炎上

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    トイレットペーパーデマを広めたツイカス、アカウントを削除し逃亡

     
    草 

    no title

    no title


    https://twitter.com/jbot26830444/status/1233391664787415046



    所長見解:そらな・・・
    【【悲報】トイレットペーパーデマ男、アカウントを削除し逃亡の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    これはダメでしょ

    no title

    所長見解:切り取るよね・・・

    【【悲報】麻生太郎さん辞任させられそう説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いコンビ、次長課長の河本準一(44)が、政府のイベント自粛要請に「なんで、こっち任せなん?」と疑問を呈した。


    河本は26日、ブログを更新。

    安倍晋三首相が新型コロナウイルス感染症対策本部会合で「多数の方が集まる全国的なスポーツや文化イベントについて、今後2週間は中止や延期、規模縮小の対応を要請する」と表明したことについて、「どれぐらいの規模の事を言うてんの? 結果やってええの? あかんの? なんで、こっち任せなん? 大丈夫なん?」と困惑を示した。

    k


    また、社内感染を防ぐために従業員の出社を禁じる企業は増えてきたが、河本は「人生の中で15日休む事がそんなに嫌なの? 人生の中でたった15日ストップする事がそんな嫌なの?在宅勤務でも全く問題なく出来る企業あるでしょ? 何故? もっとしないの?」と、多くの企業が在宅勤務等に切り替えていないことに疑問を呈し、「自分は移らないから大丈夫ですよ。が、ダメなんですよ。後手後手踏まない事を祈りますわ。ほんまに」(原文ママ)と
    警鐘を鳴らした。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-22270158-nksports-ent

    所長見解:また・・・

    【【コロナ対策】河本準一さん「こっち任せ?」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    「大阪で原因不明肺炎が…」物議を醸したジャーナリストのツイート削除

    大阪で原因不明肺炎が7000件も出ている」とSNSで述べたジャーナリスト
    投稿は物議を醸し、ネット掲示板に複数のスレッドが立つ事態となった
    ジャーナリストは投稿の翌日、「誤解している人がいる」と原文を削除した。 

    https://news.livedoor.com/article/detail/17864265/ 



    伊藤 隼也(いとう しゅんや)はフリーランスカメラマン出身の医療ジャーナリストである。東京都出身。
    1994年に自身の父親を亡くした事をきっかけに医療問題に深い関心を持ち、2000年から医療ジャーナリストとして活動を開始した。
    2003年から、約10年に渡ってフジテレビ 『情報プレゼンター とくダネ!』にて、取材・出演・監修を務める。

    https://twitter.com/itoshunya?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor 

    所長見解:そらあかんやろ・・・

    【【話題】東京の医療ジャーナリストさん「大阪で7000人の原因不明肺炎が」→ 速攻削除して逃亡wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    d


    高須克弥@katsuyatakasu


    岩田先生、先生の動画は削除しても意味がありません。

    すでに増殖し続けております。

    リスクをとって信念を貫く人は全て僕の仲間です。

    信念を曲げないでください。

    https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1230272334092619776 

    所長見解:消したんや・・・

    【【新型コロナウイルス】高須院長「岩田先生、動画は削除しても意味がありません。すでに増殖し続けております。信念を曲げないでください」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ