番宣

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉と二宮和也が初共演したことで話題の映画『検察側の罪人』が8月24日に公開された。
    興行通信社が発表した全国週末興行成績(25日~26日)によれば、先週末の土日2日間で観客動員31万8,000人、興収4億1600万円を達成し、『銀魂2 掟は破るためにこそある』
    『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』といった人気作をおさえて、同2日間の映画興行収入ランキングで1位を獲得している。

    『検察側の罪人』は雫井脩介の同名ミステリー小説を原作に、『クライマーズ・ハイ』『関ヶ原』などの原田眞人監督が映画化。
    ジャニーズの先輩・後輩の演技合戦にも早くから注目が集まっていた。

    「今回の共演を通して、2人は自身のラジオ番組や、番宣で出演したバラエティ番組、舞台挨拶と、いたるところで互いをベタ褒めしていました。
    そんな様子を微笑ましく見つめるファンも多かったのですが、実際のところ、2人は今、“一触即発”状態だといわれているんです」(テレビ局関係者)

    映画の公開前には、木村が二宮に大量の洋服をプレゼントしたり、二宮がインタビューで木村の現場での振る舞いを絶賛したりと、仲の良さを垣間見られるエピソードが多数披露されていた。
    ところが今、世間の印象とは真逆の状態になっているというのだ。

    「『検察側の罪人』は建前上、木村、二宮の『W主演』と銘打たれていますが、作品の内容的には、どう考えても二宮が主役の作品です。
    制作側が木村さんに気を使って『W主演』としているだけ。
    その証拠に、木村が番宣のために積極的に稼働させられているなか、二宮は木村ほどには動いていないんです。
    そもそも番宣活動というのは、主に脇役のキャストの仕事ですからね。
    本当に対等な扱いなら、事務所の序列的に二宮のほうが稼働しているはずなんですよ。

    k


    こうした現状に対して、木村の不満が爆発。
    それを聞いた二宮も、自分は事務所に言われた通りに仕事をしているだけなのに……と、険悪な空気が流れているようです」(同)

    とはいえ、“ケガの功名”とでもいうべきか、今回の番宣稼働のなかで木村はバラエティ番組でもポジションを築きつつあるという。

    「元SMAPのメンバーのなかでも、木村さんはあまりバラエティには向かないと考えている制作関係者は多かったんです。
    ところが、今回の番宣でバラエティ番組に多く出演しているうちに、トークのコツをつかんだのでしょう。
    話題の娘さんの話も解禁し、『思っていたよりなんでもしゃべってくれる』と、制作関係者のなかでも好評ですよ」(別のテレビ局関係者)

    はたして、木村は新たなポジションを自分のものにできるのか――。

    http://dailynewsonline.jp/article/1512619/


    所長見解:どうだろ・・・

    【【一触即発】木村拓哉、映画番宣で二宮との「扱いの差」に不満ってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉岡里帆、ほっぺたぷぅ デコ出し“ちょんまげ”ヘアに絶賛の声「女でもキュン死」

    女優の吉岡里帆が7月8日、なんともキュートな“デコ出しショット”を公開。
    彼女の姿を見たネット上のファンからは、その魅力を興奮気味に絶賛する声が相次いでいる。

    これは同日、吉岡が主演し、7月17日スタートの新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の公式インスタグラムアカウント上に投稿されたもので、この中で同アカウントは、「初出し大学生えみる。映画監督目指してました。ちょんまげトレーナー。ふあぁぁー かわいいなぁちくしょーーー(ハート)」と紹介しつつ、吉岡が“デコ出し”の状態で、頬を膨らませている姿を捉えた、なんともキュートなオフショット画像を公開。

    そのため、この画像を見たネット上のファンからは

    「本当に可愛い過ぎ!!」
    「デコ出し可愛すぎてこれは女でもキュン死します(ハート)可愛すぎる!!!!!天使」「可愛すぎる!ずるい!」
    「最高なオフショットありがとうございます(ハート)明日からまた頑張れそうです!かわいいすねーちきしょーーー(ハート)」

    と、その魅力あふれる1枚を興奮気味に絶賛する声が続出することとなった。

    なお、同アカウントによると、今回の“デコ出しショット”は「#廃墟で火星人の映画撮ってた学生時代 #無防備なデコ出し #ダボめのトレーナーに #萌え萌えキュン」とのこと。
    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    [kenkatsu_ktv.]
    no title

    https://abematimes.com/posts/4514564


    所長見解:あざとい・・・

    【【絶賛続出】吉岡里帆、ほっぺたぷぅ デコ出し ちょんまげヘア の結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月15日に放送されたバラエティ番組『帰れま10&Qさま!!合体3時間SP 人気回転寿司チェーン店で帰れま10!』(テレビ朝日系)の平均視聴率が14.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。

    同番組内の『人気回転寿司チェーン店で帰れま10!』に元SMAPの木村拓哉が参戦し、無添くら寿司のメニュー全144品から人気ベスト10をすべて当てる企画に挑戦した。

    木村は当初、くら寿司独自の鮮度を維持するためのキャップを開けられず、寿司を取るのに苦労したが、5回の注文のうち4回がベスト10入りメニューを当てる大活躍だった。

    木村が出演した効果もあって視聴率が上がり、それを受けてくら寿司のホームページへのアクセスも急増。
    一時的につながらなくなるほどで、「キムタク効果が尋常じゃない」と話題になった。

    番組内で、体形維持の秘訣として、20歳の頃に履いていたジーンズを基準に、「これを履けなくなったらダメ」と自分を律していることを明かすと、ファンからは「尊敬する」などと絶賛する声が続出した。
    また、店員に「一番お忙しい時間帯は何時ごろですか?」と質問し、12時から14時ごろとの答えを聞き出すと、それを受けて「ランチでいらっしゃるお客様は」と話す姿に、またもやファンは「言葉遣いが素晴らしい」をほめたたえた。

    一方で、共演したタカアンドトシや小杉竜一(ブラックマヨネーズ)に対する言葉遣いや態度が悪いと批判の声も上がった。
    また、テーブルに肘をついて食べる姿や、舌を出して寿司を受ける「迎え舌」など、「食べ方が汚い」「マナーが悪い」といった指摘も多かった。

    no title


    つづく

    http://biz-journal.jp/i/2018/01/post_22017_entry.html


    所長見解:別にいいんじゃないの・・・
    【【批判殺到】木村拓哉『帰れま10』で「食べ方が汚い」「マナー悪い」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元SMAP・木村拓哉(45)が15日放送のテレビ朝日系「帰れま10」(後7時)に出演した。

    k


    回転ずし「くら寿司」で全144品からベスト10を選ぶチャレンジに挑戦した。
    回転ずし初挑戦の木村は最初に「とろサーモン」を選び、レーンから自分で取り出す際に悪戦苦闘。
    「くら寿司」では鮮度を維持するための皿の上に寿司キャップ「鮮度くん」が乗っているために「なんで取れないの?」と言いながらも、無事2位を選んだ。

    ブラックマヨネーズ・小杉竜一(44)が若い頃、木村に憧れて髪形をマネしていたことを
    明かされると小杉の頭をまじまじと見つめて「15年ってすげえんだな」とコメント。

    その後、木村は「熟成中トロ(1貫)」で7位、「かけうどん」で10位と3連続正解すると、小杉のギャグ「ヒーハー!」と叫ぶなどノリノリ。その後「ちびころチキン」で18位と連勝記録がストップも、「竹姫寿司いくら」で6位をゲット。
    10個中4個をゲットする活躍を見せた。

    24貫食べた際に、満腹具合を聞かれ「18割」と言いながらも苦しむそぶりは皆無。
    8時間15分のロングランも“完走”し、29貫を完食したことが報告された。

    木村は7年ぶりの「帰れま10」の出演で、前回は7割5分の正答率を誇ったとされている。
    今回は5打数4安打の活躍をみせた。

    木村のほか、同局系で18日にスタートするドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜・後9時)の出演者の斎藤工(36)、菜々緒(29)、間宮祥太朗(24)、上川隆也(52)が出演。石田ゆり子(48)はVTR出演となった。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000150-sph-ent


    所長見解:老けたよね・・・
    【【キムタク】木村拓哉、回転寿司に悪戦苦闘ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    24日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、電気グルーヴのピエール瀧が、クイズ番組でのヤラせを暴露した。

    q


    番組冒頭、ピエールが木曜パーソナリティーの外山惠理アナウンサーに、クイズ番組の出演経験を尋ねた。
    外山アナが系列局アナウンサー対抗の番組に出演したことがあると答えると、ピエールも「某局の、海側の局のクイズ番組」と番組名や放送局は伏せたうえで、映画の番宣チームの一員として出演したことがあると明かした。

    そのとき、ピエールら番宣チームは、順調に正解していき勝利したのだとか。
    喜ぶピエールらとは別に、ADが撮影を止めてプロデューサーとひそひそ話をはじめ、およそ3分後に「収録再開します。追加であと3問いきます」と言い出したというのだ。

    スタッフ側は、番宣チームが勝ってはいけない雰囲気を出していたらしく、ピエールは思わず「なんだそれ?」と声を出してしまったそう。
    すると、そのクイズ番組の司会を務めていた伊東四朗が「そんなのないんじゃないか」「終わったんだから。それでいいだろ?」と苦言を呈し、スタッフ側は渋々ながら収録の終了を告げたというのだ。

    外山アナが「なにそれ?」と驚きの声をあげると、ピエールは「それ以降、テレビのクイズ番組を一切信用していない」と訴えて、笑いを誘った。

    ヤラせを仕掛けようとしたスタッフに憤慨する外山アナだったが、一方で伊東の人柄を称賛した。
    ピエールも伊東を称賛したが「スゲェふざけた格好で座ってましたけども」「(番組では)王様っぽいポジションでしたんでね」と、伊東の言動と見た目のギャップをバラしていた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/13522555/ 



    所長見解:そんなもんでしょ・・・
    【【これはひどい】ピエール瀧がクイズ番組のヤラセを暴露ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ