皇室

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    悠仁さまの机に刃物、長谷川薫容疑者(56)を逮捕 建造物侵入の疑い


    秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さまが通う東京都文京区のお茶の水女子大付属中学校に何者かが侵入し、悠仁さまの机の上に刃物が置かれた事件で、警視庁は29日、住居、職業不詳、自称・長谷川薫容疑者(56)を建造物侵入の疑いで逮捕した。

    「中学に入ったのは間違いない」と容疑を認めているという。

    捜査1課によると、逮捕容疑は26日午前11時ごろ、文京区大塚2丁目の同校内に正当な理由がないのに侵入したというもの。

    捜査関係者によると、26日昼ごろ、同校の教室内の悠仁さまの机の上に、棒状のものにテープで巻き付けられた刃物2本が置かれているのが見つかった。

    刃の部分はピンク色に塗られていた。

    同校周辺の防犯カメラを確認したところ、26日昼ごろ、青色っぽい作業着でヘルメットをかぶった中年の男が工事関係者を装って正門から入り、中学校に侵入する姿が映っていた。

    この時間帯、悠仁さまの学級は教室の外で授業を受けており、教室は無人だった。

    警視庁は防犯カメラ映像などを分析して捜査。

    警視庁は29日、男を神奈川県平塚市内で発見し、逮捕した。

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM4W5WKGM4WUTIL01N.html?iref=sp_new_news_list_n


    w


    悠仁さまの机に刃物 防犯カメラ画像から浮上 「リレー方式」で追跡


    秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)に何者かが侵入し、悠仁さまの机の上に刃物が置かれているのが見つかった事件は発生から4日目の29日、急展開を迎えた。

    警視庁捜査1課は校内の防犯カメラに写っていた作業員風の男が関与したとの見方を強め、カメラ画像を移動方向にたどる「リレー方式」と呼ばれる捜査で足取りを追跡、男の居場所を突き止めた。


    「不審な物を拾った」-。

    26日、中学校の職員からの通報で発覚した今回の事件。

    天皇陛下の譲位や皇太子さまのご即位を前にしたタイミングで発生したこともあり、警視庁は捜査を急いだ。

    悠仁さまの机に刃がピンク色に塗られた2本の刃物が置かれるという異様な犯行態様から明確な思想的背景はうかがえず、捜査の中心を担ったのは思想犯を捜査する公安部ではなく、殺人などの凶悪犯罪を担当する捜査1課だった。

    学校側からの通報を受けた同課が校内の防犯カメラを確認したところ、26日昼前、ヘルメットをかぶった作業員風の不審な男がうろつく様子が確認された。

    「この男が関与した可能性が高い」。

    捜査幹部は当初からこのような見方を示し、男の足取りを追うことに初動捜査の重点が置かれた。

    同課などは、学校周辺の駅などの防犯カメラ画像を収集。

    逃走経路を調べたところ、地下鉄の駅の防犯カメラには、作業着と異なる衣服を身に付けているものの、不審な男と背格好のよく似た人物が写り込んでいた。

    同課は男が逃走のために着替えた可能性があるとみている。

    その後も移動先の防犯カメラ画像をたどり、目撃情報や交通機関の移動記録などと照合するなどして、男が滞在していた神奈川県平塚市内のホテルを特定した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000563-san-soci

    ▼画像
    https://www.nikkansports.com/general/news/img/201904290000967-w500_0.jpg


    所長見解:何者やねん・・・

    【【逮捕】悠仁さまの机に包丁男の正体がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    秋篠宮家の長男悠仁さまが通われる東京都文京区のお茶の水女子大付属中で、悠仁さまの机付近に刃物2本が置かれていたことが27日、分かった。

    前日26日正午ごろ、防犯カメラに不審な男が侵入する姿が写っていた。

    警視庁は、建造物侵入容疑などで男の行方を追っている。

    同大の学生ら関係者は、学外の人間、特に男性は校内に簡単に入ることが出来ないことや、付属校の時間割など詳細は学内にいても知る機会がないことを証言。

    事件にショックを受けている。

    s


    5月1日の改元を前に、不穏な事件が発生した。

    悠仁さまの机付近で26日午後、ポールのようなものに柄の部分が粘着テープで巻き付けられた果物ナイフ2本が見つかり、悠仁さまと隣の席の机に渡すように置かれていた。

    26日午後に置かれたとみられ、捜査関係者によると、当時は教室外で授業中だった悠仁さまは教室にいなかった。

    正午ごろに防犯カメラに映った不審な男は中年くらいで、ヘルメットをかぶり青色っぽい上下の服を着ていた。

    不審な男は、どうやって校内に侵入したのか。

    2年前に卒業したOGは「校内に簡単に入ることは出来ない。外部の方は許可証を見せないと」と証言。

    特に男性へのチェックは厳しく「家族でも警備員に『何で入るんですか』と必ず一言、聞かれる」という。

    一方、同大の学生は「実験器具のメンテナンスで、作業着姿の方が学校に日常的に入ってくるということは最近、頻繁にある。
    そういう人に紛れてしまえば、誰も不審に思わず入ることが出来るかも知れない」と不審な男が作業員に紛れて侵入した可能性を指摘。

    警視庁も工事業者を装って侵入したとみている。


    捜査関係者によると、教室内には座席表があった。

    席の把握に利用された可能性があり、警視庁が状況を捜査している。

    しかし、悠仁さまのクラスや、教室に人がいない時間を、どう知り得たのか。

    お茶の水女子大敷地内には付属小、中、高校があるが、大学生によると「小、中学生が授業の一環で先生に連れられて校内を歩いているのを見たことがある程度」。

    OGも「友人の何人かが悠仁さまを下校時にチラッと見たことがあるくらい。
    時間割どころか何組にいるかも全然分からない」と話した。


    悠仁さまは今月、付属小学校から中学校に内部進学し、8日の入学式では新入生代表としてあいさつ。

    報道陣には「これから充実した中学校生活を送りたいと思います」と話していた。

    皇太子さまが5月に新天皇に即位すると、悠仁さまの皇位継承順は父で皇嗣(こうし)となる秋篠宮さまに次ぐ2位となる。

    その中で発生した事件に、宮内庁幹部は「警視庁が捜査しているので、コメントすることはない」と話している。

    https://www.nikkansports.com/m/general/news/201904270000731_m.html?mode=all

    所長見解:怖いな・・・


    【【これは怖い】悠仁さまの席に包丁置かれる 防犯カメラに不審な男 ←これ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    秋篠宮家の長男悠仁さまが通われているお茶の水女子大付属中(東京都文京区)で26日、悠仁さまの席に包丁2本が置かれていたことが捜査関係者への取材で明らかになった。

    k


    防犯カメラに不審な男の姿が映っており、警視庁は外部から何者かが侵入したとみて建造物侵入などの容疑で捜査を始めた。


    https://mainichi.jp/articles/20190427/k00/00m/040/106000c

    所長見解:警備・・・


    【【事件】お茶の水女子大付属中の悠仁さまの席に包丁が置かれた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    報道によれば、小室さんが留学している米フォーダム大学・ロースクールの学費は年間約650万円であり、5月に1年目のカリキュラム(LLMコース)を終了する小室さんは、夏から始まる2年間のカリキュラム(JDコース)に移行するという。

    1年目は授業料全額免除の「マーティン奨学金」を受けたため、学費に加え、寮費、書籍代、日米の往復航空券などの生活費もカバーできたという。

    ちなみにこの奨学金が支給されるのは約400名の学生のうち2人のみで、“類まれなる成績”と“強力なリーダーシップ”などが審査項目になっていると報じられている。

    k


    そして、2年目以降の年間650万円に上る学費が免除される返済不要の奨学金も獲得したと、今週発売の「女性自身」(光文社/4月30日号)と「週刊女性」(主婦と生活社/同)が報じているが、小室さんの代理人は「女性自身」の取材に対し、奨学金をいくつか申請しているがまだ決まっていないとコメントしている。

    さらに両誌によれば、小室さんがパラリーガルとして在籍していた奥野総合法律事務所が、従来の給与相当額を「生活費」として小室さんに支払っており、その“支援”は3年間におよび、一般的なパラリーガルの給与から計算すると、3年間で総額1500万円に達するという。

    https://biz-journal.jp/2019/04/post_27538.html

    所長見解:すごいね・・・

    【【これはすごい】小室圭さん、あらゆる所からお金を出してもらっていることが判明した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆語られなかった「祖母の死」

    小室さんの父・敏勝さんは2002年3月、小室さんが10才のときに亡くなった。

    「敏勝さんは、明治大学理工学部建築学科を卒業後、横浜市役所に勤務していました。
    饒舌な奥さんとは対照的に寡黙なかたでした。
    ところが、いつからか、仕事が多忙を極めたことと、お金の問題を抱え、弱ってしまったようです」(小室家の知人)

    小室さんが幼少の頃、小室一家は3人でアパート住まいをしていた。

    その一方で、敏勝さん名義でマンションを購入し、そこに佳代さんの両親を住まわせていた。

    「当時、佳代さんの両親と一緒に住むための二世帯住宅を建てる計画があったそうです。
    公務員である敏勝さんの収入では、バイオリンなどの圭くんの教育費に加え、佳代さんの実家を支えるお金を捻出することが厳しかったのではないでしょうか。
    敏勝さんは体調を崩し、実家に帰って療養するようになった。
    ある日、佳代さんが圭くんを連れて敏勝さんを迎えに行き、アパートに戻ってきた。
    それからすぐ、敏勝さんは自ら命を絶ったそうです」(前出・小室家の知人)

    38才という短い生涯を自ら閉じたことで、敏勝さんの両親の落胆ぶりはすさまじかったと、小室家関係者が語る。

    「両親共に、とても明るい性格のかたでした。
    しかし、特に敏勝さんの父親は憔悴しきってしまい、食事がのどを通らなくなってしまった。
    葬儀が一通り済んだところで、父親も自死したんです」

    一家を襲った悲劇の連鎖。

    k


    だが、その直後に、佳代さんが意外な行動を取った。

    「当時、長男と夫の相次ぐ死で、敏勝さんの母親は心身共に限界でした。
    そこに、『佳代さんの知人』を名乗る男性から連絡が入ったそうです。
    聞けば、“父親が亡くなったのなら孫の圭に遺産を相続する権利があるので交渉したい”という話だった。
    たしかに落ち着いたら遺産は整理しなければならないけれど、まだ悲嘆に暮れている母親に対して“よくそんな話ができるな”と親族の間で話題になりました。
    ある親族は、“佳代さんは本当に怖い”と呟いていました」(前出・小室家関係者)

    その後、敏勝さんの実家で遺産相続の話し合いが行われた。

    出席者は、敏勝さんの母親と弟、そして佳代さんの知人男性の3人。

    その結果、小室さんが相当な額の現金を相続することになったという。


    本誌・女性セブンは、佳代さんの知人男性に話を聞いた。

    「佳代さんは当時、“住む家がなく、親元に転がり込んで肩身の狭い思いをしている”
    “夫の実家に連絡しても相手にしてもらえない”と涙を流し、私に遺産交渉の代理人になってほしいと頼みました。

    私は昔、暴力団に関係していたこともあり、そうした経歴が利用できると思って、近づいてきたんでしょう。
    後から知ったのですが、本当は、敏勝さんが購入したマンションに佳代さんの両親が住んでいたので、“住む家がない”というのは嘘だった。
    それを、遺産分割の交渉のためなのか、敏勝さんの実家には隠していたようです。

    圭くんに遺産相続がされるとすぐに佳代さんは、私に一言の礼もなく、突然、“この件から一切、手を引いてくれ”と言ってきました。
    それ以来、絶交しています」


    敏勝さんと父親の2人の墓は、冒頭の寺院にある。

    墓石には施主として、母親の名前が刻まれている。

    別の小室家の知人が語る。

    「お母さんは気丈で明るいかたでした。
    しかし、2人の家族の死から1年経った頃でしょうか、お母さんも2人の後を追って自ら命を絶ったんです。
    小室家の墓には、今は3人が眠っています」


    一方で、遺産を得た小室さんは順風満帆なキャリアをスタートさせる。

    父の死から2年後、東京・品川にあるインターナショナルスクールに進学した。

    カナダのカリキュラムに則って学ぶ中高一貫の学校で、授業料は年間200万円、6年間で軽く1000万円を超えるという。

    大学は国際基督教大学(ICU)に進学。

    その際の入学金や授業料は、佳代さんの元婚約者が出し、今に至る金銭トラブルのもとになったのは、周知の通りだ。


    ※女性セブン2019年3月21日号
    https://www.news-postseven.com/archives/20190308_881203.html?PAGE=1#container

    所長見解:これはヤバい・・・
    【【闇深情報】小室圭さんの親族、父、祖父、祖母、全員自殺している問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ