このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小林麻央さん(享年34)の逝去から、はや1週間、海老蔵一家はもとより、日本国民全員が悲嘆にくれている状況だが、今週発売の「週刊新潮」がある疑問を呈している。

    z


    麻央さんは14年2月に人間ドックを受診。
    左乳房にしこりが見つかり、要再検査で都内の病院を受診したところ、白黒はっきりつかないため、3カ月後に再受診するよう促されたという。
    その8カ月後に再検査に訪れ、がんが見つかり、脇のリンパ節にも転移していることが明らかに。
    医師からは抗がん剤治療などの標準治療を提示されたが、これを断り、気功治療を行っていたというのだ。

    がんが見つかった段階で標準治療を行っていれば一般的には5年生存率で90%といわれているのだが、がん治療に訪れたのは発見から1年4カ月後。
    もうリンパが瘤のように腫れ上がり、乳房から膿が出るほどになっていたという。

    医師の米山公啓氏がこう言う。

    「代替医療に頼る前に、医師を訪ねセカンド、サードオピニオンに回るべき。
    医師の意見をたくさん聞くことで治療法を考えれば、もう少し考え方も変わったかもしれません。
    患者さんの年齢に関係なく、腫瘍はとにかくより早く取り除くことが生存率を高めます」

    >>2以降に全文の続き

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/208528 


    所長見解:本当なら残念だ・・・
    【【これは残念】治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    がん闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが34歳の若さで死去したことが23日、明らかになり、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が同日、東京・渋谷のシアターコクーンで会見した。

    z


    海老蔵は前夜に麻央さんが「愛してる」と言って、息を引き取ったことを明かした。

    海老蔵はこの日正午から、同劇場で自主公演「ABKAI2017~石川五右衛門 外伝~」昼の部を気丈に演じ切った後に会見に臨んだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000076-dal-ent 
    デイリースポーツ 


    所長見解:これは泣いた・・・
    【【これは泣いた】麻央さん、海老蔵に「愛してる」と言って旅立つってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(こばやし・まお)さんが22日夜、都内の自宅で死去した。
    34歳。東京都出身。

    人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月、乳がんの告知を受けて闘病中だった。
    21日に容態が急変したという。

    海老蔵は23日午後、公演先の東京・渋谷のシアターコクーンで会見を行う。

    海老蔵はこの日朝、ブログを更新。
    「人生で一番泣いた日です」
    「お察しください」
    「なるべくいつも通りに過ごします」
    などとつづった。

    麻央さんは08年12月にキャスターを務めていた日本テレビ「NEWS ZERO」のインタビューで海老蔵と出会い、10年3月に結婚。
    11年7月に長女麗禾(れいか)ちゃん(5)、13年3月に長男の勸玄(かんげん)くん(4)を出産。
    幸せな生活を送っていると思われた中、16年6月に海老蔵が会見し、麻央さんが乳がん闘病中であることを発表していた。
    麻央さんは同9月1日にブログを新設し、闘病の様子や心情、家族への思いをつづり、多くの人々の共感を呼んでいた。

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/23/kiji/20170623s00041000062000c.html


    所長見解:ご冥福をお祈りいたします・・・
    【【訃報】小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽くってよ・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    人気の歌舞伎役者が明かした衝撃の告白に、多くの人がその身を案じ、一日も早い快復を祈った。
    しかしその会見の夜、彼は周囲の心配をよそに、酒に酔って大トラブルに巻き込まれていた。

    神奈川・鎌倉駅から徒歩数分の場所に、スナックやバーが軒を連ねる盛り場がある。
    5月20日の深夜、その一角にパトカーが駆けつけた。
    警官に連れられ、小さなバーから数人の男女が出てくる。
    皆、かなり酔いが回っている様子だ。

    その中で、「俺は何も悪くねぇよ!」と叫んでいたのは、歌舞伎俳優の中村獅童(44)だった。

    獅童が連行される様子を、他の酔客たちが心配そうに見つめている。
    その理由は彼が有名人だから、というだけではない。
    重病に侵されていることを世間に公表した直後だったからだ──。

    n


    獅童は5月18日、初期の肺腺がんであることを、直筆の文書で明かした。
    肺腺がんとは、肺がんの一種で、肺の末梢(気管支の細い部分)に発症するケースが多い。がんの進行に伴い、空咳や血痰、喘鳴などの症状が見られ、体全体に激痛や倦怠感を覚えることもある。
    初期症状が出にくいため、早期発見は難しい。
    しかし獅童は書面で、次のように述べている。

    〈今見つかったのが奇跡的と言われる程の早期発見で、この状況ですぐに手術をすれば完治するとの担当医師からのお言葉でした〉

    6月上旬から10日間ほど入院し、切除手術を受ける予定。
    その後はリハビリと療養のため、約2か月間にわたって舞台を休演する。
    自身の口から心境を語ったのは、文書での公表から2日後、20日のこと。
    この日、獅童は北海道帯広市で女性向けの講演会の予定があり、出発前の羽田空港でマスコミ取材に応じたのである。

    患部が肺だけに歌舞伎で重要な声に影響するのではという問いかけに対しては、「肺活量の9割は治療で回復する。あとの1割は自分の努力なので、奇跡を起こしたい」と回答。
    「同じ病の人に、早く見つかるとこんなに元気になるんだというのを自分の身をもって示したい」と力強く宣言した。
    だが、この「がん克服宣言」をした日の夜、“事件”は起きた。

    >>2以降に続きます

    https://www.news-postseven.com/archives/20170611_563004.html?PAGE=1#container


    所長見解:酒は飲んでも、飲まれるな・・・
    【【トラブル】中村獅童が「がん告白」の夜、“酒場トラブル”で警察沙汰ってよwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ