疑惑

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h


    深田えいみさんお胸の形がおかしい

    ツンと張ってるのに下の方はダルダル


    ▼画像
    https://i.imgur.com/HQrhAzc.jpg
    所長見解:アレやろ・・・

    【【疑惑】深田さんのお胸の形がおかしい件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    巨胸より貧胸が好きってほんとか?

    目立ちたいだけだろ?
    所長見解:せやな・・・

    【【検証画像】巨胸より貧胸が好きってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    逆に「これは"電通案件"ではない」本当のブームってある?


    m


    何?
    所長見解:ないやろ・・・

    【【流行】電通案件ではない本当のブームがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    国民的アイドルグループの元メンバーXが違法薬物中毒で活動休止し通院治療か


    g


    呂律がまわらずNG連発…

    元超人気アイドルグループのXが違法薬物で通院か?


     
    国民的アイドルグループの元メンバーのXが芸能界を一時休止している大きな理由の一つに違法薬物の常用が原因であることが取材をしていた記者の証言から明らかになった。


    Xは国民的アイドルグループのなかでも人気が高く、NHKの紅白歌合戦にも出場した経歴を持ち、卒業後もソロ活動を行い映画やドラマは当然のこと、CMや舞台などで大活躍し順調な芸能活動を行っているなかでも芸能活動の休止は誰しもが疑問を抱いていた。

    その疑問はXの言動や交友関係が怪しいことは一部では知られていたからだ。


    「元々Xは卒業の理由も交際していた彼氏との夜遊びなどが一部スポーツ紙に報じられたことが大きな理由。
    交際していた彼氏は実業家と報じられましたが、実は元々投資家との肩書で詐欺などの噂があった人間です。
    被害届なども警視庁に寄せられていました」(芸能記者)


     
    その怪しげな肩書を持つ人間と交際していたXは、なぜ違法薬物にも手を出していたのであろうか。


    「Xに違法薬物の噂が出たのは国民的アイドルグループ卒業の噂が出たころですから数年前になります。
    売れっ子のひとりとなり、ソロでの活動も増えてきたのでプレッシャーもあったのでしょう。
    彼氏と一緒に怪しいクラブへの出入りや個室レストランでの暴言騒動など話題には欠かないアイドルのひとりでした」(前出芸能記者)



    暴言騒動とは西麻布の有名個室レストランで皿を割るような行動や大きな声で騒ぎ、注意をされた店員に文字にできないような言葉を吐いた一件だ。

    その当時の状態は飲酒で酩酊していたわけでもなく、違法薬物を使用していたためと言われている。

    当時交際し、一緒にその場にもいた投資家という肩書を持つ彼氏は違法薬物であるコカインや大麻を好んでいたとも周辺では囁かれていた。

    「仲間内で行うホームパーティなどではこれらの違法薬物が用意されていたという話もありました。
    Xも当然何回も参加しているので使用していたことは十分に考えられます」(前出芸能記者)


     
    現在Xは地方の薬物依存施設に通院してカウンセリングを受けているという。

    芸能界休養を発表したときは、呂律も回らずに撮影などでもNGを出しまくり使いモノにならなかったそうだ。


    体調不十分という理由で芸能界から遠ざかっているが、国民的アイドルグループから卒業後も順調なソロ活動を行っていたなかでのいきなりの芸能界休養はこのような理由があったのだ。


    https://tocana.jp/2022/01/post_228818_entry.html
    所長見解:誰やねん・・・

    【【誰だ?】国民的アイドルグループの元メンバーが違法薬物中毒で活動休止ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【警告】「エボラに似た新種ウイルスが中国で流行? 彼らは隠している…」

    元mRNAワクチン研究者の警告



    s


    米ウイルス学者でmRNAワクチンの研究もしていたロバート・マローン博士が未知のウイルスが流行していると警鐘を鳴らした。

    米保守メディア「The Gateway Pundit」が報じている。


     
    トランプ政権で大統領上級顧問及び首席戦略官を務めたスティーブン・バノン氏のポッドキャスト「War Room」に出演したマローン博士は、エボラウイルスに似た未知のウイルスが中国で流行していると発言。

    中国共産党はその存在を隠蔽していると糾弾した。


     
    エボラウイルスはエボラ出血熱を引き起こし、感染者は突然の発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、咽頭痛等の症状を訴えたのち、吐血や下血をするようになる。

    致死率はザイール型で90%、スーダン型で50%と言われ、高い致死率を持つ。


     
    エボラ出血熱と同じような感染症が広がっているとしたら、新型コロナウイルスどころの騒ぎではない。

    マローン博士はこう話した。


    「彼らは“出血熱ウイルス”という言葉を使っています。
    もしそうであれば、これがコロナウイルスによるものであることは非常に奇妙なことです。この用語は通常、エボラ出血熱の仲間のウイルスに使われます。
    急速に広がるエボラ出血熱ウイルスのようなものが開発されるのではないかと多くの人が恐れていましたが、それが起こっているのかどうか、私たちにはまだ分かりません。」(マローン博士)



    https://tocana.jp/2022/01/post_228827_entry.html
    所長見解:怖いやん・・・

    【【緊急警告】米ウイルス学者「エボラに似た新種ウイルスが中国で流行? 彼らは隠している…」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ