このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    体調不良のための活動を休止している、歌手・misono(34)の夫でプロドラマーのNosuke(29)が16日、自身のブログを更新。

    「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のために闘病中であることを明かした。

    m


    所属するロックバンド「HighsidE」の公式サイトで、年内の活動休止を発表し、その後、9日に開設したブログで活動休止を来春まで延長することを伝えていたNosuke。

    この日のエントリーでは、「当初は胃が少し荒れて硬直してるんだなくらいに思ってました」としたが、採血、尿検査、CT撮影、胃カメラなどの診察の結果、担当医から「精巣癌による胚細胞腫瘍が胃の下にあります。
    直径おおよそ15センチ。
    とても大きいです」と告げられたと明かした。

    「ん?聞き違いか?『HighsidE腫瘍?』『いえ、ハイサイボウ腫瘍です。』
    『あぁ、HighsiboW!ややこしい!』なんて言いながらそこから詳しくこの病気の事について、そしてどう治療をしていくかについてお医者様に聞きながら家族と相談し、現在に至ります」と、検査から診断結果、さらに今回の発表に至るまでの経緯を、きわめて明るく記述。

    続けて「もしかしたら今同じ状況で戦っている人がいるかもしれないし、まだ検査もしていない方に読んで頂くことがあるかもしれません」と呼びかけた。

    「もちろん回復に向けて闘病しているのですが、どうなるかなんてわからないので日頃の状況と治療過程、そして今の気持ちなんかを書き綴っていきたいと思います」と前を向いたNosuke。

    現在は「基本病室から出られない」としながらも、misonoがYouTubeチャンネルを開設したことに触れ「重度のYouTube中毒者なので楽しみが増えました。
    misonoさんありがとう」と、ユーモアを交えて妻への感謝の言葉を記した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15746922/


    所長見解:まじか・・・

    【【これはヤバい】misonoの夫・Nosuke「精巣がんによる胚細胞腫瘍」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月5日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で膀胱ガンによる膀胱全摘手術を受けることを発表した小倉智昭。

    g


    検査を受けるため9日まで番組を休んだ後、11月下旬からは「本格的に手術をして根治を目指ざすことになる」という。
    翌6日の放送冒頭では、サブMCの伊藤利尋アナと山崎夕貴アナが一緒に2人で写ったショットで登場。
    伊藤アナは「小倉さんも見ていらっしゃると思います。留守を預かるわれわれがベストを尽くしたいと思います」と力強く語った。

    番組の緊急事態に周囲からは様々な声が出ている。

    「11月下旬に手術をされた後、小倉さんの復帰時期はまったく予測できないですね」とはフジ関係者。

    こう続ける。

    「『年内いっぱい休んで年明けに復帰する』という見方もありますが、あくまでも理想的なケース。半年以上の離脱も十分あり得ると思います」

    そんな中、小倉不在の「とくダネ!」に“ピンチヒッター”を起用する案もあるという。

    前出・フジ関係者が言う。

    「休養が長引けば、週替りや月替りで“臨時MC”を置くという案も出ている。
    そんな中、小倉さんの代役として急浮上している意外な人物がいるんですよ」

    その人物とは──。

    「橋下徹氏です。
    つい先日も『とくダネ!』が報じた橋下氏の話題にクレームを入れるなど、番組にとっては“因縁”の人物ですが、実は小倉さんとの信頼は深く、政治家時代からたびたび生出演している。
    橋下氏なら小倉さん不在の間、番組を盛り上げてくれるはずです」(前出・フジ関係者)

    小倉の完全復活を祈るばかりである。

    https://www.asagei.com/115649


    所長見解:おもしろそう・・・

    【【癌治療休養】「とくダネ!」小倉智昭の代役候補がまさかのコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月20日夜6時、東京・品川区の会議室では、『日本沈没・最後の審判』と銘打たれた「超能力セミナー」が開かれていた。
    講師である“超能力者“高山右近大夫長房氏が、「地球は滅亡が始まっています。2023年の8月には大地震が来る」と語ると、50人ほどの参加者たちはうなずきながら聞き入っている。

    そんななかに一人、一際熱心にメモを取る坊主頭の男性の姿が。
    強面(こわもて)にゴツゴツしたネックレスをつけ、手首には数珠……’90年代に一世を風靡した“霊能者“織田無道(むどう)(66)その人だ。

    m


    織田無道は、’02年に宗教法人の乗っ取りを図り虚偽の登記変更を行ったとして逮捕。
    以来、メディアからは姿を消していた。
    その男が、いったいここで何をしているのか。

    「実は織田さんは、末期がんなんです。
    高山先生の超能力の噂を聞きつけ、『どうしてもお話を聴講したい』と、セミナーに参加を申し込んできた。
    高山先生はがんの治癒にも精通していて、多くの有名人に施術をした経験がありますからね」(セミナー関係者)

    講義の途中には、講師の高山氏が最前列で聞き入っていた織田無道をサプライズ登壇させる場面もあった。
    突然の織田無道に驚く参加者たちを前に、彼はこう語った。

    「3つの大学病院でステージ4の末期がんと言われています。
    直腸、大腸、肺、胃と転移している。
    医者からも『2年は生きられない』と言われています。
    手術をしても1年伸びる程度で無駄だと言われました」

    ただ、がんに侵されてはいるものの、かつてテレビを賑わせたトーク力は健在。
    織田無道はさらにこう続け、爆笑をさそった。

    「私はごまかしの世界の連中をたくさん見てきましたが、高山先生みたいな本物は初めてです。
    私もテレビでいっぱい馬鹿をやってきましたが、テレビはストーリーがあるからダメ。
    テレビに出ている超能力者をすごいと思うのは、(時間の)無駄です(笑)」

    セミナーは約2時間で終了。
    本誌は外に出た織田無道に声をかけた。

    ――具合はどうですか。

    「もうダメです。最近は体温を上げなければいけないということで週に5回は源泉掛け流しの温泉に通っています。
    それまでは35.2℃とかが平熱でしたが、おかげさまで36.5℃ぐらいまで上がりました」

    ――セミナーは役に立ちましたか。

    「本物の超能力を持った方ですからね。すごいなと思いましたよ。私は所詮坊主で、そもそもレールが違いますから」

    最後に、記者はどうしても気になる質問をぶつけた。
    「自分の霊能力で自分を治すことはできないんですか」。
    すると織田無道は、少し黙った後、こう語った。

    「他の人のは出来ます。でも、自分のを見るのはやっぱり嫌じゃないですか……」

    かつて“霊能者“を自称した男はいま、自身に巣くう病魔と超能力で懸命に闘っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181105-00010000-friday-ent


    所長見解:いたよね・・・

    【【あの人は今】織田無道さんが末期がんで余命宣告 ←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    キャスターの小倉智昭氏(71)がきょう5日、司会を務めるフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)で、自身の体調に関わる報告をすることが4日、分かった。
    15年末に初期の膀胱(ぼうこう)がんが発覚し、16年5月に手術している。
    報告の内容は不明だが、同局関係者は「重大な話ではないです。数日間休養して検査入院をするという話のようです」としている。

    g


    小倉氏はこれまでも自身の体調を自ら語ってきた。
    16年5月13日には番組内で初期の膀胱がんが見つかった経緯などを説明し「手術を受けてちゃんと戻ってきます」と力強く宣言。
    わずか10日後の23日に復帰した際は「やるだけのことはやって戻ってまいりました」と笑顔で語った。

    今年9月17日に番組が放送5000回を迎えた際には「2020年の東京五輪は番組で関わりたい」と夢を語っている。
    「小倉氏の番組への思い入れは強く、降板することはない」と関係者。
    今後の経過が注目される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000002-spnannex-ent


    所長見解:大変だな・・・

    【【ガーン】小倉智昭氏の報告の結果・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています。
    絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!》

    8月27日、自身のインスタでガンを告白した山本“KID”徳郁(41)。

    「2年前に病気が判明し、現在はグアムで治療を続けている」(格闘技関係者)

    本誌が入手した写真は2018年8月中旬に、グアムのレストランで撮影されたものだ。
    親しい知人らと席をともにするKIDはやせ細り、座っているのがやっとという状態。

    よく見ると、彼が車椅子に乗っているのがわかる。
    カメラに向かってポーズを決めるが、彼だけは笑顔がなく、辛そうな表情だ。

    k


    「消化器系のガン治療のため、グアムの病院で闘病生活を送っている。
    本人はふらついて、歩けないほどだ。
    日本を離れ、グアムで治療しているのは、周囲の目を気にしてのことだという」(同前)

    KIDは、レスリングのミュンヘン五輪代表だった山本郁榮氏(73)を父に持ち、姉は美人格闘家として有名な山本美憂(44)、妹はレスリング選手でダルビッシュ有の妻である山本聖子(38)というスポーツエリート。

    本人は23歳のときプロ格闘家デビューし、HERO’S初代ミドル級世界チャンピオンに輝くなど活躍。
    「神の子」と呼ばれ、カリスマ的な人気を誇る。
    だが、2015年大晦日の魔裟斗との対戦を最後に、2年8カ月の間リングから遠ざかっている。

    2017年には、経営するスポーツジムを沖縄県と埼玉県に開設し、9歳年下の夫人、3歳と1歳の娘とともに、沖縄県糸満市に転居していた。

    だが2018年6月には『“神の子”山本KID徳郁と一緒に未来のチャンピオンを発掘する』というプロジェクトが突如中止になった。
    理由は「KIDが急遽、アメリカ遠征に行くことになった」ためとされたが、「病気では」という噂が飛び交っていた。

    前出の格闘技関係者が語る。

    「家族、姉妹も看病のためグアムに行っています。
    彼は現地に友人も多く、周囲の力強いサポートで、闘病生活を送っています」

    病との闘いに負けるわけにはいかない。


    週刊FLASH 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00010005-flash-peo


    所長見解:がんばって・・・

    【【壮絶画像】グアムで闘病中「山本“KID”徳郁」の車椅子写真がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ