Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    最新の中居正広さんがヤバい(お前らの想像してる3倍ヤバい)


    n


    年内の休養を発表しているタレントの中居正広(50)が、11日放送のフジテレビ「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞」(午後7・00)に、VTR出演する。

    「一年の締めくくりは珍プレー、そしてプロ野球でお楽しみください」とメッセージを寄せている。


     
    2015年から中居の冠がついた人気番組で、今年で40周年の節目。

    放送は局の公式サイトで発表されていたが、中居の出演については明かされていなかった。

    関係者によると、中居がメッセージVTRを収録したのは11月4日に休養宣言をした直前。

    以前より、ほっそりとした姿ながら、笑みを浮かべ元気な声で番組をPRした。

    番組の収録自体は11月末に行われたという。


     
    中居の代わりにMCを務めるのは、かねて親交が深く野球にも造詣が深い俳優の佐藤隆太(42)に加え、徳光和夫(81)、アンタッチャブル山崎弘也(46)が担当。

    番組では、中居が厳選した今シーズンの好プレーのほか、過去に好プレーを見せた達人を「ゴールデン中居賞」として紹介している。


     
    中居は11月4日に「1カ月ほど」の休養宣言をした後、今月2日に年内の静養を発表。

    中居にとっても思い入れの深い番組だけに、関係者は「本人も今回の収録に参加することを強く希望していたが、体の回復を優先することになった」と明かしている。

    番組関係者は「誰よりもオンエアを楽しみにしているのは中居さん。
    番組を見て元気になっていただきたい。
    来年はまたMCを務めてほしい」と期待している。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/b4009514b53bfb40ad603e78eabc2c009ecf9dab


    【写真】VTRで出演し、笑みを浮かべて元気に番組をPRする中居正広
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/12/09/jpeg/20221209s00041000016000p_view.jpg
    所長見解:ヤバいな・・・

    【【閲覧注意】想像している3倍はヤバい、最新の中居正広さんがコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中居正広、11月に再入院して再び手術も、手術が難航して数十分の予定が数時間に…

    「不測の事態が起きたと聞いています」


    j


    中居正広が休養期間を延長

    想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス


    多くのテレビ局関係者が、中居正広(50才)の年内復帰を信じ、そして中居本人もまた、復帰の意欲を見せていた。

    12月11日放送予定の『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞』(フジテレビ系)もその1つだ。


    さらに12月末に放送が予定されている生放送特番からもオファーが入っていたという。

    「MCとして前回も出演していたので、順調だったら当然オファーを受けていたと思います。
    中居さん自身も出演を前向きに考えていましたが、回復が遅れ、断念せざるを得なかった。代役は局アナが務めるといいます」(別のテレビ局関係者)


    年末を目前に、中居から出演を見合わせたいとの申し出を各局が受ける中、中居に近しい数人の関係者は早い段階で「年内の復帰は絶望的だ」と感じていたという。


    中居と親しいテレビ局幹部が匿名を条件に明かす。

    「病名は絶対に言えない。
    箝口令が敷かれていて、ごく一部の限られた人間にしか正確な情報は伝えられていないんです」


    《一歩ずつ、日によっては一足ずつ半足ずつですが、進んでおります。一歩…。少し止まることもあります》──中居が12月2日、年内いっぱいまで休養期間を延長することを報告した。

    自ら社長を務める所属事務所「のんびりなかい」から報道各社に送られてきたFAXには、こうも記されている。

    《先日、およそ1カ月の休養と発表してから今日に至りますが、体力、筋力の回復を図るコンディションまで整いませんでした》


    中居が約1か月の活動休止を発表したのは、11月4日のこと。

    復帰時期と目されていた12月上旬に、休養の延長が明かされたことに関係者やファンの間に瞬く間に不安の声が広がった。



    大幅にずれ込んだ手術時間

    中居が急性虫垂炎を発症し、入院したことを発表したのは、いまから遡ること約5か月、7月16日のことだった。

    手術を受けて2日後には退院したが、中居の変調はその後も続いた。

    9月24日にはラジオ番組で肝数値の悪化を報告し、10月に入るとレギュラー番組の『中居正広のキャスターな会』(テレビ朝日系)を2週連続で欠席した。

    10月15日にはいったんテレビ復帰を果たしたものの、その姿は以前とは大きく変わり、ファンを驚かせた。

    首や肩は見るからにほっそりし、目は深く落ちくぼんでいるようだったからだ。


    「一体、何の病気にかかっているのか」──ファンや関係者が心配する中、ある週刊誌に衝撃の見出しが躍った。

    『週刊新潮』(2022年10月27日発売号)が《「中居正広」深刻病巣摘出で緊迫のカルテ》とのタイトルで、7月の虫垂炎の手術と前後して、盲腸がんに侵され、9月に腫瘍の摘出手術を受けていたと報じたのだ。

    それから数日後、11月に入ると中居が自ら「1か月ほど活動を休止する」と発表するに至ったのである。


    「このときの発表では具体的な病名も体調も伏せられたままでしたが、11月に再入院して、再び手術を受けたとみられています」(芸能関係者)

    だが、いざ手術を始めると、医師にも本人にも想定外の事態が起きたという。

    関係者によると、手術は当初、数十分で終わる予定で、本人も事前にそう説明を受けていた。


    ところが医師が予想していた以上に手術が難航し、実際には数時間にも及んだというのだ。


    「オペ室で不測の事態が起きたと聞いています。
    一口に腫瘍の摘出手術といっても、その部位によっては実際に手術をしてみないとわからないこともあるようです」(前出・芸能関係者)



    中居の手術を担当する医師団のひとりは、これまで数々の著名人に頼られてきた有名な医師とみられる。

    「大物政治家なども多く担当してきた医師で、芸能人とのコミュニケーションにも慣れているといいます。
    中居さんは知人からその医師を紹介され、ともに年内復帰を目指していたと聞いています」(前出・芸能関係者)



    10月15日にいったん復帰したときにも、激やせが心配された中居。

    予定をはるかに超える長時間の手術は、本人が思ってもいなかった“深刻な病状”を物語っているのだろうか──

    前出のテレビ局幹部はこう話す。


    「中居さんはもちろん復帰を諦めていないし、私も絶対に復帰はしてくれると思う。
    ただ、時期がいつかは明確に言えない」



    https://news.yahoo.co.jp/articles/142dff1a236b4b49b724442f106db747147bfa78?page=1
    所長見解:ヤバいんか・・・

    【【悲報】中居正広、手術が難航「不測の事態が起きたと聞いています」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「中居正広」が極秘入院していた「深刻な病名」 

    急性虫垂炎だけではなかった冠番組欠席の真相


    n


    2016年に解散したSMAPのリーダーとして、また、数々のバラエティー番組のMCとして、これまで膨大な仕事をこなしてきた中居正広(50)。

    そんな中居が、10月に入って自身のレギュラー番組を相次いで“欠席”したことが波紋を呼んでいる。

     
    中居を巡っては、数年前から“体調不良”が度々メディアに報じられてきた。

    2015年には喉に良性腫瘍が発見され切除。

    翌々年には肝炎で1週間程度の入院を余儀なくされた。

     
    そうしたなか、中居の体調に大きな異変が起きたのは、今年7月。

    急性虫垂炎により救急車で運ばれ、手術を受けたのだ。

     
    今回の収録欠席を招いた中居の「本当の病状」について、事情を知る芸能関係者が明かす。

    「実は、急性虫垂炎の手術と前後して、別の病変が発覚したのです。
    それは盲腸のがんでした。
    そのタイミングで見つかったのはむしろ幸運でもありました」

    中居は医師と相談の上、7月に続き、改めてがんを切除するための手術を受けたという。

    それが9月のことだった。


    「回答を差し控えさせていただきます」

    「入院先は芸能人やセレブも御用達の都内にある総合病院。
    番組に迷惑をかけないようにするため、2週間だけ休み、極秘に入院し、手術を終えてから短期で復帰する手はずでした」(同)

    だが、中居の手術は当初の見立てよりも体への負担が重いものとなり、入院期間が長引いたという。

    レギュラー番組の収録を欠席しなければならなかった背景には、かような理由があったのだ。

     
    明るい笑顔の陰に横たわっていた容易ならざる病状、そして、秘された入院と手術――。

    中居の事務所に尋ねると、代理人弁護士から以下の回答が寄せられた。

    「ご質問いただいた事項は、本人のプライバシーに関することですので、回答を差し控えさせていただきます」

     
    当代随一の人気MCにささやかれる“健康不安”の真相と、仕事に懸ける思いについて、10月27日(木)発売の「週刊新潮」では詳報している。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/390c5113f71d86efeb0a4acc64ed8dd370301349
    所長見解:マジか・・・

    【【悲報】中居正広、極秘入院していた「深刻な病名」がコチラ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    p


    女性の乳がん検診エチ過ぎクァロタwwww


    ▼画像
    所長見解:マジか・・・

    【【検証画像】女さんの乳がん検診がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小倉智昭氏 肺にがん転移も「復活」への思い強く 抗がん剤で「完治を目指す」


    no title


    2018年に膀胱(ぼうこう)がんの手術を受けたキャスターの小倉智昭氏(74)が3日、肺にがんが転移したことを明らかにした。

    6日から入院し抗がん剤治療で完治を目指す。

    当面休養することになるが、復帰への思いは強く、本紙に寄せた直筆コメントで「テレビ、ラジオもまだやれる」「小倉節復活の際には是非御協力下さい」と再起を誓った。

     
    22年間、総合司会を務めたフジテレビの情報番組「とくダネ!」が3月末に終了してから半年。

    この間、小倉氏はテレビやラジオ番組に積極的に出演し、夏には同局の「東京五輪 情報スペシャルキャスター」を務めた。

    芸能活動以外の拠点となる会社も新たに立ち上げるなど、精力的に仕事に取り組んでいた。

     
    そんな中で再び見つかった病魔に「やり残した事に取り組もうと再スタートした矢先ですが、しばらくお休みをいただくことになりました」と悔しさをにじませた。

    復帰への思いは強く「新会社を立ち上げたばかりですし、テレビ、ラジオもまだやれると思っています。
    小倉節復活の際には是非御協力下さい」と呼び掛け「皆さんもコロナに負けずお元気で!!」と力強くつづった。

     
    がん転移が明らかになったのは9月下旬。

    体調に異変はなかったが定期健診で異常が見つかり、詳しい検査を行った結果、ステージ4の肺がんと判明した。

    同25日に放送されたフジテレビ「小倉ベース」の収録時には転移が分かっていたが、普段通りの明るい本音トークを展開した。

     
    今後は6日に入院し手術は受けず、抗がん剤治療で完治を目指す。

    10月いっぱい入院し、11月はリハビリと療養期間に充てる予定。

    医師からは「集中的な抗がん剤治療を受ければ必ず良くなる」と言われているという。

     
    小倉氏は16年5月に膀胱がんを公表。

    医師の勧めで、18年11月に膀胱の全摘手術を受けた。

    闘病やリハビリの様子を積極的に明らかにし、復帰後は自身の腸で作った代用膀胱での生活を隠すことなく伝えるなど、病気や体調を周囲に理解してもらうことの大切さを訴えてきた。

     
    4日には文化放送「くにまるジャパン 極」(月~金曜前9・00)に「とくダネ!」で長年共演した笠井信輔アナウンサー(58)とともに出演する。

    19年に血液のがんと言われる悪性リンパ腫が判明し闘病の末に復帰を果たした笠井アナを前に、小倉氏が心境や決意をどう語るのか。

    やりとりが注目される。


    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a73baf1f87790caf1edd52a794384888fd001473
    所長見解:どうなんやろな・・・

    【【衝撃告白】小倉智昭さん、ステージ4の肺がんってよ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ