漫画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    〝こじるり〟ことタレントの小島瑠璃子(26)と、大人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏(45)の真剣交際が明らかになった。

    スクープしたのは「週刊ポスト」。

    小島は7月下旬に原氏の住む福岡を訪れ、市内で買い物や映画観賞、さらには縁結びの神社を参拝。

    その後、原氏のマンションに2連泊したという。


    r


    小島は8日、自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!」に出演。

    原氏との熱愛について突っ込まれ「どれぐらいしゃべっていいのか分かんないんですけど、もうその通りです!」と認めた。

    原氏については「人格者です。もう尊敬から(入りました)」。


    そんな幸せ絶頂の小島の姿に首をかしげるのは、彼女を知るファッション業界関係者だ。

    「お相手の原さんの写真を見て、こじるりの(男性の)タイプがだいぶ変わったんだな~と思いましたね」
     
    小島は2014年にイケメンモデルのロビン、17年には「関ジャニ∞」村上信五との〝お泊まり愛〟が報じられた。

    前出関係者は「タイプは総じてイケメンでおしゃれ。
    あと雰囲気のある人。
    以前、東京・港区内で行われた男女の飲み会でも、参加者はファッション業界の人が多かった。
    小島さんもノリノリで楽しんでいましたよ」と明かす。
     

    そこへいくと原氏はお世辞にもイケメンでスタイル抜群というわけではない。

    手つなぎデートの際の服もボーダーTシャツで、特別なこだわりがあるようには見えない。

    いわゆる年相応というやつだ。

    原氏の「キングダム」の累計発行部数は4月時点で6400万部を突破。

    2011年にはアニメ化され、昨年は山崎賢人、長澤まさみら豪華キャストで実写映画化され、興行収入57億円を超える大ヒットを記録した。

    単純計算でもコミックの印税だけで35億円以上。

    そこにグッズやら映画関連の収入を加えれば、原氏のこれまでの収入は50億円は優に超えると推定される。


    小島は4月に配信したインスタライブで男性の好みについて「白くて細い人」と告白した上で、次のように話していた。

    「一緒にいて、お金のことを考えないでいられる人がいい。私の年収にひかない人がいい」


    女性にとって男性のタイプは日々移ろうもの。

    一部で原氏との〝スピード婚〟もささやかれているが、果たして――。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b4407c3dbf128bee4ff222b9a990701a0ee12341


    所長見解:まあな・・・
    【【熱愛発覚】小島瑠璃子「一緒にいて、お金のことを考えないでいられる人がいい」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    8月3日発売の「週刊ポスト」がタレント小島瑠璃子と大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との”福岡手つなぎデート”を報じた。

    小島は7月下旬に原氏の住む福岡を訪れ、市内で買い物や映画鑑賞、さらには縁結びの神社を参拝。

    たっぷりと二人の時間を過ごし、原氏のマンションに2連泊したという。



    出会いのきっかけは‘19年1月、テレビ番組での小島と原氏との対談だった。

    小島は原氏の大ファンで「ずっとお会いしたかったです。ダメだ。涙腺ポイントが多すぎる」と原氏の仕事場で原画などを見て涙していた。


    r


    原氏は小島より19歳上の45歳。

    しかし7月下旬といえばコロナ禍で過去最多感染者数を日々更新していき、非常に日本中が危機感を持っていた時期と重なる。



    福岡でも感染者数が100人は超えていた。

    小島のツイッターの返信欄や、週刊ポストの記事に関するヤフーニュースのコメント欄には、


    《本当に福岡来ないで。小島さんからのコロナ発生だったら許せません。》

    《離婚ホヤホヤでこんな風に撮られたの?》

    と、コロナ禍での福岡旅行や離婚したての有名漫画家との交際に“釈然としない”人たちからの厳しい声が殺到している。


    「小島さんは7月21日にコロナに感染した横浜流星さん対して《無事でいてください》とツイッターでつぶやいていた。
    その後に最多感染者数が記録されていた東京から福岡へ移動し、市中デートをしていたことになる。


    石田純一さんや山田孝之さんらが沖縄に出かけ、あれだけ世間からバッシングされたのに全く同じことをしてしまった…と冷たい目を向けられるのも仕方ないかもしれません。
    ソーシャルディスタンスなどお構いなしにべったりと腕組みしたり、手を恋人つなぎにしていたのは、“恋は盲目”ということですかね」(芸能リポーター)



    原氏には妻と子供が3人いたが離婚し、小島との交際に至ったようだ。

    原氏は昨年4月にある地元サイトに「100の質問」というインタビュー記事が掲載された。

    その記事によれば、


    Q. 親の役目はなんだと思います?
    「働いている姿を見せること、だと思うなぁ。」

    Q. 子どもの教育方針とか、ありますか?

    「いつも明るく過ごせる子になって欲しい。ポジティブにね。」

    Q. 奥様の手料理で好きなメニューは?

    「ドライカレー。あ、いや、スパゲッティも捨てがたい…」

    と非常に家族円満な雰囲気を醸し出していた。


    「双方の事務所が何もコメントしていないので、交際時期や離婚時期ははっきりとは分かりませんが、どうやら離婚後そこまで時間が経過せずに交際に至ったようですね。
    小島さんは以前、筋トレする男性を“使えない筋肉は意味が分からない”と言ったり、“男は顔”とイケメン好きを公言していました。
    いまは“才能”や“経済力”に惹かれているのかもしれませんね」(スポーツ紙記者)



    https://friday.kodansha.co.jp/article/126925 

    所長見解:やるよな・・・
    【【これはすごい】小島瑠璃子「19歳年上」人気漫画家との熱愛の結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    認知症を公表・蛭子能収さん 洗濯物を妻と勘違いしたことも

    「認知症と診断されたからといって、オレの中で何かが変わったということはありません。いきなりすべてわからなくなったわけでもないし、オレはオレのまま。
    いつもどおりの毎日が続いているような感じなんですけどね」

    そう語るのは、本誌連載「ゆるゆる人生相談」でおなじみの漫画家でタレントの蛭子能収さん(72)。

    b

    あの蛭子さんが認知症にーー。

    7月9日に放送された『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)で、記憶力が著しく衰えたことから専門医を受診した蛭子さんは、アルツハイマー病とレビー小体病を併発している軽度の認知症であることを告げられた。

    「物忘れがひどかったけど、年のせいかなと思っていたら、認知症と言われたことは、ショックと言えばショックかもしれません。
    ボケたらおしまいというイメージがあったし、何もできなくなると思っていたけど、オレ自身は普通に暮らしているし、認知症はそんなに怖いものじゃないと思いました。
    だから街を歩いていても『おう蛭子さん、認知症になったんだったね』とか明るく声をかけてもらっても、オレは全然、構わないんですけど……」

    と蛭子さんは語るが、認知症の公表には、家族に迷惑をかけたくないという思いもあった。


    とくにレビー小体病は、アルツハイマー病に次いで、認知症の主な原因になる病気で「レビー小体」という特殊なタンパク質が大脳に蓄積して、神経細胞を破壊。

    認知症の症状が進む。

    その特色は初期の段階で「幻視」があることだ。


    蛭子さんのマネージャーがこう証言する。

    「洗濯カゴの衣類を見て、奥さんが倒れていると思って叫んだり、デパートの売場の中を電車が走っていると言いだしたりと、少し前から幻視があったようです。
    また、日常生活でも、とくに朝や、夕方から晩にかけては混乱がはげしくなり、1人で入浴すると、髪を3回も4回も洗ってしまうことがあるようで、奥さんの介護が不可欠なときもあります。
    認知症の進行を遅らせるためにも、今後もできる範囲で仕事をしていきたいと蛭子本人も語っています。
    また周囲に認知症であることを理解してもらうことで、家族の負担が少しでも軽減できると思い、認知症であることをあえて公表しました」


    献身的に支える奥さんに対する感謝の言葉も蛭子流だ。

    「いろいろやってくれるんですよ、すごくありがたいと思っています。
    料理も手早くササッとやるし、うまい料理は……食パンですね!」

    すかさず隣にいたマネージャーが「それはダメです! せめてフレンチトーストにしてください!!」とダメ出しする。

    ボケているのか、狙っているのか、わからない切り返しは以前と変わらない。

    認知症であろうがなかろうが、蛭子さんは、蛭子さんだった!


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200804-00010003-jisin-000-3-view.jpg


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200804-00010003-jisin-ent

    所長見解:せやな・・・

    【【あの人は今】認知症を公表した蛭子能収さんの現状がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小島瑠璃子とキングダム作者、離婚から熱愛までの「気になる1年」


    タレントの“こじるり”こと小島瑠璃子が7月31日、人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏と真剣交際しているとNEWSポストセブンによって報じられた。

     
    小島は7月下旬に原氏が住む福岡県の博多駅を訪れ、寄り添いながら仲睦まじく買い物を楽しむと、手を繋いでいる写真も撮影されている。

    また、記事には小島が原氏のマンションで“2連泊”したとも記されており、かねて「キングダム」ファンを公言してきた小島と原氏の19歳差カップルの誕生に世間がザワついた。

     
    しかし、ザワつく理由は他にもあった。

    というのも、原氏には漫画家として大ブレイクを果たす前からの仲である妻がおり、子供が3人いることもSNS上で明かしていたからだ。

    NEWSポストセブンの記事では、「今は原さんは独身で、最近になって小島さんが猛アタックして、交際に発展したようです」との関係者の証言があり、具体的な離婚時期については言及されていないものの、すでに離婚していると紹介されている。


    r
     

    原氏は2019年4月、「原泰久先生に100の質問」と題された出身地である佐賀県のローカルメディアからのインタビューに応じ、家族構成が「奥さんと、子どもが3人」であることや、「奥様の手料理で好きなメニューは?」との質問に「ドライカレー。あ、いや、スパゲッティも捨て難い…。」と回答。

    この時点ではまだ離婚していないことが分かる。

    また、その3カ月後の7月28日にも自身のツイッター上で、北九州市にて期間限定で開催されていた「いきものKINGDOM」に子供たちと遊びに行ったことを報告し、家庭円満ぶりを窺わせた。

     
    よって、2019年7月以降に離婚した可能性が高いが、原氏と小島のメディア上での初対面は2019年1月に放送された「世界ふしぎ発見!」(TBS系)でのこと。

    憧れの原氏と初めて対談した小島は「ずっとお会いしたかったです」と興奮し、感動のあまり涙を流しながら「ごめんなさい、1回ティッシュ」とスタッフに駆け寄るシーンもあった。

    「この涙の初対面が収録された2018年暮れから、今回の熱愛報道までに何があったのかは当事者にしかわかりませんが、少なくとも同年4月までは原氏は家庭をもっていたと考えられます。
    記事には“最近になって小島さんが猛アタック”とあることから、交際に発展したのは今年に入ってからだと思われますが、“猛アタック”に入る前に連絡を取り合える関係性だったと考えるのが妥当でしょう。
    そのため、こじるりの登場が原氏と元妻の夫婦間に亀裂をもたらした可能性を疑う向きもいて、ネットには

    『いつ離婚したんだろう…。こじるりが原因ではないことを祈る』
    『小島と対談してから気持ちがそっちに行っちゃったんじゃないのかね』
    『手繋いだり浮かれるなって。離婚してるとはいえ元家族がいるんだよ』

    といった手厳しい声もあがっています。
    キングダムファンからすれば、よきパパだと思っていた原氏が突然こじるりとの交際を報じられ、離婚の事実と同時に伝えられてしまったため、面食らってしまうのも無理はないのかもしれません」(エンタメ誌ライター)


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12251-748448/

    所長見解:やな・・・

    【【悲報】「キングダム」漫画家、妻と子供3人を捨てて小島瑠璃子と交際した結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    時は令和2年7月下旬──福岡・博多駅の地下食品売り場には、マスク姿でも笑顔と分かる、仲睦まじいカップルの姿があった。

    女性は買い物かごを自ら持ち、食材を選んでいく。

    レジで男性が支払いをする間、寄り添う女性は自然と彼の腕に自分の腕を絡ませていた。


    「女性は黒いジャージに細身のジーンズ、男性もストライプのシャツにジーパンというラフな服装でしたが、女性は一際スタイルが良く目立っていました。
    よく見たらタレントの小島瑠璃子さん(26)でびっくりしました」(居合わせた買い物客)

     
    小島は「こじるり」の愛称で親しまれ、『アッコにおまかせ!』(TBS系)、『サタデープラス』(TBS系)などバラエティから情報番組まで数多くの番組に出演している。

     
    そんな彼女が親しげに寄り添った男性は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載中の大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏(45)だった。

    古代中国を舞台に、大将軍を目指す少年と、若き日の秦の始皇帝が力を合わせて中華統一を目指すこの大巨編は、現在58巻まで刊行され、累計発行部数は6600万部を誇る。

    昨年には実写映画化されて興行収入57.3億円の大ヒットを記録し、2019年の邦画実写作品で1位。

    続編の制作も決まり、今もっとも売れっ子の漫画家である。

     
    買い出しを済ませた2人は、原氏の運転する車に乗って福岡市内にある彼のマンションに向かった。

    さらに翌日、2人は車で「金印」が発見された場所として有名な志賀島(しかのしま)を訪れ、縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝。

    その後は映画を鑑賞し、またしても原氏のマンションへ。

    2連泊ということになる。


    r


    「ずっとお会いしたかった」

    小島は以前から大の『キングダム』ファンとして知られていた。

    2015年5月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「キングダム芸人」では、同作に登場する美少女剣士・羌(キョウ)カイのコスプレで登場。

     
    これに原氏が反応し、ツイッターに〈コジルリさんキョウカイのかわいさ。w〉と書き込むと、小島が〈きゃー嬉しいです〉と返信するやり取りがあった。

     
    2019年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)では、小島がミステリーハンターとして中国を訪れ、『キングダム』の舞台を巡りながら古代中国史の秘密に迫るという企画で、2人の対談が実現した。

     
    初対面のシーンでは、「初めまして! ずっとお会いしたかったです」と目を輝かせる小島に、原氏が「僕もです」と応じた。

    仕事場に足を踏み入れると感動のあまり涙を流していた。

     
    原氏はかつて『キングダム』単行本のおまけページで妻の存在を明かしていたが、事情を知る関係者が明かす。

    「今は原さんは独身で、最近になって小島さんが猛アタックして、交際に発展したようです。
    彼女が仕事がオフの日に福岡を訪れ、デートしているみたいです」

     
    小島の所属事務所に確認したところ「プライベートなことは本人に任せております」と回答(集英社は「作家のプライバシーに関することは回答を差し控えさせていただきます」と答えた)。

     
    こじるりが憧れた“キングダム”は、福岡にあった。


    【8月3日(月)発売の週刊ポストでは、小島瑠璃子が街中で原泰久氏の肩を抱いて密着する写真も掲載しています】


    https://www.news-postseven.com/archives/20200731_1582784.html?DETAIL 


    ▼写真
    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/07/31/kojima_ruriko-14.jpg

    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/07/31/kojima_ruriko-27.jpg

    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/07/31/kojima_ruriko-24.jpg

    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/07/31/kojima_ruriko-21.jpg

    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/07/31/kojima_ruriko-5.jpg

    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/07/31/kojima_ruriko-7.jpg

    所長見解:さすが・・・
    【【略奪愛?】小島瑠璃子さん、人気漫画『キングダム』の作者と交際ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ