病気

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    肝臓で入院

    所長見解:小銭やね・・・

    【【病室生活】入院に持っていった方がいい物がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手のmisono(34)が4月17日に自身のブログを更新し、入院していたことを明かした。

    misonoは『誰かの看病をしている皆様へ~家族を含め誰も知らない話~(4)』と題したブログを更新。

    「今1番、力を入れているYouTube(笑)3日に1回、更新していたのに…しばらく、アップ出来ていませんでした」と報告。

    「最近、撮影できてなかった理由も含め…『misono ch』にて、とあるご報告をしております」と、自身のYouTubeチャンネルにアップした動画の一部を公開した。

    m


    misonoは動画の中で「実は入院をしておりました」と報告。

    続いて「じつは誰にも言ってません」と伝え、現在、精巣がんによる胚細胞腫瘍で闘病している夫のNosukeも、家族も、この動画ではじめて入院の事実を知ることになると明かした。

    また誰にも話さなかった理由については、「心配ご迷惑をおかけしたくいという思いから」と話し、さらに「一人になりたくなってしまった」と吐露。

    YouTubeの動画について「誰かの看病をしている人は、もちろんのこと『頭、目、耳、歯、心臓、胃が痛い人』『手足と口の震え、目眩、立ちくらみ、微熱、耳鳴り、視力の低下、吐き気、に悩まされている人』(自律神経失調症、メニエール病、PMS、更年期障害、うつ病、パニック障害、で苦しんでる人)etc…に向けたメッセージですので『当てはまらない人』は、見なくて良いですので」とつづった。


    コメント欄には

    「misonoさんは misonoさんらしく 周りに気を使い過ぎず 頑張り過ぎず 少しでも体調が良くなりますように…」
    「悲劇のヒロインとか 金の亡者とか、皆好きなこと書くよね~言いたい人には言わせときな その立場にならないと分からないんだよ」

    とmisonoへの励ましのコメントが寄せれている。


    ネット上でアンチが多いとされているmisonoだが、YouTubeを見て初めてコメントをするという投稿や、misonoと同じように看病する立場や闘病中と投稿者からのmisonoの言葉に励まされたという感謝のコメントや応援メッセージが続々と寄せられている。
    http://news.livedoor.com/article/detail/16337889/ 



    所長見解:なんの病気?・・・

    【【極秘情報】misonoが入院の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 渡哲也 石原軍団解散へ…決断の背景に俳優の高齢化と体調問題

    東京都内にある病院の前で、酸素ボンベの入ったバッグを右手に持ち、車から降りてきたのは俳優・渡哲也(77)だった。

    本誌が渡を目撃したのは4月上旬。

    実はその直前に驚きの証言をキャッチしていた。

    「渡哲也さんが、ついに俳優引退と、石原プロモーションの幕引きを決断したのです」

    そう語ったのは石原プロの関係者だった。

    石原プロは、故・石原裕次郎さんにより'63年1月に設立された。

    「'71年には渡哲也が副社長に就任。
    舘ひろし(69)や神田正輝(68)など人気俳優を擁し、その結束の固さから所属俳優たちは“石原軍団”と呼ばれたのです。
    '87年に社長の裕次郎さんが逝去した後は、渡が24年間にもわたり二代目社長を務めました」(芸能関係者)

    社長辞任後も、専属俳優や“相談取締役”として石原プロを支え続けてきた渡。

    なぜいま“石原軍団解散”を決断したのだろうか? 

    d


    前出の石原プロ関係者は次のように語る。

    「以前から“高齢化”は問題視されていました。
    現在、代表取締役会長を務めている石原まき子さん(※石原裕次郎夫人)が85歳、そして渡さんが77歳。
    渡さんが辞任してから8年になりますが、社長職は空席のまま。
    それは、まき子さんの『後継者が決まるまでは、社長の席は空けたままにしましょう』というご意向があったからです。
    しかし結局、裕次郎さん、渡さんの跡を継いで“三代目社長”に名乗りを挙げる人材は現れなかったのです」

    渡の体調の問題もあるという。

    渡は'91年に直腸がん、'15年に急性心筋梗塞と2度の大手術を受け、さらに肺気腫やぜんそくといった持病もある。

    「実はこの4月に幕引きを発表する予定だったのですが、移籍先がまだ決まっていない若手の所属タレントたちもおり、資産の整理もまだめどが立っておらず、公式発表はとりあえず延期することになりました」(前出・石原プロ関係者)

    設立から57年目、そして裕次郎さんから受け継いで32年で迎えた終幕について渡自身はどのような感慨を抱いているのだろうか。

    自宅付近で本人に取材を試みた。

    「渡さん、石原プロを閉めることを決断されたそうですが、いまのお気持ちをお聞かせください」と記者が問いかけると渡は目をつぶり、なんと語るべきか真剣な表情で黙考しているようだった。

    だが付き添っていた運転手に「事務所に連絡するように伝えなさい」と静かに言い残すと、自宅のなかに入っていった。

    石原プロで専務取締役を務める浅野謙治郎氏は本誌に次のように語る。

    「『石原裕次郎さんの名前を冠した“石原プロモーション”を傷つけてはいけない』、それは渡のみならず私たち社員が常に肝に銘じていること。
    また(渡のように)会社の舵取りをする立場なら、会社を存続させないという選択肢も頭の中にはあるでしょう。
    しかし現時点では、(幕引きは)決定事項ではありません。
    石原プロは映画・ドラマ・音楽について多くの版権を持ち管理していますから、会社自体を解散するということはできないのです」

    浅野氏の語った“石原裕次郎の名を傷つけない”ということを、誰よりも強く意識し、それを美学としているのが渡なのだという。

    石原プロの元幹部社員は言う。

    「石原プロを“自分の目が黒いうちにきれいに終わらせる”というのは、渡さんにとって長年の悲願でもありました。
    つまりほかの“スタープロダクション”のようにはしたくない、ということです」

    映画会社から独立したスターたちが、自分の名前をつけた個人プロダクションを相次いで設立した時代があった。

    石原プロのほかには勝新太郎の勝プロ、三船敏郎の三船プロ、中村錦之助の中村プロなど。

    だが石原プロ以外は、いずれも経営不振で倒産したり、分裂騒動を起こしたりしている。

    「渡さんとしては倒産とか分裂とかで、石原裕次郎の名前を汚したくない。
    それが彼の美学なんです。
    社長ではありませんが、渡さんが決定したとなればほかの社員たちも従います。
    幕引きを急いでいるのは、渡さんが自分の体調に自信を持てなくなっているからなのでしょうね」(前出・元幹部社員)

    渡は“20年までには石原プロの資産を、まき子さんにお戻しする”と、知人に語っているという。

    「おそらく今後、石原プロは芸能プロダクションとしての活動を休止し、裕次郎さんを中心にした映像や音源の権利を管理する会社へ移行していくのではないでしょうか」(芸能プロダクション関係者)

    渡哲也は肺気腫と闘いながら、自身の美学を貫く道を歩み続けている。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190416-00010003-jisin-ent

    所長見解:そうなったか・・・

    【【衝撃画像】渡哲也さんの今・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    〈先日、岩橋玄樹の一部活動再開をご報告申し上げましたが、改めまして、この度の一部活動再開を見送り、引き続きパニック障害の治療に専念させていただきますことをご報告申し上げます〉

    2019年2月28日、ジャニーズ事務所が発表した文書の一部だ。


    「外国人男性や警官らと共にパトカーに」

    この発表で一部活動再開が見送られることになったのは、昨年5月にCDデビューしたばかりのジャニーズの新星「King & Prince」のメンバー、岩橋玄樹(22)。

    岩橋は昨年10月、体調不良のために活動休止を発表。

    今年2月17日に活動再開を発表したものの、わずか11日後の2月28日に“活動再開中止”を公表したのだ。

    実はこの“空白の11日”の間に、岩橋は警察沙汰のトラブルを起こしていた。

    「2月19日夜、キンプリの岩橋くんが外国人男性や警官らと共にパトカーに乗っていったのです」(近隣飲食店関係者)

    この日、岩橋は複数の友人と酒を購入しようと都内のコンビニを訪れていた。

    「原宿駅付近のコンビニで、岩橋くんはお酒を購入していました。
    そのときでした。若く見られたのか、店員さんが年齢確認のために身分証の確認を求めた。すると、岩橋くんは店員の態度に腹を立てたようで、急に激昂し店員さんへ食って掛かったのです。
    ジャニーズタレントである有名人の自分を知らなかったことで頭に来たのかも……」(岩橋の知人)

    岩橋と店員は口論に発展し、110番で駆けつけた警察官に署まで連れて行かれた。

    岩橋が警察署を出たのは、日付が変わった2月20日未明だった。

    厳重注意を受け、両親が真夜中に警察署まで身柄を引き受けに来たという。

    p


    「何かの薬をお酒と一緒に大量摂取していた」

    この日だけでなく、実は、岩橋は休養中も友人らとたびたび酒宴に興じている。

    「岩橋くんはまったく療養に専念なんてしていません。
    飲み歩いてばかりいますよ。
    2月9日には、京都の英国風パブ『HUB』で友人らとお酒を飲んでいました。
    気になったのは、何かの薬をお酒と一緒に大量摂取していたことです。
    酒で流し込むように10錠以上は飲んでいた。
    何の薬かはわかりませんが、『1軒の病院でもらえる量だと全然足りないので、何軒もの病院を回っている』と言っていました。
    周囲が体を心配して止めようとしても、『薬はお酒と一緒に飲みたいんだ!』とやめようとしないんです」(別の岩橋の知人)

    パニック障害の専門家、岐阜大学医学部附属病院精神科長の塩入俊樹氏が説明する。

    「お酒はパニック障害の発作を起こしやすくすると言われているので、療養中お酒は控え、十分な栄養と睡眠をとって規則正しい生活を送ることが大切です。
    もちろん治療薬は正しく服用しなければなりません」

    一連の騒動についてジャニーズ事務所に事実確認を求めると、こう回答した。

    「パニック障害の療養中である岩橋が、コンビニエンスストアのスタッフの方の予期せぬ問いかけに対して突発的に緊張を感じて取り乱し、思わぬ形でご迷惑をお掛けすることとなり大変申し訳なく思っております。
    もっとも、岩橋は実際にスタッフの方とのトラブルに発展した知人の参考人として事情聴取に応じたものであり、身元引受人が必要な状況ではございませんでしたが、トラブルの影響で精神的に不安定な状態でもあったことから、ご両親に迎えに来てもらった次第でございます」

    警察沙汰トラブルの詳しい内容や、岩橋の酒宴に興じている様子、キンプリメンバーと現在の関係性について、「 週刊文春デジタル 」の オリジナル記事 で詳報している。


    「週刊文春」編集部/週刊文春
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190413-00011485-bunshun-ent

    所長見解:もうアレやね・・・

    【【キンプリ】ジャニーズ事務所イチ押し「King & Prince」のメンバー岩橋がトラブルで警察沙汰の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ