ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    作業着姿で足場の上を行き来する姿が、ここまでサマになる歌手も他にいないだろう。

    20年ぶりの建築現場、もとい映画の撮影現場に臨むのは長渕剛(62)である。

    ファン向け動画では撮影順調をアピールするが、そこは数々のスキャンダルで知られる長渕のこと。

    クランクイン早々に「お蔵入り」の危機が囁かれ始めた。


    公式HPを開くと、まず目に飛び込んでくるのは、ギターを抱えて天を仰ぐタンクトップ姿の長渕。

    そして、〈20年の時を経て、俳優・長渕剛がスクリーンに蘇る! 映画「太陽の家」制作決定!〉という仰々しい煽り文句である。

    どれほどの超大作かと思ってあらすじに目を通すと――。

    長渕演じる人情に厚い大工の棟梁が、シングルマザーとその息子のために家を建てることを思い立つ〈感動作〉だそうな。

    すでにクランクイン済みで公開は来年の予定。

    だが、令和2年の新作映画ながらストーリーから漂うのはあくまでも「昭和」の人情ドラマの香りである。

    芸能記者も首を傾げる。

    「映画の興行としてはかなり厳しいと思いますよ。
    長渕は連ドラ『とんぼ』や『しゃぼん玉』のヒットで俳優としても脚光を浴びました。
    ただ、それは歌手として人気絶頂だったからこそ。
    いまの時代に長渕が、“大工が主人公の感動作”に主演してもヒットが狙えるとは思えません」

    所属事務所は4月25日に改めて製作発表会を予定しているというが、「映画業界では配給会社の仕切りで製作発表会を開き、その後にクランクインするのが一般的な流れです。
    それなのに、公式HPや記事を見回しても配給会社は公表されていません。
    さらに、製作委員会にどんな企業が名を連ねているかも分からないのです」(同)

    つまり、現時点では製作費の出処も分からず、上映のメドすら明らかにされていない状況なのだ。

    e


    誰も関わりたくない

    実は、これまでも長渕の主演映画にはトラブルがつきものだった。

    映画業界関係者が振り返る。

    「『英二』の黒土三男監督とは演出を巡って対立。
    『とんぼ』の脚本を手掛けた恩人ですが、現在は完全に没交渉になっている。
    また、主演2作目の『ウォータームーン』では工藤栄一監督と衝突して撮影が難航。
    結果、長渕ファンの間ですら評価の割れる“失敗作”となり、興行成績も散々だった」


    今作に起用されたのは、ドラマ「相棒」などに携わった権野元監督だが、「彼はまだ商業映画の世界で目立った実績はありません。
    要は、ベテランや有名どころの監督は誰も長渕作品に関わりたくないということ。
    今回の撮影でも長渕が演出や脚本に口を挟むため、遅々として撮影が進まないようです」(同)


    さらに、いよいよ完成が危ぶまれる状況になれば、「動画サイトのGYAO! が今回の映画の特設サイトを公開していることから、最後はネット配信でお茶を濁すのではないか、とも囁かれています」(同)

    名曲「しゃぼん玉」のように、映画がはじけてとばなければいいけれど。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190425-00560577-shincho-ent

    所長見解:そうやね・・・

    【【悲報】長渕剛の主演映画がお蔵入り危機の理由・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h


    サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督が、解任後に田嶋幸三会長の会見で名誉を傷つけられたとして協会側に慰謝料1円と新聞などへの謝罪広告を求めた訴訟について10日、東京地裁で話し合いが行われ、代理人の弁護士を通じて訴え取下書を提出した。

    ハリル氏は「争いごとはおしまいにして、前に進みたい」と話したといい、今回の結論に至った。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000134-sph-socc

    所長見解:もうええんか・・・

    【【元サッカー日本代表監督】ハリルホジッチ氏が訴訟取り下げた理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月29日、プロ野球が開幕した。球団ワーストタイとなる4年連続V逸の汚名をそそぎたい巨人は、オフに50億円ともいわれる大型補強を敢行。

    復帰した原辰徳監督( 60 )のもと、ペナント奪還に燃えている。

    「原監督には、すさまじいプレッシャーがかかっています。
    12年で7度のリーグ優勝、日本一を3回達成しており、2009年の第2回WBC大会では、日本を世界一に導いた。
    今や名実ともに、球界屈指の名将ですから」(スポーツ紙記者)

    h


    選手としてのキャリアも輝かしいものだ。

    「高校時代は東海大相模で、1年生からサードでレギュラーを獲得。
    春夏合わせて3度甲子園に出場し、東海大に進学しました。
    大学時代も首都大学リーグで大活躍し、三冠王にも2度輝いています。
    3年時には“長嶋の再来”と報じられるなど、文字通り大スターとして活躍し、80年にドラフト1位で巨人に入団しました」(前同)

    甘いマスクも手伝い、モテっぷりは半端なく、原氏が歩くところ黄色い悲鳴がやまなかったという。

    そんな人気絶頂の原氏と交際していたと告白するのが、新宿で『ワッケーロ』という老舗の占いバーを経営する篠原明子さんだ。

    「初めに断っておきたいんですが、私は2012年に一部週刊誌で報じられた“1億円の女”ではありませんからね(笑)。
    現在まで、原さんと金銭の授受は一度もありませんから……。
    当時、32歳だった私にとって、原さんは年下のかわいい男の子という感じでした。
    親戚に野球選手がいたので、野球選手好きだったんです(笑)。
    原さんはテレビや新聞で大スターでしたから、憧れの存在でしたね」

    二人の出会いは、原氏が大学3年時に日本で開催された日米野球だったという。

    「青山ダイヤモンドホール(当時)で、日米野球のイベントがあったの。
    そこで、原さんにサインをもらったんだけど、彼、私に色紙を手渡すときに落としたんです。
    その日、私は露出の多いワンピースにビーチサンダル姿。
    沖縄帰りだったから小麦色に焼けていて……。 
    原さんはわざと色紙を落として、下から舐めるように私の体を見ていた(笑)。
    根はスケベなんですかね」

    本当は、明子さんはランディ・バース氏、掛布雅之氏と共に、阪神黄金期を支えた岡田彰布氏の陣中見舞いに同日行ったんだとか。

    「当時、岡田さんは大学野球で早稲田のスター。
    よく学ラン姿で私の店に飲みに来ていたから、仲良しだったんです。
    ただ、岡田さんとつきあおうとは思いませんでした。
    やっぱり、イケメンの原さんですね(笑)」

    原氏からサインをもらった彼女は、後日、東海大野球部に電話をかけた。

    「原さんが出たので、“この間、サイン落としたときの……”って言ったら、すぐ分かって。その後、電話し合う仲になったの。
    やっぱりサイン落としたのは、わざとだったんですかね(笑)。
    彼は“野球漬け”だから、ストレスも多い。
    電話だけでなく、プレゼントを贈りあったりしていました。
    ほどなく、私のアパートで男女の仲になったんですけど、私は彼を“ルンルン”と呼んでいましたね。
    当時、『花の子ルンルン』というアニメが放送中で、“原の子ルンルン”というダジャレです(笑)。
    彼はスターだったんで、人前で“原さん”と呼べなかったのもあります」

    4月1日発売の『週刊大衆』では、この他にも明子さんの赤裸々な“逸話”と、今季の原監督に向けての優勝応援ラブレターを掲載。

    今季の原巨人には、ぜひV奪還を期待したい。


    http://dailynewsonline.jp/article/1753876/
    日刊大衆

    所長見解:古いな・・・
    【【元恋人暴露】巨人・原監督、「禁断の恋」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月21日深夜に会見で発表されたイチロー(45)の引退を、万感の思いで見つめていた人物がいた。

    1994年、シーズン210安打を達成したときの代名詞、「振り子打法」をともに作り上げた、元オリックス二軍打撃コーチの河村健一郎氏(71)だ。

    「彼をひと目見たときから、将来名球会に入る資質の持ち主だと感じました。
    入団1年めから『振り子打法』に取り組んだのですが、当時話していたのは、『誰も達成したことのない、年間200安打を打つのはお前だ!』ということ。
    彼は目をキラキラさせてうなずき、『打ちます!』と。
    それが彼との始まりでした」

    当時に比べて、2019年のイチローには、気がかりな点があったという。

    「2018年から1年近く、試合で生きた球を打っていませんから、心とフォームがバラバラだったことは仕方がない。
    それよりも気になったのは、打てなくてもあまり悔しがらなかったこと。
    松坂大輔との初対決で3打席連続三振を喫したとき(1999年)など、松坂をニラむような感じでしたから。
    その気迫が見えなかったとき、そろそろかなと思った。
    でも彼がやってきたことは、まさに前人未到。
    本当にお疲れさまでしたと言ってあげたいですね」

    気になる今後だが、引退会見では、こう「イチ流」ではぐらかした。

    「何になるんだろうなあ。
    そもそも、片仮名のイチローってどうなんだろう。
    (引退後は)元イチロー? 僕、一朗だし」

    これだけの実績を残した選手だ。

    「第二の人生」は、選択肢が限りなくある。

    ただその前に、2度断わりを入れた、国民栄誉賞の件がある。

    「現在、安倍首相は、トランプ大統領と日米首脳会談に臨むため、4月下旬に訪米する方向で調整中。
    その際に、安倍首相はイチローを招き、その場で国民栄誉賞を授与するという、VIP待遇のパフォーマンスが急浮上している」(政治部記者)

    しかし、これをイチローが受けるかどうかは、別の話だ。

    「国民栄誉賞は、あくまでも日本国内で評価されたことに対する賞。
    だがイチローは、日本での窮屈な対人関係や、球界の旧態依然とした体質がイヤで、日本を飛び出した。
    そんな経緯があるから、自分はこの賞にふさわしくないと思っている。

    引退会見で『将来、監督は?』と聞かれたとき、『絶対無理。人望がありませんから』と答えたが、日本に限っていえば、あながち間違っていない。
    彼はプライドが高く、『イエス、ノー』をはっきり言うタイプで、自身も日本ではあまり受け入れられていないと感じている。

    でも、米国での人望はすごい。
    チームメイトのゴードン内野手が、試合中にもかかわらず、イチローがベンチに下がったとき、人目を憚らず涙を流したことが物語っている。
    マリナーズも今後、なんらかのポストを用意すると言っている」(担当記者、以下同)

    となると、引退後の拠点は米国ということか。

    「それは間違いない。
    まずは、マリナーズと契約を結ぶことを最優先に考えている。
    それほど彼は、マリナーズには恩義を感じている」

    r


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00010000-flash-peo

    所長見解:そらな・・・

    【【メジャー級】イチロー、引退後の収入がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元巨人で野球解説者の元木大介氏(46)が来季巨人のコーチ就任を要請されていると21日、明かした。

    g


    この日、ニッポン放送の「土田晃之 日曜のへそ」に出演。すでに打撃コーチとして招へいされることを報じられている中でリスナーから「コーチをやりますか?  ラーメン屋はどうなりますか?」と質問を受けた。

    直球の問い掛けに「つけ麺屋をやっていたけど、もうやってないです。あまり俺のファンじゃないな」と笑いつつ「オファーは来ています。まだやるか、やらないかは分からない。いずれ分かるんじゃないですか?」と話した。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00368403-nksports-base


    所長見解:元木・・・

    【【G党悲報】元木大介氏、巨人からのコーチ就任要請に本気の件www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ