監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    榊英雄、木下ほうか、園子温…止まらない「性加害」報道の中、「次は俺。もう終わり…」

    告発に震える「俳優兼監督X」の衝撃!


    h


    「そんな中、今、“次は絶対に俺だ……”と頭を抱えている芸能人がいるんです」

    映画製作会社関係者はそう話し、さらに続ける。

    「その人物というのは、人気俳優で自身で監督もやるXなんです」


    ■告発に震えるXと木下ほうかの“やり口”は同じ……

    Xといえば、ドラマや映画、CMと芸能界の第一線で活躍している俳優だ。

    「Xの“やり口”は、木下ほうかと似ているといいます。
    木下は誰かれかまわず手を出すわけではなく、基本的に舞台女優にターゲットを絞っていていたといいます。
    ドラマや映画、テレビ番組に出演する女優、そして女性タレントには手を出さなかったそうです」(前出の映画製作会社関係者)

    『週刊文春』に木下を告発した2人の女性も“女優志望”ということで、テレビなどに出演している女優というわけではなかった。

    「自分の目の届く範囲にいて懐柔しやすい、ということで舞台女優や女優志望の女性をターゲットにしていたと見られています。
    仮に告発などの行動を起こしそうになれば、事前に手を回せる、という計算もあったのかもしれません。
    ドラマやテレビ番組で活躍するような女優となると、領域外で、自分の手には負えなくなる可能性も高まる。
    そのため、ターゲットを絞って手を出していたといいます」(前同)

     
    Xも木下のようにターゲットを選んでいたという。

    「自分の目の届く範囲にいる女優に絞り、立場を利用してそうした関係を持っていたといわれています。
    Xに性加害を受けたという女性が今、『週刊文春』に駆け込んだら、Xは終わりでしょうね。
    同時に、日本の芸能界にはさらなる衝撃が走ることは間違いない。
    Xの活躍ぶりは木下の比ではないですからね。
    Xは連日にわたる性加害の報道の状況を見て、“次は俺。もう終わりだ……”と頭を抱えているといいますね……」(同)


    https://taishu.jp/articles/-/101396
    所長見解:誰やろ・・・

    【【これはヤバい】告発に震える「俳優兼監督X」がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    清純派女優・夏帆が不信感を抱いた園子温監督の〝困惑演出〟 

    出演ドラマは黒歴史か 



    d


    園子温監督(60)による複数の女優への〝性加害報道〟が波紋を呼んでいる。

    被害者の1人を園監督に紹介したとして、アクション俳優で監督の坂口拓が自身のユーチューブチャンネルで謝罪。

    また映画「ヒミズ」「蛇にピアス」などを手掛け「園監督の右腕」と呼ばれた映画プロデューサー・梅川治男氏による性加害も一部で報じられた。


     
    女優の吉高由里子は6日に自身のツイッターで「はぁ…なんかそんな件で名前を聞きたくなかった方々が…よくない。
    優越ある地位を利用して夢に向かう姿を欺くなんて。
    本当に残念」と投稿。

    具体的な言及はないが、一連の性加害報道を指すとみられる。


    「吉高は園監督の2006年公開の映画『紀子の食卓』で芸能界デビューを果たし、『蛇にピアス』は出世作になりました。
    いわば園監督は恩人ですが、今は耳をふさぎたいような状態になっているそうです。
    今後、園監督をNGにする女優が増えるのは間違いありません」(映画関係者)


     
    今回の騒動が始まる前から、園監督に不信感を抱いていた清純派女優もいる。

    それは夏帆だ。


    「夏帆は、13年に放送された、園監督のテレビ東京系ドラマ『みんなエスパーだよ』でヒロイン役を務めました。
    デビュー以来、清純派女優として人気を集めていましたが、同作で演じたのはヤンキーの女子高生役。
    しかも当初は聞いていなかった、下着姿の露出や聖的なセリフもあるなど所属事務所ともども困惑したそうです。
    そのため、15年公開の映画版のオファーを受けることはありませんでした。
    映画版で同じ役を演じたのはオーディションで受かった、当時駆け出しの池田エライザでした」(同関係者)


     
    今や夏帆にとって同作は〝黒歴史〟かもしれない。



    ▼画像
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220411-04120976-tospoweb-000-2-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/65fb72329f36a688567df6de0948d7f894add5ca
    所長見解:どうなんやろ・・・

    【【話題】清純派女優・夏帆の黒歴史がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    あの元有名アイドルも餌食に?

    園子温の“性加害”報道で浮上した名前…



    s


    映画監督・園子温氏の性加害告発を巡り、ある女優が被害に遭っていたとの疑惑が浮上している。

    園監督をめぐっては4月4日配信の『週刊女性PRIME』が、被害に遭ったという女性の告発を、証拠となるLINEのスクリーンショットと共に掲載したため、大きな騒動になっているのはご存知のことだろう。

    そこには、《出演予定の女優を園監督が自分の事務所に呼び出して、聖行為を迫ったけれど、彼女は断った。
    すると園監督は前の作品に出ていた別の女優を呼び出して、目の前で聖行為を始めた》といった生々しい被害談が綴られている。


    告発によると、園監督は「女はみんな、仕事が欲しいから俺に寄ってくる」「主演女優には大体手を出した」「俺はたくさんの女優に手を出しているけど、手を出した奴には仕事を与えている」などと普段から明かしており、告発者は園監督の誘いを受け入れたそう。

    すると、《「彼氏がいるなら、彼氏に電話しながらシタい」と言われました》《「いない」と伝えたら「俺のために彼氏つくって」と。そういう聖癖なんでしょうね。避妊はしてないです》とのことで、中年の気持ち悪い聖癖が暴露されている。



    園監督は報道を受けて謝罪文を公表したものの、何とも卑劣かつ許されない〝地位乱用〟にも等しいこの事件。

    だがネット上では、「主演女優には大体手を出した」「たくさんの女優に手を出しているけど、手を出した奴には仕事を与えている」という部分が注目され、園監督が監督を務めた作品の出演女優から〝手を出した〟相手が誰なのかと推察する動きが広がってしまっているのだ。




    元アイドルの某女優がどっぷりと餌食に?

    園作品に出演してきたのは、二階堂ふみや吉高由里子、池田エライザ、満島ひかりといった今ではビッグネームとなった女優ばかり。

    こうした名前が並ぶ中、とりわけ〝被害〟が疑われている女優が…。


    「元アイドルグループ所属のXです。
    彼女はもともと園作品のファンで、自ら猛烈にアタックした結果、出演を勝ち取ったという強運の持ち主。
    これまで園作品には何作も出演・主演も務め、関係性はかなり深いことがうかがえます。
    今回の告発から察するに、自身のファンを名乗るアイドルが目の前に現れれば、園監督は『カモが来た』と手を出しまくることが想定されるので、被害を疑われるのも無理はないでしょう」(映画ライター)



    ネット上には、彼女に対し、

    《園子温のタレって結局…作品に7本も出てるなんて》
    《この女優さんは園子温さんにがっつりハマっていたようですね》
    《絶対手出されてるやだなあ》
    《実力でのし上がったと…信じたい…》
    《このへんやっぱりそうなのかなぁ》

    といった声が。

    毒牙にかかっていたのではと心配の声が上がっている。


    他にも、自身の権限を利用し、必然性のない女優のヌ〇ドシーンを挿入していた疑惑も持たれている園監督。

    鬼才・天才などと持て囃されたが、こんな人物にはご退場いただくしかない。



    https://myjitsu.jp/archives/344877
    所長見解:誰なん・・・

    【【悲報】元有名アイドルもあの映画監督の餌食ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日ハム選手「あれ? こいつただの無能では?」


    j


    気付き始めた模様
    所長見解:せやな・・・

    【【悲報】日ハム選手「あれ? こいつただの無能では?」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    井筒監督「昔は今井美樹裸にして尻振らせてオシッコさせたり出来た、今の新人はキスもさせらない糞」


    e


    濡れ場、脱ぎ場の調整係だ?

    なんとも疎ましい職種



    作品の質を落としそうな、冗談みたいなことが、先日、外資系のネットドラマの現場で起こっていた。

    主演の若い女優が「インティマシー・コーディネーター」なる覚えたくもない
    横文字職の女スタッフを連れてきたというのだ。

    インティマシーとは「親密な、密接な」の意味らしいが、映画や舞台で役者同士がぶちゅぶちゅと接触するラブシーンでのことだ。

    要は“濡れ場”“脱ぎ場”で役者同士の
    体の接触を安全なものにしていく調整係のことで、

    早い話、経験の浅い若い女優が(監督や相手男優や周りのスタッフに萎縮してしまって)過剰な演出に不平不満を言えないのを代わりに聞いてやり、監督に訴え、演技に注文を出す監視役というわけだ。

    本番以外マスク、怒鳴り声3密禁止のコロナ対策どころじゃない。

    なんとも疎ましい職種が
    登場してくれたものだ。

    「相手役の男優も困ってましたが、からみの乗りを壊してしまう、
    とんでもないやつが現場に張りついてるので、往生しましたよ」とその制作部は嘆いていたのだ。


    困った時代になった。

    女優の扱いが酷なハリウッドでは、昨年の女優のセクハラ告発で
    なおさらこの職が増えて団体まであるとか。

    そのうち、日本の映画現場でも、滑舌もロクにできないが売れ筋の女優さまが「聖技お目付け役」を同行させ、監督にイチャモンをつけさせるかもだ。
    そんなやつに
    横からあれこれ言ってもらわないと、“バサ”(乱れる場面)に挑めないような女優など、こっちは元から選ばないだろうが。


    昔、「犬死にせしもの」で、新人の今井美樹嬢を丸裸にさせたり、船上で尻をまくって海にオシッコさせたり、キスを何十回と連続でテークしたりした。

    彼女は耐えに耐えて夢中で演じた。

    熱い時代だった。

    今はキスも嫌う女優もどきがいる。

    ご清潔なものだ。


    ▼画像
    https://www.news-postseven.com/uploads/2021/03/05/teikyo_izutsu_kazuyuki-501x750.jpg


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/279135
    所長見解:なんやな・・・

    【【これはすごい】井筒監督「昔は今井美樹裸にして尻振らせてオシッコさせたり出来た、今の新人はキスもさせらない糞」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ