相棒

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日の人気ドラマ『相棒』の次なるキャストに注目が集まっている。

    といっても、今回は相棒役ではなく、小料理『花の里』の女将の話だ。

    これまで女将をやっていたのは、月本幸子役の鈴木杏樹。

    花の里の二代目女将を引き継いだ。

    「幸子は過去に犯歴があり、それに木下右京(水谷豊)も関わっている。
    そこで出所後、幸子の人柄を買って、継ぎ手がいなかった『花の里』の女将にしたのです」(ドラマライター)

    しかし幸子には「若者達のために資格を取って支える仕事に就きたい」という夢があった。

    右京と冠城亘(反町隆史)と相談の上、幸子の意思が尊重され、温かく送り出されることになった――。

    「『花の里』は女将1人の店ですから、彼女の旅立ちで一時閉店となりました。
    気になるのは三代目の女将は誰になるのかということ。
    今のところ、まだ女将候補は伝わっていません」(同・ライター)

    k


    様々なキャストが噂されているが…

    ファンの間でウワサされているのは、三代目相棒、成宮寛貴演じる甲斐亨の恋人だった笛吹悦子役の真飛聖だ。

    「甲斐は犯罪者だったという結末でした。
    悦子はキャビンアテンダントをしていましたが、甲斐が捕まると同時に白血病になってしまい入院。
    しかし、治療は順調だというシーンもあったので、『花の里』で甲斐の出所を待つ想定も考えられる。
    甲斐の出所で〝成宮電撃復帰〟なんていう展開が実現したら、ファンも大歓喜でしょう」(同)

    シーズン16の第9話に登場した、キッチンカーでお弁当を売る新崎芽依役の朝倉あきの名もウワサされている。

    彼女は『花の里』の調理場を借りたこともあり、勝手も知っているというのだ。

    ただ彼女には人の顔を覚えられない〝相貌失認〟という症状があるのが難点か。

    「今、水面下で囁かれているのは、ドラマに関係ない意外なキャスト。
    画ヅラで有力視されているのが武井咲です。
    眼鏡のCMではクラブのママとして出演中。
    見事な〝お水っぷり〟が評判ですからね」(テレビ雑誌編集者)

    さらに話題性としてナンバーワンなのが剛力彩芽だという。

    「私生活はさておき、心に傷を負ったワケあり役という設定ならうってつけでしょう。
    例えば大金持ちのおっさんにカネ目当てで接近したものの、結局は捨てられ、一からガンバる女将なんてのはピッタリだと思いますね」(同・編集者)

    〝相棒役〟の方も反町から変わるとのウワサがある。

    女将役ともども楽しみだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1748312/

    所長見解:剛力・・・
    【【大抜擢】ドラマ『相棒』小料理屋の新女将がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日の人気シリーズ『相棒』で、小料理屋「花の里」の2代目女将月本幸子を演じる鈴木杏樹(49)が、20日で最終回を迎えたシーズン17を最後に『相棒』から卒業する。

    鈴木が初めて『相棒』に登場したのは、2006年のシーズン4で放送された「ついていない女」が初めて。

    その後、シーズン6の「ついている女」「狙われた女」にゲスト出演し、シーズン10の「つきすぎている女」から、水谷豊(66)演じる右京が通う小料理屋の2代目女将(初代は高樹沙耶)としてレギュラー出演するようになった。

    以来、事件解決後の右京を癒す存在として、13年間にわたり出演し続けていた。

    m


    「『相棒』は、もともと水谷豊と寺脇康文(57)のコンビで始まったのですが、寺脇はシーズン7の9話で降板。
    その後、水谷の相棒は、及川光博(49)、成宮寛貴(36)、反町隆史(45)とコロコロ変わっています。
    彼らの降板理由のほとんどは、番組のすべてを仕切る水谷についていけなくなったからという説がもっぱらです。
    今回の鈴木の降板も、同じ理由なのではないかとささやかれていますね」(芸能記者)

    水谷は、今や『相棒』の絶対君主的な存在。ドラマ制作会社関係者はこう話す。

    「演出や他人の演技にも口を出すだけでなく、場合によっては台本そのものを変えてしまう。
    監督もプロデューサーも水谷には逆らえないので、現場は戦々恐々としているようです」

    そんな中、鈴木は水谷に非常に気に入られており、水谷は「シリーズが存続する限り今の役を続けてほしい」と望んでいたといわれるのだ。

    「2015年3月に女性セブン(小学館)が報じていましたが、それまで“寒さを出すのもリアリティ”と共演者に語っていた水谷が、鈴木に対しては“風邪をひくといけないから出番まではストーブの近くにいなさい”と声をかけていたことがあったそうですよ。
    家族ぐるみのつきあいだそうですが、鈴木が大のお気に入りだったのは確かでしょう。
    水谷が鈴木を構いすぎて、それが彼女には重かったのかもしれませんね。
    それに耐えきれなくなったための降板、といわれていますね」(前出の芸能記者)


    鈴木が『相棒』降板とほぼ同時に、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ)金曜メインパーソナリティを卒業することから、一部では「重病説」も出ていたようだが、4月から始まる広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』への出演が発表され、ファンはひと安心している。

    「『相棒』で鈴木が演じていた女将は、過去に何度も事件に巻き込まれる“ついていない女”でした。
    もしかしたら鈴木は、そんな “ついていない女”というイメージを払拭したかったのかも。
    朝ドラで心機一転、新しい鈴木杏樹が見られるなら、それはそれで喜ばしいことかもしれませんね」(前同)

    鈴木が去った『相棒』だが、次のシリーズではまた新しい「癒しの女将」は登場するのだろうか。

    今度は逃げられないように気をつけて!?


    http://dailynewsonline.jp/article/1740349/
    日刊大衆

    所長見解:もうね・・・
    【【大物俳優】水谷豊『相棒』での傍若無人問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    成宮は2016年12月2日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で違法薬物・コカインを使用したとの疑惑が報じられ、事実無根と否定するも、結局、同月9日に芸能界引退を表明した。

    現在はオランダに移住し、芸能活動は行っていないが、本名の〝Hiroshige〟でインスタグラムを開設している。

    「成宮が突然引退を表明したのは、10年来にわたって付き合っていた男性に裏切られ、人間不信に陥ってしまったから。
    薬物使用に関して疑惑は残っていますが、実際に逮捕されたわけではないので、芸能界復帰に障害はありません。
    告白本の出版やテレビ特番出演の話も水面下で進められているようで、近いうちに何らかのアクションがあるかもしれません。
    最近はインスタグラムの更新も頻繁に行っており、これを復帰の〝伏線〟と見る向きもあります」(芸能記者)
     
    b


    中卒でアルバイトをしながらオーデションを受け、弟の弁当を毎日作って学校に行かせていたという苦労人の成宮。

    その人柄の良さは、共演俳優に厳しい水谷豊も認めるところ。

    来年公開が予定されている劇場版『相棒』で芸能界復帰する可能性はかなり高そうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1715339/

    所長見解:どうかな・・・

    【【あの人は今】成宮寛貴、新作劇場版『相棒』に電撃出演説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    及川光博、檀れいが離婚発表「仕事に集中するあまり、時間的にも精神的にもゆとりが持てなく」

    歌手・及川光博(49)と女優の檀れい(47)が28日、離婚したことを発表した。

    d


    所属事務所を通じて報道各社にファクスを送付し、連名で「本日離婚届を提出しました」と報告した。

    所属事務所によると、及川はこの日都内の区役所に離婚届を提出。

    慰謝料、財産分与はなく、離婚に関する会見の予定もないという。

    2人は直筆の名前入りの書面で「この度、及川光博と檀れいは11月28日円満に離婚したことをここに報告させていただきます」とコメント。

    「それぞれの未来のために二人でよく話し合った結果、本日離婚届を提出しました」とした。

    「出会いから9年、2011年7月に夫婦となってから7年間、共に学び、支えあい、仲良く過ごしてまいりましたが、互いが仕事に集中するあまり、時間的にも精神的にもゆとりが持てなくなってしまったのが実情です」と説明。

    「共に表現者として尊重しあい、笑顔で出した結論です」とし、「今後も努力し精進してまいりますので、どうか温かく二人を見守っていただけますようお願い申し上げます」と結んだ。

    2人は2009年秋に及川がレギュラー出演していたテレ朝系ドラマ「相棒 season8」に檀がゲスト出演したことがきっかけで出会い、交際を開始。

    11年7月27日に結婚していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15660032/


    所長見解:ふみは・・・

    【【熟女好き】及川光博が離婚 檀れいをいらないならくれ! 本当は壇蜜がいいけど、最悪檀ふみでいいや。←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7日放送のテレビ朝日系ドラマ『相棒 Season17』の4話で、“シャブ山シャブ子”という強烈すぎる名前のキャラクターが登場し、「演技が怖すぎて話の内容が全く入ってこない!」「これはトラウマになる…」とネット上が騒然とした。
    トレンドワードにも入り、現在も話題となっている。

    シャブ山シャブ子は名前の通り覚醒剤中毒者で、髪はボサボサ、目の焦点があっておらず、服もタンクトップに短パンと明らかに異様な雰囲気の女性だ。
    番組終盤に登場し、日中の公園で電話している生活安全部の刑事・百田(長谷川公彦)にフラフラと近づいてきて、右手に持っていたハンマーでいきなり百田を襲撃する。
    何度も殴って百田を殺した直後、発狂したように「ワハハ!」と奇声を発しながらうろついた。

    no title


    次は取調室でのシーンとなるが、名前を聞かれると「シャブ山シャブ子です!17歳です!」と不気味なテンションで回答する(実際の役名は西田信子で年齢は43歳)。
    出演はここまでで、時間にしてわずか1分ほどだったが、強烈なルックスと暴行シーンの怪演、そしてインパクトの強すぎる名前で視聴者の心に大きな印象を残した。

    放送直後から

    「ジャブ山シャブ子死ぬほど怖かった…」
    「シャブ山シャブ子のせいで最後のほう全然頭に入ってこなかった」
    「出演自体は1分くらいなのに、絶対に忘れられない」

    など反響が続々。

    トレンドワードの上位にも入り、角田課長役で出演する山西惇も「シャブ山シャブ子、トレンド入り!?」とつぶやくなど、大きな盛り上がりを見せている。

    なお、シャブ山シャブ子こと西田信子を演じたのは、女優の江藤あや。
    自身のTwitterで反響をリツイートしている。

    https://www.oricon.co.jp/news/2123061/full/

    所長見解:すごい・・・

    【【これはすごい】シャブ山シャブ子 ←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ