独立

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月21日、中居正広(47)が記者会見を開き、ジャニーズ事務所を退所することを発表した。

    その席上、中居はSMAPの元メンバー全員に対し、退所について報告のメールを送っていたことを明かしていた。

     
    中居は元メンバーからの返事について、「返事が来ないメンバーもいれば、のんきな……中身も内容はいいませんけど、そんな感じかという人もそれぞれです」などと説明していたが、4人の元メンバーのうち唯一、木村拓哉(47)だけが返信していないことが「週刊文春」の取材で分かった。

    元メンバーの知人が明かした。

     
    翌22日、「週刊文春」取材班は木村を直撃したが、記者の問いに一言も発せず、憮然とした表情のまま迎えの車に乗り込んだ。

     
    5年前に起きた事務所独立騒動で、中居はいち早く独立を表明し、一方の木村は事務所残留を主張。

    2016年1月の「SMAP×SMAP」(フジ系)で行われた謝罪以降、中居とキムタクの確執は表面化し、現在まで2人は、共演はもちろん言葉を交わすこともなかった。

     
    2月27日(木)発売の「週刊文春」では、木村との確執のほか、中居がなぜ「新しい地図」3人と一緒に独立せず残留を選んだのか、12年前に起きた幻の独立騒動、“ダンサー彼女”との関係など、中居のジャニーズ退所の内幕を4ページにわたり詳報している。


    no title



    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00036287-bunshun-ent

    所長見解:そうなるよな・・・

    【【衝撃告白】中居正広、木村拓哉との確執を明かす・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの中居正広が3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所し、個人事務所のんびりな会に所属することを発表した。

    ここで、どうしても気になるのは中居の今後だ。

    同じ元SMAPの草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾の3人は2017年9月にジャニーズを退所すると、レギュラー番組は次々に終了。

    草なぎがナレーションを務める『ブラタモリ』(NHK総合)だけは継続されたが、3人が画面に登場する形ではテレビ業界から追放された。

    その理由としては、多かれ少なかれ、ジャニーズのテレビ局への圧力、テレビ局側のジャニーズへの忖度があったのだろう。


    その点で、中居はどういう扱いを受けるのか。

    中居は現在『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』『中居くん決めて!』(共にTBS系)、『ザ!世界仰天ニュース』『新・日本男児と中居』(共に日本テレビ系)、『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)とテレビ5本のほか、ラジオ『中居正広のON&ON AIR』(ニッポン放送)を加えると6本のレギュラー番組をもっている。

    「新しい地図」勢や、ほかのジャニーズ退所組のように、中居もまたテレビ業界から干されてしまうのか。

    n


    「中居が『新しい地図』に合流するということならともかく、極めて円満な形での独立に成功したといいます。
    4月以降も現在のマネジャーが“出向”の形で付く方向で話が進んでいるといいますし、業務提携の形でジャニーズが取ってきた仕事に関しては、マージンが発生するとも言われていますので、ジャニーズが圧力をかける可能性はない。
    そのような円満な退所ですので、テレビ局側もジャニーズに対して、過敏に忖度する必要もなさそうなんです。
    従って、中居の番組が続くかどうか、テレビでの仕事が継続していくかどうかは、本人の力量や視聴率次第ということになるんじゃないでしょうか」(テレビ制作関係者)


    “中居にメリットない『Mステ』移動をジャニーズが容認で火種に?

    そんな中で、近い将来、“打ち切り”の可能性が浮上しているのが、中居の冠番組である『キンスマ』だという。

    同番組は01年10月に『中居正広の金曜日のスマたちへ』のタイトルで放送開始。

    SMAP解散のウワサが流れるようになったからか、16年2月から現在の番組タイトルに改題されたが、19年目に突入した長寿番組だ。

    「中居がゴールデン帯でレギュラーをもっているのが『キンスマ』と『世界仰天ニュース』ですが、笑福亭鶴瓶とダブル司会の『世界仰天ニュース』は、15%近い(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)視聴率をはじき出す人気番組です。
    継続は当然ですし、ヘタに中居だけ外してしまうと、日テレに苦情が殺到するのは必至ですから、中居の降板はまずないでしょう。

    一方、風前の灯なのが『キンスマ』です。
    ジャニーズでは所属タレントが同じ時間帯に別の局の番組に出演する、いわゆる“裏かぶり”を御法度にしています。
    ところが、昨年10月、『ミュージックステーション』(テレ朝系)が、午後8時台から、『キンスマ』とかぶる同9時台に移動することを“容認”しました。
    『Mステ』には多数のジャニタレが出演しますから、潰し合いになってもいいとの判断。
    この時点で、中居の退所が決まっていたとはいえ、ジャニーズ側は『キンスマ』を守る意思がなかったわけで、火種を残す結果に。
    現実として、かつては人気番組だった『キンスマ』は視聴率が下降し、1ケタ台に終わる回が多くなりました。
    前番組の『ぴったんこカン・カン』は着実に2ケタを維持していますが、『キンスマ』で数字が落ちてしまうので、後の『金曜ドラマ』にもいい流れがつくれず、ほとんどが1ケタ台。
    TBSがテコ入れのため、『キンスマ』を打ち切る可能性は高い。」(スポーツ紙記者)


    中居がゴールデン帯で単独司会を務めているのは『キンスマ』のみで、中居の代表的な番組でもあるだけに、もし打ち切りの事態になれば、そのダメージは計り知れないだろう。


    https://www.cyzo.com/2020/02/post_232380_entry.html

    所長見解:そやな・・・
    【【悲報】中居正広、ジャニーズ独立でやっぱり干される説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月21日、元SMAPの中居正広(47)が、東京・六本木のテレビ朝日で記者会見を開き、3月いっぱいでのジャニーズ事務所からの退所と、独立を発表した。

    「1時間50分にもわたった会見は、終始笑いにあふれた和やかなもので、所属事務所からの独立といった会見では前代未聞のものになりました。
    日本の芸能界では事務所を辞め、独立するというのはデリケートなこと。
    そんな会見なのに、常に笑いが起こるワンマンショーを展開した中居の話術には、あらためて絶賛の声が上がりましたよね」(スポーツ紙記者)

     
    中居は、個人事務所『のんびりな会』を立ち上げたことも報告し、今後は社長兼所属タレントとして活動していくようだ。

    「独立はしますが、現在、中居についているジャニーズ事務所のマネジャーは、今後も中居のサポートをするとのことですので、ジャニーズとの関係も続いていく。
    業界内外にパワーを持つジャニーズ事務所とのつながりは絶たずに、今後は個人事務所で好きな仕事を自由にやっていく、まさに理想的な大手事務所からの辞め方と言えそうです」(前出のスポーツ紙記者)

     
    21日の会見で中居は、元SMAPのメンバーに退所することをメールで伝えたことも明かした。

    「中居は“(メールの返信は)人それぞれ。
    返事が遅くてまだ来てないメンバーもいれば、のん気な感じの返事もあって”と語っていましたね。
    ただ中居が元SMAPのメンバー全員のメールアドレスや携帯番号を把握し、かつてのメンバー各々にちゃんと報告していたと聞くと、なんだかうれしくなりますね」(前同)

     
    中居の退所会見では当然、SMAP時代のこと、そして2016年をもって解散したSMAPの再結成に関して質問が飛んだ。

    s


    ■キムタク「それぞれが決めたこれからの人生」

    「中居の答えには相当含みがあるように感じました。
    彼は再結成について、“0(%)ではない。
    1から99(%)の中にある“と話し、ただそれぞれの環境があると。
    “話をするにせよ、(話し合いを)重ねていかないといけない”と語りました。
    中居の退所に対し、稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(43)の『新しい地図』の3人は“一緒に頑張ってきた中居くんの新しいスタートにエールを送りたいと思います”とコメント。

    そして、木村拓哉(47)も22日、事務所を通して"それぞれが決めたこれからの人生、お互いに前に進もう"とコメントを出したんです。
    前向きなコメントとも取れるし、“それぞれ”“お互いに”という部分がもう交わることはないのかな、とも取れる、こちらも1から99の中にあるコメントでしたね。

    彼ら5人は“友達”ではないのかもしれませんが、仕事における“戦友”といった関係なんでしょうね。
    やはり、そんな5人が再びそろうところを、期待してしまいますよね」(同)


    奇跡のSMAP再結成ーーそれは今、多くの国民が願うことなのかもしれない。

    芸能プロ関係者は話す。


    http://dailynewsonline.jp/article/2206063/?page=2
    日刊大衆

    所長見解:ないわな・・・

    【【これはヤバい】「SMAP再結成」最大の障害はあの人物の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「2016年の独立騒動の時、中居さんは芸能界の重鎮に後見人になってもらえないか相談していた。
    その時は独立に失敗したが、重鎮とのパイプの構築に成功した中居さんは、来るべき日に備えて準備を進めていた」


    n

     
    ジャニーさんは他界し、目の上のタンコブと言われた現会長のメリー氏も高齢を理由に、その役職を解かれることが濃厚になっている。

    前出スポーツ紙記者は「独立するならこのタイミングということ。
    すでに中居のバックには芸能界の『超』権力者が付いている。
    “新しい地図”の3人は地上波出演に苦戦しているが、中居にそれはない。
    むしろ、ジャニーズ時代よりも大きな仕事が舞い込む可能性が高い」と話す。

     
    中居が独立後も絶好調ならば、これに追随するジャニーズタレントも続々と出てくることだろう。

    冒頭の芸能界の実力者による会合では、こんな意見も出たという。

    「まずは中居を使っていく」

    中居の独立を合図にジャニーズ事務所の切り崩しでも行うつもりなのか。

    今年も芸能界は騒がしくなりそうだ。


    https://tocana.jp/2020/02/post_145525_entry_2.html

    所長見解:どうなんねや・・・

    【【悲報】中居正広の退所でジャニーズ崩壊の危機ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元『SMAP』の中居正広が、30年在籍したジャニーズ事務所からの独立と同時に、もう1つの決意を固めたようだ。

    「10年にわたって交際している振付師のTさんとの結婚を決めたようです。
    自ら『結婚不適合者』と公言していましたが、ケジメをつけるようですね」(ジャニーズライター)


    昨年7月に恩人のジャニー喜多川氏が亡くなってから、ずっと独立説がくすぶっていた中居が、ついに動く。

    「SMAPが解散してからもジャニーズに残った中居でしたが、ジャニーさんを除くと事務所のスタッフでまともにコミュニケーションを取れる人はいませんでした。
    ジャニーさんが亡くなった以上、残る筋合いはないということです」(ワイドショー関係者)


    n



    豪邸購入は同居対策?

    独立は一大決意だが、既定路線とも言える。

    それ以上に人生を変える決断が結婚だ。

    中居は先日放送されたばかりのTBS系番組『中居くん決めて!』でも、結婚すると毎日、家で顔を合わせることに「気持ち悪い!」と言い放ち、既婚者からバッシングを浴びたばかり。

    それほど結婚に対して嫌悪感を持っていたのだが…。

    「Tさんと別れたと報じられたこともありましたが、今も交際は継続中です。
    交際期間は10年にもなり、それだけ中居がTさんのことを大切に思っている証拠。
    結婚に否定的だった中居ですが、相手のことを考えて踏み出すことにしたようです」(スポーツ紙記者)


    とはいえ、自宅では1人の時間を大切にする中居は、果たして結婚生活を全うできるのか――。

    そんな心配などご無用とばかりに、対策も立てているという。

    「女性誌で報じられましたが、中居は改装費も含めて10億円以上するといわれているマンションを購入しました。
    広さは300平米もあり、2人で過ごすには広過ぎる。
    ですが、それが中居にはいいのです。
    キッチリと自分の空間を確保して、結婚して同居するも頻繁に顔を合わせなくてもいい住居にするつもりなのです」(同・記者)


    アイドルという立場だと、何歳になっても結婚するとファンは離れてしまうが、さすがに中居に関しては祝福どころか、「よく踏み切った!」とファンも褒めてくれることだろう。


    https://myjitsu.jp/archives/108542

    所長見解:ないやろ・・・

    【【祝報】中居、結婚するってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ