犯罪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『嵐 活動休止』というビッグな芸能ニュースもあり、何も解決しないまま収束に向かいそうな空気が漂う『NGT48』山口真帆への襲撃事件。

    運営側は第三者委員会を立ち上げ事件について公表するとしているが、その間に山口が密かに「SOS」を伝え始めた。

    山口は1月8日以降ツイッターを更新していないが、実は「いいね」は押し続けており、これがかなりメッセージ性があるという。

    山口が「いいね」を押しているものを挙げると、

    《もし運営側が、関与したメンバーを把握しながら対外的な発表をせず内部での注意にとどめ、あるいは把握しきれないままNGT内に残させたら「報復」が起こり得る。加害者側との接点を完全に断ち切れる保証はない》

    《しかしあれだよね、山口真帆は移籍させた方がいいよね。こんなに居心地の悪いグループにいさせるのは生き地獄というか》

    《人気があるメンバーだろうが、今回は絶対に処分すべき。人気があっても裏で悪いことしまくる、そんな人たちを誰が応援しますか?》

    《『メンバーはこの暴行を理不尽(無作為)なものではく、計画的に山口真帆が狙われた犯行であると知っているんじゃないか』と考えてしまう》

    《第三者委員会の委員名は公表するみたいだけど名前なんてどうでもいいです。
    なぜその人を選んだのか選任理由をはっきりするべき。顧問弁護士からの友人知人紹介されても第三者委員会なんてズブズブでしかないでしょう?》

    などといったものだ。

    y


    「いいね」で訴えたい真実とは

    「山口の『いいね』が指し示していることは、やはり運営が何かしら事件を隠蔽している可能性でしょう。
    また、事件を引き起こしたメンバーが何も処分を受けていないことも読み取れますね」(芸能記者)

    山口は『デイリー新潮』が報じた『NGT48「山口真帆」暴行事件、スタッフの“情報統制”に騙されたスポーツ紙』というタイトルの記事にも「いいね」している。

    そして中には、

    《山口さんが「いいね」をしてる件。
    きっと今回の第三者委員や2月からの公演再開も含め、会社ぐるみで事実を完全に隠蔽すると確信したんだろうなって。
    被害者である山口さんにここまでさせてしまう運営を、俺は絶対に許さない》

    という一般人のツイートにも「いいね」。
    つまり、山口本人が「いいね」を使ったSOSを発信していると認めているのだ。

    ちなみに「いいね」といえば、山口と仲の良いメンバー・菅原りこが、今回事件に関わったとウワサされているメンバー・西潟茉莉奈に対するアンチコメント「人生最後の握手会お疲れさまでした」に「いいね」を押していた。

    メンバーたちは、必死に世間へ“真実”を訴えているのだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/myjitsu/12156-177833/

    所長見解:怖いわ・・・

    【【襲撃事件】NGT48・山口真帆がツイッターで密かに伝えていることがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2018年12月8日の午後9時ごろ。

    公演を終えて帰宅したNGT48の山口真帆(23)は、マンションの部屋の玄関先に押しかけた無職男性(25)と男子大学生(25)に襲われた。

    悲鳴を上げると、男らに顔をつかまれ、押されたという。

    男2人は暴行容疑で逮捕されたが、12月28日に不起訴処分となっている。

     
    山口は、2016年1月に青森県から、ひとり新潟県にやってきた。

    憧れの人は、小嶋陽菜(30)。

    アイドルに集中するため、携帯の番号とメールアドレスを変えて、故郷の友達から連絡が来ないようにした。

    NGT48の栄えある1期生。

    そのときには、こんな事件の被害者になるなんて思ってもいなかった。


    「山口は2016年に『ハレンチハレンチ~』と連呼する動画配信が話題になった、美形だけど不思議ちゃんキャラ。2018年7月からは、『チームG』の副キャプテンを務めていた」(48グループに詳しい関係者)

    だが1月8日夜に「SHOWROOM」でおこなった動画配信は、深刻なものだった。

    「殺されてたらどうするんだって思う。生きてる感じがしない」と暴行被害を告発し、号泣したのだ。

    y


    9日未明にはTwitterで本人がこう明かしている。

    「あるメンバーに(※編集部注 男に対して)公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそのかしていました」

    さらに、「その(※犯人の男が出てきた)部屋は違うメンバーが住んでた部屋でした」など、NGT48のメンバーが犯人に協力していたと訴えたのだ。

    新潟以外が出身地のNGT48メンバーは、多くが、グループの運営会社が「寮」として部屋を借りている、同じマンションに住んでいる。

    取材を進めると、複数のファンが寮の場所を知っていた。

    「自分も場所を知っています。どうやって知ったか? たまたまです」(男性ファン)

    「5人くらいの、ヤンキーっぽい見た目の男たちが、メンバーが暮らすマンション前で待っているのを見たことがある」(別のファン)


    NGT48では2016年夏、中井りか(21)が自宅から動画を配信中、男性が家の外から「ジャージャー」と大声で掛け声をかける出来事があり、住所がバレていると騒ぎになった。

    また2018年夏には荻野由佳(19)が、「レッスン帰りの夜道で車に連れ込まれそうになった」とテレビで告白した。

    「荻野の事件の後、運営はメンバーを車で家まで送るようになった。
    それでも、ヤカラっぽい男たちはマンション前に待機していた」(別のファン)

    事件の起きる下地は、十分にあったのだ。

    また、インターネット上では、犯人や、山口が言う「犯人に協力したメンバー」について、何人かの実名が飛び交っている。

    だが報道によると、警察の捜査では、犯人が特定のメンバーとつながっていることをうかがわせる情報はなかったという。

    しかし、グループの運営は、メンバーが帰宅時間を教えていたことは認めた。

    10日、運営が出したコメントでは「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」と説明している。

    事件が明るみに出た翌日は、NGT48の3周年記念ライブだった。

    山口も参加。

    「たくさんお騒がせして申し訳ありませんでした」と、被害者でありながら頭を下げた。

    当日は、山口の親友とされるメンバーの菅原りこ(18)が欠席。

    インターネットで「犯人に協力」が疑われているメンバーの1人が泣き出し、途中退場するなど、混乱の隠せないライブになった。

    「事件を告白したときに、山口はTwitterに『皆さんにngtを嫌いになってほしくないからこの1ヶ月つらくても黙ってた。
    報道でもngtということは伝えないように私がお願いした』(原文ママ)と投稿している」(前出の関係者)

    ライブで頭を下げたのも、グループを思うがゆえの行動だった。

    だが、これで一件落着、という軽い事件ではない。

    指原莉乃(26)のツイートで、記事を締めくくりたい。

    「メンバーはこれからも応援してください、としか言えないと思う(中略)、運営側はそうあってはいけない。
    現状のままで応援してもらえるわけがないし、そんなこと思っているスタッフはいないと信じたいけど、このままで応援してもらおう! というのはおかしい」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00010000-flash-ent


    所長見解:怖いな・・・

    【【NGT48暴行事件】山口真帆の住所はバレバレだった問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「今日はすべて話します。何でも聞いてください」

    z


    「6畳のワンルームに大量のクーラーボックスがあるので、当然、被害者のかたたちは疑問を口にしていました。
    でも、引っ越してきたばかりだから収納スペースがなくて、釣り好きの友達から借りて、洋服やアクセサリーを入れていると言ったら、みんな納得してくれました。

    ただ、においには気を使いました。
    消臭するために、香水や芳香剤、消臭剤を振りまいて…。
    だから、部屋に来た女の子たちには一度も『臭い』と言われたことはありませんでした」

    時に丁寧な言葉を使いながら、大声で笑いながら、身振り手振りを交えて、饒舌に語る。

    犯行に対して後悔することはないかと問うと、

    「唯一、後悔することがあるとしたら最後の被害者の携帯の電源を切り忘れたこと。
    これは完全に、私の油断。
    最初の方は証拠隠滅にすごく気を使っていましたが、人間とは不思議なもので、徐々に慣れてしまうんです」

    と言う。

    9人目の被害者の携帯電話が発した電波によって、犯行現場となったアパートの位置が特定され、逮捕につながったからだ。

    なぜここまで赤裸々に語るのか。

    「それは検察、警察、そして私の味方であるはずの弁護士にも『申し訳ないけれど、諦めてほしい』と言われました。
    それを聞いて、『だったら最後にうまいものを食って、欲を満たして、極刑になってやろう!』って!」

    面会中、白石は「お金」に対する執着をたびたび見せた。
    面会に来た記者に、「お金をくれたら事件のことを全部話す、お金があればチョコレートやカレーなどが買えるから」 と発言したと報じられたが、本誌記者にも、指でお金のマークを作ってニヤリと笑って見せた。

    また、送検時はマスコミは顔を手で覆っていたが、「このときに顔を隠したのは『何で勝手に写真撮っているんだ、撮るならカネ払え!』と腹が立ったから」と語った。

    しかし、「何でも聞いてください」「私のことをどれだけ叩いてくださってもかまいませんし、何だったら他社に売ってくださってもかまいませんから」と豪語していた白石が頑なに口を閉ざした話題がある。

    1人の女性についてだ。

    白石の誕生日である10月9日、20代前半とみられる女性が泣きながら接見に訪れていた。
    列をなして接見を求める報道陣を続々と断り、白石がこの日面会したのは、彼女だった。
    長い黒髪の小柄な女性で、黒いキャップをかぶり、白いフード付きのパーカに、白いミニスカート、白いソックスという全身白ずくめは面会室の中でも一際目を引いた。

    白石の誕生日祝いなのか、手にケーキの箱を持っていたが、職員に「それ、持って面会室には入れないよ」と注意を受けていた。
    鏡を見て、念入りにグロスを塗り直し、彼女は面会室へと入っていった。

    後日、彼女について白石に聞くと、これまでの饒舌が一転、黙り込み「それは答えられません」とうつむいた。

    「何を言うか…と思うでしょうが、たとえどんなにカネを積まれても、あの子のことだけは話せません。
    こんな凶悪犯の私にも、やっぱり、大切な存在っている。そんなことです…」

    その言葉を受け、最後にもう一度聞いた。
    あなたが手をかけた9人にも、あなたが「彼女」を思うように大切に思っている人がいたということに、なぜ今もなお思い至らないのか。

    「それは欲の対象と、大切にしたい人ははっきり線引きされているので、正直、謝罪の気持ちもないし、本当になんにも思いません」

    また同じ話か、とうんざりした口調だった。


    女性セブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20181020_784318.html?PAGE=1#container 


    所長見解:怖いよ・・・

    【【彼女か?】座間バラバラ事件の犯人「あの子のことだけは話せません」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの中川翔子さん(33)の自宅近くで待ち伏せをするなど、つきまとい行為を繰り返したとして、警視庁がストーカー規制法違反容疑で、東京都中野区上高田の無職、柴一太郎容疑者(33)を逮捕していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。
    逮捕は13日付。

    n


    「家の鍵をなくしてしまい、知り合いもいないので、中川さんを頼ろうと思った」などと話し、容疑を認めているという。

    捜査関係者によると、柴容疑者は8月下旬、都内の中川さん宅の郵便受けに「連絡先を教えてください」などと書いたノートを投函(とうかん)。
    今月上旬、中川さんから相談を受けた警視庁が、ストーカー規制法に基づく文書警告を行っていた。

    逮捕容疑は13日夜、警告を受けていたにもかかわらず、中川さんの自宅周辺をうろつくなどしてつきまとったとしている。
    関係者の通報を受けて駆けつけた警察官が柴容疑者を取り押さえた。


    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000677-san-soci


    所長見解:すごいな・・・

    【【緊急逮捕】中川翔子さんを待ち伏せたストーカー「家の鍵なくした」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    飲酒ひき逃げ事故で「容疑者」になってしまった元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ。
    時間の経過とともに、知られざる裏の顔が明らかになってきた。

    吉澤は6日午前7時ごろ、中野区東中野の交差点に赤信号で進入し、青信号で横断歩道を渡っていた自転車の女性(20代)に衝突。
    女性は倒れ、隣を歩いていた40代男性にもぶつかった。2人は軽傷。

    吉澤容疑者は現場を去るも、15分後に自ら「自転車をひいてしまったので、これから現場に戻ります」と110番通報。
    警察の調べに同容疑者は「車の流れで止まれなかった。逃げるつもりはなかった」と供述しているが、目撃者は吉澤容疑者の車が「次の信号で引き返すこともせず、躊躇なく走り出していった」と証言している。

    吉澤容疑者の呼気からは1リットル当たり0.58ミリグラムのアルコール成分を検出。
    これは基準値0.15ミリグラムの約4倍に当たる。
    酒気帯びよりも「酒酔い運転」と呼ぶにふさわしく、道交法で定める0.25ミリグラムを超過していることから、違反点数は25点で即免許取り消しだ。

    y


    吉澤容疑者は「前日午後8時から翌午前0時まで夫と自宅で飲んでいた。缶酎ハイを3杯飲んだ」と供述しているが、検出されたアルコール分の多さから、当局は供述の信憑性を慎重に捜査している。

    そんななか、誰もが疑問に思うのは「なぜタクシーを使わなかったのか?」だ。
    関係者によると、吉澤容疑者は事件当日の午前9時半から東京・練馬区の芸能イベントに出演予定。
    会場入りは午前8時だったが、その前に事務所関係者と午前7時に練馬の飲食店で打ち合わせ予定だったという。
    「ところが起きた時にはすでに午前7時だった。
    それで慌てて家を飛び出したが、おそらく本人は『タクシーを使うよりも自分で運転した方が早い』と考えたのだろう」とはスポーツ紙記者。
    吉澤の所属事務所がタレントの安易なタクシー利用を禁じ、経費申請させないことも裏目に出たのかもしれない。

    同容疑者は昨年9月に反対車線を直進してきた車と衝突する事故を起こしている。
    「スピード狂で運転が荒い」(業界関係者)と評判だったが、誰も注意しなかったのか…。

    「別の仕事現場でも酒のニオイをプンプンさせて来ることがあったそうだ。
    当局は前日の酒が残っているのに、何の躊躇もなく自分で車を運転した様子を見て、彼女が飲酒運転の常習だと確信。
    取調べでも追及しているそうだが、彼女は都合の悪い質問には黙り込み、そのうち泣いてしまうそうだ。
    捜査員の1人は『なかなか厄介だ』とこぼしていた」(社会部記者)

    “完オチ”しない限り、拘留は長期に及ぶ。
    起訴後の裁判では吉澤容疑者の異様な酒グセが白日のもとにさらされるだろう。
    この手の事件で同情は禁物。
    所属事務所との付き合いもあるだろうが、マスコミは厳しい姿勢で臨まなければならない――。

    http://dailynewsonline.jp/article/1520564/


    所長見解:心象が・・・

    【【取調中】吉澤ひとみ容疑者「都合の悪い質問には黙る」←これwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ