病気

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月12日に白血病であることを告白した競泳・池江璃花子選手(18)。

    闘病の日々を送る彼女だが、自身のSNSは1ヵ月更新がストップ。

    彼女の病状を心配する声が相次いでいる。

    しかし実はその裏で池江選手は回復に向けて転院していたという。

    彼女の知人がこう明かす。

    「もともと入院していた病院から、より白血病治療の経験値が高いとされる病院に転院していたんです」

    池江選手が転院したのは都内にある有名病院。

    最新の白血病治療が受けられることでも知られているという。

    「白血病の治療といえば、国立がん研究センター中央病院や虎の門病院が有名です。
    移植の専門チームもいます。
    しかし、池江さんが転院したのは別の病院。
    前の病院に比べて圧倒的に臨床結果がありますし、骨髄移植にも積極的。
    施設面でも充実していますし、何より白血病治療の名医がいると評判なのです。
    池江選手は一日も早い回復を目指して、転院を決意したそうです」(医療ジャーナリスト)

    r


    彼女の治療は現在、どの段階まで進んでいるのだろうか。
    白血病に詳しい江戸川病院腫瘍血液内科副部長の明星智洋先生は次のように語る。

    「白血病にはさまざまな種類があり、必要な治療法も異なります。
    池江さんの年齢や、報じられている症状を踏まえると恐らくリンパ性白血病だと推測されます。
    リンパ性の場合、まず『寛解導入療法』と呼ばれる強力な化学療法によって完全寛解を目指します。
    今の池江さんは恐らく『寛解療法』から6週目あたり。
    ちょうど初期治療が一区切りするころでしょう。
    抗がん剤でいい細胞も悪い細胞もまとめて死滅させ、新しい白血球が育ってくるタイミングです。
    このあとの治療は白血病の種類によっては骨髄移植も考えながら、同時進行で『地固め療法』が始まります。
    これは検出できないがん細胞を強力な治療で徹底的に叩いて、より寛解に近づくためのものです」

    この『地固め療法』による抗がん剤の回数は4~5回。

    1回あたり1ヵ月ほどかかり、トータルで半年間にも及ぶ点滴治療だという。

    「一段落したと言っても、治療の後半戦も彼女にとっては体調が辛い状態に変わりはないと思います。
    池江さんは最低でもあと半年は無菌室で過ごさなければいけません。
    病院ごとに無菌室のルールは異なりますが、基本的に子どもはどんな菌を持っているかわかりませんから入室不可能です。
    面会は一人ずつ短時間で、面会者の私物を持ち込むこともできません。
    ただ、体調が悪いうえにずっと無菌室に居続けるのは非常にストレスになります。
    池江さんは若いのでなおさらでしょう。
    今後主治医と相談して、体調がよければ1週間ほどのリフレッシュ退院も可能だと思います。
    長い闘いになりますから、心のケアも重要です」(前出・明星先生)

    つらい闘病生活のなか、池江選手は前を向き続けている。

    3月13日に更新したツイッターでは次のように決意表明していた。

    《東京オリンピックまで499日 1日遅れちゃった まだまだ諦めないぞー!!》

    奇跡の復活を目指して、彼女の闘病は続く――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190409-00010001-jisin-ent

    ▼画像
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/04/ikee_rukako1_1_line_tw_aflo.jpg

    所長見解:回復祈る・・・

    【【白血病闘病】競泳・池江璃花子さん、有名病院に転院した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s

    ※画像がコチラ


    所長見解:あったね・・・


    【【どう?】この画像の意味がわからないやつは発達障害らしいってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    がん闘病中の元プロボクサーでタレントの竹原慎二(47)が、診察当初に誤診があったとして当時の主治医や病院を相手取って起こした医療過誤裁判の進捗(しんちょく)を報告した。

    t


    竹原は25日更新のブログで、2017年7月に医療過誤裁判を起してからこれまでを振り返り、「それからずっと争ってきた 途中 裁判所から和解を勧められても相手は全く応じない 反省する気はないようだ 結構驚くウソも平気で言ってくるから頭にくる 逆に相手側は俺に怒ってるらしい 意味不明 どこまでも腐ってるな 途中から大学病院への訴えを取り下げ、医師1人だけを相手に争ってきた」とつづった。

    「それがやっともうすぐ終わりそう」と竹原。

    「長かった 正式に終わったら裁判の内容を公開しようと思っている あともう少しじゃ じゃあの」とつづった。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903250000238.html

    所長見解:大変やね・・・

    【【医療過誤裁判】 竹原慎二「あともう少しじゃ」ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    その日の都内は、朝から灰色の雲が低くたちこめ、今にも雨粒が降ってきそうな空模様だった。

    2月中旬、気温は10℃に届かず、肌寒い。

    一台のワンボックスカーが、ある病院の通用口に寄せて止まった。

    平日の午前中のことだから、一般外来の窓口には大勢の患者の列ができている。

    人目を避けるように、車から下りた男性は、スタッフに促されるように通用口から診察室に滑り込んだ。

    そこは都内でも有数の病床数を誇り、最先端の治療を施すことで知られる有名大学病院だ。

    政治家や芸能人など著名人の来院や入院も多く、VIPの扱いには慣れている。

    お忍びで病院を訪れたのは、嵐の二宮和也(35才)。

    事前の予約はなく、具合が悪くなり、急きょ来院したようだった。

    顔色が悪く、つらそうな表情を浮かべ、足取りも重い。

    1月27日、来年いっぱいで活動を休止することを発表した嵐。

    それまで全力疾走することをファンに誓った二宮に何があったのか──。

    n


    2月10日(現地時間)、米ロサンゼルスの「グラミー賞」授賞式に嵐の姿があった。

    現地ではメンバーそろって、写真撮影をするところも目撃されている。

    数日間をロスで過ごし、日本に帰国した直後、二宮は緊急で病院に向かったわけだが、体調不良はロス行きの直前にファンの間で囁かれていた。

    「2月1日に『ミュージックステーション3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に嵐が出演して、活動休止発表後、初めてパフォーマンスを見せてくれたんです。
    ただ、いつもと様子がちょっと違いました。
    ニノは歌っていても普段はあまり汗をかかないんですが、その日は額に汗をかいていたんです。
    友達とも“どこか体調が悪いのかな”、“心配だね”って話していました」(20代ファン)

     
    ファンの間では、二宮が腰に“爆弾”を抱えていることはよく知られているという。

    ジャニーズJr.時代から長年、バク転など激しいダンスを続けてきたため、腰に痛みが出る「坐骨神経痛」が慢性化。

    ステージ上や番組の中で、二宮が腰をさするシーンを見ることは珍しくない。

    しかし今回、二宮が受診したのは腰痛が理由ではなかった。


    ◇検査後すぐに収録に向かった

    芸能関係者が明かす。

    「ロスから帰国した直後、病院を受診したのは、腰の持病のためではないそうです。
    腰の持病に関しては、嵐のメンバーが日頃から頼っているスゴ腕のスポーツマッサージ師などのサポートスタッフもいますし、ある程度はセルフコントロールもできるはずです。
    その日は、めまいや“ブーン”“キーン”といった耳鳴りがして、ひどい頭痛がしたり、吐き気を催したりする症状を感じて、大学病院で緊急検査を受けたそうです」

    音楽関係者、特に大音量でのコンサートを頻繁に行う歌手の中には、そうした症状を訴える人は少なくない。
    重症化すると、スガシカオ(52才)や浜崎あゆみ(40才)、KinKi Kidsの堂本剛(39才)が患ったような「突発性難聴」と診断され、しばらくステージの上に立てないということもある。

    たとえば堂本のケースでは、2017年6月に突然、左耳が水の中に潜ったような状態になり、直後に高い音が頭蓋骨に響き始めた。

    その後もドラム缶の中でガンガン音を鳴らされているような感じに悩まされたという。

    堂本は発症後、テレビ収録や野外ライブの出演を軒並みキャンセル。

    東京ドーム公演では、音量や音響を考慮して、演奏は全編オーケストラで行い、さらに左耳に綿を詰めて耳栓をして、その上からヘッドホンをかぶせて右耳だけで音を拾ったという。

    日本橋大河原クリニックの大河原大次院長の解説。

    「突発性難聴を罹患するのは20~60代で男女差はなく、詳しい原因は不明ですが、血流障害やウイルス、ストレスが原因とされます。
    症状が起きてから遅くても2週間以内にステロイドホルモンで治療すれば、治療は充分に可能です」


    ※ 全文は記事で
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16159412/ 

    所長見解:怖いな・・・
    【【これはヤバい】嵐・二宮和也 耳鳴り、頭痛、吐き気で緊急検査、結果は・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    音楽プロデューサー小室哲哉(60)の妻で、療養中のglobeのボーカルKEIKO(46)が、カラオケで歌ったことを報告した。

    k


    2011年10月にくも膜下出血で救急搬送されて以来、療養中のKEIKO。

    17年12月からツイッターの更新がストップしてファンから心配されていたが、今年1月に約1年ぶりに更新し、「ジム行って来ました~。筋トレやってまぁす!疲れたぁ」と元気な様子をうかがわせた。

    復帰やglobeの活動再開などもファンから期待されているが、夫の小室は昨年1月に不倫疑惑を報じられた際の会見で、KEIKOについて「残念なことに、脳のどこの部分か分からないですけど(音楽への)興味がなくなってしまって。
    その後、カラオケに誘ったり、ネットを見せたり、CDを聞かせたり、弾いても見せたりとか…僕なりのいろいろ、いざないを試みたんですが、残念ながら音楽に興味を持つということは、日に日に減ってきて…。
    今年で7年目になるんですがが、最初の時期に何度か、無理やりレコーディングスタジオに連れて行って、未発表曲ですが、その時の心境を自分なりに歌詞にしたためまして何とか歌ってもらった曲が1曲、ありますが…それ以降は、いいよねと。
    それから4、5年はほぼ歌うことがなくなりました。
    それが現状です」と語っていた。


    しかしKEIKOは3日に更新したツイッターで「カラオケ行ってきましたぁー。たくさん歌いました。。。」と報告。

    ファンからは

    「嬉しい KEIKOちゃんが歌ってる姿を想像するだけでテンション上がりますね!」
    「何歌ったのか気になる~!」
    「いつかKEIKOさんの歌声が聴けるのを楽しみにしています!」

    といったコメントが多数寄せられた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-03040316-nksports-ent

    globe
    http://pbs.twimg.com/media/DMa4gCOVwAMOYMZ.jpg

    所長見解:元気そうやね・・・

    【【globe】KEIKO「カラオケ行ってきましたぁー。たくさん歌いました。。。」 ←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ