ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:独立

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ダンカンだが、事務所関係者も決して忘れ去ることができない、“黒歴史”があるというのだ。

    d


    「今から10年以上前のことになるが、ダンカンの元付き人だった元お笑い芸人が自殺。
    その原因は借金か女性問題だとされていた。
    ところが、ダンカンの付き人時代、壮絶な“かわいがり”を受けていたことが発覚。
    当時、阪神の試合のラジオ中継を聞いていたダンカンはその付き人に選手と同じピッチングフォームやバッティングフォームをさせて少しでも違うと“愛のムチ”をお見舞い。
    ほかにも散々、無茶ぶりをして楽しんでいたようです。
    その“かわいがり”はパワハラをはるかに超えるレベルだったとか」(ベテラン芸能記者)

    https://wjn.jp/article/detail/6780600/


    所長見解:なんか怖いよね・・・
    【【たけし独立騒動】ダンカンの黒歴史 ←これwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東国原氏が水道橋博士に疑いの目「あいつが火元」 

    元たけし軍団で元宮崎県知事の東国原英夫氏(60)が、オフィス北野の内紛騒動について、浅草キッドの水道橋博士(55)に疑いの目を向けた。

    s


    東国原氏は4日放送のTBS系「ゴゴスマ」に出演。
    たけし軍団が連名で告発したオフィス北野の内情については「承知していた」と明かし、「これが社会とか世間に、あるいはマスコミ上に出たっていうことに少し驚いた」と語った。

    東国原氏は、告発の急先鋒(せんぽう)である水道橋博士に疑いの目を向け、「水道橋が仕掛けたと僕は個人的に思っている。一番得したのは水道橋ですから。(ほかの)誰も得しない。あいつ、YouTube始めたらしいんですよ、最近。そのポイントを挙げるためにこれをやってるんじゃないか」と臆測。
    今回の騒動について水道橋博士にインタビューした石井亮次アナウンサーも「確かにYouTubeの閲覧数がブワーッと上がった、とはおっしゃってました」と証言した。

    番組では、水道橋博士に45分にわたってインタビューした一部をオンエア。
    「オフィス北野に残留する理由は森社長の残務処理がありますからね。それを済ませていただかないと。(残務処理が終われば退所)そうなるんじゃないですか。このしこりのままやっていけるのかなっていう気持ちもありますから」と、事務所側との溝に言及する場面もあったが、それ以外は基本的にネタをちりばめて笑いに持っていこうとする発言に終始。

    東国原氏は「どういうネタにできるかなとずっと探ってる。こいつは『今年これで上半期のライブのネタをがっつり確保したぞ』と……」と水道橋博士の腹づもりを指摘した。

    また、水道橋博士は96年に運転免許証不正取得事件で世間を騒がせた際に、師匠のビートたけしから「お前は芸人なんだから、世の中を騒がすようなことを大いにやってくれ」と言われたと明かし、「それがたけしイズム。正しいんじゃないですか」と持論を展開。

    今回の騒動についても「『大いにやってくれ、それが芸人だ』(と師匠は思っている)はず」だと語り、東国原氏は「やっぱりあいつが火元だな。あいつだったな」と断定した。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804040000568.html 


    所長見解:あやしいよね・・・
    【【内紛騒動】東国原氏が水道橋博士に疑いの目「あいつが火元」 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ビートたけし(71)がオフィス北野を退社、独立したことについて、たけし軍団が連名で1日、声明文を発表した。

    t


    「オフィス北野 たけし軍団一同」で出された声明文は、つまみ枝豆(59)ダンカン(59)グレート義太夫(59)水道橋博士(55)らのブログに掲載された。

    退社、独立の発端は

    (1)オフィス北野の森昌行社長がたけしに相談なく大株主グループから株式を買い取り筆頭株主になった。
    (2)森氏らの役員報酬が容認しがたいほど高額で承認株主総会が開催されていない-の2つだったとした。

    2つとも数年前に話し合われたが、昨年9月末決算で同社が赤字に転落したため、今年2月11日に森氏、たけし、軍団、公認会計士が集まり財務状況などをチェックしたという。
    社員の給与が引き上げられた一方、プロモーション不足で井手らっきょが故郷熊本に活動拠点を移さざるを得なくなったアンバランスな状況を森氏に指摘。
    関連事業の赤字や、その他手続き上の不備なども含め、森氏の経営方針がたけしの意に沿わなかったという。

    声明文によると、たけしは森氏が保有する株式すべての軍団への贈与や会社の縮小、高額給与の体質を改善するよう指示したが、作業が遅延したため独立を申し出た、としている。

    ただ、たけし軍団はオフィス北野に残ることを明言している。
    森氏が軍団や所属タレントのために経営に取り組みたいとの意向を示したため、残留し出直しすることにしたという。
    独立に関して「50代女性のビジネスパートナーに洗脳」と一部で報道されたことは「影響を及ぼす余地があったとはとうてい思えない」と否定した。

    一方、森社長は「このような文書が一方的にネット等を通じて流されたことに、驚きを禁じ得ません。内容に関してもきわめて不本意であるので、あらためて対応します」とコメントした。

    ◆ビートたけし独立騒動 
    3月14日にたけしが3月末で所属事務所「オフィス北野」から独立し、4月からは個人事務所を拠点に活動することが明らかになった。
    たけし軍団のガダルカナル・タカは「我々は残ります」と残留を明言。
    森昌行社長も、たけし軍団の初期メンバーは同社に残るとしたが、同31日にはビートきよし、なべやかんの退社が明らかになった。

     
    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804020000135.html


    所長見解:いろいろあるんだね・・・
    【【泥沼化へ】たけし独立の真相がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ビートたけし(71)が所属事務所「オフィス北野」から今月いっぱいで独立する問題を巡って、弟子たち「たけし軍団」の一部メンバーと経営陣との間で“衝突”が起こった。
    お笑い界最大の実力者で、世界的な映画監督でもある大物の独立騒動。
    まだまだ波乱含みで、すんなりとは決着しない可能性も出てきた。

    t


    独立までのカウントダウンが刻一刻と進むが、全て円満に事が運んでいるわけではなさそうだ。
    残留するか、たけしの新事務所についていくか、いまだ決めかねているメンバーが「殿独立」という事態を招いたオフィス北野に説明を求める状況も出てきた。

    オフィス北野の森昌行社長(65)はスポニチ本紙の取材に「内紛とか衝突ではありませんが、彼ら弟子たちの一部が“事務所は何をしてるんですか?”と不満を持っているのは事実」と、慎重に言葉を選びながら話した。

    たけしと経営陣との間にはこれまでも経営方針を巡って意見の食い違いがなかったわけではないという。
    積年にわたってくすぶっていたものが「たけし独立」という思わぬ形で表面化。
    本紙の取材では、具体的に引き金を引いたのは軍団メンバーでタレントの井手らっきょ(58)の“帰郷”表明だった。

    井手は8日に文化放送の番組に出演し、4月1日から活動拠点を生まれ故郷の熊本に移すことを発表。
    関係者によれば、これにたけしの不満が爆発。
    当人を叱るとともに、金銭面などの待遇も含めて「黙って見ているのか?」と事務所にも怒りをぶつけたという。

    軍団のメンバーでは番頭格のガダルカナル・タカ(61)が「たけしさんについていったらこれまでと同じ」として、いち早く残留を宣言。
    他のメンバーもタカと行動を共にする流れをつくった。
    森社長も「元々の軍団メンバーが残ることに変更はない」と話すが、後に弟子に加わったタレントやスタッフは流動的だ。

    4月からたけしの稼ぎが丸々なくなるオフィス北野が社名変更を含めて規模の縮小を余儀なくされるのは必然。
    森社長は「当然、人の出入りもあるでしょう。退職金の問題もある。現在は、4月以降のたけしさんの仕事の引き継ぎを責任を持ってやっているところ」と説明するが、まだまだ一波乱二波乱がありそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000084-spnannex-ent


    所長見解:いろいろあるんだね・・・
    【【独立問題】たけし軍団がオフィス北野に不満ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月下旬の夕方、都心にある百貨店のデパ地下に意外な人物の姿があった。
    目深にかぶったキャップとマスクで顔を隠しているものの、間違いなくあのローラ(27)だ。

    ローラといえば、昨年8月に所属事務所「LIBERA」との契約トラブルが表面化。
    だが彼女はこれまで、かたくなに沈黙を貫いてきた。
    だが実はここへきて、所属事務所との契約問題に進展がみられたという。

    「ローラさんは騒動が長期化すると、仕事に影響すると考えたのでしょう。
    最近では、所属事務所との和解を模索するようになっています。
    両者が信頼するイベント企業がローラさんの指定代理店となり、そこを介して活動していくようです。
    すでに書面でのやりとりも進んでおり、近日中にも合意に至りそうです」(ローラを知る関係者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00010000-jisin-ent

    no title


    所長見解:解決したんだ・・・
    【【独立騒動】ローラ、所属事務所と和解ってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ