相撲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の前頭・貴ノ岩が、付け人で三段目力士の貴大将に暴力を振るった問題が波紋を広げている。

    貴ノ岩は自身の暴力問題を受けて、12月7日、引退する意向を固めたことが分かった。

    昨年10月の元横綱・日馬富士による暴力事件で被害者になっていたにもかかわらず、自分が弟弟子に暴力を振るっていたのだから、もはや貴ノ岩には同情の余地もないのは明らかだ。

    今回の暴力問題について、元親方の花田光司氏は、スポーツ紙の取材に対して「あんなことしちゃったらね。言語道断でしょ」と言葉少なくコメントしたが、ネット上からは「親方の教育が悪かったとしか思えない」「貴ノ岩には同情できないけど、貴乃花親方にもかなり責任があると思う」「貴ノ岩の自覚が足りないのは、協会や親方の責任でしょ」など、もはや他人事のように装う花田氏に批判が集まっている。

    「花田氏が多くを語らないのは、すでに相撲協会を退職している自分には関係ないという意思表示でしょうね。
    もっとも、貴乃花部屋では昔から暴力沙汰が頻繁に起きており、花田氏自身も弟子に手を上げたことがあるくらいです。
    今さら元弟子の暴力事件について、コメントする立場にないとも言えるでしょう」(スポーツ紙記者)

    t


    相撲界の暴力体質を批判していたはずだが…

    大相撲九州場所で幕内最年少で初優勝を飾った小結・貴景勝は、自身を鍛えてくれた元貴乃花親方に感謝の思いを伝えたという。

    しかし、世間から見れば、貴景勝の優勝は自分のおかげだが、貴ノ岩の暴力事件は関係ないという花田氏の態度は受け入れがたいのではないだろうか。

    「貴ノ岩が引退を決意したのは、モンゴルの家族を考えてのこともあるでしょうね。
    そもそもモンゴルでは英雄的存在の日馬富士を提訴したことで、貴ノ岩の家族は猛バッシングを浴びていました。
    そのあまりにも酷い嫌がらせに、貴ノ岩が提訴を取り下げたのは記憶に新しいところ。
    にもかかわらず、今度は自分が暴力事件を起こしていたのですから、家族がさらなる批判を浴びるのは間違いありません。
    協会からの処分が下る前に、自ら身を引いたのは懸命だったかもしれません」(同・記者)

    貴ノ岩については、かつて貴乃花部屋に所属していた元力士が、エアガンで後輩力士を撃っていたことや、何度も暴力行為を行っていたことを暴露している。

    また、当時の貴乃花親方が弟子を殴りつけ、出血する姿も目撃されている。

    今となっては、貴乃花部屋自体に暴力が蔓延していたのは間違いないが、それを許していた花田氏の責任は相撲協会を辞めたからといって、決して消えることはないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1603644/

    所長見解:もうね・・・

    【【元貴乃花親方】貴ノ岩事件に『無関係』の態度を取る、花田光司氏の人間性問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の前頭貴ノ岩(28=千賀ノ浦)が、付け人で三段目力士の貴大将(23)に暴力を振るった問題で、入門から今年9月の秋場所まで指導した元貴乃花親方の花田光司氏(46=元横綱)は「言語道断」と、かつての弟子を一刀両断した。

    問題発覚から一夜明けた6日、都内で日刊スポーツの取材に答えた。

    また11月の九州場所で初優勝した小結貴景勝(22=千賀ノ浦)ら、旧貴乃花部屋の力士からも「残念」などの声が相次いだ。

    貴ノ岩の育ての親は口調こそ落ち着いていたが、それとは対照的な言葉を発した。

    元貴乃花親方の花田氏は、新幹線で都内に戻ったところで歩きながら質問に答えた。

    貴ノ岩が起こした暴力については、開口一番「あんなことをしちゃったらね…」と、残念そうに話した。

    さらに「言語道断でしょ」と続けた。

    昨年10月に元横綱日馬富士による暴力事件で貴ノ岩は被害者となり、自身も暴力根絶を訴えてきた。

    その思いが届いていなかったことへの、歯がゆさを飲み込むように後は「予定があるから」などと多くは語らなかった。

    今年10月に、日本相撲協会が暴力決別宣言と、暴力問題再発防止策の方針を発表した。

    それは貴ノ岩のようなケースが再び起こらないよう、花田氏が愛弟子を守ろうとしたのが発端ともいえる。

    皮肉にも協会の宣言などを受け、暴力の加害者は厳罰に処する方針が適用される第1号も貴ノ岩となった。

    そんな状況を招いた貴ノ岩の軽率な行動と、かつての弟子が再び暴力の被害者となった貴大将への思いやりが混在し「口では言い表せないこと」の意味の「言語道断」という言葉となったのかもしれない。

    この日、大分・別府市で行われた冬巡業に参加した、旧貴乃花部屋時代から弟弟子の貴景勝、貴源治は、ともに真っ先に「残念です」と語り、視線を落とした。

    暴力については「顔が腫れていたので分かった」(貴景勝)「顔を見れば分かる」(貴源治)と、頬が腫れた翌朝の貴大将を見て察知したという。

    初優勝からわずか10日後の出来事だが、貴景勝は「僕のことはどうでもいい。自分は相撲を取ることしかできない」と気丈に話した。

    苦楽を共にしてきた兄弟子と再び相撲を取りたいか問われると「付け人の立場もあるし、2人の関係もある。ただ、早く解決してほしい」と、一段と深刻な顔で話した。

    貴源治は「この件に関しては『言い訳なし』じゃないですか。言葉はないですよね。これが貴ノ岩関の人生なんだな」と厳しい言葉も述べた。

    貴源治は、双子の兄の貴公俊も暴力を振るって謹慎処分を受けた。

    一時の感情で暴力へと発展する愚かさを人一倍感じている。

    常に暴力問題の渦中にさらされてきた旧貴乃花部屋。

    育ての親にも、弟弟子にも、暗い影を落とすことになった。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00412501-nksports-fight

    no title


    所長見解:引退やね・・・

    【【貴ノ岩暴力問題】元貴乃花親方怒り激白がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「これは卒婚です」。

    離婚が発覚した直後、元貴乃花親方(46)は、スポーツ紙の取材にそう強調した。

    が、そのウラには、元妻・河野景子さん(54)に男の影を疑う苦悩も。

    時を同じくして、タレント長男からも「離婚報告」が届いていた。

    k


    ひと月以上も隠されていた離婚が表に出たのは、11月26日のこと。

    折しも元弟子の貴景勝が劇的な初優勝を決めた翌日だった。

    2人は1995年、貴乃花が綱を張っていた時代に結婚した。

    以来、彼は力士、また親方として幾度も危機があったものの、その都度乗り越えてきたが、
    「離婚の直接のキッカケは、親方が9月末、相撲協会を退職したことです」と語るのは、経緯を知る部屋の元後援者だ。

    「8名の弟子を預かっていた親方が突然、協会を離れると発表した。
    しかも、驚くべきことにこれを景子さんに相談していなかったんです」

    これでは景子さんが怒るのも当然だろう。

    「そもそも、景子さんはここ数年、夫と距離を置いていました」と元後援者が続ける。

    「直情径行な言動を繰り返しては周囲と軋轢を生む夫に愛想が尽きていたんです。
    親方は普段、部屋に寝泊まりしていましたが、景子さんはまだ学生の2人の娘さんの通学の便を理由に五反田の家に住み、時々部屋に通うという生活を続けていた。
    とりわけ最近は、パーティーなど公式な行事には顔を出し、おかみさん然と振る舞うものの、部屋そのものには寄り付かなかった。
    親方の身の回りは荒れ放題だったそうです」

    事実上の“別居”状態だったのだ。

    が、景子さんが決定的なところに踏み切らなかったのは、彼が理事長になる目があったから。

    「理事長夫人になる夢を見ていました」(同)

    夫の出世こそが夫婦を繋ぎとめる唯一の縁。

    が、そこに来ての仰天の退職、そして「事後報告」に、もう愛想も全て尽きた、ということなのである。

    一方の元親方にも“事情”があった。

    もともと姉さん女房に惚れっ放しの元親方だったが、ここに来て、“変化”が生じていたという。

    「この夏頃でしょうか。
    親方がしきりに“協会でも孤独ですが、家でも一人ですよ……”とこぼすようになったんです」

    と言うのは、元親方の知人。

    「そうかと思えば、周囲に“景子に親しい男がいるんじゃないか”“知っていますか”と嗅ぎまわるようになった。
    別に具体的な証拠があるワケではないので、単に親方の勘繰りだったんでしょうが、思い込みの激しい人ですから、信じ込んでしまって……」

    暴挙に出るには、かような背景があったのである。

    「加えて子どもの将来についてもミゾが生まれていました。
    長男の優一クンは、靴職人として働く一方、タレントとしても活動してきましたが、親方はこれに反対。
    地道に働いてほしいと願っていました。
    が、景子さんは逆で、息子を芸能事務所に紹介してしまったほど。
    優一クンもお母さんべったりで、親方は娘も含めた家族全体から浮いた存在でした。
    優一クンは周囲に“あんな奴、父でも何でもない”と公言していたほどです」(同)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00552772-shincho-ent

    所長見解:あらら・・・

    【【貴乃花元妻】河野景子さんに男の影 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元横綱・元貴乃花親方の花田光司氏(46歳)と妻・花田景子さん(54)が、10月25日付けで離婚していたことが判明した。

    まさかのおしどり夫婦の「熟年離婚」が、お茶の間に波紋を呼んでいる。


    花田氏と景子さんは1995年に結婚。

    2003年に横綱を引退した後は、貴乃花部屋の師匠と女将として部屋を運営してきた。

    そして、2018年10月、花田氏の相撲協会退職にともない、部屋も消滅。

    やはり「生きがい」と公言していた”部屋”をたたんだことで、景子さんの気持ちもプッツリと切れてしまったのか。

    「たしかに二人を結びつけていたのは”部屋”だが、後進育成に後半生を賭けた親方と、”ビジネスのタネ”と考える景子さんとでは”部屋”について考え方が180度違っていた」と、ある後援会関係者は説明する。

    「もともと二人の関係は、後援者らの間では”修復不可能”と囁かれていました。
    8月の東北巡業中に親方が倒れて病院へ緊急搬送された際も、景子さんは”仕事”を理由に看病を断っています。
    この仕事というのが、自身の会社が手がける通称”女将講演”だったんです」

    同氏によれば、景子さんは日本各地で年間50本もの講演(17年度)をこなし、単価50万円とも言われる講演料は年に3000万円前後とも。

    k


    景子さんは当初、部屋の経営を支えるために自身の会社で講演会を始めたが、いつのまにか主客転倒して、この”女将利権”が本業となってしまったという。

    「アナウンサー出身でもある本人は「ことば」や「話し方」「美容」などをテーマにしたがってましたが、客層のオバサン連中が求めるのは「女将の苦労話」「横綱の妻の悩み」といった”部屋”にまつわる話。
    それゆえ景子さんは部屋や女将というポジションを手放すわけにいかなかったんです」

    離婚のわずか2週間前、10月11日には、長男・優一氏(23)が二人のツーショット写真をブログにアップし、「喧嘩するほど仲がいい二人です」とのコメントを付けたばかりだった。

    SNSからは「幸せそうな家族」「景子さんの旦那様を見る目が優しい・・・」など声が飛び交っていた。

    景子さんが守ろうとしたのは一体何だったのだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1591070/


    所長見解:いろいろね・・・

    【【貴乃花離婚】河野景子、仮面夫婦でも死守したかった凄すぎる「女将利権」とは・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月上旬、都内の閑静な高級住宅街。

    その中にあって、10台以上の監視カメラが設置された瀟洒な邸宅は、異様な雰囲気を醸していた。

    夕方6時前、花柄のロングスカートに淡い黄色のカーディガンを着た女性が鉄製の扉を開けて出てきた。

    花田景子さん(54才)は、待たせていたタクシーに向かい、俯いたままハイヒールの音を激しく鳴らし小走りでかけていく。

    「貴乃花親方との離婚協議が進んでいると聞きましたが…」

    本誌・女性セブン記者がそう質問を投げると、景子さんは一瞬驚いた表情を見せ、眉間にしわを寄せた。

    だが、記者の顔を一瞥するとすぐに顔を伏せ、質問には答えないままタクシーに乗り込んだ。

    「運転手さん、ドアを閉めてください! 早く閉めてってば!」

    険しい表情の景子さんを乗せたタクシーは、その場から走り去っていった──。

    k


    景子さんと元貴乃花親方(46才)の離婚が成立する、わずか3週間前のことだった。

    しかし、本誌が離婚を直撃した数日後、長男・優一(23才)が景子さんと貴乃花の仲睦まじい2ショット写真をブログに掲載。

    《喧嘩するほど仲がいい二人です》というコメントが付き、まるで離婚情報を打ち消すかのような“アピール”に見えた。

    「夫婦の間には修復不可能な亀裂が入っていたともっぱらのうわさでしたが、この2ショット写真を見て、多くの関係者が“離婚はまだないだろう”と安堵したそうです」(相撲関係者)

    だが、この直後に貴乃花は離婚届を提出。

    23年間に及ぶ結婚生活にピリオドを打ったのだ。

    日本相撲協会への退職届の1か月後に離婚届――この間、夫婦の関係は大きく揺れ動いていた。

    そもそもの発端は昨秋に起こったモンゴル人力士間における暴行事件である。

    加害者である元横綱・日馬富士が殴打した貴ノ岩は貴乃花部屋の所属で、当時親方だった貴乃花は、昨年末に責任を取る形で理事解任を決議された。

    起死回生で挑んだ今年2月の理事長選で落選すると、「理事」から最低位の「年寄」にまで降格。

    理事経験者の年寄降格は過去に例がないほどの“急降下”だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181129-00000002-pseven-spo


    所長見解:まあね・・・

    【【貴乃花離婚】河野景子さんは泣きながら「協会に残るべきだった」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ