ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:田中みな実

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリーアナウンサーの田中みな実に芸能界から追放の危機が迫っているという。

    「10月26日発売の『週刊文春』で田中の高飛車で傲慢な“裏の顔”が報じられています。
    自身がMCを務める番組では、スタッフらに『なんでこんな人を呼んだんですか』と文句をつけたり、番組後の反省会をすっぽかしたりと、上から目線のやりたい放題だというのです。
    マネジャーのことも酷使しているようで、1年で3回も替わったことがあるそうです。
    さらには、メイク担当者が逃げ出すほどとも報じられています」(芸能記者)

    田中はTBSにアナウンサーとして入社し、2014年に独立。
    現在は大手事務所系列の有力事務所に所属し、フリーランスとして活動している。

    「田中のわがままぶりには所属事務所も手を焼いており、退社を画策したこともあるとの情報も一部で報じられています。
    傲慢な態度だという報道が出るのも、周囲が田中と縁を切りたがっていることの裏返しでしょう。
    このままだと芸能界から追放されかねません」(同・記者)

    田中はTBSを退社直後に、担当した番組が次々と終了していったという過去もある。

    T


    失恋が連続して不安定に?

    「田中が精神的におかしくなった最大の原因は失恋です。
    長年交際した『オリエンタルラジオ』の藤森慎吾とは結婚寸前でしたが2015年に破局。
    今年年始ごろから交際していた『関ジャニ∞』の横山裕とも春ごろに破局したとされています。
    11月23日に田中は31歳になるのですが、周囲に『30歳のうちに誰でもいいから結婚して』と口走るなど、精神的に不安定になってしまったようです。
    最近の傲慢とわがままも、失恋と結婚への焦りからでしょう」(芸能プロダクション関係者)

    横山は、田中の前に交際していた日本テレビの水卜麻美アナと復縁したと一部で報じられた。
    このことも、田中をより追い詰めているようだ。
    そんな精神状態なだけに田中は、今回の報道を受けて、周囲に対して号泣しながら釈明を行ったという。

    「報道後、田中は周囲の芸能界有力者らに泣きながら『そんなつもりはないんです』と釈明したそうです。
    さすがに芸能界で干される焦りを感じたのでしょう」(同・関係者)

    かつてのような“みんなのみな実”に戻れるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1371384/


    所長見解:かわいいのにね・・・
    【【号泣釈明】田中みな実が傲慢バッシング報道ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元TBSアナウンサーで現在フリーアナの田中みな実が、まさかのグラビアに挑戦。
    それも胸元を手で隠しただけの“生まれたまま”を披露するというのだから驚きだ。
    9月6日付のビジネスジャーナルによると、田中は女性誌「an・an」で9月中にもグラビアを披露するという。
    だがグラビア誌の編集者は田中の挑戦にこんな疑問を示す。

    「なぜ『an・an』なのか、大いに疑問です。
    田中は細身のわりにはそこそこ胸が大きく、ルックスには元から定評がありますから、男性向け週刊誌やマンガ誌でグラビアを披露したら話題沸騰は間違いなし。
    一方で女性からの好感度が致命的に低いのも事実で、『an・an』の読者層に響くとはとても思えません。
    もし『キレイに撮ってほしい』といった理由で女性誌を選んだのであれば、明らかな戦略ミスと言わざるを得ないでしょう」

    m


    ただ「an・an」ではかつて“千年に一人の美少女”として話題になった橋本環奈を表紙に抜擢し、完売を記録したケースもある。
    当時の橋本はアイドルグループの一員で、決して女性受けするタイプではなかったはずだ。今回の田中もその路線を踏襲できるのではないだろうか。

    「橋本の表紙起用が成功したのは、当時の彼女が女性読者にとって『謎の美少女』だったから。
    それに対して田中はもう十分すぎるほどに有名で、そのぶりっ子キャラも広く知れ渡っています。
    正直なところ現在の田中では、どんな女性誌を選んでも戦略ミスになることは確実ですね」(前出・グラビア誌編集者)

    どうせ決意のグラビアなら、バリバリの男性誌でお願いしたい。
    多くの男性読者がそう願っているはずだ。

    アサ芸プラス
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_88486?ptadid=


    所長見解:大成功じゃないの・・・
    【【女子アナ】田中みな実、決意のグラビア挑戦も「明らかに戦略ミス」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリーアナウンサーの田中みな実(30)が、13日発売の女性誌「an・an」(マガジンハウス)の表紙で“肘ブラ●ード”を披露した。

    m


    恒例の美●特集での企画。
    「田中みな実が美●らしい」との噂を聞きつけた編集部がオファーした。
    田中はこれに応え、上半身裸にジーンズ姿の限界ショットの撮影に挑んだ。

    以前はサラシを巻いて仕事をしたというほど、大きな胸がコンプレックスだった。
    30歳になり、パーソナルジムでのトレーニングで体づくりを始めたのが転機。
    「隠してもつぶしても自分の胸。それなら奇麗に見せた方がいい」と意識が変わり、胸を愛するようになったという。
    8ページの特集で●乳を保つ秘けつなどを語っている。


    13日発売のマガジンハウス「an・an」最新号の表紙で、“肘ブラヌ●ド”を披露している田中みな実
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/08/jpeg/20170907s00041000378000p_view.jpg

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/08/kiji/20170908s00041000054000c.html



    所長見解:これはいいね・・・
    【【検証画像】女子アナ・田中みな実がついに披露ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ケンカ、スキャンダル、不義理……理由は星の数あれど“混ぜるなキケン!”の激ヤバ関係を大暴露公開!
    キャスティング時の超重要資料としてテレビ局関係者に伝わる「絶対共演NGリスト」。
    本誌が極秘入手したタブーだらけの資料を基に、“泣く子が息を止める”芸能界犬猿の仲を大暴露!

    「よく言われていますが、皆さん、大人ですからね。現場では、共演NGリストなど、まるでないように対応していますよ」 
    芸能レポーターの石川敏男氏はこう話すが、やはり脈々と語り継がれているリストは存在するという。

    h


    「芸能界を辞めるか。鉄パイプの椅子で殴られるか。土下座するか。選べや」 
    約20年前、爆笑問題の太田光(51)が自身のコラムで、ダウンタウンの松本人志(53)を「アディダスの広告塔」と揶揄したことで激怒した松本が、後日、太田を楽屋に呼びつけ、そう言い放った。
    太田は泣きながら謝罪を選択した――。

    芸人にこの話を振ると誰もが凍りつくといわれる、業界で最も有名な“共演NG”の両者。
    「以来、共演はもちろんなく、それぞれ自分のラジオ番組で名前が出ただけでも顔をしかめ、閉口するほどでした」(芸能ライター)

    しかし、時を経て現在。
    2014年3月31日放送の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のグランドフィナーレで共演を解禁したのを皮切りに、雪解けの兆しが見られているのだ。
    「『いいとも』の際、CM中に太田が松本に“いろいろ、どうもすみません”と話すと、松本は“おお”と太田の肩を叩いたことを、後日、松村邦洋がラジオで明かしました」(放送作家)

    さらに16年11月の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)には、太田の妻・太田光代氏が登場。
    爆笑問題の漫才シーンがVTRで流れた他、松本が「彼(太田)は~」と語る場面もあった。

    「今年末のM-1の審査員に太田を推す声も強くなっています。
    光代氏も“まず両者が向き合って、番組で共演したほうが面白いものができるのでは”と具体的な共演話もしています。
    とはいえ、テレビ局サイドが実現に向けて動くかというと……」(前同)

    そんな松本が頑なに共演NGを突きつけるのが、中山秀征(49)だという。
    「発端は、無名時代のダウンタウンが出演した『爆笑ヒットパレード』(フジ系)。
    当時すでに有名だった中山と“ネタが被っている”と番組スタッフから圧力をかけられ、ネタを変更した松本でしたが、中山は当日、大御所然として現場にやって来て松本の挨拶を無視。
    終始、態度が悪かったそう。
    そのときのことを、後の『ガキの使いやあらへんで』(日テレ系)のイニシャルトークで、“あいつは嫌な奴。
    売れて変わる人間は最低”と毒づいていましたね」(制作会社関係者)

    太田と違い、ネタにもならないところを見ると、NG解禁は遠そうだ。
    しかし、30年間以上の確執から解放された例もあるように、何が起こるのか分からないのが芸能界である。

    「タモリ(71)と小田和正(69)ですね。発端は84年の『いいとも』の“テレフォンショッキング”での共演。
    かねてからフォーク嫌いを公言していたタモリに対し、冷たく受け答える小田、緊張感に静まり返る客席……。
    以来、共演は一切ありませんでしたが、15年2月にフジの生野陽子アナと中村光宏アナの結婚披露宴に両者が出席。
    小田からタモリに歩み寄り、握手を交わしたそうです」(芸能記者) 
    大物同士の、歴史的和解の瞬間だった。

    タモリと並ぶ“お笑いBIG3”の一人、ビートたけし(69)も遺恨を持つ相手がいる。
    桑田佳祐(60)だ。

    「89年に『その男、凶暴につき』で映画監督デビューしたたけしさんですが、翌年に桑田さんも『稲村ジェーン』で監督デビュー。
    これに、たけしさんは著書で、“こんなに長く感じた映画は初めて”とボロクソ。
    対する桑田さんも“感性が足りない”と応戦したんです。
    たけしさんは“ミュージシャン桑田佳祐”は高く評価しているそうですが、共演となるとありえないでしょうね」(前出の放送作家)

    https://taishu.jp/detail/26261/

    ※続きます


    所長見解:みんな仲良く・・・
    【【これは極秘】松本人志から広瀬すずまで…芸能界「絶対共演NGリスト」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『SMAP×SMAP』の後枠として今年1月からスタートしたバラエティ番組、『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)が、低視聴率続きで早くも打ち切り危機かと噂されている。
    8月14日に放送される回では、MCを務める一人のフリーアナウンサー・田中みな実(30)が、ウェディングドレス姿を披露するようだが、視聴率の改善に影響するとは考え難い。

    というのも、低視聴率の原因として囁かれているのが、田中アナの“低視聴率女っぷり”である。
    2014年秋にTBSを退社し、フリーになって以降、レギュラー番組は次々と打ち切り。
    関係者の間では、田中アナの持ち味でもあった、“ぶりっこキャラ”への反感が低視聴率を招いているのではとの憶測も広がっていたが、最近ではそうでないとみる声も出てきている。

    「“ぶりっこキャラ”へのバッシングを真に受けてしまっていた田中アナは、内心とても気にしていたようで、“嫌いなアナ”から脱却したいと長く悩んでいました。
    それもあって最近は、ぶりっこキャラの封印を試みていたようなのですが、それによりキャラが迷走し、視聴者離れにさらに拍車がかったようです。
    制作サイドにしても、田中アナの魅力が何なのかよく分からなくなってしまっており、使う理由がなくなっているという声も」(テレビ局関係者)

    田中アナの現在のレギュラーといえば、残るは昼帯の情報番組『ひるキュン!』(TOKYO MX)くらいだ。
    バラエティでの立ち位置をしっかり確立しなければ、キー局のレギュラーはいよいよゼロになってしまう可能性も出てきそうだ。

    t


    ■田中みな実が破局で一時は精神不安定状態に?

    しかし、田中アナにそれだけの“アナウンサー魂”があるかは疑問だ。
    かつては、お笑いコンビのオリエンタルラジオ・藤森慎吾(33)や、関ジャニ∞・横山裕(36)との交際が噂されるなど、かねてから結婚願望が強く、当時から「30歳までには結婚して寿退社したい」と周囲に漏らしていたという。

    特に横山とは、わざわざ同じマンションの別部屋に引っ越す熱の入れようだったが、
    結婚願望を押しつけられ続け、疲れきった横山が逃げる様に別れを切り出し、今年に入って破局したと言われている。
    それもあって、もはや仕事に対して全く熱が入らなくなってしまっているようだ。

    「恋愛体質で強い結婚願望もある田中アナは、横山との破局後に精神不安定状態に陥り、番組でも意味深な発言が増えました。
    一時は打ち合わせ中も上の空で、担当マネージャーも困惑気味だったとか。
    最近になって、精神的には多少落ち着いたようですが、婚活は相変わらず続けているらしく、仕事の合間を見つけては、富裕層が集まる婚活パーティに出向いているそうですよ」(芸能記者)

    芸能人相手でなければ多少はハードルが下がるかもしれないが、田中アナの結婚願望をすぐにでも叶えられるような、懐の広さが求められることは間違いない。
    本当のドレス姿への道のりはまだまだ遠そうである。

    http://dailynewsonline.jp/article/1343906/
    デイリーニュースオンライン


    所長見解:かわいいのにね・・・
    【【女子アナ】田中みな実のフリー転身は失敗ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ