた。
    真木はツイッターに“土下座動画”を投稿するなど必死のドラマPRに励んだものの、ドラマはあえなく第9話で打ち切りに――。

    そんなさなかに「コミックマーケットでフォトマガジンを販売する」と宣言して製作資金をクラウドファンディングで集め始めたのだが、これにも批判が殺到。
    さらに11月には、出演予定だった映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』から、撮影直前での異例の降板も発表された。
    事務所側は「体調不良のため」と説明したが――。

    「心ないバッシングに、たしかに真木さんは弱っていました。
    一時は激やせして、顔面蒼白。
    心身共に相当なダメージを受けている様子でしたが、仕事への意欲だけは失っていませんでした。
    体調も戻りつつあったんです。
    ところが、いつの間にか映画を降板することになってしまいました」(真木の知人)

    だが、世間から見れば、相次ぐトラブル直後の映画降板だけあって、「本当は、真木本人が“ドタキャン”したのでは?」と疑う声が噴出する結果になった。
    いったい、女優・真木よう子に何が起きているのか――。

    m


    一連の騒動の背景にあったのが、前所属事務所となった『フライングボックス』との長年に渡る“泥沼”契約トラブルだった。
    中学卒業後の98年、両親の反対を押し切り、俳優養成所『無名塾』に入塾した真木。
    00年に退塾した後、彼女は『フライングボックス』を新たな所属事務所に選ぶ。
    以降、両者は二人三脚で歩んできたはずだったが……。

    「じつは、真木さんは10年以上前から、所属事務所との関係に悩んでいました。
    いちばんは待遇面での不満。
    事務所を信頼して、彼女は契約を更新する際も、言われるままにサインして、すべて任せてきたそうです。
    ところが、あるときあらためて自分の契約を見返してみたら、『えっ、これだけ?』となって……。
    真木さんからすれば、ギャラの額そのものではなく、信頼してすべて任せていたことを“騙された”と感じてしまったのでしょうね」
    (前出の知人)

    この数年は、契約更改のたびに真木と事務所の間でもめる状態になっていたという。
    そして昨年、前述のトラブルが続発したことで、真木は追い詰められることとなった。
    このことも、事務所との関係をさらに悪化させたという。

    「“コミケ騒動”の際には、真木さんはツイッターなどで批判的な人たちから直接叩かれることになりました。
    こういうときに女優を守ることこそ所属事務所の役割なのに……。
    ただでさえ、これまでの待遇が腑に落ちなかった真木さんは、一気に事務所への不信感が募ってしまったようです」(前出の知人)

    10年間たまりにたまった“怒り”が爆発し、ついに事務所を離れる決断を下すことになった――。

    「昨年9月ごろから、事務所との話し合いが何度も行われました。
    真木さんの退社の意志は固かったとはいえ、最終的に事務所を辞める手続きが完了したのは年明けにずれこみました。
    まだ3社ほどCM契約が残っているようですから、それがすべて終わる今年7月以降に、名実ともに“独立”することになるでしょう」(事務所関係者)

    今回の真木の独立と“契約トラブル”について、前所属事務所に確認を求めると、電話口で「えっ……」と絶句したきり、期日までに回答はなかった。
    真木の代理人を務める弁護士にも連絡を取ったが、「取材にはお答えできません」とのことだった。

    「今後のことはまだ決まっていないようですが、独立後は事務所を通さず、個人として女優活動をしていくことになりそうです。
    彼女の演技力は誰もが認めるところ。
    独立は仕事の幅を広げるチャンスと、本人も前向きに考えているはずです」(前出の知人)

    一皮むけた“新生・真木よう子”として、ふたたび輝くことはできるか――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180130-00010001-jisin-ent


    所長見解:痩せてたもんね・・・

    【【炎上降板】真木よう子 事務所から独立ってよwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ