激やせ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本テレビ系朝の情報番組『スッキリ』で加藤浩次とともにMCを務める『ハリセンボン』近藤春菜が、視聴者から「痩せた?」「やつれて見える」などと心配されている。


    春菜は頭痛と腹痛を訴え、前週金曜4月24日の生放送を欠席。

    発熱やせきなどの症状はないが大事を取ったとのことで、オープニングでは水卜麻美アナウンサーからもその旨が説明された。

    春菜本人ともスタジオと電話がつながっており、「昨日の夜から頭痛がありまして、おなかも下していまして」「普段から気圧の変化や疲れでこういったことはあるんですけど…」とのコメントが。

    特段強い体調不良ではないが、時期が時期だけに「万が一を考えてお休みさせていただきます」とのことだった。


    体調が心配される春菜だったが、週が明けた27日の放送にはきっちり出演。

    また、新型コロナウイルス感染対策としてこの日からリモート出演となり、スタジオには春菜と中継を結んだ縦型のモニターが設置されていた。


    本人は“全快”をアピールも…

    加藤は中継先の春菜を気遣い、第一声で「春菜、大丈夫?」「体調どうだった? 戻ったのね?」と質問。

    春菜もニコやかに「すいません、先週はお騒がせしました」「体調はバッチリです! ご心配お掛けしました」と返答し、既に回復したことをにじませる。


    しかし「バッチリです」というコメントの一方で、春菜の頬はわずかながらにこけたような印象。

    肩幅などの身体も一回りほど小さくなったように感じられ、万全をアピールする言葉とは裏腹だ。

    これには視聴者も心配してしまったようで、ネット上には、

    《春菜ちゃん痩せたね何か。 やつれた? 体調大丈夫なの?》
    《心なしか顔が痩せた感じする》
    《まだ休ませてもらった方が良かったんじゃ》
    《まだ元気なさそうだし、少し痩せたように見えるけど気のせいかな?》
    《春菜ちゃん痩せたんでない?》

    などといった反応が見られている。


    腹痛ということで、ここ数日はあまり食事を取れていなかったのだろうか。


    http://dailynewsonline.jp/article/2311820/


    no title


    所長見解:誰やねん・・・
    【【これはヤバい】近藤春菜さん、コロナ疑惑で激やせ姿がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント・映画コメンテーターのLiLiCOさんが2020年3月8日に更新したブログに登場した、俳優の佐藤浩市さん(59)の姿がネットユーザーの間で話題だ。


    ■映画PRのため登場したが...

    「4年ぶりに会えた 結婚祝いの言葉までいただき、そして深く映画の話をしてくれた佐藤浩市さん」と喜ぶLiLiCOさんがアップしたのは、映画「Fukushima 50」のパネルを背にして佐藤さんとLiLiCOさんが写る2ショット。

    満面の笑みを浮かべるLiLiCOさんが印象的な1枚だが、一方、佐藤さんに目を向けてみると、その姿は以前と比べ、かなり痩せているように見える。

     
    写真の中の佐藤さんはスーツ姿だが、そのスーツの袖には多数のシワが形成されており、十分すぎる余裕があることがありありと分かる様子。

    顔に目をやると、頬がこけているように見え、「逆三角形」とでも言える雰囲気を醸し出している。

    佐藤さんについてLiLiCOさんは、「わたしの突然の腕にソフトタッチに照れ顔かな? そんなことないかっ なんだかとっても可愛い」と、会えたことの喜びをつづっている。

     
    LiLiCOさんのブログはコメント欄が閉鎖されているが、それでも、ブログを見たネットユーザーからは、「佐藤浩市さん、痩せた...?」といった驚きの声が続々。

    「佐藤浩市さんすごく痩せたなぁ ただ役作りでありますように」と、役作りではないかとの声も上がっている。


    s



    「役作り?」「息が止まる」

    このほか、7日には「王様のブランチ」(TBS)で、LiLiCOさんが佐藤さんに「Fukushima 50」についてのインタビューを行う様子が放送されたが、この時も、視聴者から「佐藤浩市さんの病的に痩せた姿に息が止まる」といった声が上がっていたほか、10日に放送された「スッキリ」のVTR中に出てきた佐藤さんについても、やはり、「佐藤浩市、役作り?すごい痩せたように見えるが」といった同様の声が。

     
    このほか、その「激やせ」の結果、「ものまねの人に似てきたなぁ」と、佐藤さんのモノマネで知られるお笑い芸人・いしいそうたろうさん(46)を連想したとの声も上がっている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000002-jct-ent

    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200310-00000002-jct-000-3-view.jpg

    所長見解:やばいやつやん・・・

    【【激やせ】俳優・佐藤浩市さん、ヤバい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手・浜崎あゆみ(41)が20日、埼玉・三郷市文化会館で、全国ツアー「サイゴノトラブル」をスタートさせた。

    年下の一般男性との間に昨年11月に第1子男児を極秘出産していたことを1月2日未明に公表後、初めてのライブ。

    花嫁のような純白ドレスでバラードを歌った際には、涙声となる場面もあった。


    子供の父親である男性とは結婚せず、シングルマザーの道を選んだ。

    出産も公表しないまま、昨年12月31日にカウントダウンライブを実施した。

    今年1月上旬からリハーサルを重ねて、この日を迎えた。


    大みそかのライブ時に比べ、アゴや顔のラインはシャープになり、腕など体つきもほっそりした印象。

    客席には幼子を抱える母親の姿もあり、「カモン!!」と会場をあおり、ダンサーを引き連れての激しいパフォーマンスも披露した。


    報道各社には文書で、「最終章初日を無事迎えることができました。
    久しぶりに訪れる街もありますし、全国各地でファンのみんなと最高の時間を過ごせることを楽しみにしています」とファンとの再会を喜ぶコメントを寄せた。


    ツアーは8月16日の沖縄まで続く。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17848524/
    デイリースポーツ


    no title

    所長見解:細いやん・・・

    【【朗報】浜崎あゆみさん、とんでもない激やせの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月上旬から杏(33)と別居中であることが報じられた東出昌大(32)。

    原因は、東出と唐田えりか(22)との2年半にわたる不倫。

    さらに杏の第3子妊娠中に関係を持っていたことも明らかとなり、批判が殺到している。


    不倫報道後は都内のマンションにひとりで暮らし、冷却期間を置いていた東出。

    だがそのマンションも離れて別の避難先を探していると報じられるなど、ますます苦境に立たされているようだ。


    「東出さんの主演ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)は、初回こそ視聴率12%と好調でした。
    しかし不倫報道翌日の第2話は、9.7%と下落。
    その後はW主演の桐谷健太さん(40)がイベントなどで視聴を訴えたことで、第3話は10.3%と持ち直しました。
    とはいえ、まだまだ予断を許さない状況です」(テレビ局関係者)


    そんななか、本誌は“雲隠れ中”の東出をついにキャッチした。

    不倫報道から2日後の1月24日。

    都内のマンションエントランスで撮影が行われた。

    東出が現場に姿を見せると、見物していた近隣住民の口から「あの東出くんが撮影しているみたいよ……」「ほら、あの背の高い人がそうだ!」といった声が聞こえてきた。


    「この日、東出が出演したのは2シーンのみ。
    撮影は約1時間で終了しました。
    報道直後ということもあって、制作側が『東出さんがほかのキャストと極力会わないですむように』と配慮していたようです」(前出・テレビ局関係者)


    テレビ局内でも、東出を守るための“超厳戒態勢”が続いていたという。

    「番組関係者は全員、スタッフパスを首から下げていました。
    通常のドラマ撮影だと、ここまで出入りを厳重に管理したりしません。
    さらにスタジオ前の廊下は常に数人のスタッフが立っていて、目を光らせていました。
    かなりピリピリした雰囲気でしたね……」(ドラマ関係者)


    1月30日、群馬県で行われたロケにも姿を見せた東出。

    しかしその姿は、以前にもまして“激やせ”しているように見えた。


    h


    「東出さんは、撮影時以外は控室にこもりっきり。
    極力、1人で過ごしているみたいです。
    たまたまドアが開いていたので楽屋の中をのぞいたところ、彼はポツンと座ってうつむいていました。
    そんな落ち込む彼を元気づけるため、桐谷さんが率先して励ましています。
    いつも本当に明るく振る舞ってくれるので、スタッフの士気も高まっています」(前出・ドラマ関係者)


    だが、状況は依然として厳しそうだ。

    前出・テレビ局関係者はこう続ける。

    「『ケイジとケンジ』が始まる前は、同じテレビ朝日の人気ドラマ『相棒』のようにシリーズ化すると言われていました。
    しかし、今回の件ですべて白紙になりました。
    撮影はすでに後半へ差し掛かっていますが、今後は東出さんの出演シーンを減らすことが決定。
    主演なのですべてをカットすることはできませんが、台本も大幅修正することになります。東出さんの出演シーンは、ほとんどスタジオでの撮影に変更。
    最終回も拡大版として放送予定だったのですが、それも通常放送になることが決定しました……」


    「女性自身」2020年2月18日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200204-00010000-jisin-ent

    所長見解:そらな・・・

    【【でっくん速報】東出昌大さん、激やせの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    プロテニスプレイヤーの錦織圭が〝激ヤセ〟したと、ネット上で心配の声が多数上がっている。

    その激ヤセぶりが広く印象付けられたのは、昨年末から放送されている『Uber eats』のCM。

    錦織は『野性爆弾』のくっきー!と共演しており、コインランドリーで繰り広げられる独特過ぎる掛け合いが話題を呼んでいる。


    同CMにはいくつかのパターンが存在するが、錦織は視聴者に「さて、今夜私がいただくのは…」と語り掛ける。

    しかし、カメラ目線でこちらを見つめるその顔は頬が痩せこけ、首筋も浮いてげっそりとした印象が否めない。


    洗剤のボトルをラケットに見立てたポーズからも、長袖越しに腕の細さが伝わってくる。

    テニスボールを取り出してまき散らす場面も同様で、棒読みや謎の世界観よりも、体調そのものが心配になってくるほどだ。

    s


    手術の影響がいまだに収まらず?

    錦織といえば、昨年10月に右ひじの手術を受けたことが大きな話題となった。

    錦織は公式サイトに、《全仏オープン以降、右ひじの炎症に苦しめられた。
    しばらく休養を取ってきたけど、ここまでかけた時間では休養とリハビリが十分ではないと分かった》とつづり、右ひじにできた2つの骨棘(こっきょく)を取り除くと宣言。

    2日後からはリハビリをスタートさせ、12月からは復帰に向けたトレーニングに入っている。

    「錦織は手術直前の段階から、既に頬がこけたような印象になっていました。
    おそらく、痛みやリハビリで思うような運動ができず、筋肉量も低下してしまったのでしょう。
    『Uber eats』のCMは放送が12月末だったので、おそらく撮影は11月の後半あたりと思われます。
    このころの錦織はというと、復帰に向けたトレーニングも再開できていないので、体つきに関しては最も悪い時期だったのでは」(スポーツライター)


    《ガリガリになってて気持ち悪い 絞り過ぎじゃね 》

    《ウーバーイーツのCM見たらすごい痩せてたけどどこか悪いの?》

    《病的な痩せ方でキモくなってる…》

    《ヤバいね ウッディみたいになってる》

    《錦織痩せたなぁ…リハビリ中はあんま食べてないのか。。》

    《絞った結果ならいいけど、過去見たことがない姿》

    などと心配されているが、順調にいけば今月か来月にも本格復帰が報じられている。

    視聴者が健康的な錦織を見られる日も、そう遠くはないのかもしれない。


    錦織の所属先が『日清食品』であることを考えると、激ヤセしたままでは「日清の食品を食べ続けるとこんな見た目になる」というイメージにもなりかねない。

    自社製品のネガティブキャンペーンになってしまうので、二重の意味でも健康的な肉体を取り戻してほしいものだ。


    https://myjitsu.jp/archives/105620

    所長見解:大丈夫かいな・・・
    【【これは病的】テニス・錦織圭のヤバ過ぎる激やせ姿がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ