ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    独立

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所を9月末に退所した錦戸亮が、12月23日、朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)にVTR出演。

    退所して3カ月も経っていない、このタイミングでの地上波出演に驚きの声が上がっている。


    「VTRの冒頭で錦戸は独立した理由について『今までの環境から飛び出して全部1人でやってみよう』とした上で『自分で紡いだ言葉を自分で作ったメロディに乗せて、自分の声で歌いたい』と話し、『(今後は)芝居にもチャレンジしたい』と話しています」(テレビ誌記者)

    しかし、VTRとはいえわずか3カ月足らずでキー局へ出演。

    SMAP解散後、ジャニーズ事務所を退所した「新しい地図」の3人と比べても異例の早さと言える。

    「『新しい地図』の3人も、2017年9月の退所後に出演していた番組が次々に終了。
    今年の大晦日に特番『絶対笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)、来年1月2日『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』の3時間スペシャルまで、地上波に出演する機会はほとんどありませんでした。
    この異例の早さの地上波復帰には、『スッキリ』のMCを務める極楽とんぼ・加藤浩次の後押しもあったようです」(女性誌記者)


    n


    錦戸の独立発表直後、加藤は番組内で「錦戸君の仕事が制限されることのない世の中になって欲しい」とコメント。

    その言葉について錦戸は今回のVTRで「嬉しかったし、勇気づけられた。その言葉に応えられる僕でいなきゃ」と感謝の言葉を口にしている。


    「錦戸は10月30日にデビューアルバム『NOMAD』をリリース。
    初週7.6万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキング初登場1位に。
    11月から始まったツアーも全会場とも発売開始と共にソールドアウトするなど上々の滑り出し。
    元KAT-TUNの赤西仁と共同プロジェクト『N/A』を立ち上げ、来年5月にはハワイでのライブも決定するなど、来年はさらなる飛躍が期待されます」(音楽ライター)


    しかし、そんな絶好調とも言える錦戸を先月行われたツアーの最中、“舌禍事件”が襲う。

    「ジャニーズ事務所所属のアイドルグループには、関ジャニ∞なら“エイター”、キンプリなら“ティアラ”といったファンの呼び方があります。
    ところが錦戸は、『(ファンの)呼び方決めんのもサブい』発言をして、ライブに駆けつけた関ジャニ∞ファンから『ドン引き』の声も上がりました。
    こういった失言が繰り返されれば、命取りになりかねません」(前出・女性誌記者)


    事務所を独立してロケットスタートを切った錦戸だが、絶好調の今こそ要注意!?


    http://dailynewsonline.jp/article/2144484/

    所長見解:どうやろね・・・
    【【元・関ジャニ】錦戸亮、最速で地上波復帰ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月26日放送の『巷の噺SPたけし噺2019』(テレビ東京系)で、ビートたけしが言いたい放題を繰り広げた。

     
    たけしは昨年、オフィス北野から独立して、T.Nゴンに所属。

    その理由を「6~7年前に1回揉めた。
    俺は株主なのに株主総会に呼ばれない。
    自分たちで勝手に決めて」と以前から疑惑がくすぶっていたことを告白。

     
    自身が持っていた株はつまみ枝豆らに譲ったが、「オフィス北野に俺がいると思って、海外からいろんなオーダーが来た」という。

    そのため、海外との関係を考慮して、オフィス北野が2020年1月1日から「TAP(タップ)」に社名変更する。

     
    今年、離婚が成立し、元妻にかなりの財産を持っていかれたことを「スッキリした」と話すが、「俺、今まで500億(円)は稼いでいるよ。
    税務署が(税金で)250億持っていっても、200何億は残っているはず」とボヤき、自身は現在、お金はないとガックリ。

    「マンションとかも持ってたけど、今は俺ん家(ち)と犬一匹だけ。
    嫌になっちゃう。スッカラカン。おとぎ話だよ」とボヤいていた。


    b


     
    報道された恋人女性については、「堂々と俺ん家で寝てる。パンツは履いてるけど」と宣言。

    鶴瓶から男女の営みについて聞かれると、「ココなんて便所以外に触ったことないよ」と苦笑していた。

     
    たけしは今年、大河ドラマ『いたてん』(NHK総合)で5代目古今亭志ん生を演じた。

    鶴瓶が一緒に落語会をやろうと依頼すると、快諾するも「ギャラは安く」と話す。

    「爆笑問題のライブで(自分がゲストで)落語やると、けっこうギャラをくれる。
    『これはないだろう』って。
    普通のゲストと同じギャラにしてくれよ」と芸人愛も見せていた。

     
    たけしは12月31日放送の『第70回NHK紅白歌合戦』に特別枠で出演し、代表曲『浅草キッド』を披露する。

    たけしが歌う下積み時代の思い出の名曲は胸に響くものとなりそうだ


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191229-00010003-flash-ent

    所長見解:なんかね・・・

    【【悲報】ビートたけしさん、500億円稼ぐも離婚してお金が無くなった模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    田原俊彦、ジャニーさんの葬儀に参列しなかった理由

    「これが田原俊彦の“愛情表現”ですから」

     
    歌手でタレントの田原俊彦(58)が20日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。

    今年7月に亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)への思いを激白した。

     
    「一番の恩師ですし、田原俊彦を作ってくれた第2の親父」とジャニーさんのことを振り返る田原。

    まさに二人三脚でスター街道を走っていたが、突如1994年に事務所からの独立を決意。

    実はその時、ジャニーさんと電話で“最後”の言葉を交わしていたという。

    「ジャニーさん。おれジャニーズやめるよ、いいよね」という問いかけに「これからもエンターテインメントを続けて欲しい」と独立を怒ることなく応援してくれたという。


    o


    田原はデビューして今年で40周年。

    「苦しい時のほうが多かったかもしれないけど、ステージを1年もやらなかった年はない」と胸を張る。

    自身のライブでは「ここだったら、こういう風に音を変えるだろうな、とか。ここでたぶん休めと言う。
    未だに僕のショーの中にはそういうものがある」といまだにジャニーさんから教えを参考にしているという。

    「ジャニーさんの最高傑作になりたい」という思いで走り続けてきた田原は「40周年ライブをジャニーさんに見て欲しかった」とその無念を吐露した。

     
    また、ジャニーさんが危篤の際にお見舞いに行かなかった理由も告白。

    マネジャーから「これが(ジャニーさんと会う)ラストチャンスかもしれませんよ」という連絡はあったものの、田原は「やめとくよ…」と静観を選ぶ。

    その理由を「何も弊害がなければね。
    常時マスコミや在籍の子供たちがいるだろうし」といい「もしジャニーさんが一人で寝てたいたらね、会いにいって話をね。
    顔も見たかったけど、そういうわけにもいかない」と話した。

     
    最後に葬儀に参列しなかったわけを「これが田原俊彦の“愛情表現”ですから」と独特な表現で答える。

    「一番ジャニーさんが脂が乗って元気だった50歳前から63、4歳まで一番僕にかけてくれたっていう。
    最高の時をあの人と一緒に過ごせた。
    僕の誇りで大切に心の中にしまって。
    死ぬまでその思いは変わらないと思う」とジャニーさんへの愛を語った。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/20/kiji/20191220s00041000366000c.html
    所長見解:いきづらいわな・・・

    【【告白】田原俊彦がジャニーさんの葬儀に参列しなかった「泣ける理由」がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月末でジャニーズ事務所を退所した錦戸亮(35)が6日、ツイッターで、14年2月に同事務所を退所した赤西仁(35)と共同プロジェクトを進行していく契約を結んだと発表した。

    ツイッターにアップされた契約合意書にはグループ名「NA」が記された。


    n


    その上で契約期間中に音楽制作、コンサート、テレビ、ラジオ、ビデオ、映画、写真集、コマーシャル、広告宣伝、舞台、イベント活動などその他一切の出演業務を、双方合意のもと行っていくことや、派生した権利は均等に保有するなどの条項に加え

    「陰口3回バレたら契約解除出来る」

    「週刊誌に撮られたら10万円の罰金。ただし2回目以降は倍の額とする」

    「どんなに辛いことがあってもなるべく芸能界にこびを売らない」

    「見ず知らずの女性にうつつを抜かし、軽率に付いていくような行動はなるべく慎むこととする」

    「近年における日本の芸能界の悪しき習慣や、理解に苦しむ忖度(そんたく)を受けたとしても決して諦めず進み続ける」

    などの条項も書かれた。


    錦戸は「ある契約を交わしました。面白そうな事なんでもやってみます。まずは彼と。」、赤西も「こんな契約を交わしてみました。Check This Out!! The Men In The Arena」とつづった。 


    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201912060000896_m.html?mode=all

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【ジャニ独立組】錦戸亮と赤西仁で新コンビってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    9月30日にジャニーズ事務所を退所した元関ジャニ∞の錦戸亮(34)。

    自主レーベルを立ち上げたかと思ったら、11月5日からの全国ツアー開催を発表。

    鮮やかなスタートダッシュを切ったかに見えるが、これから真綿で首を絞めるように追い詰められていくことになりそうだ。

     
    そんな予兆を感じさせる記事を「女性セブン」(10月24日号)が掲載した。

     
    記事は「ショック! 忘恩の関ジャニ∞全面戦争」と題し、関ジャニ∞と同じタイミングで全国ツアーを開催する錦戸の無節操ぶりを非難する内容だった。

    しかし、“本当の爆弾”は同じ発売号の別のページに隠されていた。

    記事自体は新垣結衣(31)の近影を伝える内容で、女優の蓮佛美沙子(28)と2人で焼肉を食べたというだけの話だが、〈ガッキーといえば超が付くインドア派。
    2013年、当時関ジャニ∞の錦戸亮との交際を『フライデー』に報じられてからはその傾向がより強くなったという。
    買い物は通販頼りで、オフも家からほぼ出ない生活を送る「干物女」ぶりを自ら明かしていた〉と、新垣の“引きこもり”に言及した上で、さりげなくその原因が錦戸との破局にあったと指摘したのだ。


    g

     
    さらに追い打ちをかけるように、驚くべき記事を13日付の「日刊サイゾー」が配信。

    タイトルは「新垣結衣、あの元ジャニーズとの交際がすっかりトラウマになり“干物女”と化した現在の姿」。

    女性セブンの報道を引用しながら、新垣が引きこもりがちになった理由として、〈錦戸に気に入られる女になろうと努力したものの、錦戸の夜遊びは治らずに破局。
    その後、錦戸が自分との“夜の営み”をあちらこちらで吹聴しているのが耳に入り、すっかりトラウマになってしまったようです〉とテレビ局関係者のコメントを紹介した。

     
    もし、この話が事実だとしたら、錦戸は最低限のモラルも持ち合わせていない“ゲス男”ということになる。

    新垣を遊んで捨てただけでなく、深刻な人間不信に陥らせたことになる。

    新垣のファンは錦戸を憎悪するのはもちろん、錦戸と距離を置こうとする女性ファンも出てきそうだ。

     
    錦戸との破局後も新垣は1年間に1本のペースで仕事を続けてきたが、今年の連ドラ出演はゼロ。

    ついにルーティンが途絶えた。

    TBSは16年放送の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の続編を希望しているが、全ては“ガッキー待ち”の状態だという。

     
    錦戸がガッキーを引きこもりに追い込んだとすれば、その罪は重い。

    ジャニーズ事務所に砂をかけるように独立したことで、古傷が次々に蒸し返される事も想定される。

    ガッキー以外の“余罪”が明るみになるのは時間の問題かもしれない。


    日刊ゲンダイDIGITAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000008-nkgendai-ent

    ▼写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20191018-00000008-nkgendai-000-view.jpg

    所長見解:錦戸め・・・

    【【悲報】新垣結衣と錦戸亮のゲスすぎる過去がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ