疑惑

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントのデヴィ夫人(78)が5日放送の日本テレビ系「情報番組「スッキリ」(月~金曜・前8時)にVTR出演し、5月24日に自宅で死亡しているのが見つかった友人の“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助さん(享年77)と22歳の再婚相手、家政婦について語った。

    d


    「5~6年前から(野崎さんから)結婚するといって女性を8人くらい紹介されている」と明かしたデヴィ夫人。
    野崎さんは、その女性たちの両親とも「会っているみたい」と話し、「そこまでしていて結婚していなかったの。(しかし)彼女とは結婚した」と説明した。

    さらに、野崎さんの遺体を見つけた家政婦については「六本木でバーか何かをしている方。会社の名義を彼女にしていたこともあった。
    遺書にそのお礼として彼女に4000万円残していると言っていました」と振り返っていた。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180605-OHT1T50101.html


    所長見解:デヴィ・・・
    【【真犯人は】デヴィ夫人暴露、紀州のドン・ファンは家政婦に「4000万円の遺産を残していた」 ←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHKの桑子真帆アナ(31)とフジテレビの谷岡慎一アナ(31)が離婚することが分かり、その理由について、さまざまな臆測が飛び交っている。

    k


    スポーツ紙は「多忙によるすれ違い」が原因と書いていたが、結婚した昨年5月の時点で、桑子アナはすでにNHKの看板番組「ニュースウオッチ9」のメインキャスターだった。
    その頃から超多忙だったわけで、今さら“すれ違い”が離婚理由に挙がるのは不自然。

    「フジで目立たない谷岡アナと、NHKでエース的存在の桑子アナを比較して“夫婦間格差”が原因だという指摘もあります。
    しかし、恋人時代から桑子アナが谷岡アナの人気を圧倒的に上回っていました。
    これも、スピード離婚の理由と結びつけるのは強引です。
    週刊誌などは、夫婦のどちらかに新恋人がいるのではないかとみて取材を進めています」 


    日刊ゲンダイDIGITAL 
    http://news.livedoor.com/article/detail/14808729/


    所長見解:浮気でしょ・・・

    【【よからぬ噂】NHK桑子アナの離婚の真相がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    資産50億円をこれまで4000人の美女に30億円を費やし、今年2月には55歳年下のSさん(22)とめでたく結婚。
    「紀州のドンファン」と呼ばれた和歌山県の資産家の野崎幸助さん(77)が5月24日、和歌山の自宅で“変死”した事件が急展開している。

    和歌山県警は野崎さんの遺体を行政解剖した結果、簡易検査で覚せい剤反応が出たため、事件性があるとして捜査。
    通夜の直後から野崎さんの和歌山県田辺市の自宅、経営する会社など数か所に家宅捜索に入っていた。

    さらに和歌山県警は10人を超す捜査員を東京に派遣し、6月2日夜には妻であるSさんの別宅がある新宿区内のマンションを家宅捜索。
    押収品を入れた段ボール5箱ほどを運び出したという。
    さらに3日午前からは東京・港区にある野崎さん宅の家政婦の自宅にも家宅捜索に入った。

    捜索を受けた妻、Sさんについて野崎さんの親族がこういう。

    「5月29日に通夜だったのですが、警官がたくさんきて大変でした。
    幸助が覚せい剤を使っていなかったか、周囲で覚せい剤やっているヤツはいないか、などと聞かれましたが、心当たりが全くない。
    従業員は尿検査までされています。
    そして妻のSさんと家政婦についても詳しく聞かれました。
    幸助が亡くなって初七日法要もしてないうちにSさんは『東京に帰りたい』と言い出していた。
    結婚後もモデルの仕事があると東京と和歌山を行ったり来たりしていて、幸助と一緒に暮らしたのは数か月もないぐらいでした」

    一方、3日午前に家宅捜索を受けた家政婦は、もともと野崎さんの金融業を手伝っていたという。
    東京から和歌山の野崎さん宅に月10日ほどやってきて雑用をしていたという。

    no title


    「5月24日、意識ない野崎さんを最初に発見したのは、妻のSさん、次に家政婦だった。
    野崎さんは資産家なので事件性も視野に入れたれた捜索です」(捜査関係者)

    謎の多い「紀州のドン・ファン」の死の真相が解明される日がくるのか。(本誌取材班)


    https://dot.asahi.com/wa/2018060300008.html?page=1


    所長見解:これはあれだな・・・

    【【犯人は○○】「紀州のドン・ファン」怪死が急展開の結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・満島ひかり(32)が11月から予定されていた主演舞台を降板していたことが1日、分かった。

    作品は宮藤官九郎(47)が脚本・演出を手掛けるシェークスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」で、11月にスタートし、12月まで東京・本多劇場などで上演される予定。
    満島はジュリエット役で出演することが決まっていたが、先月降板した。

    no title


    舞台関係者によると、主催者側は満島が降板した理由について「体調不良」「スケジュールの都合」「最後までやり遂げる自信がないと言っている」などとさまざまな説明をしているという。
    「代役を探すに当たっても、なぜ満島さんが降りたのか、明確な説明ができていないと聞いています」としている。

    満島は3月に所属事務所を退社し、フリーで活動し始めたばかり。
    演劇関係者は「この舞台は満島さんが“ジュリエットを演じたい”と宮藤さんに持ち込んだ企画で思い入れが強いはず。なぜ、自ら断る必要があったのか、心配する声が上がっています」と話している。

    5月3日まではシンガー・ソングライター小沢健二(50)が東京と大阪で開いたライブにボーカルで出演。
    歌唱に加え、エレキギターも演奏、笑顔を見せていた。

    前所属事務所はスポニチ本紙の取材に降板について「現在弊社の所属ではないので分からない」と答えた。
    主催者の事務所は「担当者が不在のため、分かる者がおりません」と対応した。
    舞台関係者は「満島さんから結婚などという話も聞いていません」としている。
    若手女優から憧れの存在として名前が挙がる満島。
    「大ごとではないといいのですが」と話す関係者は多い。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000065-spnannex-ent


    所長見解:妊娠か?・・・

    【【理由不明】満島ひかり、クドカン脚本の主演舞台を突然降板の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◇自宅で死亡の77歳の資産家から検出される 第三者関与か

    和歌山県田辺市の金融・不動産関連会社社長、野崎幸助さん(77)が24日、自宅で死亡し、遺体から多量の覚醒剤成分が検出されたことが、捜査関係者への取材で分かった。
    何者かが故意に摂取させた可能性もあるとみて県警が調べている。
    野崎さんは資産家として知られていた。

    d


    捜査関係者によると、野崎さんは24日夜に同市朝日ケ丘の自宅で倒れ、その後死亡が確認された。
    目立った外傷はなかったが、県警が司法解剖を実施したところ、体内から覚醒剤成分が検出された。
    致死量を上回っていた可能性があるという。

    県警は30日までに、野崎さん宅など関係先の現場検証や家宅捜索を複数回にわたって実施した。
    覚醒剤の多量摂取と死亡との関連を調べており、周辺の関係者から事情を聴いている。

    野崎さんは酒類販売業や金融業などを営み、高額納税者として度々公表されるなど、資産家として知られていた。
    2016年に出版した著書では多くの女性と交際した半生などを書いて週刊誌やテレビで取り上げられ、欧州の伝説上の放蕩児(ほうとうじ)になぞらえて「紀州のドン・ファン」とも呼ばれた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000004-mai-soci


    所長見解:あれやね・・・

    【【これはヤバい】「紀州のドン・ファン」遺体から多量の覚醒剤成分 ←これ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ