激太り

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title



    no title


    所長見解:なかなか・・・

    【【閲覧注意】GLAY・TERU(47)さんの今・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    インスタグラムに、〈みんな元気でね! ばいばーい!〉と華原朋美(44)が投稿したのは今年7月。
    SNSも閉鎖し、完全に表舞台から姿を消した。
    早い話、いまは一切、活動していない状態だ。
    なのに、12月にディナーショーが入っている。大丈夫なの? 

    k


    テレビの露出が少なかろうと、値段が高かろうと構わない。
    聖子ちゃんや郷ひろみ、演歌の大御所といった面々のディナーショーは、すぐに満員御礼となる。
    が、華原朋美のディナーショーはちっとも売れていない。

    「このまま引退かと思われている彼女の“復活のステージ”になるはずなんですけど……」

    と、さる芸能プロダクションの関係者が呟く。

    「12月11日、東京は目白の椿山荘で開かれる、『華原朋美クリスマスディナーショー2018』が売れていないんです。
    チケット予約は9月15日に始まっているのに、まだ半分も席が埋まっていないようでして」

    料金は3万2千円。
    参考までに、同じ会場で近い日どりのディナーショーを挙げると、氷川きよしと秋川雅史が4万円、稲垣潤一は3万4千円、松崎しげる3万3千円となっている。
    ベテラン勢に並ぶ華原朋美の値段がべらぼうかどうかは措くとしても、気になるのは、彼女のコンディションである。
    活動休止状態なのに、ステージをこなせるのだろうか。


    キャンセルなら違約金

    芸能プロ関係者は、こうも明かす。

    「彼女はSNSを閉じて以来、かなり太っちゃって顔もパンパンです。
    それもこれも、自堕落な生活が原因。
    外出といえば、昼過ぎに犬の散歩をすることと、家の近くの大通りで流しのタクシーを拾ってパチンコ屋に行くぐらいなんです」

    なぜそんな暮らしぶりかというと、

    「発端は『フライデー』です。
    インスタ投稿の10日ほど前の号で、大手不動産会社の飯田グループホールディングス会長との逢瀬を撮られました。
    華原が過去に出ていた番組やコンサートのスポンサーが飯田グループだったことで、業界からの印象も悪くなった。
    華原は、所属事務所からこっぴどく怒られ、SNS閉鎖へとつながったのです」

    そして8月。
    女性誌の直撃取材に応じた華原は、事務所との軋轢を認めて“引退を考えています”とコメント。
    このときには、体重増加もだいぶ進んでいた。

    別の芸能プロ関係者の話。

    「華原さんはいま、とてもじゃないけれど歌える状態ではありません。
    クリスマスディナーショーも、所属事務所が1年前から会場を押さえていたから開催の方向で進んでいるだけ。
    ディナーショーをキャンセルするなら違約金を払ってもらうと事務所から言われ、彼女も渋々やると言っているようですが、開催されるなら、ぶっつけ本番に近い形になるでしょうね」

    実際のところはどうなのか。
    所属事務所に訊ねると、引退を否定したうえで、

    「お互いの意見を話し合い、信頼関係をもって仕事をしております。
    今年も例年通り椿山荘でのディナーショーを開催させていただく予定です」

    と語る。華原の親族は、

    「これまでもいろいろあって、引退かも、となったこともありました。
    でも、そうはならなかったので、今回も大丈夫だと思っていますよ。
    ディナーショーも、あるのは知っていますが仕事の話は分かりません」

    ディナーショーまであとひと月少々。
    体重と体調は、間に合うか。
    当人はパチンコ屋で沈思黙考、悩んでいる最中かもしれない。


    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181113-00551477-shincho-ent


    所長見解:またか・・・

    【【これは太い】華原朋美の現在がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    便利な場所柄、芸能人を見かけることも多い目黒区内のドン・キホーテ。
    10月のとある夜、ここでキャップを目深にかぶったカップルに遭遇した。
    『GLAY』のTERU(47)と『PUFFY』の大貫亜美(45)夫妻だ。
    すっかり大きくなった一人娘も一緒である。
    芸能人出没エリアとはいえ、この夫婦が驚安の殿堂でお買い物とは、少々意外だ。

    40代半ばだというのに、デビュー当時と変わらない引き締まった小顔が印象的な亜美。
    一方のTERUは、革ジャンではなくトレーナー、細身ではなくゆったりしたパンツ、手にはビニール傘、とロックミュージシャンらしからぬ装いだ。

    買い物を終えた一家は、大きな買い物袋を手に駐車場へ。
    かつて日本の音楽シーンを席捲し、驚異的なCDセールスを誇った夫婦の買い物風景は、驚くほど庶民的なのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00010000-friday-ent

    no title


    所長見解:太ったね・・・

    【【激太り】 「GLAY」TERUと「PUFFY」大貫亜美夫婦の現在がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title

    no title


    所長見解:どうした・・・
     
    【【悲報】橋本環奈さんの現況・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ぽっちゃりした芸能人たちが見違えるように引き締まった体になる、劇的な“ビフォー・アフター”のCMでお馴染みの、RIZAPグループ。
    6月24日の株主総会は前カルビー会長の松本晃氏が取締役に選任(後の取締役会で代表権を持つ最高執行責任者(COO)に就任)されるなど、活気に満ちていた。

    なかでも一番盛り上がったのが、質疑応答の際に、株主からCMに言及があった時だ。
    「出演していたタレントがリバウンドしているのではないか」という“忖度ゼロ”の質問が飛び出したのである。

    「瀬戸健社長はあっさりと『一般会員のリバウンド率は7%。タレントさんはそれよりも高い』と認め、嘆いていた。その後、対策プログラムの紹介をしていました」(出席した株主)

    実際に、ネット上では「リバウンドした芸能人」が話題になっている。

    お笑いコンビ・キャイ~ンの天野ひろゆきは、15キロの減量に成功。
    ウエストも108センチから75.9センチにまで縮まったが、最近は元のふっくらした姿に戻ってきたともっぱら。
    所属事務所の浅井企画に聞くと、取材は拒否しつつも「お察しいただければと思います」と歯切れが悪い。

    経済評論家の森永卓郎氏も、2か月間の過酷な食事制限とトレーニングで20キロ減量。
    近頃は「お腹が出てきたのでは」と囁かれているが、本人は「ノーコメントです」とのことだった。

    そんななか、元プロボクサーで俳優の赤井英和は、「ビフォーが77キロ、アフターが70キロ。今朝計ったら75キロでした」と正直に“リバウンド”を告白してくれた。

    a


    こうした「芸能人リバウンド問題」をRIZAPに投げかけると、こう答えた。

    「一般の方に比べて、CMにご出演いただいたタレントのリバウンド率が高いのは事実です。
    一般の方々の80%が、中長期的な生活習慣改善のためのBMP(ボディマネジメントプログラム)にご加入いただいているのに対し、タレントの方々は2か月間のプログラムがベースでBMPもご利用いただいていませんでした。
    こうした違いが影響しているものと考えられます」(マーケティング事業本部)

    CM撮影の時だけでなく、継続して通うことが重要なのだろう。
    もっとも、前出の赤井のように、「5キロ戻ったけど、今ぐらいがちょうどいい」という人もいる。
    本人が“結果にコミット”しているなら問題ないか。


    https://www.news-postseven.com/archives/20180712_717130.html 


    所長見解:リバウンドするわな・・・

    【【あの人は今】RIZAP芸能人のリバウンドがコチラwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ