ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:独立

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ビートたけし(71)がオフィス北野を退社、独立したことについて、たけし軍団が連名で1日、声明文を発表した。

    t


    「オフィス北野 たけし軍団一同」で出された声明文は、つまみ枝豆(59)ダンカン(59)グレート義太夫(59)水道橋博士(55)らのブログに掲載された。

    退社、独立の発端は

    (1)オフィス北野の森昌行社長がたけしに相談なく大株主グループから株式を買い取り筆頭株主になった。
    (2)森氏らの役員報酬が容認しがたいほど高額で承認株主総会が開催されていない-の2つだったとした。

    2つとも数年前に話し合われたが、昨年9月末決算で同社が赤字に転落したため、今年2月11日に森氏、たけし、軍団、公認会計士が集まり財務状況などをチェックしたという。
    社員の給与が引き上げられた一方、プロモーション不足で井手らっきょが故郷熊本に活動拠点を移さざるを得なくなったアンバランスな状況を森氏に指摘。
    関連事業の赤字や、その他手続き上の不備なども含め、森氏の経営方針がたけしの意に沿わなかったという。

    声明文によると、たけしは森氏が保有する株式すべての軍団への贈与や会社の縮小、高額給与の体質を改善するよう指示したが、作業が遅延したため独立を申し出た、としている。

    ただ、たけし軍団はオフィス北野に残ることを明言している。
    森氏が軍団や所属タレントのために経営に取り組みたいとの意向を示したため、残留し出直しすることにしたという。
    独立に関して「50代女性のビジネスパートナーに洗脳」と一部で報道されたことは「影響を及ぼす余地があったとはとうてい思えない」と否定した。

    一方、森社長は「このような文書が一方的にネット等を通じて流されたことに、驚きを禁じ得ません。内容に関してもきわめて不本意であるので、あらためて対応します」とコメントした。

    ◆ビートたけし独立騒動 
    3月14日にたけしが3月末で所属事務所「オフィス北野」から独立し、4月からは個人事務所を拠点に活動することが明らかになった。
    たけし軍団のガダルカナル・タカは「我々は残ります」と残留を明言。
    森昌行社長も、たけし軍団の初期メンバーは同社に残るとしたが、同31日にはビートきよし、なべやかんの退社が明らかになった。

     
    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804020000135.html


    所長見解:いろいろあるんだね・・・
    【【泥沼化へ】たけし独立の真相がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ビートたけし(71)が所属事務所「オフィス北野」から今月いっぱいで独立する問題を巡って、弟子たち「たけし軍団」の一部メンバーと経営陣との間で“衝突”が起こった。
    お笑い界最大の実力者で、世界的な映画監督でもある大物の独立騒動。
    まだまだ波乱含みで、すんなりとは決着しない可能性も出てきた。

    t


    独立までのカウントダウンが刻一刻と進むが、全て円満に事が運んでいるわけではなさそうだ。
    残留するか、たけしの新事務所についていくか、いまだ決めかねているメンバーが「殿独立」という事態を招いたオフィス北野に説明を求める状況も出てきた。

    オフィス北野の森昌行社長(65)はスポニチ本紙の取材に「内紛とか衝突ではありませんが、彼ら弟子たちの一部が“事務所は何をしてるんですか?”と不満を持っているのは事実」と、慎重に言葉を選びながら話した。

    たけしと経営陣との間にはこれまでも経営方針を巡って意見の食い違いがなかったわけではないという。
    積年にわたってくすぶっていたものが「たけし独立」という思わぬ形で表面化。
    本紙の取材では、具体的に引き金を引いたのは軍団メンバーでタレントの井手らっきょ(58)の“帰郷”表明だった。

    井手は8日に文化放送の番組に出演し、4月1日から活動拠点を生まれ故郷の熊本に移すことを発表。
    関係者によれば、これにたけしの不満が爆発。
    当人を叱るとともに、金銭面などの待遇も含めて「黙って見ているのか?」と事務所にも怒りをぶつけたという。

    軍団のメンバーでは番頭格のガダルカナル・タカ(61)が「たけしさんについていったらこれまでと同じ」として、いち早く残留を宣言。
    他のメンバーもタカと行動を共にする流れをつくった。
    森社長も「元々の軍団メンバーが残ることに変更はない」と話すが、後に弟子に加わったタレントやスタッフは流動的だ。

    4月からたけしの稼ぎが丸々なくなるオフィス北野が社名変更を含めて規模の縮小を余儀なくされるのは必然。
    森社長は「当然、人の出入りもあるでしょう。退職金の問題もある。現在は、4月以降のたけしさんの仕事の引き継ぎを責任を持ってやっているところ」と説明するが、まだまだ一波乱二波乱がありそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000084-spnannex-ent


    所長見解:いろいろあるんだね・・・
    【【独立問題】たけし軍団がオフィス北野に不満ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月下旬の夕方、都心にある百貨店のデパ地下に意外な人物の姿があった。
    目深にかぶったキャップとマスクで顔を隠しているものの、間違いなくあのローラ(27)だ。

    ローラといえば、昨年8月に所属事務所「LIBERA」との契約トラブルが表面化。
    だが彼女はこれまで、かたくなに沈黙を貫いてきた。
    だが実はここへきて、所属事務所との契約問題に進展がみられたという。

    「ローラさんは騒動が長期化すると、仕事に影響すると考えたのでしょう。
    最近では、所属事務所との和解を模索するようになっています。
    両者が信頼するイベント企業がローラさんの指定代理店となり、そこを介して活動していくようです。
    すでに書面でのやりとりも進んでおり、近日中にも合意に至りそうです」(ローラを知る関係者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00010000-jisin-ent

    no title


    所長見解:解決したんだ・・・
    【【独立騒動】ローラ、所属事務所と和解ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    このたびのビートたけし(71)の独立騒動には、複数の関係者の口から「洗脳」との言葉が飛び出す。
    18歳年下の愛人と会社を設立した時期から、“殿ご乱心”の兆しが見られたという……。

    b


    3年前にたけしと共に「T.Nゴン」なる会社を立ち上げた愛人・横井喜代子さん(仮名)は、現在50代前半。
    銀座でホステスをしていた経歴の持ち主だ。

    「このままだと、たけしの才能がその女性のせいで潰されてしまう。彼を潰したくないんですよ」

    そう語るのは、「ツービート」結成当時からたけしを知るテレビ朝日元プロデューサーの皇(すめらぎ)達也氏である。
    オフィス北野立ち上げ時にも尽力した皇氏は、いわばたけしの“恩人”。
    にも拘わらず、今回の独立については何の連絡も受けていないと明かす。

    「おそらくその女性に洗脳されたような状態になっているのでしょうが、とにかく目を覚ませと言いたい」

    皇氏は“たけしがお金のことをうるさく言ったことなんて今までは見たことがない”と訴えるが、業界関係者によれば、「T.Nゴン」の設立前後から、たけしの言動には変化が見られるようになったという。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/03211700/?all=1


    所長見解:いいよね・・・
    【【独立騒動】ビートたけしさん、洗脳されている模様ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ビッグシルエットのコートに身を包み、都内の高級寿司屋を後にする美女。
    2月中旬、本誌が目撃したのは、女優の長澤まさみ(30)だ。
    その横には、彼女の担当マネジャー・A氏の姿が。
    二人の表情からは、長年コンビを組んできた信頼関係が垣間見える。
    この日、彼女たちが交わしたのは、惜別の言葉か、再合流の約束か――。

    no title


    今年4月には11年ぶりにフジテレビ月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』主演も決まり、いまや国民的女優として君臨している長澤。
    そんな彼女が現在、所属事務所である東宝芸能の内紛に巻き込まれているのだ。

    コトの発端は、冒頭のA氏が同社を電撃退社したことに始まる。

    「Aは長澤の他にも、いま売り出し中の上白石萌音(かみしらいしもね)(20)、上白石萌歌(もか)(18)姉妹も担当する敏腕マネジャー。
    社内のマネジメント部門でも絶大な権力を振るう男でした。
    自分の担当するタレントに対する思い入れが強く、それだけにワンマンな体質も目立った。とくに長澤案件は社内の誰にもタッチさせずに、仕事のオファーも独断で決めてきました。そんなやり方を通してきたがゆえに、社内やタレントの間でも軋轢(あつれき)が多かったんです。
    A本人は『長澤のマネジメントで、どれだけ会社に貢献してると思っているんだ。
    俺がもっと評価されないのはおかしい』と愚痴(ぐち)っていました」(芸能関係者)

    そんなAが東宝芸能を離れる決意をしたのは、2月下旬のことだったという。

    「かねてから会社幹部と仕事のやり方を巡って衝突してきた彼が、不満を爆発させて退社を決めたんです。
    『自分のスタイルを変えるつもりはない。俺は他の会社からも引く手あまたなんだ』と、完全に幹部と決裂してしまいました。
    Aは3月上旬に退社した後、他の芸能事務所に鞍替えすると噂されています。
    その一方で、自分が社長となり、新会社を立ち上げるとも言われている。
    その際は、自分の担当してきたタレントを引き抜く算段もしているようです」(前出・芸能関係者)

    そうなると気になるのが、長澤の去就だ。
    現在、東宝芸能内ではA氏の後釜となる「長澤担当」がすでに内定しているという。
    だが、もし新任マネジャーが事務所の屋台骨となっている彼女を上手くコントロールできなければ――長澤自身もA氏の後を追い、同社から離反する可能性すらあるのだ。

    「もし長澤が事務所を離れるとなれば、当然、親会社である東宝の映画には今後一切、出演NGとなります。
    影響はそれだけではありません。
    同社は沢口靖子(52)や斉藤由貴(51)など、大御所女優を多く抱えている老舗事務所。
    当然、テレビ各局も今後の関係に気を使って、長澤を起用しづらい状況に陥ってしまいます」(芸能プロ幹部)

    30歳を超えオトナの色気を身につけ、もはや向かうところ敵なしの長澤。
    事務所のゴタゴタで、彼女の顔が見られなくなるような事態だけは避けてもらいたいものだが――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010000-friday-ent


    所長見解:SMAPみたいだね・・・
    【【独立問題】長澤まさみが干されるかもってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ