激怒

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの小島瑠璃子(24)が、メインキャスターをつとめる1日放送のTBS系「サタデープラス」(土曜・前8時)に生出演。

    お笑いタレント・キンタロー。(37)のものまねに自身の思いを明かした。

    キンタロー。が11月24日放送のフジテレビ系「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」で「たぶん嘘をついている時は目を見開く小島瑠璃子」というネタを披露した。

    no title


    これを受けて小島がツイッターで「キンタロー。さんのモノマネ遅れてみた。
    なんてこった!似てる!!見た目が!!他はほんと風評被害。
    私がモノマネしていいですよって言ったのそのネタじゃないですよ!キンタロー。さん!!。
    まぁ、名誉なことかぁ。モノマネしてもらえるって。でもちがーう!」としていた。


    この日の番組にキンタロー。がVTR出演し、改めて小島のものまねを披露。

    小島はこれに「全然怒ってないですよ」と目を見開いてリアクションした。

    その上で「公認してない。全然認めてない」とし「そもそも目を見開く時っていうのは、人間誰しも驚く時じゃないですか。
    だから私がこれからビックリしたリアクションすると、全部、嘘だろって言われちゃうようになっちゃうわけじゃないですか」と訴え、「芸能人生でとんでもないものを背負わされたわけですよ」と笑顔交じりで自身の思いを告白していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15675228/


    所長見解:うまいな・・・

    【【こじるり激怒】小島瑠璃子、キンタロー。のモノマネに「全然認めてない。芸能人生でとんでもないものを背負わされた」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    激震は止まらない。
    日本テレビ系の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」のラオスロケで発覚した“やらせ疑惑”をめぐり、メーンMCのお笑いタレント、内村光良(54)が激高しているというのだ。
    このままだと、番組降板どころか、日テレと絶縁すらしかねない事態だという。

    q


    タレント、宮川大輔(46)が出演する人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のコーナーで起きた“やらせ疑惑”。
    ラオスの「橋祭り」は番組が作った架空の祭りだったと「週刊文春」が報じたのだ。

    これに対し、日本テレビは8日、情報・制作局長名でコメントを出し、「企画は現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はない」とやらせ疑惑を否定した。

    しかし民放関係者は「報道で今回の“やらせ疑惑”を知った内村さんは、宮川が週刊誌記者の直撃取材を受けるなどの影響が出ていることもあり、かなり怒っているといいます。
    愛想をつかして降板の可能性も取り沙汰されています」とささやく。

    「バラエティーとはいえ、“やらせ疑惑”はスポンサーや出演者のイメージダウンにもつながりかねない。
    各局にMCレギュラーを持ち、CMも増えている内村さんにとっては、迷惑な話でしょう」というのだ。

    内村は、昨年のNHK紅白歌合戦で総合司会を務めるなど、国民的な人気を得ているとされる。
    現在、日テレだけでも「イッテQ」に加え「スクール革命!」や「THE突破ファイル」と3本のレギュラーを抱えているが、いまや内村は各局から引く手あまたの状況となっている。

    「日テレ以外の局は、次のレギュラー出演をめぐって順番待ちの状況です。
    かつて局アナだった徳永有美アナとの不倫騒動で出禁になっているというテレビ朝日ですら、その人気を無視できなくなっている。
    徳永アナを『報道ステーション』にキャスターとして復帰させたのも、夫である内村を取り込もうという狙いがあるからです」とスポーツ紙記者。

    そしてこう続ける。

    「内村が『イッテQ』を降板するとなると、影響はそれだけではとどまらず、日テレの番組すべてを降りることになるでしょう。
    つまりは絶縁状態になります。
    それでも、他の局からオファーは絶えませんから、内村サイドとしてはそんなに痛くはないわけです」

    “視聴率男”の去就はテレビ業界の勢力図すら大きく変えかねない。

    http://www.zakzak.co.jp/ent/news/181110/ent1811109149-n1.html


    所長見解:知ってたでしょ・・・

    【【ヤラセQ】 内村光良が激怒問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    関ジャニ∞の大倉忠義(33)が8日、携帯専用サイト「Johnny’s web」内のブログを更新し、一部ファンの過剰な行為に苦言を呈した。

    k


    大倉は「賛否あるだろう事をわかった上で書かせていただきます」と前置きした上で胸の内にとどめていた思いを吐き出した。
    番組観覧の募集をしている収録の場合に駅や空港に女性がいるが、一部ファンが執拗に追いかけ、一般人に体当たりをするほか、カバンの中に物を入れるなどルールを守らない人がいると告白。
    「身勝手な行動が精神的に辛いです。このまま耐え続けられるのだろうか」と苦しい胸の内を赤裸々に書き綴った。

    さらには、プライベートで友人と食事をしている際に駅などにいつもいるファンが横のテーブルにいることもあり、「ストーカー行為ではないのか」と苦言を呈した。
    これまでは「無視することが最大の抵抗」と考えていたが、「もう、ストレス以外のなにものでもない」と書くことを決め、「原因不明の病気がストレスのせいだと言われたりもする。寿命が縮まっているのではないかとも感じる」と告白した。

    大阪の番組収録に行くことが「憂鬱」と感じながらも、待っているファンのために前を向いて一歩を踏み出している。
    「ルールを守って会いに来てくれるファンの子に申し訳ないし、失礼なのではないのだろうか」と規律を守って応援してくれるファンの気持ちも思いやっている。

    最後は「普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ」と悲痛なコメントで結んでいた。

    ジャニーズ事務所はこれまでにもファンのマナーについて公式サイトで注意を促してきた。最近では、9月28日に公式サイトを更新し、King&Princeの宮城公演のメンバー移動の際にJR仙台駅で一部ファンによる重大なマナー違反行為があり、新幹線の発車を遅延させてしまったことを報告した。
    駅員の注意を無視する過剰な付きまとい行為、車内でタレントの車両の前後のデッキに留まり、一般客の通行を妨げる行為などがあった。

    「今後の公演が開催できなくなる事態が現実化する極めて深刻な状態」と告げ、「過剰な付きまとい行為、迷惑行為は絶対におやめください」と再三、注意を呼びかけていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000143-dal-ent


    所長見解:焼くか・・・

    【【貴族】関ジャニ・大倉忠義、ファンに激怒した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月19日に配信された「週刊女性PRIME」が、8月に公開された木村拓哉主演の映画「検察側の罪人」公開後に起きたトラブルについて報じた。
    木村は囲み取材の際、記者に嫌悪感を露わにしていたという。

    「記事によると、9月に行われた映画の囲み取材で、ある記者が『いつかはKoki,さんと共演したいですか?』と聞いたそうなんです。
    すると木村は『なんでこの場でそんな質問するんですか!!』と返し、その場は一気に険悪な雰囲気になったとのこと。やはり木村への家族の質問はタブーのようです」(芸能記者)

    k


    だが木村といえば、8月に情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に出演した際、MCの宮根誠司から「娘さん、デビューしちゃったじゃないですか」と尋ねられると、
    「彼女がやってみたいって言ってることはその背中を押すしかない」とKoki,への気持ちを明かし話題となった。
    そのため木村への家族に関する質問は、NGではないとの認識がマスコミに広がったようだが、「ミヤネ屋」は特例だった可能性があるという。

    「基本的にジャニーズは、既婚者であっても結婚生活の話題はNGだと言われています。
    一部では、Koki,を取り上げる際、木村の名前や写真は絶対に出すなとの通達がジャニーズから出ているという報道もあった。
    その一方、木村と宮根は、プライベートで一緒にゴルフに行くほど親交が深い。
    そんな関係性もあって、宮根の前では特別に娘のエピソードを披露した可能性があります」(前出・芸能記者)

    来年1月には、話題の映画「マスカレード・ホテル」が公開される木村。
    その会見でも家族の話題が出るようなことがあれば、再び声を荒らげる事態となるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1547094/


    所長見解:キレるの・・・

    【【激怒】木村拓哉が娘Kokiの質問にブチギレの件。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所に入所して31年の大ベテラン、木村拓哉。
    16年の大みそかにSMAPは解散したが、木村については翌17年から年1ペースで主演映画が封切られており、仕事は好調だ。
    17年は「無限の住人」、今年は嵐・二宮和也との初W主演作「検察側の罪人」が公開。
    19年1月18日には、刑事役を初めて演じる「マスカレード・ホテル」が控える。

    k


    今では日本アカデミー賞受賞俳優の後輩、V6・岡田准一や二宮と肩を並べる銀幕スターだが、10代のころはジャニー喜多川社長からしょっちゅう怒られていたという。

    ジャニーズ事情に詳しいアイドル誌の記者に話を聞いた。

    「あの当時、木村に対するジャニーさんの口癖は、『YOU、むちゃくちゃだよ! 信じられない!』でした。

    91年にSMAPがデビューしてからの数年は、ジャニーさんも必死だったため、灰皿を飛ばして怒鳴ることも当たり前。
    そのころでしょうか、木村が勝手に髪を染めてくると、頭を押さえつけて黒いスプレーを吹き付けたこともあるそうです」

    当時、責任感がなさすぎた木村を叱りつけたのは、ジャニー社長だけではなかった。
    ジャニーズJr.のあいだでは「鬼コーチ」と呼ばれていたダンスレッスンのインストラクターも、キムタクを怒鳴りつけている。

    「その日は『NHK紅白歌合戦』のリハ。
    水をガブガブ飲むわけにいかないと思った木村は、ガムを噛んで喉の渇きをまぎらわそうとしたそうです。
    彼にとってはそれが最善策だったんですが、10代の少年がガムを噛む姿は行儀が悪い。
    ダンスの先生は『おい、ヤル気ないんだったら帰れ!』と怒鳴った。
    それを木村は“これは帰るパターンだ”と解釈して、ホントに帰っちゃったんです。
    そのときもやっぱりジャニーさんは、『YOU、むちゃくちゃだよ!』と嘆いたとか」(前出・アイドル誌記者)

    ジャニー社長も頭を抱えた、10代の木村のはっちゃけぶり。
    そんな木村がタレントとしての自覚を抱くようになったのは、バレエ専門ショップの「チャコット」で初めてダンスシューズを買ったときだという。

    出来の悪い子ほどかわいいというが、ジャニー社長にとってSMAPは“我が子”だったに違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1545471/


    所長見解:そうなんだ・・・

    【【キムタク】ジャニー社長も激怒した、木村拓哉の不良時代がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ