独立

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月15日発売の「女性セブン」が、親友同士だった安藤サクラと満島ひかりが絶縁状態にあると報じた。

    記事によると、2人の関係が悪化したのは、NHKの朝ドラが関係しているという。

    「満島は長年、朝ドラの主演に強い憧れがあったようで、これまで何度もオーディションを受けていたそうです。

    そしてようやく、08年の『瞳』で最終オーディションに残ったものの、ヒロインには榮倉奈々が抜擢。

    11年の『おひさま』でも最終まで残ったようですが、最後には井上真央が合格するなど、満島はあと一歩のところで主演を逃してきたとのこと。

    それが今回、親友の安藤がオーディションもなく、NHKから直接『まんぷく』のオファーを受けたことで、『なんで彼女が先なの? 許せない』と満島はショックを受け、関係が悪化していったと同誌は伝えています」(芸能記者)

    m


    今回の報道にネットでは、

    「満島さんが嫉妬で絶縁するとか信じ難い」
    「憶測が多すぎるけど本当なのかな」
    「友達同士だって、結婚や出産等で環境が違うと疎遠になることってある」

    など、満島を擁護する声も多く飛び交っている。

    また記事におかしな点があるため、ある別の疑惑が浮上しているという。

    「確かに『おひさま』に満島は出演していますが、この時のヒロインはオーディションでなく、NHKからの直接オファーで井上に決まっているんです。

    そのため、彼女が同ドラマでオーディションを受けた事実はなく、記事の信憑性は怪しい。

    満島といえば今年、長年所属していた芸能事務所を辞めてフリーになりましたから、一部では、彼女の独立をよく思わない何者かがメディアを使って潰そうとしているのではないかという憶測も飛び交っています。

    もし事実でないなら、朝ドラに出演中の安藤も今回の記事に驚いていることでしょう」(前出・芸能記者)

    昨年10月に行われた東京国際映画祭では、安藤のことを「彼女と最初に大きな作品で一緒に出演をできたことは今でも宝物」と瞳を輝かせながら語っていた満島。

    今後、彼女の口から真実が語られる日は訪れるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1575223/

    所長見解:そんなことで・・・

    【【不仲説】安藤サクラと満島ひかりが絶縁問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    草なぎ剛(44)の一日は、愛犬・くるみ(メス、フレンチブルドッグ)の散歩から始まる。

    「毎日午前10時ごろ、自宅近くで、愛犬を抱えて歩いている姿をよく見かけます。
    草なぎさんだと気づく人はほとんどいないようです」(芸能関係者)

    現在公開中の日仏共同製作アニメ映画『ムタフカズ』では、主人公の吹き替えを担当。

    12月には、オスカーを受賞した名画『道』の舞台版で、主演を控えている。

    k


    多忙を極めるのは草なぎだけではない。

    「同じく『新しい地図』の稲垣吾郎(44)、香取慎吾(41)も映画と舞台を控え、休みが取れない。
    3人が顔を合わせるのは月1回、AbemaTVの生放送のときぐらいだ」(スポーツ紙記者)

    だが、3人が民放キー局の番組に出演しているかといえば、各局がジャニーズ事務所の顔色を窺う状況は続いており、独立前から続くレギュラー番組以外では姿を見ない。

    「日テレ恒例の年末番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!』で、3人にオファーを出す動きがあった」

    こう語るのは、ある芸能プロ関係者。

    「笑ってはいけない」で知られる人気番組だ。

    「企画案は『ガキ使』メンバーがカラオケボックスの部屋を覗くと3人がおり、『誰か』を待っている……というもの。

    SMAPの有名曲が流れたり、待ち人が来たと思ったらものまね芸人だった……
    なんてオチまで考えていたようだが、最終的に日テレがジャニーズに忖度。
    土壇場で話は立ち消えになった」

    3人はCM契約料やSNSでの収入などを合わせると、独立前より稼いでいるという見立てもある。

    それでも「新しい地図」をプロデュースする飯島三智氏(60)にとって、3人をゴールデン帯で地上波に出演させるのは独立以来の悲願。

    そこで、彼女が描く仰天のプランがある。

    「飯島氏が企んでいるのが、『紅白』出演です。

    2020年の東京五輪に向け、局を挙げて五輪PRをおこなっているNHKにとって、『紅白』は格好の舞台。

    3人はパラリンピックのスペシャルサポーターを務めており、オリ・パラ関連であれば、ノーギャラでも出演する可能性がある。

    草なぎとNHKは、SMAP時代から続く『ブラタモリ』のナレーションや、単発の出演などで実績がある。

    『紅白』出演をステップに、キー局地上波への完全復帰を狙うのが飯島氏の戦略だ」(前出・芸能プロ関係者)

    休みの取れない3人だが、前出のスポーツ紙記者によれば、「12月31日のスケジュールは空いている」という。

    さらに、2018年の元日は午前0時45分からAbemaTVで生放送に出演したが、2019年は午後3時からと余裕がある。

    2019年、地上波で草なぎを見る日が来る。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181117-00010001-flash-ent


    所長見解:見たいけどね・・・

    【【元SMAP】草なぎ剛、地上波復帰計画がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    所属事務所からの独立騒動で揺れたビートたけし(71)が、離婚でもひと悶着ありそうだ。

    事務所独立に動いた今春、同時に夫人で元漫才師の幹子さん(67)との離婚調停を家裁に申し立てていたのではとの臆測が芸能マスコミの間で囁かれている。

    「年内にも離婚話を決着させる算段ではなかったのかという見方がある。
    最大の理由は愛人と報じられている18歳年下のA子さんと正式に一緒になるため。
    とはいえ幹子さんが裁判所からの呼び出しに応じないとかで、川崎麻世&カイヤ夫妻と同様、離婚裁判に発展していく可能性も取りざたされています」(スポーツ紙芸能デスク)

    当の幹子さんは「女性自身」最新号の直撃取材に答え、これまで口を閉ざしてきたのが一転、「離婚はしていない」と否定しつつも、約20分も記者に語りかけたという。

    t


    たけしと幹子さんは、ツービート時代の1978年に知り合った。

    すぐに同棲し、1981年に長男、82年に長女を生み、83年に入籍。

    幹子さんは駆け出しのたけしを近所のスナックでアルバイトして支え、長く別居しているものの、かれこれ40年も関係を継続している。

    これまで、たけしの愛人が取りざたされてもノーコメントを貫き、A子さんについても「知らないです」と一点張りだったが、同誌取材に「なぜ長く続けてきたものを壊してまでやるのか。私には理解できない」などとし、A子さんについての質問にも「その人が自分の思ういい展開になると思っているんじゃないですか」とコメント。

    記者の直撃取材に顔は笑みを崩さないが、言葉の端々からA子さんへの怒気が伝わってくるのである。

    幹子さんが代表を務める「北野アツシエーション」と長男が代表の「北野企画」に振り込まれていたたけしの稼ぎが、A子さんとの新会社「T・Nゴン」が設立されて以降、そちらで管理されるようになったとされ、そのあたりの金銭的な不満も理由の一つなのかもしれない。

    糟糠の妻からのメディアを通じた痛烈メッセージ。

    愛人との間で股裂き状態のたけしはどう受け止めるのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000012-nkgendai-ent


    所長見解:なんかね・・・

    【【本妻か愛人か?】ビートたけし、離婚が泥沼化の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3年前の独立騒動がいまだに尾を引いている若手女優・のん(25)が前所属事務所『レプロエンタテインメント』に“謝罪”したことで、芸能活動の行方に注目が集まっている。

    「写真週刊誌に、のんが知人男性と前事務所に謝罪に行った現場を撮られ和解と報じられましたが、前事務所は即座に否定のコメントを出した。
    9月には女優の真木よう子が移籍してきましたから、のんは必要ない。
    芸名『能年玲奈』の名前が復活する可能性は極めて低いですね」(芸能関係者)

    のんはNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)で大ブレークしたが、'15年1月に女性演出家と個人事務所を設立したことで独立騒動に発展。
    のん側とレプロ側の双方が対立したまま翌年に独立した。
    同時に能年玲奈の名前で芸能活動ができなくなったため、『のん』と改名した経緯がある。

    n


    のんの置かれた現状に困惑したのが、脚本家の宮藤官九郎とNHKの大河ドラマ制作スタッフだという。
    「来年の大河『いだてん 東京オリムピック噺』の脚本は『あまちゃん』を担当した宮藤官九郎です。
    制作スタッフも“あまちゃんチーム”ということもあって、のんを大河に出演させたい。
    そのためには、前事務所と和解させることが先決です。
    だから、謝罪と再度マネジメントを依頼することで問題の解決を図ったんです」(ドラマ関係者)

    しかし、前事務所の対応はツレないもので「能年氏から、過去についての謝罪と、弊社にマネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至りました。
    しかしながら、何ら解決には至っておりません」と和解をきっぱり否定。
    事前に情報が洩れたことにも不信感を抱いている。

    「新たに所属した真木よう子は女優として評価が高く、ドラマの需要度は高い。
    後ろ足で砂をかけるように辞めて行ったのんに、関わりたくないのが本音では。
    今回、和解が成立しなかったことで、のんの大河ドラマの話は暗礁に乗り上げていますよ」(同)

    のん、和解工作失敗で“じぇじぇじぇ”。

    http://dailynewsonline.jp/article/1566771/
    週刊実話


    所長見解:もうね・・・

    【【元・能年玲奈】のん、前事務所に独立トラブルを謝罪した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月3日に放送されたNHKのお笑い番組『コントの日』で、“日本コント協会”を発足させたビートたけし(71)。

    「たけしさんには、『コントの日』を『紅白歌合戦』のような国民的番組に育てたいという願望があるようです」(NHK関係者)

    そんな“殿”に一大事。
    旧知のホテルチェーン会長・X氏(70)が逮捕されてしまったのだ。

    b


    「X氏は“関西のホテル王”とも呼ばれ、西日本を中心に30以上のホテルを経営しています。
    たけしが仕事で関西に泊まる際は、彼が経営するホテルを定宿にしていたともささやかれていました」(芸能記者)

    そんなX氏が、今年7月に大阪府警生野署に入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕され、社員ら5人も書類送検されている。

    「X氏らには大阪・梅田のホテルで、留学生だったベトナム人を、週28時間の就労制限時間を超えて働かせた疑いがかけられていました」(通信社記者)

    一方のたけしといえば、所属事務所『オフィス北野』の赤字転落を発端に、20年間タッグを組んでいた森昌行社長と激しく対立。
    今年の3月末、たけし軍団をそのまま残し、3年ほど前に設立していた個人事務所へ移籍独立していた。

    「その新個人事務所の設立や独立の際、たけしさんに密かに協力したのがX氏だと噂されていました。
    たけしさんはビジネス上、彼に絶大な信頼を寄せていたといいます。
    “関西のホテル王”である彼がいたからこそ、心機一転、独立後も安心して芸能活動に臨むことができたんです。
    2人は、たけしさんの出身大学・明大OBの“紹介の紹介”で知り合ったそうです」(テレビ局関係者)

    たけしの新個人事務所は「株式会社T.Nゴン」。
    「X氏は新事務所の役員にこそ就いていませんが、社名の一部であるNは、X氏のラストネームのイニシャルではないかとも一部でささやかれました。
    ちなみにTはたけしのイニシャル、ゴンは愛犬の名前です」(芸能事情通)

    その愛犬ゴンをモチーフにした、たけしの短編小説『ゴンちゃん、またね。』(文藝春秋)に登場する作家志望の主人公の名前“関口則之”も、X氏から取ったのではとも噂される。

    そこまで信頼する大物協力者の逮捕で、「新事務所は、いきなりピンチに追い込まれたわけですが、このままだと“北野映画が見られなくなるかもしれません”」(前出のテレビ局関係者)という。

    現在発売中の『週刊大衆』11月19日号では、「北野映画」消滅危機の理由、そして今後のたけしの仕事への影響を詳報している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15557766/
    日刊大衆


    所長見解:あらら・・・

    【【これはヤバい】ビートたけしの協力者逮捕ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ