病院

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    保釈後は警察署に集まった報道陣をけむに巻くかのように、裏口から事前に用意された車に乗り込み、メディアの前に姿を現すことなく、そのまま都内にある慶応病院に入院し、薬物治療にあたっていると言われている。

    所属事務所の関係者は絶対匿名を条件に声を潜めてその近況をこう明かす。


    「沢尻さんは病室では元気みたいですよ。
    10日ほど前には診断の結果が出たようで、会社の幹部が高級寿司を4人前差し入れしたとか。
    なぜ4人前なのか事務所内でもちょっとした話題になりましたが、入院中は味気ない病院食メインなので、沢尻さんの食欲も旺盛だったのかもしれませんね」


    s


    あれだけの騒動を起こしながら幹部から高級寿司の差し入れがあるところを見ると、意外にも所属事務所との関係はいまだに悪くなさそうだが……。

    「億単位とも言われる違約金を支払うためには、今後も芸能活動を続けて稼がせるしかないですからね。
    それに、10代の頃から長く芸能活動を行っている沢尻さんは芸能界の色々な“暗部”も知っているでしょうし、ウチとしても野放しにはできないのかもしれませんよね。
    事務所としては復帰後は私生活も含めて沢尻さんをサポートしつつ、薬物依存から立ち直るまでの“ストーリー”を世間にアピールする青写真を描いているようです」(同関係者)


    https://www.cyzo.com/2019/12/post_227147_entry.html


    所長見解:どうなんねんやろ・・・
    【【あの人は今】沢尻エリカさん、差し入れの高級寿司4人前を爆食の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月16日に合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ(33)。

    12月6日に保釈されて以降、公の場に姿を現してはいない。


    そんななか、薬物依存からの脱却を目指して都内の病院へと入院した沢尻。

    選んだのは超VIPな病院だった。

    「特別個室も用意されており、高級ホテルのスイートルームのような豪華さだそうです。
    その分、費用も高め。
    1泊20万円以上かかるといわれています。
    薬物治療の入院は、通常2カ月以上かかるともいわれています。
    総額1千万円は超えることになるでしょう」(芸能関係者)


    s


    事件による損害賠償額が20億円ともいわれている沢尻。

    さらに高額な入院費用がかかるとあって、最近は転院を計画しているという。


    「場所は、関東近郊にある心療内科専門の病院。
    プライバシー保護が徹底されていることから政治家や芸能人に人気で、最近だと元TOKIOの山口達也さん(47)も静養していました。
    ここの施設も超豪華で、トレーニングルームやスパが完備。
    さらにはアロママッサージなども受けられるそうです。
    にもかかわらず、費用は1泊1万円程度。
    長期療養も視野に入れているため、治療計画の見直しを考えていると聞きました」(前出・芸能関係者)


    12月13日、所属事務所は沢尻の現在についてこう発表した。

    《家族や弊社も支援しながら、日々更生に向けて医師の皆様の指導を受けて真摯に努力しております》


    治療を受けることで、沢尻は支えてくれる家族に笑顔を取り戻すことができるのだろうか――。


    「女性自身」
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1812115/

    ▼写真
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/12/sawajiri_erika2_1_line_Tw1.jpg

    所長見解:どこやねん・・・

    【【極秘情報】沢尻エリカさん、山口達也の病院へwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
       
    ハゲがまた世間様に大迷惑

    no title

    所長見解:つらいな・・・

    【【悲報】ハゲた結果・・・   】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    入院して数日経つけどほんま暇やで
    n



    所長見解:たしかに・・・


    【【悲報】入院生活が暇すぎる問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 【放送事故伝説】平成時代最悪の放送事故「ポケモンショック」のその後

    1997年12月、平成時代において、もっとも社会的に影響を与えた放送事故との呼び声も高い「ポケモンショック」が発生した。

    p


    これは、1997年12月16日18:30 ~にテレビ東京系で放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』第38話「でんのうせんしポリゴン」の後半部分で、主人公の味方ポケモンであるピカチュウが必殺の電気ショックを放った際、赤と青の光が激しく交差・点滅し、テレビを見ていた子供がめまいをおこし卒倒するなどの被害が出た。

    自治省(現・総務省)の調べによると、「ポケモンショック」の影響により、最終的に全国600人以上の子供が病院に運ばれるなどしたという。

    以上が、「ポケモンショック」の全容であるが、実は当該エピソードの放送から数日後、先ほどの600人に追加して、全国で100人前後のポケモン視聴者が倒れるという事件が全国で相次いだ。

    問題のあった38話を録画したビデオを興味本位で視聴した人たちが、本放送時と全く同じ症状を起こし、病院へと運び込まれたためである。

    このケースでは、倒れた視聴者は子供だけではなく、いわゆる「オタク層」と呼ばれる大人たちも含まれており、中には42歳の男性が、問題の38話を興味本位で鑑賞したところ、衝撃に耐え切れずに倒れてしまったという大人げない出来事もあった。

    また、ポケモンショックの本放送から半年後の1998年5月、この問題の「ポケモンビデオ」を巡り、教育上とても信じられない事件が発生した。

    なんと、愛知県名古屋市にある某小学校の男性教諭が授業を中断し、この個人的に所有していた問題のポケモンビデオを小学2年生児童29人に見せていたのだという。

    教諭がこのビデオを見せた結果、一人の女子児童が「気分が悪い」と訴え、保健室で寝込むことになったという。

    ビデオを見せた教諭は、ビデオを見せた行為に対し「子どもが喜ぶので見せた。
    問題の放送分とはわかっていたが、子どもたちの興味を引きたかった」と証言しており、後日、名古屋市教育委員会から厳重な処罰を受けたという。

    ポケモンショックから22年が経過した現在、38話は引き続き封印作品扱いとなっており、公式な形で視聴することは不可能となっている。


    https://npn.co.jp/article/detail/29458202/

    所長見解:そんな前か・・・

    【【検証画像】平成時代最悪の放送事故がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ