このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ET―KING」いときんさん死去 38歳 昨年8月肺線がん公表

    大阪を拠点に活動する人気ヒップホップグループ「ET―KING」のリーダー、いときん(本名・山田祥正=やまだ・よしまさ)さんが31日、大阪府和泉市内の病院で死去した。38歳。兵庫県三田市出身。
    昨年8月にステージ4の肺腺がんであることを公表し、治療に専念していた。

    k


    「ギフト」「愛しい人へ」などのヒット曲を持つ浪速のブルースマンが病の前に力尽きた。関係者によると、1月中旬に夫人に心臓の痛みを訴えて病院に緊急搬送されたという。
    心臓に水がたまっており心肺停止の状態で、30分間の心臓マッサージで一時持ち直したものの、意識が戻らず家族が看護を続けていた。

    いときんさんは昨年6月の定期健診で異常が見つかり、7月に細胞検査を受けたところステージ4の肺腺がんと診断された。
    本人に自覚症状はなかったが、脳とリンパ節への転移も判明。
    8月に病気を公表した。
    抗がん剤治療は受けず、自宅療養などを続けていた。
    最近は免疫力を上げるため体力づくりにも励んでいたという。

    ET―KINGは、これまでになかった関西弁を使ったヒップホップで人気を博した。
    いときんさんはメインライターの一人でもあり、リーダーとしてグループを引っ張った。
    入院後も病室に音楽機材を持ち込んで曲を作った。
    4月25日発売の新アルバム「LIFE」で全曲のレコーディングに参加しており、闘病中も音楽への情熱を燃やし続けた。

    豪傑で酒豪、おとこ気にあふれる一方で、繊細で情に厚いことでも知られた。
    知人は「曲作りに強いこだわりがあった。歌詞の一つ一つに哲学があった。すてきな曲をもっと世に出してほしかった。本当に残念です」と肩を落とした。

    昨年12月28日に大阪で行われた全国ツアー最終公演が最後の公の場となった。
    1500人のファンを前に「力もらえました、生きるで。ありがとう」と感謝を口にしていた。
    音楽関係者は「あまりにも突然のことでショックだ。ライブに出たのはどうしてもファンに気持ちを伝えたかったのだと思います」と話した。

    99年にデビューしたET―KINGは2014年4月に活動を休止。
    同年9月には、上原多香子(35)の夫だったメンバーTENNさんの自殺という悲しみに見舞われたが、それを乗り越え、15年にメンバー6人で活動を再開していた。

    ◆いときん(本名山田祥正=やまだ・よしまさ)1979年(昭54)3月3日生まれ。
    兵庫県三田市出身。旧芸名はイトキン。
    高校卒業後、97年に大阪の福祉専門学校に進学。
    99年に大阪でTENNさん、KLUTCHとET―KINGを結成。
    その後にBUCCI、センコウ、DJBOOBY、コシバKENが加入した。
    2007年の「愛しい人へ」はデジタル配信で100万ダウンロードを突破するなど大ヒットとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000004-spnannex-ent


    所長見解:若いよね・・・
    【【残念訃報】「ET―KING」 "いときん"さん死去 38歳ってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モデルで女優の高橋メアリージュンの著書「Difficult? Yes. Impossible? …NO. わたしの『不幸』がひとつ欠けたとして」が1月22日に発売される。

    t


    高橋メアリージュン、子宮頸がんを告白

    同書にて、高橋は借金生活や潰瘍性大腸炎を経験、そして「子宮頸がん」を告白。
    「闇金ウシジマくん」「コウノドリ」「隣の家族は青く見える」など注目のドラマや映画で存在感を発揮する高橋だが、「幸せな未来を生きていきたい」と言う。
    誰もが望む未来ではあるが、その言葉の裏には、自身が歩んできた「衝撃」の半生があった。
    30歳を迎え、思いを込めて綴る「言葉」が「幸せな未来を生きる」処方箋になる。

    「不幸はひとが決めるものじゃない」…反響続々

    「他人にはない経験」をしたからこそ見えたもの、知りえたことに反響続々。
    「不幸はひとが決めるものじゃない、その考え方にはっとさせられました」(30歳・女性)、「たくましい、その一言。選択肢がないことで手に入れられるもの、という言葉はないものねだりのわたしを変えてくれそうです」(20代・女性)という声が寄せられているという。

    内容紹介※『』内斜体は本人の言葉(リリース抜粋)

    時を経て、2016年。
    高橋メアリージュンは女優として活躍の場を広げていました。
    突如感じた下腹部への違和感――そこから事態は急転します。

    『2016年11月8日。願掛けも兼ねて、29歳の誕生日に検査結果を聞きに病院 へ向かいました。撮影では馴染み深い診察室。白衣の医師とふたり。
    ごくふつうの風景の中で、 医師は、「高橋さん、検査の結果、がんが見つかりました」まるでなんてこともないようにそう言いました』
     
    これまでも難病・潰瘍性大腸炎や顔面神経麻痺などを経験してきた彼女。
    そこに新たな「壁」が立ちはだかったのです。
    転移していれば「抗がん剤治療」もしくは「子宮摘出」を考えなければいけない。
    「抗がん剤は高いと聞く。子宮を残したい」その思いは感情を揺さぶりました。

    (全文はコチラ)
    http://mdpr.jp/news/detail/1740714

    高橋メアリージュン プロフィール
    1987年11月8日生まれ。滋賀県出身。
    「横浜・湘南オーディション」でグランプリを獲得し、芸能界デビュー。
    2006年3月からファッション誌「CanCam」の専属モデルを務める。
    2012年、NHK連続テレビ小説「純と愛」で女優デビュー。
    以降、映画、ドラマ、舞台などで活躍の幅を広げる。
    主な出演作品に映画「闇金ウシジマくん」、「るろうに剣心」などがある。
    また、2013年に難病・潰瘍性大腸炎を患っていることを公表。
    本書で子宮頸がんに罹患していたことを告白。

    高橋メアリージュンの著書「Difficult? Yes. Impossible? …NO. わたしの『不幸』がひとつ欠けたとして」


    所長見解:大変だね・・・
    【【衝撃半生】高橋メアリージュン、子宮頸がんを告白ってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    楽天の星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことが分かった。70歳だった。
    死因は明らかになっていない。
    現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。
    計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一に輝いた。
    17年に野球殿堂入り。
    「燃える男」、「闘将」と呼ばれ、巨人を倒すために野球人生をささげてきた男がこの世を去った。

    no title
     

    突然の訃報だった。
    星野氏が息をひきとったのは4日。
    球界関係者によると「がんで闘病していた」という。
    昨年末に体調が悪化し、年末年始を家族とハワイで過ごす予定だったが急きょ取りやめていた。
    昨年11月28日に東京で、12月1日には大阪で「野球殿堂入りを祝う会」に出席。
    2000人を超えるプロ、アマの球界関係者が集まり「これだけの人が来てくれて野球をやってて良かった。野球と恋愛して良かった。もっともっと恋したい」と失われない野球への情熱を口にした。
    しかし、これが、最後の晴れ舞台となった。

    相手が強ければ強いほど、「燃える男」。
    現役時代のキャッチフレーズだった。
    その原動力が「打倒・巨人」。
    ドラフトでふられ、憧れの球団は「生涯のライバル」に変わった。
    中日のエースとして闘争心をむき出しにして投げ、巨人戦は歴代6位タイの35勝で通算146勝を挙げた。
    沢村賞を受賞した74年にはV10を阻止して優勝したが「日本シリーズは邪魔。
    俺は巨人を倒したからいいんだ」と言い切ったほど、巨人を倒すことに執念を燃やした。「強い巨人に勝ちたいんや」。その思いは引退後も変わることはなかった。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/05/kiji/20180105s00001173448000c.html


    所長見解:なんか突然だね・・・
    【【緊急訃報】星野仙一氏死去、がん闘病、突然すぎる70歳ってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ、が16日深夜にABCで放送された「松本家の休日」(土曜、深夜00・05)に出演し、最近になって食欲が急変したことを明かした。
    宮迫が、がんになる前にも同様の変化があったことを妻が指摘したそうで、宮迫は「怖い」と嘆いた。

    m


    同番組は大阪界隈をダウンタウン松本人志、たむらけんじらが歩いて1万円以内で食事などを楽しむ内容。
    宮迫は「B級(グルメ)やったらいくらでも食べれる。最近調子ええねん」と2012年に早期胃がんの手術を受け胃の3分の2を摘出したものの食欲に問題ないことを訴えた。

    松本が「ええわけないやん」とツッコミを入れ、たむらも「胃が3分の2もないのに」と同様にツッコんだ。

    宮迫は「いやいや」と反論。
    「おとつい、宮川大輔と小腹減ったから、深夜0時前やったけどステーキ食いに行こ言うて、レスラーが行くとこ。あれの450グラムを食べた」と明かした。
    宮迫が11月24日にツイッターに写真をあげて「ペロリと食べた」とつぶやいていたスクリーンショットを番組は放送した。

    松本はその店を知っているようで「外人レスラーが行くとこやな」と話した。
    宮迫は「ぺろり。おいしかったー。調子ええねん」と繰り返した。
    宮迫はまた、普段はチョコレートを食べることはないのに「最近、食べたくなって食べてる」と話し、食欲が急変していることを明かした。

    その変化に喜んでいられないのは夫人だった。
    宮迫は夫人から「あんた大丈夫?」と聞かれたという。

    「何が?」

    「急にそんなに食べれるようになったり、チョコ食べたり。がんになる前もそんなこと言ってたよ」

    「めっちゃブルーなこと言い出した」と宮迫はこわばった表情。
    松本もたむらも何もツッコめず、間が空いた。
    宮迫は「怖い!」とテーブルに突っ伏した。
    松本が「ほな行こか!」と声を張り上げたが、宮迫は「無理や!」と手を振った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00000067-dal-ent


    所長見解:確かに怖いよね・・・
    【【体調急変】宮迫博之、がん再発を危惧ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ETーKINGいときんが肺腺がん ステージ4を公表「生きたい!」

    k


    ET-KINGのリーダー・いときんが肺腺がんであることが3日、分かった。
    同バンドの公式HPで発表された。

    HPにはいときんのコメントも発表されており、7月26日から、大阪市内の病院で深部静脈血栓症のため入院中と記された後、「もう一つ、治療をしなければならない病気にかかっております。肺腺がんです」と病名を告白。

    「6月に健康診断を受けた際に発覚し、7月に細胞検査などをした結果、ステージ4の進行がんであることが分かりました。リンパ節、脳にも転移しております」と公表した。

    「これから生命力を尽くし、家族、仲間と病気に向き合い、治療法を選択し、専念していきたいと思っております」ともつづり、しばらく活動は休止。
    最後には「生きたい!」という叫びも記し、必ず病気を治すという覚悟を示していた。

    ET-KINGは1999年に結成し、06年にメジャーデビュー。
    2014年9月にはメンバーのTENNさんを亡くす不幸に見舞われていた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/03/0010430201.shtml


    所長見解:まだ若いのに・・・
    【【これはつらい】ETーKINGいときんが肺腺がんで活動休止 ステージ4、脳にも転移ってよ・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ