相撲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【横綱・日馬富士暴行】
    解雇を含む厳罰に課される可能性も 協会内も一枚岩でなく解明は待ったなし

    横綱にあるまじき暴行は、場所のさなかという最悪のタイミングで明るみに出た。
    日馬富士関は場所前に起こした問題を抱えたまま、2日間も土俵を務めたことになる。
    国技の信用が再び地に落ちかねない。

    h


    横綱の暴行によって、貴ノ岩関がけがをしたのは先月26日。
    師匠の貴乃花親方は数日後、鳥取県警に被害届を提出したが、日本相撲協会執行部に報告することはなかった。
    協会側の説明では、今月2日に県警から連絡を受け、初めてトラブルの存在を知った。

    鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)が3日に伊勢ヶ浜、貴乃花の両親方から電話で事情を聴いたが、いずれも「分からない」という趣旨の返答だったという。

    横綱の暴行は刑事事件に発展する恐れもあり、解雇を含む厳罰を科され、廃業となる可能性さえある。
    事態の深刻さを理解できていなかったとすれば、協会も両親方も脇が甘いとの批判は免れない。

    複数の関係者によると、酒席には白鵬関、鶴竜関の両横綱をはじめモンゴル出身力士の多くが参加。
    貴ノ岩関の「もう、あなたたちの時代ではない」といった趣旨の発言に、日馬富士関が激高したという。

    春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、貴乃花親方は被害届について「取り下げるつもりは今のところない」という。
    ある協会幹部が「貴乃花親方はどこへたどり着きたいのか分からない」と漏らすように、問題の経緯には不可解な点も多い。
    協会による事実の解明は待ったなしだ。

    八百長や野球賭博問題などから立て直してようやく人気は回復したが、協会内が一枚岩になりきれていない現状も露呈した。
    21年ぶりとなる1年間全日程で大入りが確実な盛況に、身内同士のトラブルで冷や水が浴びせられた。

    http://www.sankei.com/smp/sports/news/171115/spo1711150004-s1.html


    所長見解:引退なのかな・・・
    【【引退必至】貴ノ岩関の「もう、あなたたちの時代ではない」日馬富士関が激高ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲・貴乃花親方(45)と元フジテレビアナウンサー・河野景子さん(52)の長男で靴職人の花田優一(22)が、オーラルケア会社シャリオンが選ぶ『BEST SHINIST 2017』を受賞し、7日に都内で行われた授賞式に出席した。

    靴職人として表舞台に出続けている花田だが、父親が平成の大横綱ということもあり、メディアに引っ張りだこ。
    そんな状況を「靴職人が出てくるな」という、やっかみの声もある。
    花田自身も「批判の声もある。賛否両論、叱咤激励いただく」と否定しなかった。

    それでも、強い気持ちでメディアへの出演を続ける。
    「自分の信念としては靴職人という肩書を語らせていただいている自分が、公の場に出ることで、今どこかでテレビを見ている子ども達が、サッカー選手に憧れるように靴職人になりたいなという子がなるべく多く増えればいいなと思っている」と主張。
    「どんなに批判をされようと止める気はない」と断言した。

    また、今年6月に結婚していたことが判明して以降、初の公の場。
    結婚に関する質問が集中したが、靴のこだわりも。
    この日、履いていたのは「18歳ぐらいのときに作った。ずっと履いている」。
    自身より、客への靴を優先させるため、18歳ぐらいのときに作った2足を大事に履いているという。
    「どんな場でも若い頃、イタリアにいたときに作ったものを履くのがポリシー。
    年数を重ねて、晴れの日でも雨の日でも履いて磨くと。
    こんなかっこいい靴になるんだよっていうのを紹介するのは僕が若い頃に作った履き続けるのが1番、体現できる」と力強く語っていた。

    結婚の報告が遅れたことについては「一般人の範疇(はんちゅう)と思っていた」と説明。
    「自分が一般人の範疇で収まる仕事をしているわけではないという自覚をあらためて心に留めた。ご報告が遅れたことは大変、申し訳ないと思っております」と謝罪した。

    お相手は八角部屋所属の陣幕親方の娘であることも明言。
    出会いは靴のセミナーだったそうで「親の仕事とは全く関係ない。仕事場で出会った子が偶然、そういったご家庭の娘さんだった」と当初は陣幕親方の娘とは知らなかったことを明かし、会場は騒然となった。
    交際期間は1年半。
    初対面の印象は「ちゃんとした方」とのろけ、現在妊娠はしていないという。

    no title


    https://www.oricon.co.jp/news/2100262/full/ 


    所長見解:ちょっとあれだね・・・
    【【靴屋芸人】花田優一、靴職人として表に出る理由 業界の未来のためってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の元横綱・貴乃花親方(45)の長男で靴職人の花田優一氏(22)が30日、結婚したことを発表した。
    自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「花田優一First Step」で明かした。

    花田氏は「あなたのFirst Step(第一歩)」というテーマでリスナーからのメッセージを紹介するコーナー冒頭で、「僕のFirst Step、結構話してきたと思うんですけど、実は結婚したんです、自分」と告白。
    さらに「自分の恋愛なんて、誰も注目しないだろうと思っていたら、様々なところで質問されますもので…。報告するんだったら、自分の名前のついた冠番組で報告しなきゃなと思いまして…」と説明した。

    結婚相手に関しては「一般人なので」と名前や年齢は明かさなかったが、関係者によるとかねて交際が噂されていた元幕内富士乃真・陣幕親方(56)の娘で、都内の大学に在学中にはミスコンにも選出された美女だという。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/813436/

    no title


    所長見解:おめでとうだね・・・
    【【靴屋芸人】貴乃花親方の息子の靴屋が結婚ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一さん(22)が、11月17日に初の著書「生粋(ナマイキ)」(主婦と生活社刊、税別1100円)を発売することが17日、明らかになった。

    まえがきには「僕は『横綱の息子』じゃない。その前に、花田優一という、ひとりの人間なんだ」というメッセージ。

    花田さんは“大横綱の息子”として保証された何不自由ない生活を捨て、中学卒業後の15歳でアメリカ・ボストンへ留学。
    その後、イタリア・フィレンツェ靴工房で2年半の修行を経て、現在は都内の工房で靴作りに打ち込む日々を送っている。

    同書では、葛藤し歩いてきた道を振り返りながら、自身の「生きる」哲学と「働く」流儀をつづった。
    「何故、お父さんと同じ相撲の道を選ばなかったんですか?」「何故、靴職人になったんですか?」と何万回と聞かれてきた質問についても、正直な思いを繰り広げている。

    発行元の主婦と生活社では「今まで知らなかったありのままの「花田優一」がここに刻まれている。先が見通せず、どこか息苦しい時代。自分の働き方、あり方、生き方に、とまどい立ち止まっているすべての人たちへ届けたいメッセージ」としている。

    花田さんは靴職人の傍ら9月に芸能事務所と契約し、TBSラジオ「花田優一 First Step」(月曜・後7時15分)などレギュラー番組もスタート。
    今後も多方面での活躍が注目される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000053-sph-ent

    「生粋」の表紙
    no title

    花田優一さん
    no title


    所長見解:靴は・・・
    【【靴職人風】花田優一さん「僕は『横綱の息子』じゃない」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月9日、大相撲の貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一が、パーソナリティを務める「花田優一 First Step」(TBSラジオ)に出演。
    リスナーからの恋愛相談への回答が珍妙すぎて批判の声があがっている。

    t


    この日はレギュラーとなってから2回目の放送。
    「女性をデートに誘いました。アドバイスをください」という声に応えたのだが「マセガキだったので、小6くらいの時に好きな子とデートした。六本木ヒルズとかに…」と、とても参考にならない大人びた初デートを告白。
    さらに「僕にはポリシーがあって、触れるバストより触れないバストというテーマがあるんです」と持論を展開。

    「どうにかなるだろうと思っている女性に手を伸ばすのではなく、この人に触れることもできないかもしれないという女性に触れることを許された時の快感は、たぶん誇らしいもの」なのだと解説。
    この放送がニュース記事として配信されると、さまざまな厳しい声が寄せられることになったのだ。

    「『いろいろキモイ』『お父さんに張り手してもらいなさい』『黙って靴作ってろ』など、同調する意見はほとんど見られません。
    また、本業である靴職人の活動は注文殺到で、現在数カ月待ちとの噂もあるほど。
    ラジオでレギュラー番組を持ち、テレビにも出演する時間があるなら、お客さんのために早く靴を作ってあげてという声もあります」(芸能ライター)

    職人としては一人前だとしても、年齢は大学生。
    チヤホヤされて調子に乗ってしまうのはまだ、仕方ないことなのかもしれないが…。

    アサヒ芸能
    http://www.asagei.com/excerpt/90594


    所長見解:靴は・・・
    【【靴職人?】貴乃花の息子、花田優一、ドヤ顔で恋愛指南ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ