ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2月7日、カズこと三浦知良の所属する横浜FC(J2)と岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治(JFL)が宮崎・日南総合運動公園で練習試合を行なう。
    過去に監督と選手として何度も対戦してきた岡田氏とカズだが、20年経った今も所属チームの練習試合が話題に上るほど、20年前の『カズ落選』は衝撃的な出来事だった。

    日本が初めてW杯に出場した1998年、岡田監督は開幕直前に長らく日本サッカー界をエースとして引っ張ってきたカズをメンバーから外した。
    結果は3戦全敗で予選リーグ敗退。
    その後、岡田氏はコンサドーレ札幌や横浜Fマリノスの監督を務め、2010年のW杯南アフリカ大会でも指揮を執り、日本をベスト16に導いた。

    カズはクロアチア・ザグレブ、京都サンガ、ヴィッセル神戸、横浜FCと渡り歩き、50歳を超えた今でも現役サッカー選手としてピッチに立っている。

    1997年、W杯予選初戦のウズベキスタン戦で4ゴールを奪ったカズは、3戦目の韓国戦で尾てい骨を痛めた後も強行出場したことで状態が悪化し、満足なパフォーマンスが見せられなくなっていた。
    日本が勝利から見放されたことで、サポーターのバッシングの矛先はカズに向かっていった。
    イランとの第3代表決定戦ではカズと途中交代した城彰二が同点ゴールを決め、チームがW杯初出場を決めたことでカズ不要論はさらに過熱していった。

    1998年になると、カズは代表に呼ばれはするものの出番は限られ、日本を出発する直前の5月のキリンカップでも2試合を通じて1度もピッチに立つことはなかった。

    そして、6月2日合宿先のニヨンで岡田監督はカズ落選を発表。

    k


    会見で理由をこう話した。


    「カズに関してはトップの中で今、城を柱として考えていて、交代でどういう選手を使っていこうかと。
    アルゼンチン、クロアチア、ジャマイカという試合を想定した場合に使うチャンスがないと判断しました」

    当時のカズはヴェルディ川崎でMFとして起用されていたこともあったが、W杯による中断までJリーグで4得点。
    4試合連続ハットトリックを記録するなど絶好調だった中山雅史(ジュビロ磐田)らと比べれば、物足りなさを感じさせる数字だった。
    仮に日本代表に選ばれていたとしても戦力として通用したかどうかは意見の分かれるところだ。

    スポーツライターが話す。

    「岡田監督はピッチ上で働くかどうかだけを考えて決断を下したようですが、カズの役割はそれだけではなかった。
    マスコミの批判を一身に背負う役割を果たしていた。
    カズが外されたことで、本格的に『エース』と呼ばれるようになった城は、それまでにないプレッシャーを感じたと語っています。
    控えで出番がなくてもカズがメンバー入りしていれば、城はもっと伸び伸び働けたはず。

    そういう意味で、防波堤になれるカズはピッチに出なくても間違いなく戦力だったと思います。
    この時は岡田監督だけでなく、メンバー発表前にマスコミからもそのような論調はほとんど出なかった。
    日本がW杯を経験していれば、ベテランの重要性を鑑みて、カズはメンバー入りしていたのではないでしょうか。
    2010年の南アフリカ大会でGKの川口能活が直前でメンバー入りしたのは、岡田監督が過去の経験を生かしたのだと思います」

    20年が経とうとしている今も、1998年フランスW杯でのカズ落選については様々な意見が噴出している。
    日本サッカーの歴史の中で、カズという存在の大きさが垣間見えるだろう。


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14165858/


    所長見解:見てみたかったよね・・・
    【【歴史検証】W杯でカズを落選させた岡田武史監督の決断は正しかったかってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    楽天の星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことが分かった。70歳だった。
    死因は明らかになっていない。
    現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。
    計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一に輝いた。
    17年に野球殿堂入り。
    「燃える男」、「闘将」と呼ばれ、巨人を倒すために野球人生をささげてきた男がこの世を去った。

    no title
     

    突然の訃報だった。
    星野氏が息をひきとったのは4日。
    球界関係者によると「がんで闘病していた」という。
    昨年末に体調が悪化し、年末年始を家族とハワイで過ごす予定だったが急きょ取りやめていた。
    昨年11月28日に東京で、12月1日には大阪で「野球殿堂入りを祝う会」に出席。
    2000人を超えるプロ、アマの球界関係者が集まり「これだけの人が来てくれて野球をやってて良かった。野球と恋愛して良かった。もっともっと恋したい」と失われない野球への情熱を口にした。
    しかし、これが、最後の晴れ舞台となった。

    相手が強ければ強いほど、「燃える男」。
    現役時代のキャッチフレーズだった。
    その原動力が「打倒・巨人」。
    ドラフトでふられ、憧れの球団は「生涯のライバル」に変わった。
    中日のエースとして闘争心をむき出しにして投げ、巨人戦は歴代6位タイの35勝で通算146勝を挙げた。
    沢村賞を受賞した74年にはV10を阻止して優勝したが「日本シリーズは邪魔。
    俺は巨人を倒したからいいんだ」と言い切ったほど、巨人を倒すことに執念を燃やした。「強い巨人に勝ちたいんや」。その思いは引退後も変わることはなかった。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/05/kiji/20180105s00001173448000c.html


    所長見解:なんか突然だね・・・
    【【緊急訃報】星野仙一氏死去、がん闘病、突然すぎる70歳ってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    埼スタで行われた2018年ロシアW杯アジア最終予選(8月31日)でオーストラリア代表と対戦した日本代表は、代表12試合目の22歳FW浅野拓磨(シュツットガルト)が前半41分に先制点を決めると、後半37分には代表3試合目の21歳MF井手口陽介(G大阪)が強烈ミドルでダメ押し点。2―0の完勝だ。

    これで日本は、W杯最終予選の最終試合サウジアラビア戦(5日)を残して「最終予選B組の首位」が確定。
    98年フランス大会から積み上げてきた6大会連続W杯出場を決めた。

    指揮を執ったハリルホジッチ監督は、試合後の会見場に意気揚々と姿を現すと思われた。
    ところが「サッカーとは無関係の個人的問題で(オーストラリアとの)試合前に日本を離れる可能性もあった」と話すと、質疑応答すら受けずに会見場から姿を消した。

    no title


    ■「中堅国にはミスマッチ」

    日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「こういう(見事な)勝ち方で決めたのだからロシア(W杯)までぜひやって欲しい」という公式コメントを残したが、そんなハリルホジッチ監督の手腕について元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏がこう言う。

    「オーストラリア戦は抜擢した浅野、井手口が活躍しましたが、あくまで結果論であって、ハリルホジッチ監督は『いろいろなものを積み上げていって日本サッカーを底上げしていく』という作業が出来ない指導者です。
    これまで代表実績のない選手を試合で唐突に使ってみたり、およそ試合に出るチャンスのない選手を代表合宿に呼んでみたり、選手選考に一貫性がない。
    オーストラリア戦、サウジ戦の代表メンバーに不満を覚え、この日のスタメンに納得いかない選手は相当数いると思われます。
    試合ごとに選手を入れ替えるタイプのハリルホジッチ監督は、個人能力の高い選手の多い強豪国にはフィットするでしょうが、中堅国に過ぎない日本にはミスマッチ。
    最終予選を突破してくれたから本大会まで指揮を執っていただこう――ではなく、本大会出場を決めた今だからこそ、ハリルホジッチ監督に任せていいのか? というシビアな目で検証する必要があるでしょう」

    つづく

    ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00000018-nkgendai-socc


    所長見解:このままでいいんじゃないの・・・
    【【なぜ今更?】サッカー日本代表、W杯決定でも燻る「ハリル更迭&アギーレ再招聘」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    シーズンはまだまだ前半戦だというのに、早くも来季の話題である。
    なにしろ、高橋由伸監督率いるジャイアンツが、球団史に残る連敗記録を更新。
    番記者たちの間では、ポスト由伸の声が囁かれ始めたのだが……。

    t


    振り返れば、5月25日の阪神戦から、6月8日の西武戦までだから、長すぎたというほかない。
    溜まった黒星の数は、13。
    これまでは1975年、長嶋茂雄監督時代に打ち立てた11連敗がワースト記録だったので、実に42年ぶりの記録更新だ。

    「今シーズン用にFAで獲得した選手らの仕上がりが、開幕に間に合わなかったからだと言われていますけど、そうじゃない。やはり監督の能力に原因がありますよ」

    と言うのは、運動部記者。

    「連敗中は、監督の采配ミスが目立ちました。
    例えば、打撃好調の坂本の打順を何度も変えて、固定しない。
    打順によって役割が違うため、コロコロと変えられては、選手も何を求められているか分からなくなる」

    他にも、調子が冴えない長野を使い続けたりもしていた。

    スポーツ紙記者も、
    「高橋監督は、一昨年、原監督が辞めた後、なり手がいなかったため、いきなりお鉢が回ってきてしまった。
    指導者としての下積みがないため、選手のミスを叱ることが出来ないのです。
    本来はそこで、コーチ陣が口を出すべきですが、村田真一、二岡、井端といった、いわば“お友達内閣”なので、それすらありません」

    高橋監督が聞いたら、耳が痛い話ばかりなのである。

    もっとも、OBの広岡達朗氏からは、

    「私は高橋を責めるつもりはありません。いきなり監督になった人に、人を治めることが出来るはずがない。準備や勉強をする期間を与えなかったフロントが悪い」

    といった擁護の声も上がるが、いずれにせよ、結果がすべてのプロの世界。
    連敗記録はともかく、今後の成績次第では、3年の契約期間を終えぬまま、途中退場も十分あり得る。

    ■いつまで追いかけてくる?
    となると、問題はポスト由伸。
    ただでさえ、タマがないところで、誰が巨人の次期監督にふさわしいのか。

    「知名度では江川か中畑でしょうけど、毎回、名が挙がるだけ。
    実績では、昨年、U-23W杯で代表監督として優勝に導いた2軍監督の斎藤雅樹も候補かもしれません」(スポーツ紙記者)

    だが、球団の本音としては、この人しかいない。

    「人気もあり、人望も厚い松井秀喜でしょうね。
    そもそも、原の後任として球団が描いていたのが、松井でした。
    そして、高橋に引き継ぐという構想だったのですが、前回、松井に断られてしまった経緯があります」(同)

    しかし、残念なことに今回も、叶わぬ夢となりそうだ。

    その理由は、
    「ナベツネさんですよ。ヤンキース移籍の際に、好条件を提示して慰留したにもかかわらず、心変わりしない松井について“裏切り者”と怒鳴り散らしました。
    ヤンキースタジアムに読売新聞が看板広告を出した時には、“いつまで巨人は俺を追いかけてくるんだ”と嫌がっていたそうです」(同)

    現状では可能性はほぼゼロ。
    しばらくは頭を抱えることになりそうだ。


    週刊新潮 
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06210558/?all=1


    所長見解:松井も経験ないけどね・・・
    【【次期監督】巨人“ポスト由伸監督”に「松井秀喜」がそっぽを向くワケってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
    no title


    悪夢の13連敗を喫した巨人が改革に動き出した。

    6月13日、堤辰佳GMは解任され、鹿取義隆GM特別補佐が昇格する人事が発表されたのだ。

    「新たなチーム作りとして『育成』を掲げる鹿取GMは、コーチの入れ替え、来季の補強、若手の底上げに力を入れ、大胆に動いていくでしょう」(スポーツ紙デスク)

    一方で、慶大野球部の先輩だった堤GMという後ろ盾を失った高橋由伸監督は元気がないようだ。

    「普段から試合後は他人事のようなコメントを出していましたが、13連敗してさらに吹っ切れたような物言いになったんです。
    ついには『もう、やってくしかないです』と投げやりに言い放った姿は“他人事ここに極まれり”だった。
    シーズン中はともかく、このままBクラスに終われば、3年契約の途中でも辞任は避けられず、監督がその思いを強くした瞬間に見えました」(球団関係者)

    仮に由伸監督が成績不振を理由に辞意を表明した場合、原辰徳前監督の再登板も想定されるが‥‥。

    「球団もそれを望んでいますが、堤GM体制で原カラーの一掃を図ったことで、球団と前監督の間には距離ができています。
    他球団へ流れるのだけを避けるために『特別顧問』という肩書きだけ与えられていますが、実質は何もしていません。
    原氏がダメであれば、『人気』『集客力』、そして『育成』という課題をクリアできる人物として江川卓氏と中畑清氏の名前が急浮上しています」(前出・球界関係者)

    6月20日発売の「週刊アサヒ芸能」(6月29日号)では、「江川VS中畑」の巨人変革バトルを詳報している。
    巨人ファンのみならず、野球ファンは必見だ!

    http://www.asagei.com/excerpt/83325


    所長見解:江川監督みたいな・・・
    【【プロ野球】江川卓か中畑清か…巨人「後任監督」人事が風雲急ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ