ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    犯罪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)の第3回公判が23日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役5年を求刑した。

    新井被告は最終意見陳述で色をなして女性の主張に反論。

    改めて無罪を訴え結審した。

    判決は12月2日に言い渡される


    p

     
    計3回に及ぶ審理の最後の最後に初めて感情をむき出しにした。

    滝岡俊文裁判長に「最後に言いたいことは?」と求められた新井被告は「一つだけ思ったことを言います」と、怒気を帯びた声で訴え始めた。

     
    反論したのは、被害女性がこの日、文書で地裁に提出した意見陳述書の一部。

    事件当時の状況を「(新井被告に)何をされるか分からなくて思考停止し、抵抗できなかった」とする記述に対し「今まで裁判でずっと“抵抗した”と言ってきたのに、陳述書で“抵抗できなかった”に変わっているのはおかしい」と声を荒らげた。

     
    先月26日の被告人質問では「私」のことを「うち」と言って語気をやや強めるシーンはあったが、全体を通じて淡々とした答弁が印象的だった。

    この日は対照的に、女性の意見陳述書が読まれている間に顔をしかめたり、ため息をつくなど、言葉だけでなく感情を幾度も表に出した。

    示談の可能性が消えたこともその変化に影響したとみられる。

    新井被告は事件後に1000万円、起訴直前に2000万円で示談を求め、いずれも拒否された。

    女性は意見陳述書で「裁判で反省する姿を見てからでも(示談は)遅くはないと思っていた。
    しかし心の底からの謝罪がなかった。
    正当かつ厳しい処罰が下ることを望んでいる」と、裁判中に示談に応じる構えがあったが、それを取りやめたことを主張。

    新井被告としては示談の望みが断たれただけに、最後の最後になって無罪を強硬に主張したとみられる。

     
    検察側は論告で「(事件現場の)部屋は暗く、体格差もあり、物理的心理的に拒絶は困難だった」と指摘。

    「身勝手かつ自己中心的で、不合理な主張に終始している」として懲役5年を求刑。

    弁護側は、新井被告が女性の抵抗を著しく困難にする暴行はしておらず「罪に問われる要件は満たしていない」と改めて無罪を主張した。

     
    《実刑判決の確率8割》
    元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「強制性交罪の量刑は5年以上の有期懲役。
    示談成立など、よほどの情状酌量がなければほぼ実刑判決が下る」と指摘。
    被害女性が意見陳述書で示談に応じる構えがないことを訴えており「実刑判決の確率は8割」との見方を示した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000097-spnannex-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191024-00000097-spnannex-000-2-view.jpg

    所長見解:あかんな・・・

    【【暴行事件】新井浩文被告ブチ切れ反論「一つだけ思ったことを言います」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!


    t


    徳井の会社の申告漏れについて、大澤孝征弁護士は「税務調査は原則、過去5年をさかのぼるが、悪質な場合は過去7年までさかのぼる。

    意図的なものだと認定して重加算税を課したのではないか」と指摘。

    個人的な洋服代や旅行費などが経費として計上されていたことを国税局が問題視したことには「会社の目的の範囲にならないため」と説明。

    また、申告漏れが1億円を超えているため、「納めさせて終わりにすることもあるが、国税局が告発するかどうか。
    検察と協議することになるのでは」と話した。


    https://www.sanspo.com/geino/news/20191024/sca19102405040003-n1.html


    類似事例
    「青汁王子」に有罪判決 1・8億円脱税、東京地裁
    https://www.sankei.com/affairs/news/190905/afr1909050037-n1.html

    1億2000万円脱税疑い 
    不動産会社実質経営者を逮捕 
    東京地検特捜部
    2019年10月23日、産経新聞

    同じ額で、逮捕されてる。
    額が1億越えると刑事事件に発展する可能性高いらしい。
    検察が動いたら徳井もやばいと思うよ

    所長見解:そうやな・・・


    【【脱税】チュートリアル・徳井氏、逮捕説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ・物証がなく捜査が難航している茨城県の一家殺傷事件について東スポが報じた

    ・地元関係者によると、事件を担当する捜査1課に焦っている様子はないという

    ・不審者情報などから、ある程度犯人は絞られてきているという情報もあるそう


    迷宮入りもウワサされる“茨城一家殺傷事件”で、新事実が明らかになった。


    j

     
    同県境町の民家2階で会社員の小林光則さん(48)と、妻でパート従業員の美和さん(50)が何者かに殺害され、子供2人も重軽傷を負ったこの事件。

    唯一、無傷だったのは1階で寝ていた大学3年の長女(21)だ。

    「長女は事件のショックが大きく、しばらく事情を聴くこともできなかった。
    長女には女性の捜査員が付き『大変だったね』などと声を掛けるところから始めた。
    その様子を見る限り、彼女が事件に関わっているとは到底思えない」(関係者)

     
    2日、長女がようやく事件について「2階で喧嘩のような言い争う声が聞こえた」「怖くて動けず、部屋から出られなかった」などと話していることが分かった。

    「長女の交際相手の男性も捜査線上に浮上していたが、1週間ほど前にシロと結論付けられた。
    遺体の損傷が激しいのは父親の光則さん。
    当局は光則さんに対する怨恨の線が濃厚とみて、トラブルの有無を調べている」(前出関係者)

     
    110番通報があったのは、9月23日午前0時40分ごろ。

    現場が“ポツンと一軒家”なことに加え、指紋やDNAなどの決定的な物証もなく、捜査は難航している。

    だが、地元関係者は「事件を担当する県警捜査1課は焦っている様子はなく、どこか余裕を感じるんですよね」と語る。

    実は犯人の目星はついているのか。

    「事件の数日前から、中肉中背のマスク姿の不審者が近所で目撃されていた。
    当局は付近の防犯カメラの数日間分の映像を解析して、同じ車が何度も往来していないか調べている。
    ある程度、(犯人は)絞られてきているという情報もある」(同)

     
    劇的に事態が動くこともあり得そうだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17176847/

    所長見解:逮捕せよ・・・
    【【茨城一家殺傷】捜査1課は犯人に目星をつけてるってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    山梨小1女児不明…TBS「グッとラック!」で元大阪府警刑事が「連れ去られた事件の可能性が非常に高くなってきた」

    4日放送のTBS系朝の情報番組「グッとラック!」(月~金曜・前8時)で山梨県道志村のキャンプ場で千葉県成田市の小学1年生・小倉美咲さん(7)が行方不明となってから14日目を迎えたことを特集した。


    f

     
    番組では現場のキャンプ場を元大阪府警刑事の中島正純氏が検証。

    中島氏は「連れ去られた事件の可能性が非常に高くなってきました」と話した。

    その理由としてこれまで警察、消防など「1000人以上の方が捜索にあたっていますから、それで何も女の子の痕跡がない」と指摘。

    さらに「キャンプ場なのでいろいろな方がキャンプに来ます。
    なので他府県のナンバーが止まっていても不自然じゃない。
    いろいろな方が来られるので不審者かどうかも分からない。
    ということになれば連れ去ろうと思えば簡単に連れ去れる場所」と話した。

    その上で「今警察はこの下の国道沿いの防犯カメラを回収して解析するようです。
    となれば警察は連れ去りの可能性があるとして捜査している」と分析していた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00000055-sph-soci 



    所長見解:見つけたってや・・・

    【【悲報】山梨キャンプ場不明女児「誘拐の可能性が高くなってきた」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「お互いに恋愛感情…」 

    小6男児とわいせつ行為の23歳女に執行猶予付き判決 高松地方裁判所

    t


    当時小学6年生の男子児童とわいせつな行為などをした女に、高松地方裁判所は執行猶予付きの判決を言い渡しました。

     
    判決によると、女は今年1月高松市の自宅で13歳未満と知りながら、当時小学6年の男子児童とわいせつな行為をしました。

    また、去年12月には男子児童との性的な写真をスマートフォンで撮影しました。
     
    2人は、去年9月にスマートフォンのオンラインゲームを通じて知り合ったということです。


    4日の判決公判で高松地裁の三上孝浩裁判長は、「判断能力や性的知識が乏しいことにつけ込んで犯行に及んだことは悪質」と指摘しました。
     

    一方、「女と男子児童が『将来は結婚したい』旨のやりとりをするなど、お互いに恋愛感情を有していた。
    今後一切連絡しないなどの示談が成立している」として懲役5年の求刑に対して、懲役3年執行猶予5年の判決を言い渡しました。


    http://www.ksb.co.jp/newsweb/index/14689

    所長見解:ゲームやるか・・・


    【【事件】小6男児と交際の23歳女「お互いに恋愛感情…」←これ・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ