ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    激怒

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    番組、直撃LIVE グッディ!

    木村太郎
    「桜の会の問題、何が違法性があるのか?
    資格のない者を呼んだ財政法違反だ、基本的な根っこにある話
    東京地検特捜部に告発すりゃいい、こんなもんは議員がやるこっちゃないですよ。」


    「もっとやってもらいたい話はある。それやらないで審議拒否とかやる前に、日米貿易協定の話やってください。」


    「衆議院でたった17時間しか議論してない、参議院になったらやるかやらないか、わからない。
    これだけ問題がある日米協定それでいいんですか?
    あとで、審議しないであれは反対でしたと言っても、野党の存在意義ないですよ。
    (桜の会の問題は)議会のやることじゃないですよ、こんなもん。」


    「普通、貿易協定の話は5、60時間やるもんなんですよ、17時間しかやってない
    自民が単独審議で通してしまう、こんな馬鹿な話ないですよ。」


    k


    共同通信・柿崎

    「問題がったら司直の手に委ねるのは議員の使命を放棄してると思いますけど、本当のこと言ってるかどうかは根本的なとこなので、嘘をつかれると、他の審議しても隠すってことに、、」


    安藤優子

    「審議拒否しないで、この話を同時に進めるっていうのはどうですかね」

    「気持ちとしておさまらない、桜の会の問題は税金使ってやってる本当なら絶対的に許されない」


    直撃LIVE グッディ!
    https://www.youtube.com/watch?v=7X5KYfHb8Jc#t=89m31s 

    所長見解:まあね・・・
    【【桜を見る会問題】木村太郎が野党に激怒「審議拒否やる前に日米協定の話やって。桜見る会問題は議会のやることじゃない、こんなもん」 ←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「同盟国の証拠を見せろ」トランプ政権、韓国に「5大要求」突き付け! 

    米当局関係者「裏切るなら、米国は容赦しない」

    t

     
    ドナルド・トランプ米政権が怒りに震えている。

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、再三の警告にも関わらず、「米韓同盟の否定」に等しい日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定を撤回しないからだ。

    米国防総省や米軍の幹部は今週にも、23日午前0時の失効期限前に訪韓するが、事実上、
    レッドチーム入りしている文政権は「米韓同盟とは関係ない」(韓国大統領府の鄭義溶=チョン・ウィヨン=国家安保室長)などとトボけている。

    トランプ政権は「同盟国の証拠」を見せよと、別の「5大要求」を突き付けた。

     
    「トランプ大統領はブチ切れ状態だ。
    文大統領率いる韓国を『同盟国で最低』『恩知らず』などと罵(ののし)っている。
    トランプ政権は、文氏側に『米国を裏切るのか。答えろ』と最後通告を突きつけている。
    裏切るなら、米国は容赦しない」

    旧知の米情報当局関係者は、こう語った。

    米国が主導したGSOMIAは、日韓が対中国、対北朝鮮、対ロシアで手を結ぶ「東アジアの安全保障戦略の要」だ。

    これを破棄することは、「米韓同盟の否定」「中国率いるレッドチーム入り」に他ならない。

    ところが、韓国は今年8月、米国の警告を無視して、破棄を決定した。

     
    防衛省関係者は「米国は一貫して『破棄の撤回』を求めている。
    文政権は『すべて日本が悪い』と言い訳をしているが、完全にウソだ。
    GSOMIA破棄は、北朝鮮が以前から要求していた。
    中国も破棄に賛成している。
    つまり、文政権は中国陣営入りして、北朝鮮との南北統一を果たす『赤色革命』を本気で考えていたことがバレた。
    米国は、文政権を100%信じていない」といった。


    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191112/for1911120002-n1.html

    所長見解:もうしらんで・・・


    【【これはヤバい】激おこトランプ大統領さん、韓国に5大要求突き付けた模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    作家・室井佑月氏は「表現の不自由展」の補助金不交付の理由がはっきりしないと指摘する。


    m

     
    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の展示が10月8日、再開された。

    しかし、補助金不交付についてはそのままだ。誰もが納得するような説明もない。

     
    萩生田光一文部科学相は9月27日の閣議後会見で、その理由について、「本来、(主催者の県が)予見して準備をするべきことをしていなかった」といってた。

     
    悪いのは文化庁じゃない? 
    じゃ誰の判断なんだよ。
    ニュースを知っている人で、なにが問題視されたのか、わからない人なんていまい。

     
    不自由展では、慰安婦を表現した少女像や、昭和天皇の肖像を燃やすような映像の展示に批判や抗議が殺到した。

    会場にガソリンを持っていくなどの、犯罪予告もあった。

    そして、いったん中止となった。

    が、文化庁がこの話の流れに乗るわけにはいかない。

    それではテロの脅迫に屈したということになってしまう。

    2020年には東京五輪も控えている。

    では、なにが問題なのか? 

    それは意外にも、10月9日に放送された「グッとラック!」(TBS系)の司会、立川志らく氏がはっきりいっていた。

    「萩生田さんでしたっけ? 手続きの問題で交付金を出さない、と。
    あれはちょっと卑怯(ひきょう)だと思ったんですよね。
    はっきり言えばいいと。
    自民党なりの国の考えを」

     
    あたしは彼と考えが真逆であるが、この一点だけは一致する。

     
    安倍晋三首相とその応援団は、日本が犯した負の歴史を認めようとしない。

    教科書からその部分を抜かせという者もいるし、教育勅語を現代の教育に生かせという者もいる。

     
    皇室がそんなこと望んでいるか? 

    上皇さまは平和と、象徴としてのお立場を、最後まで大事にされた方である。

     
    不自由展の補助金不交付の理由をはっきりいえないのは、世の中の反発を恐れてだ。

    歴史修正主義は世界中から白い目で見られるし、皇室の政治利用を指摘されるのもまずいだろう。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191023-00000004-sasahi-soci

    所長見解:なんやろね・・・

    【【恒例行事】室井佑月さん「はっきりいったら?」 ←これwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    志らくさん、ブチギレwww


    no title

    所長見解:いつもやん・・・

    【【激怒】落語家・志らくさん、ブチギレの理由・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の広報活動に取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は25日、ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で旭日旗がさまざまな場面で使われているとして、W杯を主催する国際統括団体に抗議する考えを示した。


    r

     
    徐教授はネットユーザーから情報提供を受けたとしながら、「チームパック」のチケットに旭日旗の文様が巧妙にデザインされ、開会式では競技場で旭日旗が描かれた鉢巻きを巻いて応援する観衆の姿が見られたと説明した。

     
    また、旭日旗があしらわれたラグビーW杯の広報物も東京のあちこちで配られていたという。

     
    今回のラグビーW杯は東京など日本の12都市で11月2日まで開かれる。

     
    日本だけでなく、本選に進出した国でも旭日旗を使った映像や案内板などが確認された。

     
    アイルランドの通信社が配信したラグビーW杯の応援映像で旭日旗が使用されているほか、英国のパブは店頭の案内看板で旭日旗を使っていた。

     
    徐教授は「こうした状況に対してラグビーW杯を主催するワールドラグビーに抗議する予定だ」とし、「世界で幅広く使用されている旭日旗をなくすため、さらに積極的な広報を行う」と述べた。 

     
    旭日旗は旧日本軍で使われ、韓国では侵略戦争や軍国主義の象徴とされ、「戦犯旗」とも呼ばれる。


    聯合ニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17133743/

    所長見解:出てないやん・・・
    【【激怒】ラグビーW杯で旭日旗を使用した結果www 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ