疑惑

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元貴乃花親方と、その元妻の河野景子さんの長男・花田優一氏が正式に離婚を発表した。


    花田氏はブログに、

    《この度、花田優一は離婚致しましたことをご報告申し上げます。
    関係者各位の皆様、応援頂いております皆様にご迷惑おかけしてしまい大変申し訳ございません。
    未熟者ではございますが、今後とも精進して参りますのでご教授いただければ幸いです》

    と報告しているが、離婚日や理由などの詳細は明かさなかった。

    花田氏の離婚理由は、不倫やマザコンなどいろいろといわれている。

    『デイリー新潮』の記事によると、今年2月25日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に花田氏が出演したときの回が、夫婦の亀裂を決定的にしたという。

    その回で花田氏が紹介した『花田優一の自宅』が、自分が住んでいる家とは全く違っていたことが理由だったとか。

    元妻はこれまで信じ続けていた夫が、自分が全く知らない家を持っていることにショックを受け、夫を信じられなくなったと報じられた。

    花田氏の離婚には、ネット上でも「予想通り。元奥さんは新しい人生を歩んでください」「優一さんには問題がいろいろありますね」と非難ごうごうだ。

    no title


    親父はアレだけど本業は凄かった

    花田氏は、自称「靴職人」として活動しているが、こちらも評判がガタ落ち中。

    父の元貴乃花親方は「テレビ出てる場合じゃない」と、職人でありながらテレビに出まくる花田氏に苦言を呈していたが、12月13日放送の『ゴゴスマ~GOGO! Smile!』(TBS系)でも、フリーアナウンサーの吉川美代子が否定的な意見を述べた。

    吉川は、東京で“本当に”有名で売れっ子な靴職人の知人がいるとし、その人は40代半ばで「やっと私は靴職人です」と言えるようになったらしい。

    一方、花田氏はわずか3年の修行で靴職人だと自称している。

    さらに、花田氏の靴を見たその靴職人は「英国の靴の学校の1年生は、みんなこの程度作ってます」と答えたそうだ。

    所属していた芸能事務所から解雇され、靴職人としての未熟な腕がバレ、妻にも見捨てられた花田氏。

    もはや、親に泣きつくしかないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1612774/


    所長見解:そうね・・・

    【【貴乃花息子】花田優一の靴は「1年生レベル」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《本日の別居報道に関しまして、お騒がせし、ご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。
    現在私ども夫婦で話し合いを重ねておりまして、ご報告できる段階にございません》

    12月3日に一部スポーツ紙で、フィギュアスケーターの小塚崇彦と、フリーアナウンサーの大島由香里の別居が報じられ、小塚は当日に自身のブログで騒動を詫びている。

    「'16年2月に結婚し、'17年4月には第1子となる女児が誕生しています。
    生活の拠点は小塚さんの地元である名古屋に置いていたようですが、2か月ほど前に娘さんを連れて大島さんが上京する形で、別居がスタートしました」(スポーツ紙記者)

    k


    小塚の多忙さが、今回の別居原因のひとつだという。

    「小塚さんは仕事をバリバリこなしていますが、そのためになかなか名古屋に戻ることもかなわなかったようです。
    トヨタのレーシングチームに所属しているほか、オリンピックアンバサダーとしてスポーツ普及にも貢献。
    アイスショーへの出演や、幼児・児童のためのスケート教室、講演会……と、全国を飛び回っているんです」(同・スポーツ紙記者)

    大島も名古屋でラジオDJの代行を行うこともあれば、仕事で東京に出てくることもある。

    しかし頼りたくても夫はおらず、“ワンオペ”で家事に仕事に育児にと大忙しだったのだ。

    「別居以前から、小塚さんが自宅に帰ることは少なかったそうです。
    一家の自宅は、彼のお父さんのマンションからかなり近かったようで、大島さんが娘さんを連れて、お父さんの家を訪問する姿は見かけましたが、小塚さんの姿を見ることは少なかったです。
    大島さんは仲よしのフィギュアスケーターの鈴木明子さんにも相談していたようです」(ふたりの知人)

    小塚が多忙ではしかたがないようにも思えるが、ふたりの知人は首を横に振る。

    「小塚さんが帰ってこない理由が、多忙のためだけではないから怒っているんです。
    本当の理由は“夜遊び”。
    夜な夜な繁華街に出かけていたようで、飲み会ゆえに家へ帰らない日も多かったんですよ。
    大島さんは頭を抱えていました」(同・ふたりの知人)

    小塚が夜遊び好きというのは、アスリート界隈では有名な話だった。

    つづく


    週刊女性プライム
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181210-00014026-jprime-ent


    所長見解:見かけによらず・・・

    【【衝撃事実】フィギュア・小塚崇彦と女子アナ・大島由香里の別居原因がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2014年2月に発覚したゴーストライター騒動によって、現代のベートーヴェンから稀代のペテン師に転落した佐村河内守(55)。

    以降、表舞台にほとんど姿を現してこなかった彼が、週刊新潮のインタビューに応じた。


    「ずっと家にこもっていました。
    民放をつければ僕が映っている。
    ヴァイオリンが映るだけでも嫌で、ひどいときは心臓がバクバクして、彼女(妻)も一時は僕と同じくらいでした」

    と、佐村河内氏は騒動当時を振り返る。

    16年には氏を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』が公開されるなどの動きはあったものの、引きこもりがちに。

    依頼された作曲が“佐村河内だから”という理由でなくなるなどの憂き目にもあった。

    「フジテレビから、地獄から復活した人スペシャルみたいな番組に出ませんか、という熱心なオファーをいただきましたが、僕自身まだ反省する時期だったので断念しました」

    そして、強調するのだ。

    「地下に潜って書きたい。表に出るのは、もう二度とごめんです」

    そんな氏はザ・グレート・サスケ(49)という意外な人物の依頼を受け、曲を書いてもいる。

    先述の『FAKE』の配給会社を通じて知り合い、“サスケのテーマ”を制作したのだ。

    好きだと言ってくれる人が入れば、表には出ずにいいものを作っていきたい――。



    「週刊新潮」
    http://news.livedoor.com/article/detail/15695759/


    佐村河内守氏
    no title


    所長見解:懐かしい・・・

    【【ゴーストライター騒動】佐村河内守氏は今・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    演歌歌手の氷川きよしに容姿の“劇的変化”がささやかれている。

    12月4日に放送されたNHKの番組「うたコン」に出演し、シャ乱Qの「ズルい女」や「勝負の花道」など披露。

    衰えぬ歌声で番組を盛り上げたのですが、それを見ていた一部の視聴者から「彼の顔が変わってしまった」としてネット上で指摘が相次いだ。

    「新しい歌手かな、と思ったら氷川きよしだった」
    「氷川きよしって整形した?」
    「これはソックリさん!?」
    「私の知っている人とは違う」
    「なんかいじった?」
    「化粧の濃さなのか?」
    「まるで別人! 誰だかわからなかった」

    など、氷川きよしの顔の変化に関する話題でネット上は一時騒然となった。

    h


    「彼が整形しているかどうかは確証はありませんが、変化したことは間違いないでしょう。よく観察してみると、以前と比べて妙につっぱった肌や、輪郭、顔の彫りの深さに違いが出ています。
    そして、大きく変化したのは目でしょう。
    以前と比べて明らかに大きくなっています。
    とはいえ、肌はピーリング剤を使ったケア、輪郭や目はマッサージ、顔の彫りもメイクで演出している可能性がありますから、整形だと決めつけるべきではないでしょう。
    髪型でも人の顔の印象は大きく変わりますからね」(事情通)

    「そもそも氷川きよしの整形疑惑は今に始まったことではありません。
    数年前にも『目の二重幅が変わった』『顔の印象が変わった』など騒がれています。
    もしかしたら日によって顔の印象が違うタイプなのかもしれません」(事情通)

    20年近く演歌界のトップを走り続ける氷川きよしももう41歳。

    多少の顔の変化はあれど、いまだに“貴公子”然としたスタイルと容姿をキープしているのは間違いない。

    顔は変化したかもしれないが、むしろ以前より垢抜けてスター性が増したようにも見える。

    さらに、今日放送されたうたコンの会場にいたと思われる人の書き込みでも「抜群に歌がうまい」「声量がすばらしい」など、歌唱力の高さが絶賛されていた。

    「コンサートに行けば今でもキャーキャー言われていますよ。デビュー時と変わらぬアイドルっぷりに驚かされますね」(事情通)

    今年、紅白歌合戦19回目の出場となる氷川きよし。

    今回の白組の出場者の中では、五木ひろしの48回、郷ひろみの31回に次ぐ多さでまさに日本を代表する歌手といえる。

    いつまでもその天下一品の歌声と美貌を保って、重力に負けず「ヨイショー」とリフトアップしてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1598918/


    所長見解:そうやね・・・

    【【整形疑惑も】氷川きよしが「誰だかわからないほど劣化」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “ほとんど聞いたことがない”風習や食べ物がその地方の「名物」として紹介されると、放送のたびに物議を醸している日本テレビの『秘密のケンミンSHOW』。

    もはや放送後の炎上が番組の「名物」と化しているが、11月29日の放送でもまたまた炎上騒ぎが起きてしまった。

    この日の番組は「ワンハンドグルメ祭り」と題し、片手で気軽に食べられる各県のグルメを紹介。

    きりたんぽが有名な秋田県で人気の『味噌たんぽ』や、広島県のもみじ饅頭を油で揚げた『揚げもみじ』といったインパクトのある食品を次々と取り上げていった。

    そして、番組が兵庫県姫路市の「ワンハンドグルメ」として紹介したのは、見た目がアメリカンドッグそっくりな『ちぃかまどっぐ』なる製品。

    ふわふわな揚げ生地の中にはチーズかまぼこが入っており、取材に訪れた店舗では、多くの客がこれを買い求めてる姿も映されていった。

    no title


    兵庫県民から疑問が噴出

    同製品は姫路市内に4店舗を構える巨大かまぼこメーカーが販売しており、客によると「姫路城と同じレベルの名物」とのこと。

    しかしツイッターでは地元民らしき人たちから、

    《ちぃかまドッグなんで聞いたことない! 地元を離れている間に爆誕したのか?》
    《え、聞いたことない。どこの国のお話や?》
    《ずっと姫路にいますが、チーカマドックなんて知らんし》
    《兵庫県民姫路で熱愛されてるチーカマドック。そんな話聞いたことも食べ歩いてるのも見たことがない》

    などといった声が上がった上、

    《これホントに名物なの? やらせ感がやばいんだけど》
    《絶対仕込みやろあの客たち》
    《やらせ感ハンパない。街中でチーカマドック食っとるやつなんか見たことない笑》

    など、“ヤラセ”さえ疑われる事態となってしまった。

    番組によると、『ちぃかまどっぐ』の販売開始は2007年と、確かにソウルフードとしては歴史が浅いようだ。

    一部でのみ人気の商品を“超有名”のごとく扱うのは、ミスリードと批判されても仕方がないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1596374/


    所長見解:よくあるやん・・・

    【【やらせ?】「秘密のケンミンSHOW」でまたもや謎の名物問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ